検索結果 23 件中 1 件 〜 23 件 "化石産地"
  1. 2020070705313

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された「趙氏扶綏竜(ちょうしふすいりゅう)」の右上腕骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070705439

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の肋骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070705440

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の椎骨椎体の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070705406

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の仙椎の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705435

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘されたイグアノドンの大腿骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070705414

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の肩甲骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070705422

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の尺骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070705462

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘作業が行われている古生物化石層。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070705333

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の大腿骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070705310

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘作業を終えた古生物化石発掘地点。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019041600948

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  8日、顕微鏡で清江生物相の化石を観察する西北大学地質学部の学生。中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019041600827

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  8日、清江生物相の化石を観察する西北大学地質学部の学生。中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019041600834

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  8日、西北大学で整理番号が付けられた清江生物相の化石。中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019041600756

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  8日、顕微鏡で清江生物相の化石を観察する西北大学地質学部の学生。中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019041600845

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  8日、顕微鏡で清江生物相の化石を観察する西北大学地質学部の学生。中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019041600946

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  8日、清江生物相の化石を取り出す西北大学地質学部の学生。中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019121003276

    ジュラ紀の恐竜足跡化石、避暑山荘で多数発見河北省承徳市  足跡化石産地の麻地溝村。(2018年7月26日撮影)中国河北省承徳市文物局と中国地質大学(北京)は6日、「避暑山荘の恐竜足跡に関する研究が得た重大成果」をテーマとした共同記者会見を行い、同市にある清代の離宮、避暑山荘とその周辺の寺院の敷地から、完全な状態で保存されたジュラ紀の恐竜の足跡化石を多数発見したと発表した。この発見は、恐竜の進化や地球の気候変動を研究する上で重要な価値を持つという。(承徳=新華社配信)=2018(平成30)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019041809455

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  清江生物相から発見されたレアンコイリアの化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019041809477

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  清江生物相から発見された新種の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019041809478

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  清江生物相から発見された新種の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019041809439

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  清江生物相から発見されたクラゲの化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019041809465

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  清江生物相から発見された葉足動物の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019041809416

    カンブリア紀の「化石の宝庫」発見湖北省  清江生物相から発見された枝分かれのある藻類の化石。(資料写真)中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県でこのほど、5億1800万年前の軟体動物の化石産地が見つかった。陝西省の西北大学古代生命・環境革新研究グループが発見し「清江生物相」と名付けた。同グループの張興亮(ちょう・こうりょう)氏、傅東静(ふ・とうせい)氏らによる関連論文が米学術誌「サイエンス」に掲載されている。清江生物相は進化古生物学界における大発見といえる。(西安=新華社配信/西北大学提供)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:西北大学/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像