検索結果 1,634 件中 1 件 〜 50 件 "地元住民"
  1. 2020052603678

    Aerial bomb defused in Kiel 25 May 2020, Schleswig-Holstein, Kiel: A local resident is taken to a gymnasium during a bomb disposal operation. A 500 kilogram American aerial bomb discovered during construction work is defused in the Wellingdorf district by employees of the bomb disposal service. Around 2,600 people have to leave their homes during the defusing operation. Photo: Carsten Rehder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020052701388

    Massacre during 1945 deportation of Germans remembered in Tust Tens of people remember the events from May 24, 1945 when partisans killed 14 people during the deportation of ethnic Germans from the country in Tust, Czech Republic, May 24, 2020. Czech director Bohdan Slama, who made the film Shadow Country about it, and some of his film crew members and actors were among them. According to historians, partisans who came from the Tabor district and some locals massacred the 14 alleged collaborators 75 years ago. (CTK Photo/Vaclav Pancer)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  3. 2020052701417

    Massacre during 1945 deportation of Germans remembered in Tust Ferdinand Korbel, whose father and godfather were among the victims, remembers the events from May 24, 1945 when partisans killed 14 people during the deportation of ethnic Germans from the country in Tust, Czech Republic, May 24, 2020. Czech director Bohdan Slama, who made the film Shadow Country about it, and some of his film crew members and actors were among them. According to historians, partisans who came from the Tabor district and some locals massacred the 14 alleged collaborators 75 years ago. (CTK Photo/Vaclav Pancer)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  4. 2020052701397

    Massacre during 1945 deportation of Germans remembered in Tust Tens of people remember the events from May 24, 1945 when partisans killed 14 people during the deportation of ethnic Germans from the country in Tust, Czech Republic, May 24, 2020. Czech director Bohdan Slama, who made the film Shadow Country about it, and some of his film crew members and actors were among them. According to historians, partisans who came from the Tabor district and some locals massacred the 14 alleged collaborators 75 years ago. (CTK Photo/Vaclav Pancer)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  5. 2020052701394

    Massacre during 1945 deportation of Germans remembered in Tust Ferdinand Korbel, whose father and godfather were among the victims, left, and mayor od Suchdol nad Luznici Lubor Hesik remember the events from May 24, 1945 when partisans killed 14 people during the deportation of ethnic Germans from the country in Tust, Czech Republic, May 24, 2020. Czech director Bohdan Slama, who made the film Shadow Country about it, and some of his film crew members and actors were among them. According to historians, partisans who came from the Tabor district and some locals massacred the 14 alleged collaborators 75 years ago. (CTK Photo/Vaclav Pancer)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  6. 2020052701412

    Massacre during 1945 deportation of Germans remembered in Tust Czech director Bohdan Slama, second from left, Czech producer Martin Ruzicka, left, and tens of people remember the events from May 24, 1945 when partisans killed 14 people during the deportation of ethnic Germans from the country in Tust, Czech Republic, May 24, 2020. Bohdan Slama made the film Shadow Country about it and some of his film crew members and actors were among them. According to historians, partisans who came from the Tabor district and some locals massacred the 14 alleged collaborators 75 years ago. (CTK Photo/Vaclav Pancer)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  7. 2020052701390

    Massacre during 1945 deportation of Germans remembered in Tust Tens of people remember the events from May 24, 1945 when partisans killed 14 people during the deportation of ethnic Germans from the country in Tust, Czech Republic, May 24, 2020. Czech director Bohdan Slama, who made the film Shadow Country about it, and some of his film crew members and actors were among them. According to historians, partisans who came from the Tabor district and some locals massacred the 14 alleged collaborators 75 years ago. (CTK Photo/Vaclav Pancer)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  8. 2020052301130

    憩いの場は小さなスーパー スーパー運営の地元住民  スーパー「南外さいかい市」の運営に携わる佐々木繁雄さん(中央)ら地域住民=4月17日、秋田県大仙市

  9. 2020052701329

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、完成した青獅子頭を眺める地元住民。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052701241

    夏を迎えた那考河湿地広西チワン族自治区  21日、那考河湿地公園で咲き誇る花。中国広西チワン族自治区南寧市を流れる竹排江の二大支流の一つ、那考河はかつて、河沿いにある数十本の下水管から汚水が流れ込み、地元住民にどぶ川と呼ばれていた。浄化対策により、現在は緑が生い茂る美しい湿地公園となっている。水が澄み、さまざまな花が咲き、水生植物が生い茂る環境は多くの観光客を引きつけている。(南寧=新華社記者/林凡詩)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052701231

    夏を迎えた那考河湿地広西チワン族自治区  21日、空から見た那考河湿地公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市を流れる竹排江の二大支流の一つ、那考河はかつて、河沿いにある数十本の下水管から汚水が流れ込み、地元住民にどぶ川と呼ばれていた。浄化対策により、現在は緑が生い茂る美しい湿地公園となっている。水が澄み、さまざまな花が咲き、水生植物が生い茂る環境は多くの観光客を引きつけている。(南寧=新華社記者/林凡詩)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052701232

    夏を迎えた那考河湿地広西チワン族自治区  21日、空から見た那考河湿地公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市を流れる竹排江の二大支流の一つ、那考河はかつて、河沿いにある数十本の下水管から汚水が流れ込み、地元住民にどぶ川と呼ばれていた。浄化対策により、現在は緑が生い茂る美しい湿地公園となっている。水が澄み、さまざまな花が咲き、水生植物が生い茂る環境は多くの観光客を引きつけている。(南寧=新華社記者/郭軼凡)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052701238

    夏を迎えた那考河湿地広西チワン族自治区  21日、那考河湿地公園を散策する観光客。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市を流れる竹排江の二大支流の一つ、那考河はかつて、河沿いにある数十本の下水管から汚水が流れ込み、地元住民にどぶ川と呼ばれていた。浄化対策により、現在は緑が生い茂る美しい湿地公園となっている。水が澄み、さまざまな花が咲き、水生植物が生い茂る環境は多くの観光客を引きつけている。(南寧=新華社記者/林凡詩)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701253

    夏を迎えた那考河湿地広西チワン族自治区  21日、那考河湿地公園で咲き誇る花々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市を流れる竹排江の二大支流の一つ、那考河はかつて、河沿いにある数十本の下水管から汚水が流れ込み、地元住民にどぶ川と呼ばれていた。浄化対策により、現在は緑が生い茂る美しい湿地公園となっている。水が澄み、さまざまな花が咲き、水生植物が生い茂る環境は多くの観光客を引きつけている。(南寧=新華社記者/林凡詩)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052701275

    夏を迎えた那考河湿地広西チワン族自治区  21日、那考河湿地公園の一角。中国広西チワン族自治区南寧市を流れる竹排江の二大支流の一つ、那考河はかつて、河沿いにある数十本の下水管から汚水が流れ込み、地元住民にどぶ川と呼ばれていた。浄化対策により、現在は緑が生い茂る美しい湿地公園となっている。水が澄み、さまざまな花が咲き、水生植物が生い茂る環境は多くの観光客を引きつけている。(南寧=新華社記者/郭軼凡)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052104413

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」のベランダでお茶を味わう地元住民。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104422

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」のベランダでお茶を味わう地元住民。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104412

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  16日、カシュガル古城風景区の路地で世間話をする地元住民。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104439

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  16日、カシュガル古城風景区を歩く地元住民。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052701108

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で生地を裁断する従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052701062

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場の生産ラインで働く従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052700999

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる李海浜(り・かいひん)工場長。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052700992

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051300232

    Russia Victory Day Celebration 09.05.2020 Local residents watch from their balcony as volunteers wearing Soviet Red Army uniforms perform to honour World War Two veterans on the occasion of the 75th anniversary of the victory over Nazi Germany, in St. Petersburg, Russia. Alexander Galperin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  25. 2020051208547

    Russia Victory Day Celebration 09.05.2020 Local residents watch from their balcony as a volunteer wearing a Soviet Red Army uniform performs to honour World War Two veterans on the occasion of the 75th anniversary of the victory over Nazi Germany, in St. Petersburg, Russia. Alexander Galperin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  26. 2020050902979

    Russia Victory Day Veterans Congratulations 07.05.2020 Local residents stand at the balcony of their apartment as they listen to singers that came to honour the World War Two veterans on the occasion of the 75th anniversary of the victory over Nazi Germany, in Barnaul, Russia. Andrei Kasprishin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  27. 2020050902926

    Russia Victory Day Veterans Congratulations 07.05.2020 Local residents stand at the balcony of their apartment as they listen to singers that came to honour the World War Two veterans on the occasion of the 75th anniversary of the victory over Nazi Germany, in Barnaul, Russia. Andrei Kasprishin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  28. 2020050800091

    1. May - Maypole installation in Bavaria 01 May 2020, Bavaria, Oberwössen: Michaela Lucke, a local resident, is standing in her front garden and observing the maypole being erected. The top of the maypole juts out into the garden. Because of the corona virus, the municipality has put up the maypole with a crane this year. Photo: Lino Mirgeler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2020050702679

    1. May - Maypole installation in Bavaria 01 May 2020, Bavaria, Oberwössen: Michaela Lucke, a local resident, is standing in her front garden and observing the maypole being erected. The top of the maypole juts out into the garden. Because of the corona virus, the municipality has put up the maypole with a crane this year. Photo: Lino Mirgeler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2020042905578

    Russia Coronavirus Lockdown 25.04.2020 Russian military musicians perform for local residents during the mandatory self-isolation amid the coronavirus outbreak, in Rostov-on-Don, Russia. Sergey Pivovarov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  31. 2020050104591

    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県  25日、セッコクを選別する地元住民ら。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042905564

    Russia Coronavirus Lockdown 25.04.2020 Russian military musicians perform for local residents during the mandatory self-isolation amid the coronavirus outbreak, in Rostov-on-Don, Russia. Sergey Pivovarov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  33. 2020042905582

    Russia Coronavirus Lockdown 25.04.2020 Russian military musicians perform for local residents during the mandatory self-isolation amid the coronavirus outbreak, in Rostov-on-Don, Russia. Sergey Pivovarov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  34. 2020042709303

    黒竜江省綏芬河市、住民に新型コロナウイルスの核酸検査を実施  22日、綏芬河市阜寧社区衛生サービスセンターで、核酸検査を受ける市民。ロシアと国境を接する中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市ではここ数日、海外から新型コロナウイルスの感染者流入が大幅に増え、感染予防・抑制の大きな圧力に直面している。地元住民の安全をさらに保障するため、同市では阜寧社区(コミュニティー)衛生サービスセンターを指定検体採取拠点として、21日から住民に対し、予約制で新型コロナウイルスの核酸検査を開始した。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042709334

    黒竜江省綏芬河市、住民に新型コロナウイルスの核酸検査を実施  22日、綏芬河市阜寧社区衛生サービスセンターで、核酸検査を受ける市民。ロシアと国境を接する中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市ではここ数日、海外から新型コロナウイルスの感染者流入が大幅に増え、感染予防・抑制の大きな圧力に直面している。地元住民の安全をさらに保障するため、同市では阜寧社区(コミュニティー)衛生サービスセンターを指定検体採取拠点として、21日から住民に対し、予約制で新型コロナウイルスの核酸検査を開始した。(綏芬河=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020042709563

    自然保護区の保護ステーションにすっかりなじんだキョン江西省宜豊県  21日、保護ステーションで過ごすキョン。中国江西省宜春市宜豊県にある官山国家級自然保護区東河保護管理ステーションは半月前、地元住民が山中で拾ったキョン(学名:Muntiacusreevesi、ホエジカの一種)の子どもを預かった。以来、スタッフがこの「珍客」を人間の赤ちゃん同様に大事に世話している。キョンは現在、同ステーションに自分の家のようになじみ、スタッフともすっかり仲良くなった。成長し、自立して生きられる能力を身に付けた後、自然に返される予定だという。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020042709568

    自然保護区の保護ステーションにすっかりなじんだキョン江西省宜豊県  21日、キョンにミルクを飲ませるスタッフ。中国江西省宜春市宜豊県にある官山国家級自然保護区東河保護管理ステーションは半月前、地元住民が山中で拾ったキョン(学名:Muntiacusreevesi、ホエジカの一種)の子どもを預かった。以来、スタッフがこの「珍客」を人間の赤ちゃん同様に大事に世話している。キョンは現在、同ステーションに自分の家のようになじみ、スタッフともすっかり仲良くなった。成長し、自立して生きられる能力を身に付けた後、自然に返される予定だという。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020042709582

    自然保護区の保護ステーションにすっかりなじんだキョン江西省宜豊県  21日、保護ステーションで過ごすキョン。中国江西省宜春市宜豊県にある官山国家級自然保護区東河保護管理ステーションは半月前、地元住民が山中で拾ったキョン(学名:Muntiacusreevesi、ホエジカの一種)の子どもを預かった。以来、スタッフがこの「珍客」を人間の赤ちゃん同様に大事に世話している。キョンは現在、同ステーションに自分の家のようになじみ、スタッフともすっかり仲良くなった。成長し、自立して生きられる能力を身に付けた後、自然に返される予定だという。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020042709562

    自然保護区の保護ステーションにすっかりなじんだキョン江西省宜豊県  21日、スタッフの顔をなめるキョン。中国江西省宜春市宜豊県にある官山国家級自然保護区東河保護管理ステーションは半月前、地元住民が山中で拾ったキョン(学名:Muntiacusreevesi、ホエジカの一種)の子どもを預かった。以来、スタッフがこの「珍客」を人間の赤ちゃん同様に大事に世話している。キョンは現在、同ステーションに自分の家のようになじみ、スタッフともすっかり仲良くなった。成長し、自立して生きられる能力を身に付けた後、自然に返される予定だという。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020042709581

    自然保護区の保護ステーションにすっかりなじんだキョン江西省宜豊県  21日、スタッフの手をなめるキョン。中国江西省宜春市宜豊県にある官山国家級自然保護区東河保護管理ステーションは半月前、地元住民が山中で拾ったキョン(学名:Muntiacusreevesi、ホエジカの一種)の子どもを預かった。以来、スタッフがこの「珍客」を人間の赤ちゃん同様に大事に世話している。キョンは現在、同ステーションに自分の家のようになじみ、スタッフともすっかり仲良くなった。成長し、自立して生きられる能力を身に付けた後、自然に返される予定だという。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020042709461

    自然保護区の保護ステーションにすっかりなじんだキョン江西省宜豊県  21日、ミルクを飲むキョン。中国江西省宜春市宜豊県にある官山国家級自然保護区東河保護管理ステーションは半月前、地元住民が山中で拾ったキョン(学名:Muntiacusreevesi、ホエジカの一種)の子どもを預かった。以来、スタッフがこの「珍客」を人間の赤ちゃん同様に大事に世話している。キョンは現在、同ステーションに自分の家のようになじみ、スタッフともすっかり仲良くなった。成長し、自立して生きられる能力を身に付けた後、自然に返される予定だという。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020042201802

    Coronavirus - Brazil 19 April 2020, Brazil, Sao Paulo: A team of nurses is working in the Favela do Paraisopolis to combat the spread of the coronavirus. Local residents have hired the team for a 24-hour deployment. Several people live in the favela in a very confined space, making social distance impossible. Ambulances cannot drive into every corner of the favela - Sao Paulo being one of the states most affected by Covid-19. In Brazil, 38,654 Covid-19 infected people have been confirmed. At least 2462 are reported to have died of the coronavirus. Bolsonaro had recently dismissed his health minister because of differences of opinion over the proper handling of the coronavirus pandemic. He also clashed with the governors of the states of Rio de Janeiro and S縊 Paulo. Photo: Andre Lucas/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  43. 2020042202288

    Coronavirus - Brazil 19 April 2020, Brazil, Sao Paulo: An ambulance drives to an operation against the spread of the coronavirus in the Favela do Paraisopolis. Local residents have hired the team for a 24-hour deployment. Several people live in the favela in a very confined space, making social distance impossible. Ambulances can‘t drive into every corner of the favela either. Yet Sao Paulo is one of the states most affected by Covid-19. In Brazil, 38,654 Covid-19 infected persons have been confirmed. At least 2462 are said to have died of the coronavirus. Photo: Andre Lucas/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  44. 2020041602915

    Nepal Coronavirus 15.04.2020 A local resident wearing a face mask rides a bicycle as he returns home during a government-imposed nationwide lockdown as a preventive measure against the spread of the coronavirus, in Thimi on the outskirts of Kathmandu, Nepal. Nepal‘s Cabinet decided to extend the country‘s lockdown to April 27. Sunil Pradhan / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  45. 2020041101362

    祇園事故8年を前に法要 法要  祇園暴走事故8年を前に、犠牲者を追悼する地元住民ら=11日午前、京都市

  46. 2020041403238

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020041403249

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るホンカイドウとチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020041403224

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020041403193

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042709262

    貧困扶助工場の生産が本格化内モンゴル自治区化徳県  11日、貧困扶助工場でほうきを作るウランチャブ市化徳県七号鎮安業村の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市化徳県はこのところ、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、貧困扶助工場の操業を秩序立てて再開し、地元住民の自宅近くでの就業を後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像