検索結果 118 件中 1 件 〜 50 件 "国内市場"
  1. 2020060209526

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  29日、福建省順昌県昇昇木業の竹製品陳列室を見学する人。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060209664

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、木製家具のパーツを製造する福建杜氏木業の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060209632

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、製造ラインで働く生活用品の製造メーカー、福建味家生活用品製造の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060209516

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、新しい製品をデザインする福建杜氏木業の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060209627

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、木製インテリアを製造する福建杜氏木業の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209544

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、木製インテリアを製造する福建杜氏木業の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060209571

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、スマート切断機を操作する生活用品の製造メーカー、福建味家生活用品製造の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060209693

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、木製の生活用品を加工する福建省順昌県昇昇木業の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060209518

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、製品の販売についてインターネットで取引先とやり取りする生活用品の製造メーカー、福建味家生活用品製造の従業員。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060209697

    木・竹製品を手掛ける貿易企業、生産再開に全力福建省  28日、福建杜氏木業の製品陳列室。中国福建省南平市にある木・竹製品を手掛ける貿易企業はこのところ、生産再開に向け急ピッチで作業を進めている。海外の顧客との関係強化を図るとともに、電子商取引(EC)プラットフォームとの協力やクラウドプロモーションなどを通じて、オンラインの販売チャネルを革新し、国内市場の開拓に力を入れている。また、企業の技術革新、新製品の設計なども展開している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020040900075

    商業捕鯨再開も供給3割減  国内市場への鯨肉供給の構図 「12段用」「スクランブル」

  12. 2020040900072

    商業捕鯨再開も供給3割減  国内市場への鯨肉供給の構図 「スクランブル」

  13. 2020040900071

    商業捕鯨再開も供給3割減  国内市場への鯨肉供給の構図 「スクランブル」

  14. 2020040900067

    商業捕鯨再開も供給3割減  国内市場への鯨肉供給の構図 「12段用」「スクランブル」

  15. 2020031200799

    上海税関、豪州産チルド牛肉約100トンを通関初のチャーター便  2日、オーストラリアから輸入されたチルド牛肉の実地検査を行う上海税関の職員。中国上海税関は10日、チャーター便で輸入されたチルド牛肉の通関をこのほど初めて実施したと明らかにした。牛肉はオーストラリア産で合計96・88トン。チャーター便によるチルド牛肉の大量輸入は、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた国内市場の需要を満たし、消費者の食生活をより充実させるのが目的。貨物が到着した上海浦東国際空港では、空港税関が直ちに実地検査とサンプリングを実施。上海税関実験室の検査で合格したことを受け、市場へ送られた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019120606021

    リユースモバイル関連ガイドライン検討会の認証ロゴマーク  中古スマートフォンとスマホ修理の業界団体が立ち上げたリユースモバイル関連ガイドライン検討会(粟津浜一座長=リユースモバイル・ジャパン〈RMJ〉会長)は、消費者が安心して中古スマホを購入できるようにする指針の改訂版を策定した。12月1日に実施する。指針に準拠し、経営状況やガバナンス体制が健全と判断した中古スマホ取扱業者を認証する制度も始める。2020年4月までに1000店舗での認証取得を目指す。中古スマホの外装格付け基準や利用者情報の処理方法を規定した指針の初版を3月に策定していた。改訂版では、中古スマホ購入の最大の懸念だったバッテリーの状態確認を推奨。ほとんどの端末メーカーが提供しているバッテリー状況確認機能の結果を店頭表示に記載するよう求める。中古スマホの前所有者が分割払いの債務不履行となった場合に突然、端末の使用に制限がかかる「赤ロム」に対する保証を付けることも推奨する。純正部品を使って修理した「リファービッシュ品」の販売時は、端末メーカーや認定修理業者による修理であることを担保して明示する。この指針に準拠し、経営状況やガバナンスが健全と判断された事業者を認定する「リユースモバイル事業者認定制度」への申請受け付けを12月16日に始める。申請した業者への実地検査を基に新美育文明治大学名誉教授ら5人の審査委員が審査。合格した業者は認証ロゴマークを店頭広告などに使用できる。端末と通信料のセット割引を制限した改正電気通信事業法が10月に施行。中古スマホのSIMロック解除も解禁されたが、粟津座長は「今のところ目立つ動きはない。半年から1年様子を見る必要がある」と話す。中古市場が盛り上がりに欠ける要因の一つに、携帯電話大手が始めた端末購入補助がある。購入補助は36回分割払いで対象機種を購入した契約者に対し、12回分の分割支払金の支払いを不要とする一方、約2年後に購入機種を返却し、新機種に買い替えさせるからだ。携帯大手が回収した中古スマホの多くが海外に流出してしまう課題もある。RMJ正会員企業による18年度の中古携帯端末販売は前年度比6万台減の約135万台。より多くの端末を国内市場に流通させるためにも、品質保証以外で携帯大手の購入補助に対抗できる施策が求められる。=2019(令和元)年11月28日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  17. 2019112900770

    長津製作所が作業自動化の一環で導入した放電加工機  長津製作所(川崎市中原区)は、金型部品加工の効率化を狙いに本社工場の自動化に着手する。加工品入れ替え向けに5軸マシニングセンター(MC)用ワークチェンジャーなどを導入する。自動化した設備の年間生産能力を2022年までに現行比で30%向上させる。コスト競争力を高めて国内市場の縮小に対応する。20年1―2月に金型部品加工用の5軸MCに組み込むワークチェンジャー1台を約2000万円で購入する。順調に活用できれば、5軸MCとワークチェンジャーをセットで複数台導入する予定だ。設備稼働中に別の部品の位置や向き、水平度合いなどを調整する「外段取り」の効率化も進める。20年3月末までに外段取りを行う際に使う新たな専用治具の使用を開始。4個程度を自社で製造する予定で、現在試作と精度確認を進めている。開発・製造費は約500万円を見込む。長津製作所は中古の放電加工機と同加工機用のロボット式ワークチェンジャー1セットを導入し、12月までに使用を始める。MCでは届かない奥まった部分の金型の加工などに活用する。導入費は約1000万円。加工技術のない作業者でもワークと電極を現場の棚から出し入れする作業だけで済む。同社の国内売上高は約16億円。ただ、国内の金型市場は縮小傾向にある。今回の自動化の取り組みは売り上げ拡大よりもコスト競争力の強化、働き方改革の推進を目的としている。本社工場での自動化が軌道に乗れば、2―3年後に新潟県見附市の新潟工場でも自動化を始める計画だ。=2019(令和元)年9月18日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  18. 2019082104488

    象牙国内市場の閉鎖見送り 象牙に火を付ける職員  ケニアのナイロビ国立公園で、密猟者などから押収した象牙の山に火を付けるケニア野生生物公社の職員ら=2016年4月(共同)

  19. 2019081700693

    象牙国内市場閉鎖が焦点 開幕した締約国会議  ジュネーブで開幕したワシントン条約締約国会議の全体会合=17日(共同)

  20. 2019061700620

    カネボウ、ブランド逆輸入 ブランド「SENSAI」  カネボウ化粧品が国内市場に投入する「SENSAI」ブランド=17日、東京都内

  21. 2019042900296

    「日本ワイン」が人気  国内市場におけるワイン流通量の構成比、日本ワインの出荷量とワイナリーの数

  22. 2019042900295

    「日本ワイン」が人気  国内市場におけるワイン流通量の構成比、日本ワインの出荷量とワイナリーの数

  23. 2019031101623

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/王鵬)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019031101592

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  9日、記者会見で質問に答える王受文氏。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019031101585

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019031101548

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)(中央)部長、王受文(おう・じゅぶん)(右)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)(左)副部長が内外記者の質問に答えた。(組み合わせ写真)(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019031101333

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/王鵬)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019031101429

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  9日、記者会見で質問に答える鍾山氏。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019031101448

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  9日、記者会見の記者。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/王鵬)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019031101395

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019031101396

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  9日、記者会見後、記者と交流する鍾山氏。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019031101406

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/王鵬)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019031101371

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  9日、記者会見で質問に答える鍾山氏(中央)。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/李然)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019031101441

    商務部、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見  9日、記者会見で質問に答える銭克明氏。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議プレスセンターは9日午前、「強い国内市場の形成を促進し、全方位的な対外開放を推進」に関する記者会見を開き、商務部の鍾山(しょう・ざん)部長、王受文(おう・じゅぶん)副部長兼国際貿易交渉副代表、銭克明(せん・こくめい)副部長が内外記者の質問に答えた。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019022500500

    アルゼンチンアカエビ、中国人の味覚を「征服」  15日、アルゼンチン・チュブ州のプエルト・マドリン港で、アルゼンチンアカエビの温度を測定する品質検査員。南西大西洋の冷たい海に接するアルゼンチン南部のパタゴニア地方。豊富な海洋生物資源と独特な天候条件が同国の海の恵み「アルゼンチンアカエビ」を生み出した。中国とアルゼンチンとの間で日増しに緊密さを増す経済・貿易取引と中国の強大な電子商取引プラットフォームの恩恵を受け、高品質のアルゼンチアカエビはここ数年で多くの中国人に知られるようになった。チュブ州のプエルト・マドリンはアカエビの水揚げと加工で知られる港町で、付近の水域は、透明度が高く、水温もアカエビの繁殖に適している。上海水産集団は2015年、国内市場の巨大なニーズを受け、同地の水産加工会社「アルタマーレ(Altamare)」を買収。今では同社が出荷する全てのアルゼンチンアカエビが中国へ輸出されている。(ブエノスアイレス=新華社配信/マーティン・サバラ)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019022500502

    アルゼンチンアカエビ、中国人の味覚を「征服」  15日、アルゼンチン・チュブ州のプエルト・マドリン港で、水揚げしたアルゼンチンアカエビを大きさで選別する作業員。南西大西洋の冷たい海に接するアルゼンチン南部のパタゴニア地方。豊富な海洋生物資源と独特な天候条件が同国の海の恵み「アルゼンチンアカエビ」を生み出した。中国とアルゼンチンとの間で日増しに緊密さを増す経済・貿易取引と中国の強大な電子商取引プラットフォームの恩恵を受け、高品質のアルゼンチアカエビはここ数年で多くの中国人に知られるようになった。チュブ州のプエルト・マドリンはアカエビの水揚げと加工で知られる港町で、付近の水域は、透明度が高く、水温もアカエビの繁殖に適している。上海水産集団は2015年、国内市場の巨大なニーズを受け、同地の水産加工会社「アルタマーレ(Altamare)」を買収。今では同社が出荷する全てのアルゼンチンアカエビが中国へ輸出されている。(ブエノスアイレス=新華社配信/マーティン・サバラ)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019022500584

    アルゼンチンアカエビ、中国人の味覚を「征服」  15日、アルゼンチン・チュブ州のプエルト・マドリン港のふ頭で、水揚げしたアルゼンチンアカエビを積み込む作業員。南西大西洋の冷たい海に接するアルゼンチン南部のパタゴニア地方。豊富な海洋生物資源と独特な天候条件が同国の海の恵み「アルゼンチンアカエビ」を生み出した。中国とアルゼンチンとの間で日増しに緊密さを増す経済・貿易取引と中国の強大な電子商取引プラットフォームの恩恵を受け、高品質のアルゼンチアカエビはここ数年で多くの中国人に知られるようになった。チュブ州のプエルト・マドリンはアカエビの水揚げと加工で知られる港町で、付近の水域は、透明度が高く、水温もアカエビの繁殖に適している。上海水産集団は2015年、国内市場の巨大なニーズを受け、同地の水産加工会社「アルタマーレ(Altamare)」を買収。今では同社が出荷する全てのアルゼンチンアカエビが中国へ輸出されている。(ブエノスアイレス=新華社配信/マーティン・サバラ)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019022500448

    アルゼンチンアカエビ、中国人の味覚を「征服」  15日、アルゼンチン・チュブ州のプエルト・マドリン港で、箱詰めしたアルゼンチンアカエビの重さを計る作業員。南西大西洋の冷たい海に接するアルゼンチン南部のパタゴニア地方。豊富な海洋生物資源と独特な天候条件が同国の海の恵み「アルゼンチンアカエビ」を生み出した。中国とアルゼンチンとの間で日増しに緊密さを増す経済・貿易取引と中国の強大な電子商取引プラットフォームの恩恵を受け、高品質のアルゼンチアカエビはここ数年で多くの中国人に知られるようになった。チュブ州のプエルト・マドリンはアカエビの水揚げと加工で知られる港町で、付近の水域は、透明度が高く、水温もアカエビの繁殖に適している。上海水産集団は2015年、国内市場の巨大なニーズを受け、同地の水産加工会社「アルタマーレ(Altamare)」を買収。今では同社が出荷する全てのアルゼンチンアカエビが中国へ輸出されている。(ブエノスアイレス=新華社配信/マーティン・サバラ)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019022500618

    アルゼンチンアカエビ、中国人の味覚を「征服」  15日、アルゼンチン・チュブ州のプエルト・マドリン港で、水揚げしたアルゼンチンアカエビを大きさで選別する作業員。南西大西洋の冷たい海に接するアルゼンチン南部のパタゴニア地方。豊富な海洋生物資源と独特な天候条件が同国の海の恵み「アルゼンチンアカエビ」を生み出した。中国とアルゼンチンとの間で日増しに緊密さを増す経済・貿易取引と中国の強大な電子商取引プラットフォームの恩恵を受け、高品質のアルゼンチアカエビはここ数年で多くの中国人に知られるようになった。チュブ州のプエルト・マドリンはアカエビの水揚げと加工で知られる港町で、付近の水域は、透明度が高く、水温もアカエビの繁殖に適している。上海水産集団は2015年、国内市場の巨大なニーズを受け、同地の水産加工会社「アルタマーレ(Altamare)」を買収。今では同社が出荷する全てのアルゼンチンアカエビが中国へ輸出されている。(ブエノスアイレス=新華社配信/マーティン・サバラ)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019022500477

    アルゼンチンアカエビ、中国人の味覚を「征服」  15日、アルゼンチン・チュブ州のプエルト・マドリン港で、箱詰めしたアルゼンチンアカエビを見せる作業員。南西大西洋の冷たい海に接するアルゼンチン南部のパタゴニア地方。豊富な海洋生物資源と独特な天候条件が同国の海の恵み「アルゼンチンアカエビ」を生み出した。中国とアルゼンチンとの間で日増しに緊密さを増す経済・貿易取引と中国の強大な電子商取引プラットフォームの恩恵を受け、高品質のアルゼンチアカエビはここ数年で多くの中国人に知られるようになった。チュブ州のプエルト・マドリンはアカエビの水揚げと加工で知られる港町で、付近の水域は、透明度が高く、水温もアカエビの繁殖に適している。上海水産集団は2015年、国内市場の巨大なニーズを受け、同地の水産加工会社「アルタマーレ(Altamare)」を買収。今では同社が出荷する全てのアルゼンチンアカエビが中国へ輸出されている。(ブエノスアイレス=新華社配信/マーティン・サバラ)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019020621508

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団の工場内の生産ラインで作業をしている工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/盧燁)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019020621511

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団の工場敷地内に並べられたトラクター。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019020621524

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団の工場内でトラクターを検査している工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019020621578

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団の工場内でトラクターを検査している工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/盧燁)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019020621514

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団第三装配廠の生産ラインで作業をしている工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019020621517

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団第三装配廠の生産ラインで作業をしている工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019020621526

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団の工場内の生産ラインで作業をしている工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/盧燁)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019020621579

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団の工場内でトラクターのボディーにスプレーをかける工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/盧燁)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019020621577

    「一帯一路」で進む海外市場開拓中国最大の農機メーカー  中国一拖集団の工場内で生産ラインを検査している工場スタッフ。(1月16日撮影)中国河南省洛陽市にある中国一拖集団有限公司(第一トラクター)は、1958年7月20日に中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造に成功した第一拖拉機製造廠を前身とし、中国農業機械工業の「長男」と呼ばれている。長年にわたり同社は、中国の農機工業技術に多くの革新や飛躍をもたらしてきた。また、国内市場を深く開拓するとともに海外市場の開拓にも力を入れ、現在では世界100余りの国や地域で同社の製品が販売されている。特に「一帯一路」構想の提唱以降、同社はこの新たな経済ベルトの力を借り、ますます多くの農業機械や設備を世界市場に送り出している。(洛陽=新華社記者/盧燁)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018121500026

    Inflation in Venezuela 11 December 2018, Venezuela, Caracas: A Venezuelan repairs the tire of a motorcycle. In view of the economic crisis, everything in Venezuela is being repaired until it is absolutely useless. The Venezuelan domestic market is suffering greatly from the economic crisis. According to the International Monetary Fund (IMF), the South American country is heading for inflation of 1.37 million percent in 2018. Photo: Rayner Pena/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像