検索結果 23 件中 1 件 〜 23 件 "北洋政府"
  1. 2020062204684

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群にある発電所の給水塔。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204708

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群を見学する観光客。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061503438

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、段祺瑞旧居の敷地内にある「閨秀(箱入り娘)小楼」の外観。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503357

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061503309

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061503634

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061503588

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。(小型無人機から)中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061503531

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。(小型無人機から)中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061503432

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061503210

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061503658

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、石家荘市井陘県の鉱区にある民国建築群、段祺瑞旧居の一角。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062204731

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の蒸気機関巻き上げ機室。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062204712

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群を見学する観光客。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062204704

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群を見学する観光客。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062204706

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の一角。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020061503383

    ドイツ式の民国建築群、段祺瑞旧居を訪ねて河北省  9日、段祺瑞旧居の敷地内にある「閨秀(箱入り娘)小楼」の内部。中国の北洋政府(1912~1928年)の国務総理兼陸軍総長だった段祺瑞(だん・きずい)の旧居には、北洋の歴史の半分が詰まっている。河北省石家荘市井陘県の鉱区にある段祺瑞が巨資を投じて建てた段家楼は、太行山地区で最大規模のドイツ式民国建築群で、2013年5月に国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。現在、同地による大規模な修繕工事・保護活動および観光開発が行われている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062204512

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群を見学する観光客。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062204700

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の竪坑櫓(やぐら)。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062204672

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の一角。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204673

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の一角。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204674

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群を見学する観光客。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204735

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の地下通路を見学する観光客。中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020050104604

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像