検索結果 3,429 件中 1 件 〜 50 件 "原発事故"
  1. 2019113001577

    玄海原発事故に備え訓練  原発事故を想定した防災訓練で、放射性物質の汚染状況を調べる参加者=30日午前、佐賀県有田町

  2. 2019113001573

    玄海原発事故に備え訓練  原発事故を想定した防災訓練で、放射性物質の汚染状況を調べる参加者=30日午前、佐賀県有田町

  3. 2019112900116

    中部電が原発事故訓練  原発事故を想定した中部電力の防災訓練で、対策本部の会議に参加した勝野哲社長(奥)=29日午前、名古屋市

  4. 2019112900110

    中部電が原発事故訓練  原発事故を想定した中部電力の防災訓練で、名古屋市の本店で開かれた対策本部会議=29日午前

  5. 2019112800024

    「12段用」「スクランブル」 手話で原発事故伝える  新しい手話の作り方

  6. 2019112800023

    「12段用」「スクランブル」 手話で原発事故伝える  新しい手話の作り方

  7. 2019112800022

    「スクランブル」 手話で原発事故伝える  新しい手話の作り方

  8. 2019112800021

    「スクランブル」 手話で原発事故伝える  新しい手話の作り方

  9. 2019112800019

    「スクランブル」 手話で原発事故伝える  「屋内退避」を表す手話。左手を斜めに構えて屋根を示し(左)、その下に親指を立てた右手を引き寄せて人が避難する様子を示す

  10. 2019112800018

    「スクランブル」 手話で原発事故伝える  「被ばく」を表す手話。左手の拳で「核」を示し(左)、その下で右手の拳を体に向けて勢いよく開く

  11. 2019112800017

    「スクランブル」 手話で原発事故伝える  「放射線」を表す手話。左手の拳で「核」を示し(左)、その下で右手の人さし指を後ろから前へくぐらせる

  12. 2019112704352

    メインサイド「原発との共存に揺れる女川町」 被災地原発「共存」揺れる  女川原発近くの道路脇に立つ、原発反対を訴える看板。福島第1原発事故前から設置されている=26日午後、宮城県女川町

  13. 2019112604304

    大雪想定で原発事故訓練  福井県庁で行われた、関西電力高浜原発での大雪時の事故を想定した図上訓練=26日午後

  14. 2019112900774

    「日刊工業新聞」 東電から柏崎刈羽電子力発電所の廃炉案を受け取る桜井柏崎市長  新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は19日、東京電力ホールディングス(HD)が提出した柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)1―5号機の廃炉計画に対し「おおむね了」との評価を示した。同日、同市役所を訪れた小早川智明東電HD社長に伝え、同社の廃炉計画に理解を示した。桜井市長は同社の計画について「『廃炉』という言葉を明確に使いながら、その方向性を示した『できうる限り』の回答をした姿勢を評価する」とした上で、廃炉計画のより一層の明確化、県内での再生可能エネルギーの確保など七つの要望を提出した。さらに桜井市長は「信頼関係において、履行されるこれらの事項への取り組みの実践を期待する」との意見を述べた。これに対し、小早川社長は「事業を進めるため市民の皆さまに耳を傾けていきたい」と答えた。同社は8月に柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を実現した上で再生可能エネと原子力を合わせた非化石電源比率の4割強確保もできた場合、5年以内に1基以上の廃炉方針を決める考えを示した。だが同6、7号機の再稼働が実現するかは不透明な状態にある。2017年12月に国の安全審査に合格したが、花角英世新潟県知事は「県による福島第一原発事故の検証委員会の検証結果が出るまでは再稼働の議論をしない」との立場を取っている。桜井柏崎市長(左)と小早川東電HD社長=2019(令和元)年11月19日、柏崎市庁舎、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  15. 2019111303010

    女川原発事故想定で訓練  東北電力女川原発事故想定の避難訓練で、放射性物質の検査を受ける住民(右)=13日午前、宮城県東松島市

  16. 2019111303009

    女川原発事故想定で訓練  東北電力女川原発事故想定の避難訓練で、放射性物質の検査を受ける住民(右から2人目)=13日午前、宮城県東松島市

  17. 2019111205258

    台風19号から1カ月  「踏んだり蹴ったりで、怒りのやり場がないよ」。福島第1原発事故で福島県双葉町から避難を強いられた栗田要さん。新築したいわき市の自宅が台風19号による浸水被害を受けた。これから壁や床などをはがす工事をする予定で、仮設住宅と行き来する生活になるという。「東日本大震災で人生が大きく変わったが、今回でもまた変わった。本当につらい。でも負けていられないという気持ちもある」=12日午後

  18. 2019111107367

    メインサイド「原発事故と二重被災した福島県の農家」 「故郷の味」守ると再起  キウイ農家の渡辺信行さん

  19. 2019111107267

    メインサイド「原発事故と二重被災した福島県の農家」 「故郷の味」守ると再起  台風19号で被災し、販売を控えることになったキウイを手に取る渡辺信行さん=7日、福島県いわき市

  20. 2019111107151

    メインサイド「原発事故と二重被災した福島県の農家」 「故郷の味」守ると再起  台風19号による浸水被害を受けたキウイ畑で話す渡辺信行さん=7日、福島県いわき市

  21. 2019111100014

    「原発事故の次は水害」  台風19号の水害で、床上浸水した位置を示す砂沢守さん=10月30日、宮城県丸森町の金八寿司

  22. 2019111100029

    「12段用」 「原発事故の次は水害」  宮城県丸森町、福島第1原発

  23. 2019111100028

    「12段用」 「原発事故の次は水害」  宮城県丸森町、福島第1原発

  24. 2019111100027

    「原発事故の次は水害」  宮城県丸森町、福島第1原発

  25. 2019111100026

    「原発事故の次は水害」  宮城県丸森町、福島第1原発

  26. 2019111100012

    「原発事故の次は水害」  台風19号による大雨の被害を受け、地面に落ちた柿=10月31日、宮城県丸森町

  27. 2019111100010

    「原発事故の次は水害」  台風19号による大雨の影響で、柿を干す小屋(上)までの道が崩れた斜面=10月31日、宮城県丸森町

  28. 2019111100008

    「原発事故の次は水害」  台風19号で被害を受けた竹林について説明する八島哲郎さん=10月30日、宮城県丸森町

  29. 2019110900424

    「12段用」「震災原発」 原発避難3百世帯超水害に  原発事故の避難者が水害で被災した自治体

  30. 2019110900423

    「震災原発」 原発避難3百世帯超水害に  原発事故の避難者が水害で被災した自治体

  31. 2019110900422

    「震災原発」 原発避難3百世帯超水害に  原発事故の避難者が水害で被災した自治体

  32. 2019110900421

    「12段用」「震災原発」 原発避難3百世帯超水害に  原発事故の避難者が水害で被災した自治体

  33. 2019110900161

    原発事故想定し避難訓練  東京電力柏崎刈羽原発の重大事故を想定した訓練で、ボートに乗り込み避難する住民=9日午前、新潟県柏崎市

  34. 2019110900160

    原発事故想定し避難訓練  東京電力柏崎刈羽原発(奥)の重大事故を想定した訓練で、ボートに乗り込み避難する住民=9日午前、新潟県柏崎市

  35. 2019102202560

    「思い届き、延期に安堵」  東京電力福島第1原発事故に伴い、双葉町から避難した住民らが暮らす仮設住宅を訪問し、声を掛けられる天皇皇后両陛下=2013年9月、福島県郡山市

  36. 2019101805820

    除染廃棄物5袋が流失  東京電力福島第1原発事故後の除染廃棄物を詰めた袋が流出した仮置き場=18日、福島県二本松市

  37. 2019101705276

    原発事故支援拠点を公開   「美浜原子力緊急事態支援センター」で公開された遠隔操作で階段を上るロボット=17日、福井県美浜町

  38. 2019101705153

    原発事故支援拠点を公開   「美浜原子力緊急事態支援センター」で公開されたロボットアームを使った訓練=17日、福井県美浜町

  39. 2019100600334

    「大型サイド」原発事故の自主避難者提訴 福島県、宿舎退去を要求  福島県からの提訴対象となり取材に応じる、都内に自主避難している女性=9月30日、東京都内

  40. 2019100204657

    福島原発事故再調査で会合  東京電力福島第1原発事故の原因調査の再開を巡り、実施計画などを共有する連絡・調整会議の初会合=2日午後、東京都港区 

  41. 2019093001690

    原発事故強制起訴の経過  原発事故強制起訴の経過

  42. 2019093001689

    原発事故強制起訴の経過  原発事故強制起訴の経過

  43. 2019092012753

    緊急連載企画「責任のありか 原発無罪判決」3回続きの(中)福島原発告訴団 被災者の思い、強制起訴に  福島第1原発事故を巡る東京電力旧経営陣への判決後、記者会見する福島原発告訴団の海渡雄一弁護士(中央)ら=19日、東京・霞が関の司法記者クラブ

  44. 2019091909324

    視標「東電原発事故判決」(オピニオン欄用) 納得いかない新事実軽視  大島堅一・龍谷大教授

  45. 2019091909317

    大津波予見可能性なし  指定弁護士と東京電力旧経営陣3人の主張

  46. 2019091909316

    大津波予見可能性なし  指定弁護士と東京電力旧経営陣3人の主張

  47. 2019091909293

    原発事故強制起訴の経過  原発事故強制起訴の経過

  48. 2019091909292

    原発事故強制起訴の経過  原発事故強制起訴の経過

  49. 2019091908907

    大津波予見可能性なし  福島第1原発事故を巡る東京電力旧経営陣への判決を受け、記者会見する福島原発告訴団の武藤類子団長=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  50. 2019091908768

    大津波予見可能性なし  福島第1原発事故を巡る東京電力旧経営陣への判決を受け、記者会見する福島原発告訴団の武藤類子団長(左)と海渡雄一弁護士=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像