検索結果 123 件中 1 件 〜 50 件 "博覧会開幕"
  1. 2020072800962

    中国アニメ・ゲーム博覧会開幕バンダイなど250社が出展  16日、「新型コロナウイルスとの闘い」をテーマにした展示コーナー。中国上海市で毎年開催される世界的なアニメ・ゲームイベント「中国国際アニメーション・ゲーム博覧会(CCGEXPO)」が16日、上海世博展覧館で開幕した。新型コロナウイルス発生後に上海で開かれる初の大型アニメ・ゲームイベントで、文化クリエーティブ市場の回復ぶりを示す形となった。新型コロナ対策が長期化する中、動画配信サイト騰訊視頻(テンセントビデオ)や東方明珠新媒体(オリエンタルパール・グループ)、ホットトイズ、バンダイナムコホールディングスなど国内外の計250社が参加。20日まで5日間開催される。(上海=新華社配信/王婧媛)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072800951

    中国アニメ・ゲーム博覧会開幕バンダイなど250社が出展  16日、ホットトイズのブースに展示されたアイアンマン・マーク46(コンセプト版)1/6スケール合金製フィギュア。中国上海市で毎年開催される世界的なアニメ・ゲームイベント「中国国際アニメーション・ゲーム博覧会(CCGEXPO)」が16日、上海世博展覧館で開幕した。新型コロナウイルス発生後に上海で開かれる初の大型アニメ・ゲームイベントで、文化クリエーティブ市場の回復ぶりを示す形となった。新型コロナ対策が長期化する中、動画配信サイト騰訊視頻(テンセントビデオ)や東方明珠新媒体(オリエンタルパール・グループ)、ホットトイズ、バンダイナムコホールディングスなど国内外の計250社が参加。20日まで5日間開催される。(上海=新華社配信/王婧媛)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072800748

    中国アニメ・ゲーム博覧会開幕バンダイなど250社が出展  16日、ステージの前でパフォーマンスの開始を待つ来場者。中国上海市で毎年開催される世界的なアニメ・ゲームイベント「中国国際アニメーション・ゲーム博覧会(CCGEXPO)」が16日、上海世博展覧館で開幕した。新型コロナウイルス発生後に上海で開かれる初の大型アニメ・ゲームイベントで、文化クリエーティブ市場の回復ぶりを示す形となった。新型コロナ対策が長期化する中、動画配信サイト騰訊視頻(テンセントビデオ)や東方明珠新媒体(オリエンタルパール・グループ)、ホットトイズ、バンダイナムコホールディングスなど国内外の計250社が参加。20日まで5日間開催される。(上海=新華社配信/王婧媛)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060209603

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  湄潭県の茶園風景。(資料写真)中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060209435

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  湄潭県の茶園風景。(資料写真)中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  6. 2020060209504

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  28日、茶産業博覧会のメインイベント「バイヤー交流会」。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社/王雪松)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060209402

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  28日、貴州省遵義市湄潭県の茶産業博覧会会場。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060209450

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  28日、茶産業博覧会のメインイベント「バイヤー交流会」。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社配信/王雪松)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060209507

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  湄潭県の茶園風景。(資料写真)中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  10. 2019120900745

    2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会開幕世界から431社が参加  6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会の湘西展示エリアのブースでベーコンの肉質を確認する来場者。中国湖南省長沙市で6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会・グリーン産業発展フォーラムが開幕し、世界各地から環境に配慮したグリーン企業431社が参加した。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019120900664

    2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会開幕世界から431社が参加  6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会の開幕式であいさつする国家生態環境部の荘国泰(そう・こくたい)副部長。中国湖南省長沙市で6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会・グリーン産業発展フォーラムが開幕し、世界各地から環境に配慮したグリーン企業431社が参加した。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019120900712

    2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会開幕世界から431社が参加  6日、開幕した2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会の会場。中国湖南省長沙市で6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会・グリーン産業発展フォーラムが開幕し、世界各地から環境に配慮したグリーン企業431社が参加した。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019120900744

    2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会開幕世界から431社が参加  6日、開幕した2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会の会場。中国湖南省長沙市で6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会・グリーン産業発展フォーラムが開幕し、世界各地から環境に配慮したグリーン企業431社が参加した。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019120900748

    2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会開幕世界から431社が参加  6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会で来場者に茶を入れ、自家栽培の茶葉を説明する出展業者(右)。中国湖南省長沙市で6日、2019湖南「一帯一路」グリーン博覧会・グリーン産業発展フォーラムが開幕し、世界各地から環境に配慮したグリーン企業431社が参加した。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019120200425

    江蘇省南京市で江蘇国際養老サービス業博覧会開幕日本企業が多数出展  27日、パラマウントベッド株式会社の海外支社である八楽夢床業(中国)有限公司が展示した介護用家具。中国江蘇省南京市で27日、同省民政庁と中国国際貿易促進委員会江蘇省分会が共催する「2019江蘇国際養老サービス業博覧会」が開幕した。同博覧会は「養老(高齢者介護)サービスの融合発展と国際化」をテーマに3日間にわたって開催される。展示面積は2万5千平方メートルに達し、高齢者介護サービス出展企業、高齢者介護サービス融合発展モデル、介護関連企業と高齢者の双方向型、高齢者介護サービス品質向上支援の四つのプラットフォームに分けて重点的に構築。また、高齢者介護サービス機関および特色あるプロジェクト、スマート介護、高齢者対応製品、海外介護サービス、介護人材訓練およびサービス、リハビリテーション、ヘルスケア、都市団体の八つの展示エリアを設けた。会場では日本、英国、ドイツ、オランダなど多くの国の高齢者介護企業が海外の先進的な製品やサービスの理念を紹介。日本のトヨタ自動車や金橋貿易、大王製紙、パラマウントベッドなど介護関連製品を手がける有名企業は、高齢者介護に対応した先進的な技術と製品を公開している。(南京=新華社記者/何磊静)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019120200413

    江蘇省南京市で江蘇国際養老サービス業博覧会開幕日本企業が多数出展  27日、トヨタ自動車のウェルキャブカー(福祉車両)。中国江蘇省南京市で27日、同省民政庁と中国国際貿易促進委員会江蘇省分会が共催する「2019江蘇国際養老サービス業博覧会」が開幕した。同博覧会は「養老(高齢者介護)サービスの融合発展と国際化」をテーマに3日間にわたって開催される。展示面積は2万5千平方メートルに達し、高齢者介護サービス出展企業、高齢者介護サービス融合発展モデル、介護関連企業と高齢者の双方向型、高齢者介護サービス品質向上支援の四つのプラットフォームに分けて重点的に構築。また、高齢者介護サービス機関および特色あるプロジェクト、スマート介護、高齢者対応製品、海外介護サービス、介護人材訓練およびサービス、リハビリテーション、ヘルスケア、都市団体の八つの展示エリアを設けた。会場では日本、英国、ドイツ、オランダなど多くの国の高齢者介護企業が海外の先進的な製品やサービスの理念を紹介。日本のトヨタ自動車や金橋貿易、大王製紙、パラマウントベッドなど介護関連製品を手がける有名企業は、高齢者介護に対応した先進的な技術と製品を公開している。(南京=新華社記者/何磊静)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019120200465

    江蘇省南京市で江蘇国際養老サービス業博覧会開幕日本企業が多数出展  27日、株式会社カワムラサイクルの連結子会社である漳州立泰医療康復器材有限公司が展示した車椅子。中国江蘇省南京市で27日、同省民政庁と中国国際貿易促進委員会江蘇省分会が共催する「2019江蘇国際養老サービス業博覧会」が開幕した。同博覧会は「養老(高齢者介護)サービスの融合発展と国際化」をテーマに3日間にわたって開催される。展示面積は2万5千平方メートルに達し、高齢者介護サービス出展企業、高齢者介護サービス融合発展モデル、介護関連企業と高齢者の双方向型、高齢者介護サービス品質向上支援の四つのプラットフォームに分けて重点的に構築。また、高齢者介護サービス機関および特色あるプロジェクト、スマート介護、高齢者対応製品、海外介護サービス、介護人材訓練およびサービス、リハビリテーション、ヘルスケア、都市団体の八つの展示エリアを設けた。会場では日本、英国、ドイツ、オランダなど多くの国の高齢者介護企業が海外の先進的な製品やサービスの理念を紹介。日本のトヨタ自動車や金橋貿易、大王製紙、パラマウントベッドなど介護関連製品を手がける有名企業は、高齢者介護に対応した先進的な技術と製品を公開している。(南京=新華社記者/何磊静)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120200623

    江蘇省南京市で江蘇国際養老サービス業博覧会開幕日本企業が多数出展  27日、開幕直前の日本企業の展示ブース。中国江蘇省南京市で27日、同省民政庁と中国国際貿易促進委員会江蘇省分会が共催する「2019江蘇国際養老サービス業博覧会」が開幕した。同博覧会は「養老(高齢者介護)サービスの融合発展と国際化」をテーマに3日間にわたって開催される。展示面積は2万5千平方メートルに達し、高齢者介護サービス出展企業、高齢者介護サービス融合発展モデル、介護関連企業と高齢者の双方向型、高齢者介護サービス品質向上支援の四つのプラットフォームに分けて重点的に構築。また、高齢者介護サービス機関および特色あるプロジェクト、スマート介護、高齢者対応製品、海外介護サービス、介護人材訓練およびサービス、リハビリテーション、ヘルスケア、都市団体の八つの展示エリアを設けた。会場では日本、英国、ドイツ、オランダなど多くの国の高齢者介護企業が海外の先進的な製品やサービスの理念を紹介。日本のトヨタ自動車や金橋貿易、大王製紙、パラマウントベッドなど介護関連製品を手がける有名企業は、高齢者介護に対応した先進的な技術と製品を公開している。(南京=新華社記者/何磊静)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120200484

    江蘇省南京市で江蘇国際養老サービス業博覧会開幕日本企業が多数出展  27日、来場者に自社製介護用品を紹介する出展企業・ふれあい総研株式会社の担当者。中国江蘇省南京市で27日、同省民政庁と中国国際貿易促進委員会江蘇省分会が共催する「2019江蘇国際養老サービス業博覧会」が開幕した。同博覧会は「養老(高齢者介護)サービスの融合発展と国際化」をテーマに3日間にわたって開催される。展示面積は2万5千平方メートルに達し、高齢者介護サービス出展企業、高齢者介護サービス融合発展モデル、介護関連企業と高齢者の双方向型、高齢者介護サービス品質向上支援の四つのプラットフォームに分けて重点的に構築。また、高齢者介護サービス機関および特色あるプロジェクト、スマート介護、高齢者対応製品、海外介護サービス、介護人材訓練およびサービス、リハビリテーション、ヘルスケア、都市団体の八つの展示エリアを設けた。会場では日本、英国、ドイツ、オランダなど多くの国の高齢者介護企業が海外の先進的な製品やサービスの理念を紹介。日本のトヨタ自動車や金橋貿易、大王製紙、パラマウントベッドなど介護関連製品を手がける有名企業は、高齢者介護に対応した先進的な技術と製品を公開している。(南京=新華社記者/何磊静)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120200427

    江蘇省南京市で江蘇国際養老サービス業博覧会開幕日本企業が多数出展  27日、大王製紙株式会社の展示ブース。中国江蘇省南京市で27日、同省民政庁と中国国際貿易促進委員会江蘇省分会が共催する「2019江蘇国際養老サービス業博覧会」が開幕した。同博覧会は「養老(高齢者介護)サービスの融合発展と国際化」をテーマに3日間にわたって開催される。展示面積は2万5千平方メートルに達し、高齢者介護サービス出展企業、高齢者介護サービス融合発展モデル、介護関連企業と高齢者の双方向型、高齢者介護サービス品質向上支援の四つのプラットフォームに分けて重点的に構築。また、高齢者介護サービス機関および特色あるプロジェクト、スマート介護、高齢者対応製品、海外介護サービス、介護人材訓練およびサービス、リハビリテーション、ヘルスケア、都市団体の八つの展示エリアを設けた。会場では日本、英国、ドイツ、オランダなど多くの国の高齢者介護企業が海外の先進的な製品やサービスの理念を紹介。日本のトヨタ自動車や金橋貿易、大王製紙、パラマウントベッドなど介護関連製品を手がける有名企業は、高齢者介護に対応した先進的な技術と製品を公開している。(南京=新華社記者/何磊静)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019111803481

    武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019111803429

    武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器を撮影する来場者。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019111803346

    武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本の鉄瓶。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019111803452

    武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで日本式茶器を選ぶ来場者。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019111803457

    武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019111803695

    武夷山で茶業博覧会開幕人気を集める日本式茶器福建省  16日、茶博会の台湾ブースで展示された日本式茶器。中国福建省武夷山市で16日、第13回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会(茶博会)が開幕した。今回は「茶民宿」「茶文化」「茶と養生」「茶器」「茶の加工食品」「茶道具」などのテーマに展示ブース1360カ所が設置され、多くのバイヤーが交流や商談に訪れた。今回の茶博会では、多くの出展企業が流行に合わせ、さまざまな日本式茶器を展示し、消費者の人気を集めている。(武夷山=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019111401194

    アジア太平洋博が開幕 テープカットする関係者   アジア太平洋博覧会開幕でテープカットをする関係者=1989(平成元)年3月17日午前9時30分、福岡市早良区の「シーサイドももち」 元年国内 3327

  28. 2019111401193

    アジア太平洋博が開幕 テープカットする関係者   アジア太平洋博覧会開幕でテープカットをする関係者=1989(平成元)年3月17日午前9時30分、福岡市早良区の「シーサイドももち」 元年国内 3326

  29. 2019103000281

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  25日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、楊敏(よう・びん)氏の作品「油滴盞(ゆてきさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019103000265

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  25日、博覧会開幕に先立ち公開された宋代の建陽建窯「兎毫束口盞(とごうしょくこうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019103000338

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  25日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師の作品「油滴撇口盞(ゆてきへいこうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019103000322

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  25日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、楊敏(よう・びん)氏の作品「兎毫盞(とごうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019103000210

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、呉継旺(ご・けいおう)氏の作品「描銀盞(びょうぎんさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019103000275

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された宋代建陽水吉窯の「兎毫七彩盞(とごうしちさいさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019103000310

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開されたフランス人間国宝、ジャン・ジレル氏の作品「七彩兎毫束口盞(しちさいとごうしょくこうさん)」(左)と「七彩鷓鴣斑束口盞(しちさいしゃこはんしょくこうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019103000320

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の陶芸家、陳旭(ちん・きょく)氏の作品「七彩仏光鉢型盞(しちさいぶっこうはちがたさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019103000262

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された宋代建陽水吉窯の「兎毫七彩盞(とごうしちさいさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019103000272

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された台湾の陶芸家、李春和(り・しゅんわ)氏の作品「茶末釉束口盞(ちゃまつゆうしょくこうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019103000250

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された台湾の陶芸家、李春和(り・しゅんわ)氏の作品「双面釉太極盞(そうめんゆうたいきょくさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019103000259

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の陶芸家、陳旭(ちん・きょく)氏の作品「霆霓斗笠盞(ていげいとうりゅうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019103000268

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された日本の陶芸家、長江惣吉氏の作品「曜曜斑盞(ようようはんさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019103000346

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、呉継旺(ご・けいおう)氏の作品「描銀盞(びょうぎんさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019103000309

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された日本の陶芸家、長江惣吉氏の作品「銀毫盞(ぎんごうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019103000316

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された日本の陶芸家、長江惣吉氏の作品「曜曜斑盞(ようへんはんさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019103000324

    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市  24日、博覧会開幕に先立ち公開された日本の陶芸家、長江惣吉氏の作品「銀毫盞(ぎんごうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019100102060

    湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会開幕21カ国が出展  28日、国際陶磁産業博覧会で展示されたイランの磁器。中国湖南省醴陵(れいりょう)市で28日、2019湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会が開幕した。博覧会の五つの展示館のうち、国際陶磁館には21カ国58社の陶磁製品が展示されている。会期は10月3日まで。(醴陵=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019100102073

    湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会開幕21カ国が出展  28日、国際陶磁産業博覧会で展示されたイランの磁器。中国湖南省醴陵(れいりょう)市で28日、2019湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会が開幕した。博覧会の五つの展示館のうち、国際陶磁館には21カ国58社の陶磁製品が展示されている。会期は10月3日まで。(醴陵=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019100102096

    湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会開幕21カ国が出展  28日、国際陶磁産業博覧会で展示されたルーマニアの磁器。中国湖南省醴陵(れいりょう)市で28日、2019湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会が開幕した。博覧会の五つの展示館のうち、国際陶磁館には21カ国58社の陶磁製品が展示されている。会期は10月3日まで。(醴陵=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019100102027

    湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会開幕21カ国が出展  28日、国際陶磁産業博覧会で展示されたフィンランドの磁器。中国湖南省醴陵(れいりょう)市で28日、2019湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会が開幕した。博覧会の五つの展示館のうち、国際陶磁館には21カ国58社の陶磁製品が展示されている。会期は10月3日まで。(醴陵=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019100102038

    湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会開幕21カ国が出展  28日、国際陶磁産業博覧会で展示された韓国の磁器。中国湖南省醴陵(れいりょう)市で28日、2019湖南(醴陵)国際陶磁産業博覧会が開幕した。博覧会の五つの展示館のうち、国際陶磁館には21カ国58社の陶磁製品が展示されている。会期は10月3日まで。(醴陵=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像