検索結果 1,351 件中 1 件 〜 50 件 "刺しゅう"
  1. 2020073002535

    Middle East News - July 25, 2020 July 25, 2020, Gaza City, Gaza Strip, Palestinian Territory: A Palestinian woman sews a traditional heritage embroidery at a workshop, on the traditional Palestinian Costume Day, in Gaza ciry, on July 25, 2020. Palestinian National Costume Day is an event organized by a group of youth in cooperation with the Palestinian Heritage Center to preserve the Palestinian traditional costume as a symbol of identity and existence (Credit Image: © Mahmoud Ajjour/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Mahmoud Ajjour/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  2. 2020073002816

    Middle East News - July 25, 2020 July 25, 2020, Gaza City, Gaza Strip, Palestinian Territory: A Palestinian woman sews a traditional heritage embroidery at a workshop, on the traditional Palestinian Costume Day, in Gaza ciry, on July 25, 2020. Palestinian National Costume Day is an event organized by a group of youth in cooperation with the Palestinian Heritage Center to preserve the Palestinian traditional costume as a symbol of identity and existence (Credit Image: © Mahmoud Ajjour/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Mahmoud Ajjour/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  3. 2020073002360

    Middle East News - July 25, 2020 July 25, 2020, Gaza City, Gaza Strip, Palestinian Territory: A Palestinian woman sews a traditional heritage embroidery at a workshop, on the traditional Palestinian Costume Day, in Gaza ciry, on July 25, 2020. Palestinian National Costume Day is an event organized by a group of youth in cooperation with the Palestinian Heritage Center to preserve the Palestinian traditional costume as a symbol of identity and existence (Credit Image: © Mahmoud Ajjour/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Mahmoud Ajjour/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  4. 2020072206063

    消えゆく刺しゅう広める 田中さんと刺しゅう  ハンガリー南部ホードメゼーバーシャールヘイに伝わる毛糸刺しゅうと田中ちひろさん=北海道函館市 「北ものがたり」

  5. 2020072701077

    国際舞台で活躍する「チベット族チャン族刺しゅう」の伝承者  21日、成都市にあるアトリエで、弟子の刺しゅう作品を評価する楊華珍さん(右から2人目)。「チベット族チャン族刺しゅう」は「チベット族の織物とクロスステッチ刺しゅう」と「チャン族刺しゅう」の併称で、国家級無形文化遺産「チベット族の織物とクロスステッチ刺しゅう」の伝統技法の伝承者、楊華珍(よう・かちん)さん(63)が10数年前に作り上げた新たなスタイルとして知られる。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県にあるチベット族村出身の楊さんは、今もなお、家伝の技法を守り続けている。(成都=新華社配信/胥氷潔)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072701107

    国際舞台で活躍する「チベット族チャン族刺しゅう」の伝承者  21日、成都市にあるアトリエで、これまで撮った写真を弟子に見せる楊華珍さん(左)。「チベット族チャン族刺しゅう」は「チベット族の織物とクロスステッチ刺しゅう」と「チャン族刺しゅう」の併称で、国家級無形文化遺産「チベット族の織物とクロスステッチ刺しゅう」の伝統技法の伝承者、楊華珍(よう・かちん)さん(63)が10数年前に作り上げた新たなスタイルとして知られる。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県にあるチベット族村出身の楊さんは、今もなお、家伝の技法を守り続けている。(成都=新華社配信/胥氷潔)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072700589

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、「七彩村」と呼ばれる南平頭塢村の風景。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072700891

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、山西省長治市壷関県南平頭塢村の貧困者支援作業場で、作品づくりに取り組む刺しゅう職人たち。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072700874

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、刺しゅうが施された中国の伝統的な靴と帽子。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072700649

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、山西省長治市壷関県南平頭塢村の貧困者支援作業場で、伝統的な靴の中敷きを制作する職人。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072700908

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、刺しゅう職人8人が3カ月かけて縫い上げた巨大な作品「清明上河図」。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072700585

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、刺しゅう職人が制作した屏風(びょうぶ)。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072700591

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、刺しゅう職人が制作した伝統工芸品。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072700449

    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す  17日、山西省長治市壷関県南平頭塢村の貧困者支援作業場で、作品づくりに取り組む刺しゅう職人。太行山脈の奥地にある中国山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072207502

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  16. 2020072207724

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  17. 2020072207611

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  18. 2020072207676

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  19. 2020072207691

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  20. 2020072205786

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  21. 2020072207700

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  22. 2020072207506

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  23. 2020072205890

    UKR: Boy in national Ukrainian clothes July 12, 2020, Kyiv, Ukraine: A boy in national Ukrainian clothes embroidered among yellow ripe wheat (Credit Image: © Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Aleksandr Gusev/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  24. 2020070309030

    Memphians for America July 1, 2020, Memphis, Tennessee, USA: SAM GOFF , a member of Memphians for America, said the group quickly sold out of their embroidered U.S. flags in Memphis, Tennessee last weekend. It appeared that the 51-year-old organization might fade away, due to lack of volunteers, as this years 4th of July celebration approached. That all changed last Saturday as they doubled their sales and a number of people, young and old, stepped up to say they want to keep the organization going. The group sells from the shopping center parking lot. (Credit Image: © Karen Focht/ZUMA Wire)、クレジット:©Karen Focht/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  25. 2020072803398

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020072803399

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020072803431

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品を紹介する黒竜江省無形文化遺産伝承者の王春艶さん。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/劉赫垚)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072803325

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/劉赫垚)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072803293

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、刺しゅうをする黒竜江省無形文化遺産伝承者の王春艶さん。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/劉赫垚)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072803298

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/劉赫垚)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072803318

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、針に糸を通す黒竜江省無形文化遺産伝承者の王春艶さん。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072803418

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、刺しゅうをする黒竜江省無形文化遺産伝承者の王春艶さん。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072803374

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072803329

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品を紹介する黒竜江省無形文化遺産伝承者の王春艶さん。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072803432

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、刺しゅうをする黒竜江省無形文化遺産伝承者の王春艶さん。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072803337

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072803396

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、烏魚刺しゅうの作品。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072803433

    豪快で繊細な「烏魚刺しゅう」の魅力黒竜江省北安市  2日、生徒を指導する黒竜江省無形文化遺産伝承者の王春艶さん。中国黒竜江省北安市の伝統的な刺しゅう技法「烏魚刺しゅう」は省無形文化遺産に指定されている。金代(12~13世紀)の伝統的な技法に烏裕爾川流域の各民族の技法が融合して形成された。豪快でざっくりとしたステッチを多用した躍動感が特徴的。4代目伝承者の王春艶(おう・しゅんえん)さんによると、大胆さときめ細やかさを兼ね備えた古典的な趣があり、中国北方人の性格の特徴が表れている。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020070308897

    Memphians for America June 30, 2020, Memphis, Tennessee, USA: SAM GOFF , a member of Memphians for America, said the group quickly sold out of their embroidered U.S. flags in Memphis, Tennessee last weekend. It appeared that the 51-year-old organization might fade away, due to lack of volunteers, as this years 4th of July celebration approached. That all changed last Saturday as they doubled their sales and a number of people, young and old, stepped up to say they want to keep the organization going. The group sells from the shopping center parking lot. (Credit Image: © Karen Focht/ZUMA Wire)、クレジット:©Karen Focht/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  40. 2020070611763

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で、刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020070611757

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性たち。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020070611585

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性たち。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020070611527

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で刺しゅう糸を選ぶモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020070611602

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で、刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020070611760

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で孫娘に刺しゅうの技法について説明するモンゴル族の女性(左)。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020070611548

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で作られたモンゴル族のたばこ入れ。美しい刺しゅうの図案が施されている。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020070611665

    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す  1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020063010825

    Motorcyclists demonstrate against stricter laws 28 June 2020, Lower Saxony, Hanover: A motorcyclist wears a denim jacket with embroidered motorcycle club emblems during a demonstration ride on the Rudolf-von-Bennigsen bank. With the ride from Hildesheim to Hannover, the motorcyclists want to protest against stricter laws. The background are proposals of the Bundesrat to avoid noise. Photo: Hauke-Christian Dittrich/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2020062803802

    World News - June 21, 2020 June 21, 2020, Vancouver, BC, Canada: A security guard wears a face mask embroidered with a hummingbird during a drive-thru classic and custom car show on the arena floor at Pacific Coliseum, in Vancouver, B.C., Sunday, June 21, 2020. The car show was hosted by the Pacific National Exhibition as part of a drive-thru barbecue event in support of food vendors unable to sell at the fair this year due to the cancellation of the annual event because of COVID-19. (Credit Image: © Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT 「ZUMA Press」

  50. 2020062703686

    World News - June 21, 2020 June 21, 2020, Vancouver, BC, Canada: A security guard wears a face mask embroidered with a hummingbird during a drive-thru classic and custom car show on the arena floor at Pacific Coliseum, in Vancouver, B.C., Sunday, June 21, 2020. The car show was hosted by the Pacific National Exhibition as part of a drive-thru barbecue event in support of food vendors unable to sell at the fair this year due to the cancellation of the annual event because of COVID-19. (Credit Image: © Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Darryl Dyck/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT 「ZUMA Press」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像