検索結果 1,679 件中 1 件 〜 50 件 "協同組合"
  1. 2020052801917

    低評価カラマツに一転脚光 搬入されるカラマツ材  「コアドライ」を施すため、乾燥機に搬入されるカラマツ材=4月、北海道栗山町の「栗山町ドライウッド協同組合」の乾燥工場 「けいざいフォーカス」

  2. 2020052801916

    低評価カラマツに一転脚光 カラマツ材と後藤次長  「コアドライ」を施すために乾燥機に搬入されたカラマツ材の脇に立つ栗山町ドライウッド協同組合の後藤正嗣外販担当次長=4月、北海道栗山町の同組合の乾燥工場 「けいざいフォーカス」

  3. 2020052603117

    Fire in agricultural cooperative - large-scale deployment of the fire brigade 25 May 2020, Thuringia, Sondershausen: The fire brigade extinguishes a fire in an agricultural cooperative. According to police reports, no persons were injured. The fire brigade had to bring several animals to safety. Police estimated the damage to property on Monday morning at 500,000 euros. (to dpa “Fire in agricultural cooperative - large-scale deployment of fire brigade“) Photo: Silvio Dietzel/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020052603157

    Fire in agricultural cooperative - large-scale deployment of the fire brigade 25 May 2020, Thuringia, Sondershausen: The fire brigade extinguishes a fire in an agricultural cooperative. According to police reports, no persons were injured. The fire brigade had to bring several animals to safety. Police estimated the damage to property on Monday morning at 500,000 euros. (to dpa “Fire in agricultural cooperative - large-scale deployment of fire brigade“) Photo: Silvio Dietzel/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020052602071

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、乾燥ヤマブシタケを見せる模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052602073

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、乾燥ヤマブシタケを選別する模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052601909

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052602080

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051801535

    Trial against former boss of Geno housing cooperative 15 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: The accused in a fraud trial is led by a judicial officer into a courtroom of the regional court. The former head of the Geno housing cooperative, as the person responsible for the already insolvent cooperative, is said to have deceived new members and made them pay a total of over two million euros. Photo: Marijan Murat/dpa - ATTENTION: The defendant was pixilated at his request、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  10. 2020051801589

    Trial against former boss of Geno housing cooperative 15 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: The accused in a fraud trial is led by a judicial officer into a courtroom of the regional court. The former head of the Geno housing cooperative, as the person responsible for the already insolvent cooperative, is said to have deceived new members and made them pay a total of over two million euros. Photo: Marijan Murat/dpa - ATTENTION: The defendant was pixilated at his request、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  11. 2020051801496

    Trial against former boss of Geno housing cooperative 15 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: The defendant (r) in a fraud trial wears handcuffs and greets his defense attorney in the courtroom of the regional court with an elbow check. The former head of the Geno housing cooperative, as the person responsible for the already insolvent cooperative, is said to have deceived new members and made them pay a total of over two million euros. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  12. 2020051801565

    Trial against former boss of Geno housing cooperative 15 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: The accused in a fraud trial wears handcuffs and places a folder in his place in a courtroom of the district court. The former head of the Geno housing cooperative, as the person responsible for the already insolvent cooperative, is said to have deceived new members and made them pay a total of over two million euros. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  13. 2020052601582

    輸出停滞で古着の山 コロナ影響 岡山県倉敷市中島  新型コロナウイルスの影響で輸出が滞る中、リサイクル業者の倉庫に大量にたまった古着=岡山県倉敷市中島。うずたかく積み上げられたシャツやズボン、ジャンパー…。倉敷市内で資源ごみとして回収された衣類がリサイクル業者の倉庫にたまっている。新型コロナウイルスの影響で輸出が進まない中、衣替えの時期に多い排出量が外出自粛と重なって一層増えたためだ。倉敷再生資源事業協同組合に加盟する田中商会(同市中島)では4月下旬から急増。昨年同時期の10倍近い約40トンに上り、仮置き場も設けて保管に苦慮する。古着の大半は国内の仲介業者を経てフィリピンなどに輸出されるが3月以降、ロックダウン(都市封鎖)で流通が滞り、引き取らない業者が増えているという。=2020(令和2)年5月15日、岡山県倉敷市中島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  14. 2020051801558

    Trial against former boss of Geno housing cooperative 15 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: The accused in a fraud trial wears handcuffs and places a folder in his place in a courtroom of the regional court. The former head of the Geno housing cooperative, as the person responsible for the already insolvent cooperative, is said to have deceived new members and made them pay a total of over two million euros. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  15. 2020051801622

    Trial against former boss of Geno housing cooperative 15 May 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: The accused in a fraud trial is led by a judicial officer into a courtroom of the regional court. The former head of the Geno housing cooperative, as the person responsible for the already insolvent cooperative, is said to have deceived new members and made them pay a total of over two million euros. Photo: Marijan Murat/dpa - ATTENTION: The defendant was pixilated at his request、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2020051403663

    外国人実習生、雇用維持を 受け入れ団体理事が会見  名古屋市で記者会見するエスエス協同組合の石原荘太朗理事=14日午後

  17. 2020052203821

    ドライブスルーでの販売を開始した横浜中華街  新型コロナウイルスの感染拡大で来客数が減少した横浜中華街(横浜市中区)で13日、18の飲食店によるドライブスルーサービスが始まった。自宅での食事が続く中、常連客らがプロの味を求めて駆けつけた。横浜中華街発展会協同組合が企画。同組合のホームページに掲載されている参加店に電話で注文し、中華街東側の「中華街パーキング」で品物を受け渡す(写真)。参加店の3分の2以上は現金とスマートフォン決済サービス「ペイペイ」での決済が可能。利用時間は11―14時で6月末までを予定。同中華街は新型コロナ発生初期から風評被害に悩み、緊急事態宣言に伴う休業要請で深刻な打撃を受けた。「人同士の接触をできるだけ減らすため、参加店には電子決済の活用を呼びかけた」(竹本理華常務理事)としている。=2020(令和2)年5月13日、横浜市中区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  18. 2020052104804

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖農家が飼育しているガチョウ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104773

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、農家から買い取ったガチョウの卵を運搬する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104823

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖場で飼育されているガチョウのヒナ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104828

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、ガチョウの幼鳥に飼料をやる鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052104705

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのひなを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104755

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのヒナを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052104761

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の鴻潤ガチョウ養殖専門合作社で飼育しているガチョウの幼鳥。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020050806437

    アユ釣り、予定通り解禁へ ポスター掲げる漁連会長  アユ釣りの解禁を告知するポスターを掲げる、相模川漁業協同組合連合会の木藤照雄代表理事会長=8日午後、神奈川県愛川町

  26. 2020050805563

    黒ニンニクで元気つけて 目録を手渡す柏崎理事長  青森県十和田市の小山田久市長(左)に目録を手渡す協同組合青森県黒にんにく協会の柏崎進一理事長=8日午後、十和田市役所

  27. 2020051502304

    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県  8日、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の山菜「専業合作社」(日本の農業協同組合に相当)が栽培しているバテイソウを見せる農家。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051502340

    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県  8日、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の山菜「専業合作社」(日本の農業協同組合に相当)が栽培しているバテイソウ。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051502318

    山菜の栽培で農家の増収を後押し吉林省安図県  8日、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県明月鎮福林村の山菜「専業合作社」(日本の農業協同組合に相当)が栽培しているバテイソウ。中国吉林省延辺朝鮮族自治州安図県はここ数年、農家に栽培する農産物の種類調整を積極的に指導し、バテイソウ(馬蹄草)、セリ、ハクコウ(白蒿)など季節外れの山菜のビニールハウス栽培を発展させることで、農家の増収を後押ししている。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020050700942

    五輪延期で表彰状の質向上 和紙を干す組合員  東京五輪・パラリンピックの表彰状作りのため、すきあげた和紙を干す「美濃手すき和紙協同組合」の組合員=3月、岐阜県美濃市

  31. 2020050700867

    五輪延期で表彰状の質向上 和紙をすく鈴木理事長  東京五輪・パラリンピックの表彰状に使われる和紙をすく「美濃手すき和紙協同組合」の鈴木竹久理事長=3月、岐阜県美濃市

  32. 2020051102899

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村で、農地を除草して耕す瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051102925

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村のビニールハウス。(小型無人機から)中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051102918

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村のビニールハウスで有機野菜を収穫する瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051102861

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村の農業用フィルムで覆われた畑。(小型無人機から)中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051102926

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村のビニールハウスで農薬を散布する農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051102913

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村の育苗用温室でマクワウリの若苗を手入れする瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051102976

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村の育苗用温室で苗に水をやる瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051102878

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月29日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村のビニールハウスで、セル成型苗を整える瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051102963

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月29日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村のビニールハウスで、アブラナ科のサイシンの苗を手入れする瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051102931

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月29日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村で種をまく瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051102886

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月29日、寧夏回族自治区固原市原州区彭堡鎮姚磨村で種をまく瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051102877

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月29日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村のビニールハウスで農薬を散布する瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051102872

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月29日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村のビニールハウスで、アブラナ科のサイシンの苗を手入れする瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020042805031

    「うちは泥棒できません」 警戒シール  愛知県警中署が作成し名古屋飲食協同組合に贈った、店内に現金がないことを強調するシール

  46. 2020042804825

    「うちは泥棒できません」  愛知県警が警戒シール作成   愛知県警中署が作成し名古屋飲食協同組合に贈った、店内に現金がないことを強調するシール=28日午後、名古屋市

  47. 2020051102868

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051102852

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051102840

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051102968

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像