検索結果 34 件中 1 件 〜 34 件 "土地開発"
  1. 2020072800777

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タリム川周辺の湿地帯。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072800883

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タリム川周辺に広がるコトカケヤナギの林。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072800821

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖で餌を探す水鳥。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072800888

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖で餌を捕まえる水鳥。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072800989

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖の一角。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072800991

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖で泳ぐ水鳥。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072800773

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖の一角。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072800889

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、チャルクリク県タイテマ湖の上を飛ぶ水鳥。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072800987

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タリム川周辺の湿地帯。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072800994

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖のアシの湿原。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072801023

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖に生息する水鳥の群れ。中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800965

    タイテマ湖、再び水をたたえ水鳥の楽園に新疆ウイグル自治区  16日、タイテマ湖に架かる特大橋。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区のタリム盆地南東部、チャルクリク県北部にあるタイテマ湖は、国内最長の内陸河川であるタリム川の下流に形成された湖で、同自治区で最も重要な生態障壁の1つ。1950年代以降、上流での土地開発などの影響を受けて、タリム川の上流にある複数の源流が分断されたことで、同川は下流400キロ近くにわたって流れが絶え、タイテマ湖は72年に干上がった。ここ数年、同自治区では大規模な送水事業を行っている。タリム川下流のコトカケヤナギ(ポプラの一種)の成長と植生に好条件を生み出しただけでなく、破壊されていた生態系が回復し、流域の環境整備の成果を確実なものとした。タイテマ湖は現在、青く波打つ水が復活し、水鳥の楽園となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070111166

    中越国境地域に多数のプロジェクト誘致広西東興市で集中調印式  28日、東興国家重点開発開放試験区プロジェクトの集中調印式。中国広西チワン族自治区南寧市で28日、東興国家重点開発開放試験区プロジェクトの集中調印式が行われた。5件の投資誘致プロジェクトが調印され、投資総額は500億元(1元=約15円)を上回った。今回調印されたのは、東興越境経済協力区口岸(通関地)物流産業パーク、政策性金融サービス東興エリア発展協力、中越国境河川景観ベルト、東興高鉄新区インフラ整備、楠木山総合土地開発の五つのプロジェクトで、口岸越境物流、投融資、国境地帯観光、高速鉄道付帯施設、スマートシティー建設などの分野に及ぶ。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070111140

    中越国境地域に多数のプロジェクト誘致広西東興市で集中調印式  28日、中越国境河川景観ベルトプロジェクトの調印式。中国広西チワン族自治区南寧市で28日、東興国家重点開発開放試験区プロジェクトの集中調印式が行われた。5件の投資誘致プロジェクトが調印され、投資総額は500億元(1元=約15円)を上回った。今回調印されたのは、東興越境経済協力区口岸(通関地)物流産業パーク、政策性金融サービス東興エリア発展協力、中越国境河川景観ベルト、東興高鉄新区インフラ整備、楠木山総合土地開発の五つのプロジェクトで、口岸越境物流、投融資、国境地帯観光、高速鉄道付帯施設、スマートシティー建設などの分野に及ぶ。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070111190

    中越国境地域に多数のプロジェクト誘致広西東興市で集中調印式  28日、東興越境経済協力区口岸(通関地)物流産業パークプロジェクトの調印式。中国広西チワン族自治区南寧市で28日、東興国家重点開発開放試験区プロジェクトの集中調印式が行われた。5件の投資誘致プロジェクトが調印され、投資総額は500億元(1元=約15円)を上回った。今回調印されたのは、東興越境経済協力区口岸(通関地)物流産業パーク、政策性金融サービス東興エリア発展協力、中越国境河川景観ベルト、東興高鉄新区インフラ整備、楠木山総合土地開発の五つのプロジェクトで、口岸越境物流、投融資、国境地帯観光、高速鉄道付帯施設、スマートシティー建設などの分野に及ぶ。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019122603184

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園で、モザンビークの農業技術者(右)と田んぼを巡回する中国の農業専門家。(11月28日撮影)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019122603185

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園で除草作業をする共同作付けプロジェクトに加わったモザンビークの農家。(11月28日撮影)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019122603124

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園で歌や踊りで豊作を祝う農家。(4月7日撮影)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019122603180

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園内でイネを刈り取る農家。(4月7日撮影、小型無人機から)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019122603186

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園で倉庫へ向かうトラクターに積まれる収穫したばかりのイネ。(4月7日撮影)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019122603100

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  空から見た万宝莫桑農業園の田んぼ。(4月7日撮影、小型無人機から)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019122603162

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園内でイネを刈り取る農家。(4月7日撮影、小型無人機から)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019122603183

    中国の農業技術がモザンビークの食糧問題を改善  万宝莫桑農業園内で育った収穫を控えたイネ。(4月7日撮影)中国のアフリカにおける最大規模のイネ作付けプロジェクト・万宝莫桑農業園は、モザンビーク南部ガザ州の州都シャイシャイ地区に位置する。同国は広大な土地、栽培に適した気候、豊かなかんがい水源に加え、中国の支援を得て2万ヘクタールの土地開発を計画している。共同作付け方式で周辺の農家が土地を開墾し、イネを栽培している。万宝莫桑農業園の技術支援により同地域の食糧生産高が大幅に増えたほか、プロジェクトに加わった農家の収入も増加している。(シャイシャイ=新華社記者/張宇)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2015042200276

    地震の“巣”を探る 京大・阿武山地震観測所  地下地震観測壕  戦時中の防空壕(ごう)を思わす地下地震観測壕で、送信ケーブルを点検する観測員。土地開発の“悪条件”を補うため、昭和46年地中観測室(深さ50メートル、全長250メートルの横穴)を構築し、電磁式地震計を移して高精度の観測を始めた(写真ニュース「地震の“巣”を探る 京大・阿武山地震観測所」6枚組の2)(53年内地 2555) 資料 94067

  25. 2015042200274

    地震の“巣”を探る 京大・阿武山地震観測所  地震計に人工的ノイズ  土地開発の波が押し寄せ、マンションや住宅に囲まれた京大・阿武山地震観測所。1930(昭和5)年、大阪府北部の高槻市にある丘陵地に開設され、半世紀にわたり近畿圏を中心に観測を続けている。当初は立地条件に恵まれていたが、昭和30年後半から名神高速道路、新幹線が付近を通るようになり、地震計に人工的ノイズが飛び込むようになった(写真ニュース「地震の“巣”を探る 京大・阿武山地震観測所」6枚組の1)(53年内地 2554) 資料 94067

  26. 2008052000149

    土地代4千億円が未払い  土地開発公社への未払い金が多い都道県

  27. 2008052000148

    土地代4千億円が未払い  土地開発公社への未払い金が多い都道県

  28. 2003112500224

    438億円全額を30年返済 説明する中山理事長  関西空港の埋め立て土取り事業の負債に関する調停について記者会見で説明する和歌山県土地開発公社の中山次郎理事長(中央)=25日午後、和歌山市内 【】 

  29. 2000102500057

    条里制継承し土地開発 見つかった多数の足跡  鎌倉時代初期ごろの水田跡に残る足跡とみられる穴=滋賀県草津市青地町の柳遺跡  

  30. 2000093000115

    首都圏31自治体が基準超す 塩漬けの土地  埼玉県の戸田市土地開発公社が抱える、利用目的の決まっていない塩漬けの土地=埼玉県戸田市美女木  

  31. 2000092900224

    5年超す土地4兆円突破 塩漬けの土地  川崎市土地開発公社が企業用地として購入したものの活用されていない塩漬けの土地=29日、神奈川県川崎市麻生区  

  32. 1998102100058

    証明書への謝礼を否定 質問に答える尾崎市長  和歌山市土地開発公社に絡む汚職事件に関連し、定例記者会見で質問に答える尾崎吉弘・和歌山市長。左は吉井清純助役=21日午後、和歌山市役所  

  33. 1998101700026

    和歌山市役所など捜索 家宅捜索に入る係官  和歌山市土地開発公社をめぐる汚職事件で、和歌山市議会の議員控室へ家宅捜索に入る大阪地検特捜部の係官=17日午前11時29分、和歌山市七番丁  

  34. 1995081900041

    元主査の豪遊のつけ市民に 37億円不正借り入れ事件  群馬県安中市の土地開発公社巨額詐欺事件で起訴された多胡邦夫被告の自宅。後方は安中市役所=群馬県安中市安中(たご・くにお) 「あんぐる95」 

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像