検索結果 28 件中 1 件 〜 28 件 "国家重点保護"
  1. 2020052601768

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052601762

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区でパートナーに餌を渡そうとするハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052601794

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で羽を休めるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052601759

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052601763

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で撮影したハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052601787

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で羽を休めるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052601832

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で戯れる2羽のハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052601810

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で戯れる2羽のハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052601795

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052601788

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052601847

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区でパートナーに餌を渡そうとするハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052601822

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で木の枝に止まるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019110701320

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のムラサキサギの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019110701235

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをしたノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019110701237

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のノガンの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019110701353

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをした国家1級保護動物のノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019110701313

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、トラフズクを検診するボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018051800674

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018051800691

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018051800632

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018051800672

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018051800631

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018051800684

    絵画のような風景が広がる初夏の寛闊水貴州省  15日、空から見た寛闊水国家級自然保護区の様子。(ドローンで撮影)中国貴州省綏陽県の寛闊水国家級自然保護区は敷地総面積26231ヘクタール、森林率85・42%の自然保護区で、国家重点保護動物のフランソワルトンやキンケイ(錦鶏)個体群など希少動物の重要な生息地だ。(貴州・綏陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018030700598

    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ  2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶソリハシセイタカシギの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018030700611

    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ  2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶヒシクイの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018030700629

    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ  2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区に集まるコハクチョウの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018030700588

    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ  2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶコハクチョウとヒシクイの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018030700594

    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ  2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶソリハシセイタカシギの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像