検索結果 250 件中 1 件 〜 50 件 "地元農家"
  1. 2020080100535

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  28日、関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮壩山村の花椒栽培拠点で、花椒を収穫する農家。中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080100499

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  28日、関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮壩山村で花椒を収穫する曽徳春さん。中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080100552

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  28日、関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮壩山村で花椒を収穫する曽徳春さん。中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072703357

    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省  17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを飼料に加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072703474

    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省  17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを加工設備に投入する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072703508

    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省  17日、黎明村のわら総合利用加工工場で飼料を加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072703396

    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省  17日、黎明村のわら総合利用加工工場で稼働するわらを加工する設備。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072703400

    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省  17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを飼料に加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072703408

    「わら」が村の経済発展に一役黒竜江省  17日、黎明村のわら総合利用加工工場で、わらを飼料に加工する作業員。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村は今年、貧困支援基金を利用してわらの加工工場を建設した。鎮内や周辺の郷鎮からわらを回収して、工場で高温発酵させて家畜用飼料に加工し、外部に販売している。工場の建設は、環境汚染の原因となるわらの焼却問題を解決しただけでなく、村内の飼料不足も解消した。また村の集団経済を発展させ、地元農家の雇用問題の解決にもつなげている。(鶴岡=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072800969

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、「硒砂瓜」を自動仕分け装置の上に載せる農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072800980

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800920

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場の敷地内に止まるトラックの中で、休憩する農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072800925

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072800931

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072800804

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、選別された「硒砂瓜」を運ぶ従業員。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020072800720

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020072800974

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080100654

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮壩山村の花椒栽培拠点で、収穫期を迎えた花椒。(7月9日撮影)中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020080100476

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮木工村の花椒栽培拠点で、生育状況を確認する駐村第一書記の雷兵(らい・へい)さん。(7月3日撮影)中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020063002047

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーで提供された地元農家の手作りちまき。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020061706181

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村にある「金鍋生態園」の先端技術を導入したブドウの温室。(小型無人機から)中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020061706158

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村にある「金鍋生態園」の先端技術を導入したブドウの温室。(小型無人機から)中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020061706198

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新品種のブドウの果形を観察する地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020061706206

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新品種のブドウ「サマーブラック」の栽培技術を地元の果樹農家に説明する天津農学院の田淑芬(でん・しゅくふん)教授(中央)。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020061706202

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新品種のブドウの果形を観察する地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020061706218

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新しいブドウ品種について専門家の説明を聞く地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020061706182

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新しいブドウ品種について専門家の説明を聞く地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020061706191

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新品種のブドウの果形を観察する地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020061706192

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、ブドウの食感を比較する地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061706188

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新品種のブドウ「サマーブラック」の栽培技術を地元の果樹農家に説明する天津農学院の田淑芬(でん・しゅくふん)教授(中央)。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061706180

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新しいブドウ品種について専門家の説明を聞く地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061706178

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新品種のブドウの果形を観察する地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061706199

    ブドウ農家、先端技術導入でたわわな実り天津市武清区  11日、天津市武清区梅廠鎮灰鍋口村の「金鍋生態園」で、新品種のブドウの果形を観察する地元の果樹農家。中国天津市武清区梅廠鎮は都市型現代農業の発展を推進し、「金鍋生態園」を中心とする優良ブドウ栽培モデル基地を設立した。特色ある品種の育成や品質の向上、無公害生産基準を守った栽培を行い、新しい品種と技術を周辺の20以上の村にも広めている。鎮全体で5500ムー(約366・7ヘクタール)に及ぶブドウ畑は今、豊かな実りの季節を迎え、地元農家に増収と富をもたらしている。同鎮はこのほど、2020年「国家級農業産業強鎮建設リスト」に登録された。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060908058

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、テッピセッコクの茎をらせん状に加工した「楓斗」を見せる農家。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060908504

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、テッピセッコクの花を摘み取る農家。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020060908400

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、テッピセッコクの花を摘み取るスタッフ。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020060908282

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、テッピセッコクの花を乾燥させる農家。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060908038

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、摘み取ったテッピセッコクの茎を見せるスタッフ。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060908505

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、テッピセッコクの茎をらせん状に加工した「楓斗」。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020060908281

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、テッピセッコクの茎をらせん状に加工した「楓斗」。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020060908370

    セッコクの大規模栽培が農家の収入源に山西省  2日、植木鉢で栽培されているテッピセッコク。中国北部の山西省介休市でこのほど、大規模栽培に成功したテッピセッコク(鉄皮石斛)の販売が開始された。テッピセッコクは中国九大仙草の頂点と称される貴重な生薬で、地元農家の貧困脱却と収入増を実現する切り札になっている。(介休=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052300826

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052300853

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、コンバインによる収穫が進む貴州省銅仁市思南県塘頭鎮芭蕉壩区の麦畑。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020052300813

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020052300787

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052300812

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020052300835

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で刈り取った小麦を見せる農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020052300836

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県塘頭鎮芭蕉壩区でコンバインを運転して小麦を収穫する農民。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020052300839

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051102899

    高原野菜で農民の増収を促進寧夏回族自治区固原市  4月30日、寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村で、農地を除草して耕す瑞豊野菜生産販売合作社の農家。中国北西部の黄土高原に位置する寧夏回族自治区固原市彭堡鎮姚磨村はここ数年、高地と涼しい気候を生かし、高原野菜産業を大いに発展させ、優良品種の選択や育苗、栽培、販売を一体化した高原野菜産業チェーンを構築している。同村は継続的な産業の高度化と栽培構造調整により、面積1万ムー(約667ヘクタール)の高原野菜栽培拠点を3カ所建設。10以上の村と共同で高原野菜栽培を発展させ、地元農家に1世帯当たり5千元(1元=約15円)以上の増収をもたらし、年間3千人余りの余剰労働力に対する雇用を生み出した。2016年からはレジャー観光農業の開発を進め、生態観光産業を発展させているほか、周辺村民を合作社(協同組合)に加入させ、高原野菜産業の高度化を推進しながら、農家の増収とややゆとりある暮らしの実現を促している。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像