検索結果 201 件中 1 件 〜 50 件 "南宋時代"
  1. 2020072804981

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  22日、浙江省杭州市の「西湖琴社」で、生徒に琴の奏法を指導する徐君躍氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072804974

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  22日、浙江省杭州市の「西湖琴社」に展示されている徐元白が作曲し、書き写した琴の楽譜を見せる孫の徐君躍氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072804949

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  22日、徐君勝氏(左)が出来上がったばかりの琴を浙江省杭州市の「西湖琴社」に届け、徐君躍氏が新しい琴で自身が作曲した琴曲「月舞」を試し弾きする様子。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072804968

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、製作中の古琴の状態を点検する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072805003

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、琴の仲間に修理中の唐琴(とうきん)について説明する徐君勝氏(右)。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072805016

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、乾燥中の古琴の状態を確認する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072804999

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で琴を製作する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072804985

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、唐琴(とうきん)を修理する徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072805006

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」の木工作業所で、琴を制作する徐君勝氏。琴の内側には「銭塘徐門斫制」と記されている。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072805009

    徐氏一派が百年伝承する古琴の調べ浙江省  21日、浙江省湖州市徳清県の「浙派徐門琴館」で、漆をかけた古琴の表面を磨く徐君勝氏。中国の伝統楽器、古琴(こきん)の流派「浙派古琴」は南宋時代に起こり、清代に衰退したが、近代に徐元白(じょ・げんぱく)をはじめとする古琴奏者により復興を遂げた。「浙派徐門」は徐元白から徐匡華(じょ・きょうか)、徐君勝(じょ・くんしょう)・君躍(くんやく)兄弟まで三代にわたり、百年間伝えられてきた。すでに70歳近くになった徐君勝氏は1970年代に琴の製作を開始した。現在は浙江省湖州市徳清県で工房を開き、琴の修理や製作を手掛けている。弟の徐君躍氏は浙派古琴の代表的な伝承者で、同省杭州市内の3階建ての建物で音楽家協会「西湖琴社」を主宰し、作曲、演奏、教育、執筆を通じて浙派古琴の発展に尽力している。浙派古琴は、中国における古琴の重要な流派の一つとして、2008年に国務院が発表した第1次国家級無形文化遺産リストの拡大項目に登録された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081700831

    四季折々の美しさ世界遺産「西湖」の春夏秋冬を楽しむ  朝日に輝く杭州西湖風景名勝区の雷峰塔と長橋。(7月7日撮影)中国浙江省杭州市の西湖は、中国の世界遺産の中でも湖を中心に形成された唯一の文化遺産で、世界遺産リストに載る世界各国の文化遺産においても数少ない一つとされる。その文化的景観は、唐代の9世紀から形成が始まり、13世紀の南宋時代にほぼ現在の形となり、18世紀の清代に最盛期を迎えた。2011年6月に「杭州西湖の文化的景観」として世界遺産に登録された面積は約3323ヘクタール。自然の山水、「三方を山、一方を都市」とする空間配置、「二つの堤防、三つの島」からなる景観構造、「西湖十景」と呼ばれる代表的景観、文化史跡、特徴的な植物の六つを構成要素としている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081700844

    (30)四季折々の美しさ世界遺産「西湖」の春夏秋冬を楽しむ  朝霧が立ち込める西湖の風景。(7月7日撮影)中国浙江省杭州市の西湖は、中国の世界遺産の中でも湖を中心に形成された唯一の文化遺産で、世界遺産リストに載る世界各国の文化遺産においても数少ない一つとされる。その文化的景観は、唐代の9世紀から形成が始まり、13世紀の南宋時代にほぼ現在の形となり、18世紀の清代に最盛期を迎えた。2011年6月に「杭州西湖の文化的景観」として世界遺産に登録された面積は約3323ヘクタール。自然の山水、「三方を山、一方を都市」とする空間配置、「二つの堤防、三つの島」からなる景観構造、「西湖十景」と呼ばれる代表的景観、文化史跡、特徴的な植物の六つを構成要素としている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081700878

    四季折々の美しさ世界遺産「西湖」の春夏秋冬を楽しむ  杭州西湖風景名勝区で、夏の朝日に照らされるハスの花。(7月7日撮影)中国浙江省杭州市の西湖は、中国の世界遺産の中でも湖を中心に形成された唯一の文化遺産で、世界遺産リストに載る世界各国の文化遺産においても数少ない一つとされる。その文化的景観は、唐代の9世紀から形成が始まり、13世紀の南宋時代にほぼ現在の形となり、18世紀の清代に最盛期を迎えた。2011年6月に「杭州西湖の文化的景観」として世界遺産に登録された面積は約3323ヘクタール。自然の山水、「三方を山、一方を都市」とする空間配置、「二つの堤防、三つの島」からなる景観構造、「西湖十景」と呼ばれる代表的景観、文化史跡、特徴的な植物の六つを構成要素としている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081700755

    (21)四季折々の美しさ世界遺産「西湖」の春夏秋冬を楽しむ  杭州西湖風景名勝区のハス栽培エリアで、水面に浮かぶゴミを取り除く清掃員。(7月7日撮影)中国浙江省杭州市の西湖は、中国の世界遺産の中でも湖を中心に形成された唯一の文化遺産で、世界遺産リストに載る世界各国の文化遺産においても数少ない一つとされる。その文化的景観は、唐代の9世紀から形成が始まり、13世紀の南宋時代にほぼ現在の形となり、18世紀の清代に最盛期を迎えた。2011年6月に「杭州西湖の文化的景観」として世界遺産に登録された面積は約3323ヘクタール。自然の山水、「三方を山、一方を都市」とする空間配置、「二つの堤防、三つの島」からなる景観構造、「西湖十景」と呼ばれる代表的景観、文化史跡、特徴的な植物の六つを構成要素としている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081700872

    (24)四季折々の美しさ世界遺産「西湖」の春夏秋冬を楽しむ  杭州西湖風景名勝区の西泠橋付近にあるハス池。(6月30日撮影、小型無人機から)中国浙江省杭州市の西湖は、中国の世界遺産の中でも湖を中心に形成された唯一の文化遺産で、世界遺産リストに載る世界各国の文化遺産においても数少ない一つとされる。その文化的景観は、唐代の9世紀から形成が始まり、13世紀の南宋時代にほぼ現在の形となり、18世紀の清代に最盛期を迎えた。2011年6月に「杭州西湖の文化的景観」として世界遺産に登録された面積は約3323ヘクタール。自然の山水、「三方を山、一方を都市」とする空間配置、「二つの堤防、三つの島」からなる景観構造、「西湖十景」と呼ばれる代表的景観、文化史跡、特徴的な植物の六つを構成要素としている。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062804782

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062804873

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062804923

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062804918

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062804937

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062804946

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062804796

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062804874

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062804783

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062804876

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062804916

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062804925

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062804948

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062403004

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」に水を注ぎ、訪問客に紹介する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062403074

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房の近くで「木葉天目」に使う桑の葉を選別する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤を重ね、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062402970

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房の近くで読書する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062402950

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」の茶碗を焼く伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020062402948

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」に水を注ぎ、訪問客に紹介する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020062403001

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房を出る伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020062403006

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で素地を調整する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020062403010

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で愛好家に素地の作り方を教える伍映山さん(中央)。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020062403046

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で素地を成形する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020062402969

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、「木葉天目」を訪問客に紹介する伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062403002

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  10日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で「木葉天目」の素地を作る伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020062402949

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で釉薬をかけた器に桑の葉を置く伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020062403075

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で器の上に桑の葉を置き、窯で焼く準備をする伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062402956

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で器に釉薬を掛ける伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062402971

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で釉薬を掛けた器を並べる伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/張浩波)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062403072

    吉州窯の伝統技法「木葉天目」を地元男性が再現江西省吉安市  9日、江西省吉安市の吉安県城(県政府所在地)にある陶芸工房で窯入れの準備をする伍映山さん。中国江西省吉安市吉安県永和鎮の古窯「吉州窯(きっしゅうよう)」で用いられた伝統技法を地元の男性、伍映山(ご・えいざん)さんが現代によみがえらせた。器の内側に実物の木の葉を焼き付ける「木葉天目(このはてんもく)」で、試行錯誤の結果、当時の制作技法の再現に成功した。吉州窯は唐代に始まり、12~13世紀の南宋時代に最盛期を迎えた。素地に黒釉(こくゆう)を掛けた後、内面に置いた木の葉に釉薬を薄く二重掛けして高温で焼成。こうして葉脈まで鮮明な木の葉の模様を器の中に永遠にとどめる。木葉天目の技法を用いて焼かれた茶碗は、吉州窯の代表的な器として知られる。幾つもの伝統技法が近年の工場での大量生産に押され、消滅の危機にある中、伍さんは数年かけて昔ながらの技法で木葉天目を焼き上げることに成功した。現在は作品づくりを続けながら、木葉天目の魅力を広く伝えようと、自身の工房「映山堂」で多くの生徒に陶芸を教えている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052802200

    多岐にわたる収蔵品が登場江南文化芸術展開幕上海市  25日、上海博物館に展示された浙江省の湖州博物館が所蔵する南宋時代の「銅犠尊(どうぎそん)」を撮影する来館者。中国上海市の上海博物館で25日、「春風千里‐江南文化芸術展」が開幕した。同展は同館所蔵の文化財を中心に、安徽博物院、湖南省博物館、遼寧省博物館、南京博物院、浙江省博物館などの15機関から貸し出された重要な文化財を含む計197点(組)を展示している。展示品の種類は骨角器や玉石器、青銅器、陶磁器、書画、古籍、漆器、家具、印章、竹器・木器、ガラス器など多岐にわたる。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020052601933

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓の全景。(資料写真、小型無人機から)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020052601786

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020052601934

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052601918

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像