検索結果 618 件中 1 件 〜 50 件 "地元政府"
  1. 2020081402381

    樹齢850年のガジュマル倒れる広東省河源市  10日、広東省河源市竜川県通衢鎮の樹齢約850年のガジュマルの倒木。中国広東省河源市竜川県通衢鎮で8日早朝、樹齢約850年のガジュマルが突然倒れた。この木は樹高約20メートル、幹回り12メートル、樹冠幅は平均約43メートルの古木。10日に実施された専門家による調査で、樹齢の高さや支柱根の多さ、樹冠幅の広さが幹の許容範囲を超えたため、支柱根が裂けて幹が倒れたとの基本的な認識が示された。地元政府は11日、老木・名木の樹勢回復を専門に手掛ける企業に現地調査を依頼し、樹勢回復計画を策定した。(河源=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081402421

    樹齢850年のガジュマル倒れる広東省河源市  10日、広東省河源市竜川県通衢鎮の樹齢約850年のガジュマルの倒木。中国広東省河源市竜川県通衢鎮で8日早朝、樹齢約850年のガジュマルが突然倒れた。この木は樹高約20メートル、幹回り12メートル、樹冠幅は平均約43メートルの古木。10日に実施された専門家による調査で、樹齢の高さや支柱根の多さ、樹冠幅の広さが幹の許容範囲を超えたため、支柱根が裂けて幹が倒れたとの基本的な認識が示された。地元政府は11日、老木・名木の樹勢回復を専門に手掛ける企業に現地調査を依頼し、樹勢回復計画を策定した。(河源=新華社配信)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081205337

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、108箇所の曲がり角がある雷波県大坪子郷大坪子村へ通じる道路。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081205326

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、雷波県大坪子郷大坪子村へ通じる道路。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081205489

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、雷波県大坪子郷大坪子村へ通じる道路。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081205470

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、雷波県大坪子郷大坪子村へ通じる道路。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081205401

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、雷波県大坪子郷大坪子村の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081205391

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、雷波県大坪子郷大坪子村へ通じる道路。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081205460

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、雷波県大坪子郷大坪子村へ通じる道路。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081205341

    県内全郷に幹線道路開通、貧困脱却を実現四川省雷波県  7日、山の中腹に位置する雷波県大坪子郷の郷政府の建物。(小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州雷波県大坪子郷は金沙江沿いに位置し、幹線道路が通じていない県内最後の郷だった。地元政府は2012年9月に郷の道路工事を始めたが、山が険しく、取水が難しく、岩石が大きく硬いなど多くの困難を伴い、40・73キロの道路を建設するのに7年を要し、2019年8月にようやく全郷の道路の建設・補修工事が完了した。道路が良くなると村民の生活も便利になり、かつては川のほとりから家に帰るには5時間近く山道を歩かなければならなかったが、今では車でわずか40分に短縮された。同県は2019年12月末までに、郷を結ぶ270・7キロの道路、村を結ぶ1376・6キロのコンクリート舗装道路を整備し、貧困脱却を実現している。(雷波=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081204330

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技の倉庫でセーターを整理する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081204278

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技で展示しているセーターを整える従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081204281

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技でセーターを整理する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081204215

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技の粗紡作業場で働く従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081204321

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北利意蒙羊絨制品の製造現場。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020081204216

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北利意蒙羊絨制品でセーターの品質検査をする従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020081204218

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北利意蒙羊絨制品でセーターの縫製を行う従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080602003

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020080602069

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020080602159

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020080602151

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020080602156

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020080602190

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020080602251

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湾曲ナイフで紙の縁を裁断する職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020080602084

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  紙搾台で水分を搾った湿紙。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020080602086

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  粗紙漿(粘液状の紙の原料)を剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020080602087

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  剝がした紙を紙搾台に載せ、水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020080602019

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)を、さらに水で煮る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020080602133

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  紙搾台で紙に含まれた水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020080602192

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020080602206

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020080602146

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020080602155

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020080602002

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020081204277

    楼蘭古城で現存遺構の緊急補強工事新疆ウイグル自治区  楼蘭古城で緊急補強工事中の建築遺構「三間房」。(7月27日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県内にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」は現在、ロプノール湖から吹き寄せる砂塵まじりの風により激しい浸食を受けている。地元政府も今年6月から、残りわずかな建築遺構を保護するための緊急補強プロジェクトを実施している。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020081204425

    楼蘭古城で現存遺構の緊急補強工事新疆ウイグル自治区  楼蘭古城の建築遺構「三間房」で、原土を用いて作ったモルタルを壁の亀裂に注入する作業員。(7月26日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県内にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」は現在、ロプノール湖から吹き寄せる砂塵まじりの風により激しい浸食を受けている。地元政府も今年6月から、残りわずかな建築遺構を保護するための緊急補強プロジェクトを実施している。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072700948

    無人の大地で「火星体験」青海省  冷湖に建てられた火星キャンプ。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072701012

    無人の大地で「火星体験」青海省  火星キャンプの上に広がる星空。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信/曾陽)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072700895

    無人の大地で「火星体験」青海省  俄博梁に広がるヤルダン地形。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072700957

    無人の大地で「火星体験」青海省  冷湖で地面から噴き上がる蒸気。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020072700849

    無人の大地で「火星体験」青海省  火星キャンプの上に広がる星空。(資料写真)中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州茫崖(ぼうがい)市に属する冷湖鎮は、青海チベット高原ツァイダム盆地の北辺に位置している。冷湖は、俄博梁(がはくりょう)の「ヤルダン」と呼ばれる長年の風雨によって地面が浸食されてできた独特の地形で知られている。荒れ果て乾燥した、ほぼ無人の大地が広がり、火星に似た特徴を持つことから「地球上で最も地球らしくない場所」と呼ばれている。この特徴を生かして地元政府は2017年8月、「冷湖火星都市計画」の始動を宣言。19年3月から惑星生活が疑似体験できる「火星キャンプ」の運用を開始した。キャンプは完全密閉式のカプセル型に設計されており、観光客は「火星着陸」体験を余すところなく堪能できる。(西寧=新華社配信/曾陽)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020072909347

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、自宅で工筆画作品を創作する王紅彬さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020072909330

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、自宅で工筆画作品を創作する王紅彬さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020072909338

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、自宅で創作した工筆画を整理する王紅彬さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020072909339

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、自宅の庭で水をくむ王紅彬さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072909342

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、父親と自宅の庭で料理の準備をする王紅彬さん(右)。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072909494

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、自宅で車椅子から降りて休憩する王紅彬さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020072909467

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、車椅子に乗り自宅玄関前の緩やかな坂を上る王紅彬さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020072909469

    工筆画で夢を追う車椅子の青年河北省邯鄲市  22日、自宅で創作した工筆画を見せる王紅彬さん。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県曲周鎮郭王荘村に住む王紅彬(おう・こうひん)さん(42)は2005年、病気で重い対麻痺となり、歩行能力を失った。その後2014年に、ふとしたことから中国伝統絵画の工筆画(細密画)と出会い夢中になった。地元政府と親類や友人の支援の下で工筆画の技術を学び始め、それで生計を立て始めた。自身のたゆまぬ努力と地元有志の画家による熱心な指導により、王さんの絵画技術は大きく進歩し、創作した作品は次第に市場で認められるようになっている。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072700599

    湖南省洞庭湖の湖畔地域でネズミ駆除実施被害抑制に成功  21日、ネズミに荒らされた沅江市茶盤洲鎮玉竹村の水田。(小型無人機から)中国湖南省沅江(げんこう)市茶盤洲鎮ではこのところ、洞庭湖(どうていこ)の水位上昇により、もともと湖畔地帯に生息していたネズミが堤防を越えて農地に侵入したため、千ムー(約66ヘクタール)余りの水田が被害を受けている。地元政府が被害地域で2千メートルにおよぶ臨時的な「防護壁」を設置し、住民に電気ネズミ駆除器の取り付けを指導するなどの措置を講じてきた。現在、ネズミ被害はほぼ抑制されているという。(沅江=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像