検索結果 4 件中 1 件 〜 4 件 "刺しゅう技術"
  1. 2020062204500

    チャン族伝統の刺しゅうで、豊かな生活を目指す陝西省  11日、陝西省漢中市寧強県代家壩鎮のチャン族刺しゅう伝習生産基地で、生徒(右)に刺しゅう技術を教える刺繍娘(左)。中国少数民族の一つ、チャン(羌)族の刺しゅうは、独自の伝統的手工芸。陝西省漢中市寧強県の「チャン族文化生態保護試験区」は、歴史あるチャン族刺しゅう工芸を施した衣類や寝具、帽子、靴、ハンドバックなどを全国に向けて販売している。チャン族の刺しゅうは、地元の女性たちが貧困を脱却し豊かになるための職業技能となっている。(西安=新華社配信/黎徳華)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019112505427

    第2回長江デルタ国際文化産業博開催上海市  21日、会場で伝統的な刺しゅう技術を披露する雲南省の手工芸職人(手前)。中国上海市で21~24日の日程で開催されている第2回長江デルタ国際文化産業博覧会では、呉越文化や江南文化などを融合させた長江デルタ文化産業の豊富な成果を展示している。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019112701664

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  21日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州貞豊(ていほう)県竜場(りゅうじょう)鎮の「易地扶貧搬遷」移住地で伝統的な刺しゅう技術を学ぶ移住者。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019041100810

    特色のある「徐氏刺しゅう」河北省石家荘市  4日、石家荘市橋西区の工房で、刺しゅう技術習得のため花を縫い取る受講生。中国河北省石家荘市の刺しゅう技法「徐氏刺しゅう」は2018年に同市第7次無形文化遺産リストに登録された。その伝承者の劉玉霞(りゅう・ぎょくか)さんは幼いころから母親について刺しゅうの技法を学んだ。劉さんは長年にわたる学習と研究を経て、中国の伝統刺しゅう工法を基礎としながら、西洋画や中国の水墨画、写真などの芸術要素を融合させ、独特な刺しゅうのスタイルを生み出した。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像