検索結果 34 件中 1 件 〜 34 件 "危惧動物"
  1. 2019101703495

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内で草を食む野生のフタコブラクダ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019101703431

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内を駆けるモウコノウマの群れ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019101703432

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、柵の中を歩くアジアノロバ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019101703435

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内で秋の日差しを浴びるモウコノウマ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019101703378

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内に広がるウマゴヤシの草地で草を食むサイガ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019101703441

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内で秋の日差しを浴びる野生のフタコブラクダ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019101703509

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、野生のフタコブラクダに飼い葉を与える甘粛絶滅危惧動物保護センターのスタッフ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019101703483

    希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、保護センターの敷地内を歩く野生のフタコブラクダ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019052903106

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞う3羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019052903167

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  5月4日、漢江湿地公園の水辺で戯れるブロンズトキ。中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019052903012

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れる2羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019052903146

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月30日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019052903033

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れるブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019052903144

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019052903114

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019052903166

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園の水辺を飛ぶブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019052903067

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞うブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019041505343

    絶滅危惧動物6倍に  環境省のレッドリストで絶滅の危機にあるとされた動物の種数 連載企画「データ 平成時代」10回続きの(9)

  19. 2019041505342

    絶滅危惧動物6倍に  環境省のレッドリストで絶滅の危機にあるとされた動物の種数 連載企画「データ 平成時代」10回続きの(9)

  20. 2019053001780

    Elephant Museum in Myanmar FILED - 08 April 2019, Myanmar, Rangun: Visitors view elephants at the edge of an enclosure in Myanmar‘s Elephant Museum. With a new elephant museum, animal conservationists in Myanmar want to draw attention to the threat posed to animals by poachers and the illegal trade in ivory and elephant skin. The museum in Rangoon, which opened in March, is sponsored by the WWF. (about dpa “Elephant museum in Myanmar to draw attention to endangered animals“) Photo: Jacob Goldberg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  21. 2019053001671

    Elephant Museum in Myanmar FILED - 08 April 2019, Myanmar, Rangun: A replica of an elephant killed by poachers is on display in Myanmar‘s Elephant Museum. With a new elephant museum, animal conservationists in Myanmar want to draw attention to the threat posed to animals by poachers and the illegal trade in ivory and elephant skin. The museum in Rangoon, which opened in March, is sponsored by the WWF. (about dpa “Elephant museum in Myanmar to draw attention to endangered animals“) Photo: Jacob Goldberg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2019053002038

    Elephant Museum in Myanmar FILED - 08 April 2019, Myanmar, Rangun: The skeleton of an elephant is exhibited in the Myanmar Elephant Museum. With a new elephant museum, animal conservationists in Myanmar want to draw attention to the threat posed to animals by poachers and the illegal trade in ivory and elephant skin. The museum in Rangoon, which opened in March, is sponsored by the WWF. (about dpa “Elephant museum in Myanmar to draw attention to endangered animals“) Photo: Jacob Goldberg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  23. 2019053002015

    Elephant Museum in Myanmar FILED - 08 April 2019, Myanmar, Rangun: Works of art made of ivory and made of elephant tusks are exhibited in the Myanmar Elephant Museum. With a new elephant museum, animal conservationists in Myanmar want to draw attention to the threat posed to animals by poachers and the illegal trade in ivory and elephant skin. The museum in Rangoon, which opened in March, is sponsored by the WWF. (about dpa “Elephant museum in Myanmar to draw attention to endangered animals“) Photo: Jacob Goldberg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  24. 2019031401079

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019031400979

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。 「新華社」

  26. 2019031401032

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019031401074

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019031400972

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019031401082

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019031401078

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018062804110

    World Bee Day 20 May 2018, Germany, Berlin: A red-tailed bumblebee sits on a blossom of a blackberry bush and collects nectar on World Bee Day. There are some 870.000 bee colonies in Germany, which produce 25.000 tons of honey. Once there used to be 560 species of bees in Germany. Today half of them are either extinct or endangered. The animals are threatened by viruses or parasites like the varroa mite. The use of pesticides, large-scale monocultures and several so-called neonicotinoids are partly responsible for the reduction of the insects. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2018062804109

    World Bee Day 20 May 2018, Germany, Berlin: A honey bee sits on the blossom of a blackberry bush and collects nectar on World Bee Day. There are some 870.000 bee colonies in Germany, which produce 25.000 tons of honey. Once there used to be 560 species of bees in Germany. Today half of them are either extinct or endangered. The animals are threatened by viruses or parasites like the varroa mite. The use of pesticides, large-scale monocultures and several so-called neonicotinoids are partly responsible for the reduction of the insects. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2018062804111

    World Bee Day 20 May 2018, Germany, Berlin: A honey bee flies in the direction of a beehive on World Bee Day. There are some 870.000 bee colonies in Germany, which produce 25.000 tons of honey. Once there used to be 560 species of bees in Germany. Today half of them are either extinct or endangered. The animals are threatened by viruses or parasites like the varroa mite. The use of pesticides, large-scale monocultures and several so-called neonicotinoids are partly responsible for the reduction of the insects. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2018062804112

    World Bee Day 20 May 2018, Germany, Berlin: Honey bees fly to a beehive on World Bee Day. There are some 870.000 bee colonies in Germany, which produce 25.000 tons of honey. Once there used to be 560 species of bees in Germany. Today half of them are either extinct or endangered. The animals are threatened by viruses or parasites like the varroa mite. The use of pesticides, large-scale monocultures and several so-called neonicotinoids are partly responsible for the reduction of the insects. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像