検索結果 42 件中 1 件 〜 42 件 "唐宋時代"
  1. 2020073006215

    年代幅は5千年、三星堆遺跡周辺で新たな遺跡を発見四川省  聯合遺跡で見つかった唐・宋時代の墓葬。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は29日、同省広漢市にあり長江上流域文明の重要遺跡として有名な「三星堆(さんせいたい)遺跡」の周辺で、5千年の年代幅を持つ複合遺跡を発見したと発表した。遺跡は発見された村の名前を取って「聯合遺跡」と名付けられた。専門家は、同遺跡が三星堆古城遺跡の周辺にあった重要集落の一つであるとの見方を示し、今回の発見により三星堆周辺区域の研究の幕が開けたと語った。(広漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052601973

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052601954

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場で記念撮影する発掘隊の隊員。女性が多い。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052601956

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052601929

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052601796

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052601930

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052601883

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052601977

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052601830

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052601892

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場で測量する発掘隊の女性隊員。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘東北遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019120200368

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある半月台。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019120200362

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある関張殿。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019120200565

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある南陽諸葛廬。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019120200477

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の入口。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019120200472

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある井戸「諸葛井」。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019120200473

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある石の彫刻。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120200534

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある建物の中に展示されたろう人形。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120200392

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある古柏亭。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120200396

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内の建物にある諸葛亮像。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120200366

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内に建つ「三代遺才」石牌坊。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120200367

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある山門。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120200411

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある大殿。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120200462

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の入口にある「漢昭烈皇帝三顧処」石牌坊(鳥居の形をした石の牌楼)。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120200546

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にあるいおり、草廬(そうろ)。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019120200566

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある大殿の一角。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120200336

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある寧遠楼。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020070705365

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の全景。(2019年11月15日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020070705308

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の傾斜した墓道を持つ墓で見つかった人骨。(2019年11月5日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020070705306

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった傾斜した墓道を持つ墓。(2019年11月4日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020070705378

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で出土した文字が書かれた漆の木器。(2019年11月3日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020070705405

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の傾斜した墓道を持つ墓から出土した単耳罐(たんじかん)。(2019年10月31日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020070705384

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で出土した人骨を鑑定する考古学チームのメンバー。(2019年10月29日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020070705363

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で発掘作業をする考古学チームのメンバー。(2019年10月27日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020070705376

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった竪穴偏室墓。(2019年10月21日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020070705366

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で発掘作業に当たる考古学チームのメンバー。(2019年10月14日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020070705392

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地の竪穴偏室墓で見つかった人骨と副葬品。(2019年10月11日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020070705352

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地から出土した銅鏡。(2019年10月11日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020070705385

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった傾斜した墓道を持つ墓。(2019年10月6日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020070705397

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった傾斜した墓道を持つ墓の側室。(2019年10月5日撮影)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020070705327

    唐・宋時代の傾斜した墓道を持つ墓、新疆ハミ市で初めて発見  新疆ウイグル自治区のラプチュック墓地で見つかった土坑墓。(2019年10月1日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市の古墓群「拉甫却克(ラプチュック)墓地」で昨年見つかった唐・宋時代の墓62基のうち、19基が傾斜した墓道を持つ墓だった。黄河中下流域を発祥とする「中原文化」の典型的な墓の形式で、同市では初めての発見となる。(ウルムチ=新華社配信)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019071006087

    成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省  正府街遺跡で見つかった唐宋時代の大型建築遺構。(6月25日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像