検索結果 46 件中 1 件 〜 46 件 "双葉病院"
  1. 2020062708423

    双葉病院遺族が東電提訴へ  福島県大熊町、富岡町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「12段用」「震災原発」

  2. 2020062708419

    双葉病院遺族が東電提訴へ  福島県大熊町、富岡町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「震災原発」

  3. 2020062708417

    双葉病院遺族が東電提訴へ  福島県大熊町、富岡町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「12段用」「震災原発」

  4. 2020062708414

    双葉病院遺族が東電提訴へ  福島県大熊町、富岡町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「震災原発」

  5. 2020062708030

    双葉病院遺族が東電提訴へ 病院に散乱するベッド  双葉病院の敷地内に散乱するベッド=2011年11月、福島県大熊町

  6. 2019091906478

    弟の死に悔悟の念 現在の双葉病院の本館  田中重雄さんの弟・英雄さんが入院していた双葉病院=5日、福島県大熊町 緊急連載企画「責任のありか 原発無罪判決」3回続きの(上)遺族の思い

  7. 2019091906468

    弟の死に悔悟の念 現在の双葉病院  田中重雄さんの弟・英雄さんが入院していた双葉病院=5日、福島県大熊町 緊急連載企画「責任のありか 原発無罪判決」3回続きの(上)遺族の思い

  8. 2019091906447

    弟の死に悔悟の念 病院に散乱するベッド  双葉病院の敷地内に散乱するベッド=2011年11月、福島県大熊町 緊急連載企画「責任のありか 原発無罪判決」3回続きの(上)遺族の思い

  9. 2019091901986

    漂う異臭、座ったまま絶命  双葉病院患者らの避難状況

  10. 2019091901985

    漂う異臭、座ったまま絶命  双葉病院患者らの避難状況

  11. 2019091901984

    漂う異臭、座ったまま絶命  双葉病院患者らの避難状況 「12段用」

  12. 2019091901983

    漂う異臭、座ったまま絶命  双葉病院患者らの避難状況 「12段用」

  13. 2019091400362

    時間止まった双葉病院  福島県大熊町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「12段用」「震災原発」ルポ

  14. 2019091400361

    時間止まった双葉病院  福島県大熊町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「12段用」「震災原発」ルポ

  15. 2019091400360

    時間止まった双葉病院  福島県大熊町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「震災原発」ルポ

  16. 2019091400359

    時間止まった双葉病院  福島県大熊町、双葉病院(休院中)、福島第1原発、帰還困難区域 「震災原発」ルポ

  17. 2019091400351

    時間止まった双葉病院 残された布団  福島県大熊町の双葉病院の敷地のすぐ外にも布団が残されていた=5日

  18. 2019091400307

    時間止まった双葉病院 草が生い茂る双葉病院  敷地内に草が生い茂る双葉病院=5日、福島県大熊町 「ルポ」東電原発事故判決

  19. 2019091400296

    時間止まった双葉病院 双葉病院  東京電力福島第1原発事故で多くの患者らが命を落とした双葉病院=5日、福島県大熊町 「ルポ」東電原発事故判決

  20. 2019091400290

    時間止まった双葉病院 帰還困難区域の商店街  帰還困難区域に指定されている福島県大熊町の商店街=5日 「ルポ」東電原発事故判決

  21. 2019091400288

    時間止まった双葉病院 双葉病院  東京電力福島第1原発事故で多くの患者らが命を落とした双葉病院=5日、福島県大熊町 「ルポ」東電原発事故判決

  22. 2019090304719

    判決控え、揺れる遺族の心 思いを語る菅野正克さん  双葉病院から避難後亡くなった父菅野健蔵さんの遺影とメモを前に思いを語る正克さん=7月、水戸市 2㌻特集「原発事故裁判、判決へ」

  23. 2017063000022

    「古里へ一緒に」果たせず 敷かれたままの布団  1階のフロアに布団が敷かれたままの双葉病院=2013年3月、福島県大熊町

  24. 2017063000017

    「古里へ一緒に」果たせず 双葉病院  東京電力福島第1原発事故で、系列施設のドーヴィル双葉を含め、患者らが命を落とした双葉病院=2011年11月、福島県大熊町

  25. 2016052500934

    東電に3千万円賠償命令 会見する遺族  双葉病院患者死亡訴訟の判決後、記者会見する遺族の西中美代子さん=25日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  26. 2016042700887

    「苦痛大きく賠償額残念」 会見する原告側弁護士  双葉病院訴訟の東京地裁判決を受け、記者会見する原告側の新開文雄弁護士=27日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  27. 2016022900771

    「裁判で責任明らかに」 広間に布団が残る双葉病院  事故による避難で多くの入院患者が死亡した福島県大熊町の双葉病院。事故から5年となるが療養棟の広間には布団が敷き詰められたままだった=29日午後

  28. 2016022900770

    「裁判で責任明らかに」 布団が放置された双葉病院  事故による避難で多くの入院患者が死亡した福島県大熊町の双葉病院。事故から5年となるが療養棟の玄関付近には布団が放置されていた=29日午後

  29. 2016022900756

    「裁判で責任明らかに」 双葉病院の外観  事故による避難で多くの入院患者が死亡した双葉病院=29日午後、福島県大熊町

  30. 2014122500746

    患者救出、混乱浮き彫り 双葉病院に散乱するベッド  双葉病院の敷地内に散乱するベッド=2011年11月、福島県大熊町

  31. 2013061000577

    患者の遺族が東電を提訴 会見する新開文雄弁護士  双葉病院の患者遺族の提訴について、記者会見する遺族側代理人の新開文雄弁護士=10日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  32. 2013031100781

    目張りの窓、車いす放置… 双葉病院  1階のフロアに布団が敷かれたままの双葉病院=11日午後2時4分、福島県大熊町

  33. 2012103100782

    県境またぐ重点区域 双葉病院  福島第1原発事故で、避難計画の不備や関係機関の連携不足から、系列施設を含め患者ら計50人が命を落とした双葉病院=2011年11月、福島県大熊町 「表層深層」原発事故の対策指針

  34. 2012093000366

    「でき得ることした」 記者会見する鈴木院長  記者会見する双葉病院の鈴木市郎院長=30日午後、福島県いわき市

  35. 2012090700498

    独自に調査、遺族に報告へ 大熊町の双葉病院  福島県大熊町の双葉病院=5日

  36. 2012090700497

    独自に調査、遺族に報告へ 鈴木市郎院長  インタビューに答える双葉病院の鈴木市郎院長

  37. 2012072200479

    患者避難遅れ「連携不足」 双葉病院敷地内のベッド  双葉病院の敷地内に運び出されたベッド=2011年11月、福島県大熊町

  38. 2011122100748

    「置き去り」の烙印  自衛隊のルート 「東日本大震災」「12段用」連載企画「救助はまだか福島・双葉病院の悲劇」2回続きの(下)

  39. 2011122100747

    「置き去り」の烙印  自衛隊のルート 「東日本大震災」「12段用」連載企画「救助はまだか福島・双葉病院の悲劇」2回続きの(下)

  40. 2011122100746

    「置き去り」の烙印  自衛隊のルート 「東日本大震災」連載企画「救助はまだか福島・双葉病院の悲劇」2回続きの(下)

  41. 2011122100745

    「置き去り」の烙印  自衛隊のルート 「東日本大震災」連載企画「救助はまだか福島・双葉病院の悲劇」2回続きの(下)

  42. 2011122100709

    介護なく避難230キロ  3月14日の避難ルート 「東日本大震災」連載企画「救助はまだか福島・双葉病院の悲劇」2回続きの(上)

  43. 2011122100708

    介護なく避難230キロ  3月14日の避難ルート 「東日本大震災」連載企画「救助はまだか福島・双葉病院の悲劇」2回続きの(上)

  44. 2011122100618

    「置き去り」の烙印 双葉病院に散乱するベッド  双葉病院の敷地内に散乱するベッド。自衛隊が患者を救出した当時のまま、12月中旬まで置かれていた=11月16日、福島県大熊町 「東日本大震災」連載企画「救助はまだか福島・双葉病院の悲劇」2回続きの(下)

  45. 2011111600445

    原発3キロ圏、車で一時帰宅 双葉病院の内部  報道陣に初めて公開された双葉病院の内部。患者が使った布団やマットが放置されたままになっていた=16日午前、福島県大熊町 「東日本大震災」

  46. 2011111600444

    原発3キロ圏、車で一時帰宅 双葉病院に残されたベッド  報道陣に初めて公開された福島第1原発から約4キロの双葉病院。玄関前には介護ベッドが並び、患者を運び出した形跡が残る。事故後の混乱で避難支援が遅れ、多くの患者が死亡した=16日午前、福島県大熊町 「東日本大震災」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像