検索結果 221 件中 1 件 〜 50 件 "国家電網"
  1. 2020080303174

    世界初の水中超高電圧送電トンネル、全面的「健診」完了江蘇省  21日、蘇通GIL共同溝プロジェクトで、接触式振動計を使って設備の振動試験を行う専門スタッフ。中国送電大手、国家電網(SGCC)傘下の国網江蘇省電力は30日、世界初の水中超高電圧(UHV)送電トンネルで、現在世界で最高の電圧と最大の送電容量を備えた蘇通ガス絶縁送電線(GIL)共同溝プロジェクトが29日に初めて全面的な「健康診断」を終えたことを明らかにした。これにより、今夏の電力消費ピーク時に華東(中国東部)地域のエネルギー供給を力強く保障できるという。(南京=新華社配信/江芸)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303347

    世界初の水中超高電圧送電トンネル、全面的「健診」完了江蘇省  21日、蘇通GIL共同溝プロジェクトで、低周波音響イメージング装置センサーを取り付ける専門スタッフ。中国送電大手、国家電網(SGCC)傘下の国網江蘇省電力は30日、世界初の水中超高電圧(UHV)送電トンネルで、現在世界で最高の電圧と最大の送電容量を備えた蘇通ガス絶縁送電線(GIL)共同溝プロジェクトが29日に初めて全面的な「健康診断」を終えたことを明らかにした。これにより、今夏の電力消費ピーク時に華東(中国東部)地域のエネルギー供給を力強く保障できるという。(南京=新華社配信/江芸)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080303392

    世界初の水中超高電圧送電トンネル、全面的「健診」完了江蘇省  21日、蘇通GIL共同溝プロジェクトで、音響イメージング装置によって検出された結果を分析する専門スタッフ。中国送電大手、国家電網(SGCC)傘下の国網江蘇省電力は30日、世界初の水中超高電圧(UHV)送電トンネルで、現在世界で最高の電圧と最大の送電容量を備えた蘇通ガス絶縁送電線(GIL)共同溝プロジェクトが29日に初めて全面的な「健康診断」を終えたことを明らかにした。これにより、今夏の電力消費ピーク時に華東(中国東部)地域のエネルギー供給を力強く保障できるという。(南京=新華社配信/江芸)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072702417

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072702513

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、揚州市の飲食店で電気調理器具を使い作られた料理。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(揚州=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072702529

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072702416

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化調理器具を使い点心を作る揚州市の料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072702525

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化調理器具で作られた点心料理を写真に収める市民。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072800856

    電力作業員が送電塔に鳥害防止器を取り付け天津市  16日、天津市武清区豆張荘鎮の送電鉄塔で高所作業を行う作業員。中国天津市は16日、最高気温が35度に達した。同市武清区豆張荘鎮では、国家電網天津検修公司送電運営点検センター活線作業室の作業員が猛暑の中、220キロボルト送電鉄塔への鳥害防止器取り付け作業を行った。同社は今年上半期、武清区の送電鉄塔にクビワムクドリが営巣しているのを発見。放置すると事故につながる危険性があり、夏場の負荷ピーク時における電力の安定供給を確保するためにも、作業員らは10日から鳥が多く出没する地域の送電鉄塔に対し、鳥害防止器の取り付け作業を開始した。すでに700基余りの取り付けが終了している。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072800930

    電力作業員が送電塔に鳥害防止器を取り付け天津市  16日、天津市武清区豆張荘鎮の送電鉄塔で、鳥害防止器を取り付ける作業員。中国天津市は16日、最高気温が35度に達した。同市武清区豆張荘鎮では、国家電網天津検修公司送電運営点検センター活線作業室の作業員が猛暑の中、220キロボルト送電鉄塔への鳥害防止器取り付け作業を行った。同社は今年上半期、武清区の送電鉄塔にクビワムクドリが営巣しているのを発見。放置すると事故につながる危険性があり、夏場の負荷ピーク時における電力の安定供給を確保するためにも、作業員らは10日から鳥が多く出没する地域の送電鉄塔に対し、鳥害防止器の取り付け作業を開始した。すでに700基余りの取り付けが終了している。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072800721

    電力作業員が送電塔に鳥害防止器を取り付け天津市  16日、天津市武清区豆張荘鎮の送電鉄塔で、鳥害防止器を取り付ける作業員。中国天津市は16日、最高気温が35度に達した。同市武清区豆張荘鎮では、国家電網天津検修公司送電運営点検センター活線作業室の作業員が猛暑の中、220キロボルト送電鉄塔への鳥害防止器取り付け作業を行った。同社は今年上半期、武清区の送電鉄塔にクビワムクドリが営巣しているのを発見。放置すると事故につながる危険性があり、夏場の負荷ピーク時における電力の安定供給を確保するためにも、作業員らは10日から鳥が多く出没する地域の送電鉄塔に対し、鳥害防止器の取り付け作業を開始した。すでに700基余りの取り付けが終了している。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800724

    電力作業員が送電塔に鳥害防止器を取り付け天津市  16日、送電鉄塔の高所作業を終え、汗だくになった作業員。中国天津市は16日、最高気温が35度に達した。同市武清区豆張荘鎮では、国家電網天津検修公司送電運営点検センター活線作業室の作業員が猛暑の中、220キロボルト送電鉄塔への鳥害防止器取り付け作業を行った。同社は今年上半期、武清区の送電鉄塔にクビワムクドリが営巣しているのを発見。放置すると事故につながる危険性があり、夏場の負荷ピーク時における電力の安定供給を確保するためにも、作業員らは10日から鳥が多く出没する地域の送電鉄塔に対し、鳥害防止器の取り付け作業を開始した。すでに700基余りの取り付けが終了している。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072800932

    電力作業員が送電塔に鳥害防止器を取り付け天津市  16日、天津市武清区豆張荘鎮の送電鉄塔で高所作業を行う作業員。中国天津市は16日、最高気温が35度に達した。同市武清区豆張荘鎮では、国家電網天津検修公司送電運営点検センター活線作業室の作業員が猛暑の中、220キロボルト送電鉄塔への鳥害防止器取り付け作業を行った。同社は今年上半期、武清区の送電鉄塔にクビワムクドリが営巣しているのを発見。放置すると事故につながる危険性があり、夏場の負荷ピーク時における電力の安定供給を確保するためにも、作業員らは10日から鳥が多く出没する地域の送電鉄塔に対し、鳥害防止器の取り付け作業を開始した。すでに700基余りの取り付けが終了している。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072800842

    電力作業員が送電塔に鳥害防止器を取り付け天津市  16日、天津市武清区豆張荘鎮で、送電鉄塔の高所作業を終えた作業員。中国天津市は16日、最高気温が35度に達した。同市武清区豆張荘鎮では、国家電網天津検修公司送電運営点検センター活線作業室の作業員が猛暑の中、220キロボルト送電鉄塔への鳥害防止器取り付け作業を行った。同社は今年上半期、武清区の送電鉄塔にクビワムクドリが営巣しているのを発見。放置すると事故につながる危険性があり、夏場の負荷ピーク時における電力の安定供給を確保するためにも、作業員らは10日から鳥が多く出没する地域の送電鉄塔に対し、鳥害防止器の取り付け作業を開始した。すでに700基余りの取り付けが終了している。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070705430

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  1日、コウノトリに餌を与える自然保護区の職員。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070705454

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  1日、コウノトリに餌を与える自然保護区の職員。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070705421

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  6月26日、送電用鉄塔の上にあるコウノトリの巣。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070705453

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  6月26日、送電用鉄塔の上にあるコウノトリの巣。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062204977

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062205031

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、3羽のコウノトリが入ったケージを運ぶスタッフ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204988

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204985

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、ケージの中で放鳥を待つコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062205020

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062205069

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、ケージを出たコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062204995

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062205037

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、コウノトリをケージに入れ、放鳥の準備をするスタッフ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062205029

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062205043

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062205086

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、ケージから飛び立つコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062205050

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062205052

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  17日、放鳥に備え、コウノトリをケージに入れようとするスタッフ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062205019

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  16日、体力を回復したコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062205085

    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省  16日、体力を回復したコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052104624

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で碍子の交換作業を行う作業員。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052104845

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で電線の碍子の点検修理を行う作業員。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052104774

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で電線の点検修理を行う作業員。(小型無人機から)中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052104780

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で電線の点検修理を行う作業員。(小型無人機から)中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052104724

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で、碍子の交換作業を行う青海-チベット交直流送電網接続プロジェクト点検作業員、張蓮峰(ちょう・れんほう)さん(右)。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052104709

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で、電線の碍子の点検修理を行う青海-チベット交直流送電網接続プロジェクト点検作業員、張蓮峰(ちょう・れんほう)さん。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052104713

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で、任務を終えて地上に降りた青海-チベット交直流送電網接続プロジェクト点検作業員、王正竜(おう・せいりゅう)さん。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052104734

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で、縄ばしごを登る青海-チベット交直流送電網接続プロジェクト点検作業員、王正竜(おう・せいりゅう)さん。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052104730

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で、電線の状況を撮影する青海-チベット交直流送電網接続プロジェクト点検作業員、馬小竜(ば・しょうりゅう)さん。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052104786

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で、縄ばしごを登る青海-チベット交直流送電網接続プロジェクト点検作業員、王正竜(おう・せいりゅう)さん。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020052104815

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で、電線の設置状況を観察する国家電網青海検修「電力天路」維持管理班の王輝(おう・き)班長。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020052104675

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で高所点検を行う作業員に安全事項を伝える安全監視員。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052104729

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で電線の点検修理を行う作業員。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020052104731

    青海-チベット交直流送電事業「電力天路」で年次点検  16日、青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱県五道梁鎮で高所点検を行う作業員。中国の国有送電大手、国家電網傘下の国家電網青海検修は、青海省とチベット自治区の電力の安定送電を確保するため、青海-チベット交直流送電網接続プロジェクトに対する年に1度の集中点検を10日から実施している。年次点検は今年で9回目。今回の点検では、作業員が初めて長距離にわたる高所点検作業を実施。作業員240人余りが高さや寒さ、酸欠、劣悪で変わりやすい気候などの条件を克服しつつ、16日間の全面点検修理を行っている。「電力天路(電力の天の道)」と呼ばれる同プロジェクトは、東の青海省西寧市から西のチベット自治区ラサ市までの全長2530キロメートルを送電線で結ぶ。うち、ツァイダム交直変換所からラサ交直変換所までの直流区間の平均標高は4650メートル以上で、世界で最も標高が高く、永久凍土地域の距離が最も長い送電線とされる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051800695

    四川大地震の被災地域、12年間で送電線1万7千キロを建設  9日、汶川県にある220キロボルト二台山変電所内をパトロールするスマート巡回ロボット「萌牛1号」。中国送電大手国家電網傘下の四川省電力はこのほど、同省アバ・チベット族チャン族自治州汶川県を震源として2008年に発生した汶川大地震(四川大地震)からの12年間に、国家電網は638億元(1元=約15円)を投じて省内の地震被害地域で送電網整備を進め、送電線が新たに1万7千キロ延びたことを明らかにした。被害地域の変電所は385カ所から617カ所に、変電容量は2507万キロボルトアンペアから6172万キロボルトアンペアに、送電線の全長は2万1千キロから3万8千キロにそれぞれ増加した。2008年5月12日に発生したマグニチュード8・0の汶川大地震により、四川省の送電網は深刻な被害を受けた。変電所171カ所、送電線2751本が運用停止となり、阿壩県、徳陽市、綿陽市、広元市など被災が極めて深刻な地域では送電網のほとんどが破損し、405万世帯が停電し、直接的な経済損失は106億元に達した。(成都=新華社配信/芶智東)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051102839

    中国初の1キロメートル級高温超電導ケーブルの敷設工事、上海市で開始  変電所内をパトロールする国家電網上海市電力公司市南供電公司のスタッフ。(4月30日撮影)中国送電大手、国家電網が建設する中国初の35キロボルト・1キロメートル級高温超電導ケーブル試験プロジェクトが4月30日、上海市で着工した。高温超電導ケーブルによる送電技術が中国で商用化されたのは今回が初めて。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051102869

    中国初の1キロメートル級高温超電導ケーブルの敷設工事、上海市で開始  上海市徐匯区の漕渓変電所で、工事を始める国家電網上海市電力公司市南供電公司のスタッフ。(4月30日撮影)中国送電大手、国家電網が建設する中国初の35キロボルト・1キロメートル級高温超電導ケーブル試験プロジェクトが4月30日、上海市で着工した。高温超電導ケーブルによる送電技術が中国で商用化されたのは今回が初めて。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像