検索結果 51 件中 1 件 〜 50 件 "加工技術"
  1. 2020051102673

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが作品の制作に取りかかっている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051102604

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051102622

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051102623

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、美しい図案が描かれた伝統的な紙工芸「粉蝋箋」。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051102613

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、染色作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051102670

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102522

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な紙工芸「粉蝋箋」を制作する劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102527

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業に取りかかる劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102532

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、作品の制作に取りかかる劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051102625

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051102626

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2期国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051102615

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な手工芸「粉蝋箋」の作品を手に取る劉靖(りゅう・せい)さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051102609

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な紙工芸「粉蝋箋」を制作する劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051800738

    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県  雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を入れる子ども。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051800666

    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県  雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051800717

    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県  雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て茶摘みをする女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051800721

    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県  雲南省広南県底圩郷で「姑娘茶」を見せる少数民族の衣装を着た子ども。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051800676

    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県  雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051800706

    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県  雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051800678

    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県  雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019121600868

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で皮の加工技術を伝授するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120700019

    爪を強化、目指せ五輪 補修液を手に持つ伊藤さん  繊維加工技術を応用した競技者向けの爪補修液を手に持つ伊藤久夫さん=群馬県桐生市 「ニュース産直便」

  23. 2019102304685

    中国のハム大手、「植物肉」を米デュポンと共同開発  16日、植物肉を使った「牛肉」風味のハンバーガー。中国浙江省の食肉加工品メーカー、金字火腿と米化学大手ダウ・デュポン子会社のデュポン・ニュートリション&バイオサイエンスは16日、植物由来の材料で作る「プラントベースドミート(植物肉)」を使ったハンバーグを共同で発表した。植物肉とは、大豆やエンドウ、小麦などの植物性タンパク質を主原料とし、先進的な食品加工技術によって、栄養成分や食感、風味を本物の肉に近づけた人工肉を指す。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019102304714

    中国のハム大手、「植物肉」を米デュポンと共同開発  16日、金字火腿と米デュポンが共同開発した植物肉のハンバーグ。中国浙江省の食肉加工品メーカー、金字火腿と米化学大手ダウ・デュポン子会社のデュポン・ニュートリション&バイオサイエンスは16日、植物由来の材料で作る「プラントベースドミート(植物肉)」を使ったハンバーグを共同で発表した。植物肉とは、大豆やエンドウ、小麦などの植物性タンパク質を主原料とし、先進的な食品加工技術によって、栄養成分や食感、風味を本物の肉に近づけた人工肉を指す。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019102304560

    中国のハム大手、「植物肉」を米デュポンと共同開発  16日、中国電子商取引大手アリババグループの通販サイト「天猫(Tモール)」で完売した植物肉のハンバーグ。中国浙江省の食肉加工品メーカー、金字火腿と米化学大手ダウ・デュポン子会社のデュポン・ニュートリション&バイオサイエンスは16日、植物由来の材料で作る「プラントベースドミート(植物肉)」を使ったハンバーグを共同で発表した。植物肉とは、大豆やエンドウ、小麦などの植物性タンパク質を主原料とし、先進的な食品加工技術によって、栄養成分や食感、風味を本物の肉に近づけた人工肉を指す。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019102304627

    中国のハム大手、「植物肉」を米デュポンと共同開発  16日、植物肉のハンバーガー。中国浙江省の食肉加工品メーカー、金字火腿と米化学大手ダウ・デュポン子会社のデュポン・ニュートリション&バイオサイエンスは16日、植物由来の材料で作る「プラントベースドミート(植物肉)」を使ったハンバーグを共同で発表した。植物肉とは、大豆やエンドウ、小麦などの植物性タンパク質を主原料とし、先進的な食品加工技術によって、栄養成分や食感、風味を本物の肉に近づけた人工肉を指す。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019112900770

    長津製作所が作業自動化の一環で導入した放電加工機  長津製作所(川崎市中原区)は、金型部品加工の効率化を狙いに本社工場の自動化に着手する。加工品入れ替え向けに5軸マシニングセンター(MC)用ワークチェンジャーなどを導入する。自動化した設備の年間生産能力を2022年までに現行比で30%向上させる。コスト競争力を高めて国内市場の縮小に対応する。20年1―2月に金型部品加工用の5軸MCに組み込むワークチェンジャー1台を約2000万円で購入する。順調に活用できれば、5軸MCとワークチェンジャーをセットで複数台導入する予定だ。設備稼働中に別の部品の位置や向き、水平度合いなどを調整する「外段取り」の効率化も進める。20年3月末までに外段取りを行う際に使う新たな専用治具の使用を開始。4個程度を自社で製造する予定で、現在試作と精度確認を進めている。開発・製造費は約500万円を見込む。長津製作所は中古の放電加工機と同加工機用のロボット式ワークチェンジャー1セットを導入し、12月までに使用を始める。MCでは届かない奥まった部分の金型の加工などに活用する。導入費は約1000万円。加工技術のない作業者でもワークと電極を現場の棚から出し入れする作業だけで済む。同社の国内売上高は約16億円。ただ、国内の金型市場は縮小傾向にある。今回の自動化の取り組みは売り上げ拡大よりもコスト競争力の強化、働き方改革の推進を目的としている。本社工場での自動化が軌道に乗れば、2―3年後に新潟県見附市の新潟工場でも自動化を始める計画だ。=2019(令和元)年9月18日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  28. 2019080903378

    フタバの四角すい状で開口部が円形の角丸構造物  フタバ(兵庫県播磨町)は、四角すい状で開口部が円形の角丸構造物(写真)の溶接箇所を従来の2辺から1辺に減らせる加工技術を開発した。プレス加工の金型の工夫などで、1枚の鋼板に曲線加工、平板加工を組み合わせる。溶接作業の省力化につなげられる。厚さ6ミリメートル以下の金属板であれば角丸構造物を加工できる。角丸構造物は換気扇ダクトやホッパーなどとして用いられる。接合部が2辺から1辺になれば、溶接の手間、時間が省けるとともに、溶接による素材の熱変性も小さくなる。同社は2018年、開口部が円形の円すい構造物の溶接部を1辺にできるプレス加工技術を開発した。今回、角丸構造物でも同加工法を応用し、溶接部を1辺にできるようにした。=2019(令和元)年7月10日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  29. 2019070402326

    共和レザーのメッキ代替フィルム  共和レザーはメッキなしでアルミホイールなど自動車外装部品を装飾できるメッキレス高輝度フィルムを開発した。外装部品メーカーなどと改良を重ね、2020年12月の商品化を目指す。同フィルムは4層構造で、フッ素樹脂を使った透明な表面層と、耐候性、耐酸性にすぐれた同一の金属素材を「海島構造」で蒸着させた金属層、塩化ビニールやアクリル樹脂を使ったベース層、接着剤層から成る。表面と金属層にフッ素を含ませることで、紫外線や酸性雨への対応性能を高めた。フィルムと同社の加工技術を組み合わせることで、カーボン柄などへの表面加工も可能になるという。現在、メッキ加工は「土壌汚染などの環境への懸念で工場の新設が難しい状況にある」(河島竜太取締役)という。今後、ホイールとフィルムの一体成形技術の開発なども検討しながら、自動車外装部品の付加価値向上を目指す。山崎浩副社長は「自動車のアフター市場拡大のための手だてになれば」としている。=2019(令和元)年6月24日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  30. 2019062103454

    曙金属工業のアルマイト加工技術で内面まで皮膜されたアルミニウム管  曙金属工業は、細長いアルミニウム管の内面へのアルマイト加工に成功した。特殊な製法を編み出したことで、これまで困難だった細管内面への被膜を可能にした。管の長さは2メートル程度、直径は3ミリメートルで肉厚1ミリメートル程度の細さにまで対応できる。らせん状などに折り曲げても成膜できていることを確認した。=2019(令和元)年、5月24日、埼玉県川越市の曙金属工業、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  31. 2019021225890

    Fraunhofer Center - Research on Artificial Intelligence 11 February 2019, Saxony, Dresden: Federal Education Minister Anja Karliczek (CDU) and Welf-Guntram Drossel, Managing Director of the Fraunhofer Institute for Machine Tools and Forming Technology IWU, will be standing side by side at the founding event at the Fraunhofer Center for Cognitive Production Systems. The centre is to be operated in cooperation with the Technical University of Dresden with a focus on research on artificial intelligence at the locations Chemnitz and Dresden. Photo: Sebastian Kahnert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2019011003624

    劉鶴氏、国際科学技術協力賞の外国人専門家と会見  中国の劉鶴(りゅう・かく)国務院副総理は8日、北京で2018年度中華人民共和国国際科学技術協力賞を受賞した米国の冶金工学・鉱物加工技術分野専門家ジャン・D・ミラー氏、英米両国籍の有機超分子化学者フレーザー・ストッダート氏、米国の材料物理学者・朱溢眉(しゅ・いつび)氏、米国の海洋地球化学者ピーター・ジョージ・ブリュワー氏、スウェーデンの人工光合成分野専門家・孫立成(そん・りつせい)氏と会見し、メダルを授与した。(北京=新華社記者/丁林)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018101801679

    上海国際楽器展覧会が空前の盛況最高販売額は128万元  10日、128万元で販売された、金がはめ込まれた紅木製の筝「海上鳳韻」。この筝には、「敦煌牌」の筝製作加工技術と、上海のジュエリーブランド「老鳳祥」の金銀細工製作技術という2つの中国国家指定無形文化財の伝承技術が採用されている。年に1度の中国(上海)国際楽器展覧会(MusicChina)が10日から13日まで、上海新国際博覧センターで開催された。今年は民族楽器製造販売大手の上海民族楽器一廠の創立60周年に当たり、500平方メートル余りの展覧スペースに国内外からの多くの観光客が詰めかけた。新中国民族楽器生産のリーダーとして、上海民族楽器一廠とその登録商標の「敦煌牌」は国内外で広く知られており、このうち筝(そう)の年間生産量と販売量はいずれも9万台を上回っている。「敦煌」などの文化テーマを巡り革新的な研究開発を展開しており、今回の楽器展にも50点近くの新製品を出展した。「海上鳳韻」と名付けられた、金がはめ込まれた紅木製の筝は128万元(1元=約16円)で販売され、今回の展覧会で最も注目を集めた中国民族楽器の一つとなった。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018091216231

    文化遺産の元宝篭、伝承と保護で名声とどろく  7日、元宝籠(げんぽうかご)を編む86歳の元宝籠製作技法第4代伝承者の楽歪発(がく・わいはつ)氏。中国江西省貴渓(きけい)市塘湾(とうわん)鎮はここ数年「応急措置を第一に、保護を中心とし、伝承を発展させる」という方針に基づき、長い間伝承が途絶えていた元宝籠の伝統的な製作技法の発掘と伝承に成功した。手作りの工芸品である元宝籠は輸出で利益を上げ、市場での人気が高まっている。元宝籠は「小さなマダケのヒゴ編み」という加工技術を用いている。ヒゴは綿糸のように細く、滑らかできらきらと輝き、完成品は元宝(金や銀を馬てい形に鋳造した貨幣)に似ている。すでに300年以上の歴史がある元宝籠は、2012年に鷹潭(おうたん)市の無形文化遺産リストに加えられた。(南昌=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018091216397

    文化遺産の元宝籠、伝承と保護で名声とどろく  7日、元宝籠(げんぽうかご)を編む86歳の元宝籠製作技法第4代伝承者の楽歪発(がく・わいはつ)氏。中国江西省貴渓(きけい)市塘湾(とうわん)鎮はここ数年「応急措置を第一に、保護を中心とし、伝承を発展させる」という方針に基づき、長い間伝承が途絶えていた元宝籠の伝統的な製作技法の発掘と伝承に成功した。手作りの工芸品である元宝籠は輸出で利益を上げ、市場での人気が高まっている。元宝籠は「小さなマダケのヒゴ編み」という加工技術を用いている。ヒゴは綿糸のように細く、滑らかできらきらと輝き、完成品は元宝(金や銀を馬てい形に鋳造した貨幣)に似ている。すでに300年以上の歴史がある元宝籠は、2012年に鷹潭(おうたん)市の無形文化遺産リストに加えられた。(南昌=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018091216617

    文化遺産の元宝籠、伝承と保護で名声とどろく  7日、元宝籠(げんぽうかご)を編む86歳の元宝籠製作技法第4代伝承者の楽歪発(がく・わいはつ)氏(左)。中国江西省貴渓(きけい)市塘湾(とうわん)鎮はここ数年「応急措置を第一に、保護を中心とし、伝承を発展させる」という方針に基づき、長い間伝承が途絶えていた元宝籠の伝統的な製作技法の発掘と伝承に成功した。手作りの工芸品である元宝籠は輸出で利益を上げ、市場での人気が高まっている。元宝籠は「小さなマダケのヒゴ編み」という加工技術を用いている。ヒゴは綿糸のように細く、滑らかできらきらと輝き、完成品は元宝(金や銀を馬てい形に鋳造した貨幣)に似ている。すでに300年以上の歴史がある元宝籠は、2012年に鷹潭(おうたん)市の無形文化遺産リストに加えられた。(南昌=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018091216548

    文化遺産の元宝籠、伝承と保護で名声とどろく  7日、元宝篭を編む86歳の元宝籠(げんぽうかご)製作技法第4代伝承者の楽歪発(がく・わいはつ)氏(左)。中国江西省貴渓(きけい)市塘湾(とうわん)鎮はここ数年「応急措置を第一に、保護を中心とし、伝承を発展させる」という方針に基づき、長い間伝承が途絶えていた元宝籠の伝統的な製作技法の発掘と伝承に成功した。手作りの工芸品である元宝籠は輸出で利益を上げ、市場での人気が高まっている。元宝籠は「小さなマダケのヒゴ編み」という加工技術を用いている。ヒゴは綿糸のように細く、滑らかできらきらと輝き、完成品は元宝(金や銀を馬てい形に鋳造した貨幣)に似ている。すでに300年以上の歴史がある元宝籠は、2012年に鷹潭(おうたん)市の無形文化遺産リストに加えられた。(南昌=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018091216385

    文化遺産の元宝籠、伝承と保護で名声とどろく  7日、元宝籠(げんぽうかご)を編む86歳の元宝籠製作技法第4代伝承者の楽歪発(がく・わいはつ)氏。中国江西省貴渓(きけい)市塘湾(とうわん)鎮はここ数年「応急措置を第一に、保護を中心とし、伝承を発展させる」という方針に基づき、長い間伝承が途絶えていた元宝籠の伝統的な製作技法の発掘と伝承に成功した。手作りの工芸品である元宝籠は輸出で利益を上げ、市場での人気が高まっている。元宝籠は「小さなマダケのヒゴ編み」という加工技術を用いている。ヒゴは綿糸のように細く、滑らかできらきらと輝き、完成品は元宝(金や銀を馬てい形に鋳造した貨幣)に似ている。すでに300年以上の歴史がある元宝籠は、2012年に鷹潭(おうたん)市の無形文化遺産リストに加えられた。(南昌=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018091216207

    文化遺産の元宝籠、伝承と保護で名声とどろく  7日、竹編み技法について意見を交換する、86歳の元宝籠(げんぽうかご)製作技法第4代伝承者、楽歪発(がく・わいはつ)氏(左)と、56歳の第5代伝承者、遊桂英(ゆう・けいえい)氏(中央)。中国江西省貴渓(きけい)市塘湾(とうわん)鎮はここ数年「応急措置を第一に、保護を中心とし、伝承を発展させる」という方針に基づき、長い間伝承が途絶えていた元宝籠の伝統的な製作技法の発掘と伝承に成功した。手作りの工芸品である元宝籠は輸出で利益を上げ、市場での人気が高まっている。元宝籠は「小さなマダケのヒゴ編み」という加工技術を用いている。ヒゴは綿糸のように細く、滑らかできらきらと輝き、完成品は元宝(金や銀を馬てい形に鋳造した貨幣)に似ている。すでに300年以上の歴史がある元宝籠は、2012年に鷹潭(おうたん)市の無形文化遺産リストに加えられた。(南昌=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018051400618

    古茶加工技術競技大会が開催貴州省畢節市  12日、緑茶加工部門の試合に挑む選手。中国貴州省2018年第1回古茶加工技術競技大会と第2回古樹茶闘茶会が12日、同省畢節市七星関区亮岩鎮太極村で行われた。同省各地から集まった数十人の茶葉加工の達人が大会に参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018051400619

    古茶加工技術競技大会が開催貴州省畢節市  12日、選手が緑茶の茶葉を炒る様子を見つめる観客。中国貴州省2018年第1回古茶加工技術競技大会と第2回古樹茶闘茶会が12日、同省畢節市七星関区亮岩鎮太極村で行われた。同省各地から集まった数十人の茶葉加工の達人が大会に参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018051400628

    古茶加工技術競技大会が開催貴州省畢節市  12日、試合中に鍋を拭く選手。中国貴州省2018年第1回古茶加工技術競技大会と第2回古樹茶闘茶会が12日、同省畢節市七星関区亮岩鎮太極村で行われた。同省各地から集まった数十人の茶葉加工の達人が大会に参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018051400589

    古茶加工技術競技大会が開催貴州省畢節市  12日、緑茶加工部門の試合に挑む選手。中国貴州省2018年第1回古茶加工技術競技大会と第2回古樹茶闘茶会が12日、同省畢節市七星関区亮岩鎮太極村で行われた。同省各地から集まった数十人の茶葉加工の達人が大会に参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018051400616

    古茶加工技術競技大会が開催貴州省畢節市  12日、試合中に緑茶の茶葉を選ぶ選手。中国貴州省2018年第1回古茶加工技術競技大会と第2回古樹茶闘茶会が12日、同省畢節市七星関区亮岩鎮太極村で行われた。同省各地から集まった数十人の茶葉加工の達人が大会に参加した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2016120100635

    電球技術で手袋や印鑑製造 耐久性に優れた手袋や印鑑  パナソニックのタングステン加工技術を応用した、耐久性に優れた産業用の手袋や印鑑=1日

  46. 2016101900628

    最新の研究成果を展示 撥水加工技術紹介の展示  撥水加工技術を紹介する展示=19日午後、名古屋市

  47. 1999100400133

    LSIの生産設備を増強 システムLSI  NECが微細化加工技術で製作したシステムLSI

  48. 1999090900141

    超微細加工技術を開発 接合したナノチューブ  シリコン基板に接合したカーボンナノチューブの電子顕微鏡写真。両端の接合部に炭化シリコンの半導体が生成している(NEC提供)

  49. 1996062200032

    杉材の加工技術で特許 )、企画395S、24日付朝刊以降使用  木の葉を埋め込み、表面部分を圧縮した杉の化粧木材 「ネットワーク経済情報」(関西) 

  50. 2017080200700

    篭売り  篭類で簡単なものは農閑期に農家で作られたが、多くは専門の竹細工職人によって作られた。彼らのうち、店を構える者や、製品を作りながら各地を回った者がいた。篭製品に見る加工技術は、生活用具ばかりでなく、美術工芸品の域に達するものも多い。=明治中期、場所不明、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐15‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像