検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "吉備高原"
  1. 2019111803315

    備中松山城 雲海の中に浮かび上がる 岡山県高梁市  雲海の中に浮かび上がる備中松山城天守=13日午前8時48分。岡山県中西部に広がる吉備高原に雲海の季節がやってきた。高梁市奥万田町の展望台からは13日朝、標高430メートルにそびえる備中松山城が、棚引く白雲の合間に浮かび上がる幻想的な光景が見られた。=2019(令和元)年11月13日、岡山県高梁市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  2. 2018060500741

    板谷徹丸氏「首都移すなら吉備高原」   首都を移すなら吉備高原―。岡山県赤磐市を拠点に活動する地質学者がユニークな構想を提唱している。岡山県中部・北部を中心に広島、兵庫県の一部を含む吉備高原は、地盤が安定し活断層もなく大地震の可能性が低いとして、国の司令塔を置く場所には最適と主張する。提唱者の一人で、「地球史研究所」を赤磐市に開設しているNPO法人・地球年代学ネットワーク(岡山市)理事長の板谷徹丸氏(71)に根拠や狙いを聞いた。 =2018(平成30)年5月17日、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  3. 2016081001364

    引退競走馬に活躍の場を 調教する理事長西崎さん  引退した競走馬のトレーニングをする吉備高原サラブリトレーニングの理事長西崎純郎さん=7日、岡山県吉備中央町 「@山陰山陽」

  4. 2008021400133

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1976(昭和51)年9月撮影 カラーA 7532

  5. 2007021600052

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1963(昭和38)年11月6日撮影 人物通信 341

  6. 2006052300022

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1966(昭和41)年6月29日撮影 人物通信 3182

  7. 2006010400016

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1969(昭和44)年10月1日撮影 人物通信 6313

  8. 2005092700070

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1971(昭和46)年8月31日撮影 人物通信 8212

  9. 2005031000074

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1976(昭和51)年11月18日出稿 人物通信 13077

  10. 2004090700086

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1980(昭和55)年11月7日出稿 人物通信 16831

  11. 1994081500004

    のびのび教育で個性発揮 小学校と流王さん  「吉備高原のびのび小学校」(右)と建設中の寄宿舎前で説明する流王農さん=岡山県・加茂川町(教育) 平6国内 10289

  12. 2019050801782

    工事進む吉備新線  吉備高原都市と岡山市街地を結ぶ幹線道路「岡山吉備新線」。岡山県賀陽町(現・吉備中央町)で工事が進んでいる第一期工事分6・4キロがまもなく開通。同線は総延長約30キロで一期分は岡山県が53年度から4カ年で工事を行ってきた。最終的な幅員は13メートル(4車線)だが、とりあえず暫定2車線で使用を始めた。1981(昭和56)年4月3日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」

  13. 2019041601685

    タバコ畑に三角帽子 岡山県高梁市  白い三角帽子がゆるやかな山の斜面に美しい絵模様を描いている。岡山県川上町高山(現高梁市)。三角帽子は植え付けを終わったタバコの苗を朝夕の冷害から守るのが目的。畑一面の〝ミニテント〞は周りの木々の緑と鮮やかなコントラストを描き、吉備高原に本格的な春を告げている。=1978(昭和53)年4月5日、岡山県高梁市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」

  14. 2019041601683

    干天に慈雨で踊る  岡山県久米南町   水不足に悩むことの多かった吉備高原の地域では、雨ごい祈願の伝承が残っている。写真は野道を行く「バンバ踊り」の踊り手。一行は、すげがさ、白むく、赤い帯にたすき、手甲・脚半姿。夏の風情の中で彩りを添えた。住民は「干天に慈雨」となったこの年、お礼で踊りを寺に奉納した。 =1977(昭和52)年7月13日、岡山県久米南町 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」

  15. 1971102900006

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1971(昭和46)年8月31日撮影 カラー通信 3452

  16. 1969111400010

    長野士郎 (ながの・しろう)  自治省行政局長、岡山県知事、吉備高原保健福祉のむら事業団理事長、全国知事会会長=1969(昭和44)年10月撮影 カラー通信 2145

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像