検索結果 62 件中 1 件 〜 50 件 "国際恐竜"
  1. 2020012100622

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、ランタンで再現された300メートルにわたる古い町並み。(小型無人機から)中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020012100641

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る色鮮やかなランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020012100651

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、自貢市で生産された伝統的なランタンで作られた長い回廊。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020012100699

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る獅子のランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020012100714

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、フェスティバルの会場に訪れた人たち。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020012100723

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、ランタンの前で足を止め、じっくりと見入る観光客。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020012100657

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場の入口に展示されたランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020012100730

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、「一帯一路」をテーマにした会場の一角。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020012100719

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場の入口に展示されたランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020012100679

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、没入型の作品「上元灯火」。ランタンで作られた300メートルにわたる古い町並みが、唐代上元(年号)の町の様子を再現している。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020012100655

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場に展示されたランタンの数々。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020012100668

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る竹を編んで作られた伝統的なランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020012100721

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、「一帯一路」をテーマにした会場の一角。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020012100678

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、自貢市で生産された伝統的なランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020012100718

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩るランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019020825269

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019020825283

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019020825288

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルを訪れた大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019020825231

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、縁起物の魚の形をしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019020825234

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019020825229

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019020825244

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019020825245

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、芸術家の技術で再現された中華民国期の街並み。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019020825226

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、高さ22メートルのクジャクをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019020825271

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019020825276

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、「西遊記」をテーマとしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019020825260

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019020825262

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、つり灯篭の形をした巨大なランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019020825247

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、芸術家の技術で再現された中華民国期の街並み。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019020825230

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで出展したザリガニをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019020825232

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、高さ22メートルのクジャクをかたどったランタン。羽の部分は目もくらむほどの鮮やかさを放つ。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019020825236

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルでさまざまな陶磁器で飾られた竜と鳳凰をかたどった大型ランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019020825239

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、陶磁器で飾られた巨大な竜の形をしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019020825290

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、竹細工技術を駆使して作られた松とツルをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019020825275

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019020825257

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019020825254

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルを訪れた大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019020825250

    春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、巨大なつり灯籠をかたどったランタンの下に集まる大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019022701265

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019022701240

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を見回る国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019022701273

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019022701231

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具を巡回点検中にひと休みする国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019022701238

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019012301240

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  21日、高さ22メートル、幅32メートルの七色の羽根を広げた孔雀のランタン。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019012301242

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  21日、さまざまな色の格子状の明かりで飾られた会場の入り口。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019012301243

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  21日、全長28メートル、幅9メートル、高さ14メートルの大型ランタン作品「年年有魚」の一部、竜門を登る鯉。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019012500706

    ユニークな恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省自貢市  21日、自貢市の国際恐竜灯会に登場した、複数のランタンで構成される「錦鯉」を背景に自撮りするカップル。「第25回四川自貢国際恐竜灯会(ランタンフェスティバル)」が21日夜、大山鋪恐竜化石群遺跡で知られる中国四川省自貢(じこう)市の彩灯公園で開幕した。「美しい中華、多彩な自貢」をテーマとした今回の灯会では、空間の配置を調整し、新たなアイデアと新たな工芸手法を取り入れ、130組余りのランタンを製作、来場した市民や観光客にランタン芸術の競演を送り届けている。同灯会は3月末まで行われる。(自貢=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019012301169

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  21日、恐竜をテーマにしたランタンの壁のそばを通る観光客。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019012301175

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  21日、高さ10メートルのランタン。春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社記者/王迪)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019012301330

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  中国の伝統的なちょうちんを模した高さ25メートル、直径19メートルのランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像