検索結果 74 件中 1 件 〜 50 件 "地元農民"
  1. 2020070111179

    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県  16日、すがすがしく芳醇な香りのナツメ芽茶。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070111086

    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県  16日、柳林県のナツメ芽摘採拠点の一面に広がるナツメの木。。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070111052

    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県  16日、製茶する山西華茗堂薬茶科技の製茶師、高耀峰(こう・ようほう)さん。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070111088

    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県  16日、柳林県のナツメ芽摘採拠点で青々と茂るナツメの木。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070111054

    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県  16日、山西華茗堂薬茶科技で日干しされるナツメ芽茶。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052104804

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖農家が飼育しているガチョウ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104773

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、農家から買い取ったガチョウの卵を運搬する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104823

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の養殖場で飼育されているガチョウのヒナ。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052104828

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、ガチョウの幼鳥に飼料をやる鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052104755

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのヒナを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104761

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村の鴻潤ガチョウ養殖専門合作社で飼育しているガチョウの幼鳥。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104705

    ガチョウ飼育で増収を後押し遼寧省台安県  13日、台安県新台鎮雲柳村で、かえったばかりのガチョウのひなを世話する鴻潤ガチョウ養殖専門合作社の作業員。中国遼寧省鞍山市台安県はここ数年、特色ある養殖業の発展に力を入れ、「合作社(協同組合)+養殖農家」のモデルを通じて、ガチョウ養殖の規模拡大を推進し、環境配慮型生態養殖産業を打ち立て、地元農民の貧困脱却と収入増を後押ししている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052701008

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  仕事を依頼している貧困戸と共に温室内の草取りをする董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701028

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  阜南県会竜鎮閆廟村で自身のトウガラシ栽培用ハウスで忙しく働く董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052701105

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052701013

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020032425775

    スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020032425745

    スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、収穫したスイカを選別する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020032425752

    スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020032425769

    スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020032425644

    スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020031702409

    河北省の泥人形職人、ウイルスと闘う村民の姿を作品に  12日、張建功さんが制作した泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」。中国河北省の民間職人がこのほど、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」を完成させた。制作したのは張建功(ちょう・けんこう)さん。地元農民が感染対策に力の限りを尽くす姿を表現したという。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020031702383

    河北省の泥人形職人、ウイルスと闘う村民の姿を作品に  12日、張建功さんが制作した泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」。中国河北省の民間職人がこのほど、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」を完成させた。制作したのは張建功(ちょう・けんこう)さん。地元農民が感染対策に力の限りを尽くす姿を表現したという。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020031702425

    河北省の泥人形職人、ウイルスと闘う村民の姿を作品に  12日、張建功さんが制作した泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」。中国河北省の民間職人がこのほど、新型コロナウイルスとの闘いをテーマにした泥人形作品「ウイルスと闘う群雄録」を完成させた。制作したのは張建功(ちょう・けんこう)さん。地元農民が感染対策に力の限りを尽くす姿を表現したという。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019072202414

    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市  16日、定西市安定区高峰郷で栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019072202421

    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市  16日、定西市安定区高峰郷で広く栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019072202409

    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市  16日、キャベツ畑の除草を行う定西市安定区高峰郷牌坊村の住民。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019072202415

    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市  16日、村民が購入した耕運機などの農業機械。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019072202248

    野菜栽培が導く豊かさへの道甘粛省定西市  16日、定西市安定区高峰郷で広く栽培されているキャベツ。中国甘粛省定西市安定区高峰郷はここ数年、高地の冷涼な気候や適切な湿度と日照、病虫害の少なさなどの自然条件の優位性を利用し、キャベツなど野菜栽培産業の発展に力を入れてきた。野菜産業は地元農民の貧困脱却を促す「加速器」となり、効果的に人々の収入増につながる道を開いた。高峰郷の野菜栽培面積は現在、1万ムー(1ムー=約667平方メートル)以上に達している。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019032000792

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村を散策する観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019032000780

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村にある民家。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019032000859

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村で、記念撮影をする観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019032000835

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村で、記念撮影をする観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019032000785

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、上空から見た瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村。(小型無人機から)中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019032000881

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村が建設した「花海公園」で遊ぶ子ども。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019032000797

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村を散策する観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019032000783

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村で、村が建設した「花海公園」の中の道をオートバイで行く村民。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019032000833

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村が建設した「花海公園」で働く村民。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019032000860

    各村に適した方法で美しい農村を建設海南省瓊海市  16日、瓊海市博鰲(ボアオ)鎮南強村で、「農家楽」(民宿をはじめとするアグリツーリズム)を楽しむ観光客。中国海南省瓊海(けいかい)市はここ数年、美しい農村建設の推進を加速しており、「一村一特色、一村一主題」の発展構想に基づき、管轄するそれぞれの村のために地元の条件に応じた美しい農村建設案を作成し、発展の同質化を避けようとしている。これにより、南強村など多くの「スター」級の美しい村が出現し、農村観光の推進で地元農民の増収・富裕化をけん引している。同市ではこれまでに文明生態村2343カ所を建設しており、これは自然村全体の88・6%を占めている。(瓊海=新華社記者/隋先凱)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019010920931

    銀製品加工で農民が豊かに河北省遵化市  6日、河北省遵化市馬蘭峪鎮にある工房で加工された銀製品。中国河北省唐山市の管轄下にある遵化(じゅんか)市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は近年、銀製品の加工産業を積極的に発展させている。同鎮には現在、30以上の銀製品加工工場と50以上の家庭工房の他、銀製品の展示ホールが3カ所ある。2500人以上の地元農民が銀製品の加工や販売により、収入増を実現した。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019010921008

    銀製品加工で農民が豊かに河北省遵化市  6日、河北省遵化市馬蘭峪鎮にある工房で銀製品を加工する従業員。中国河北省唐山市の管轄下にある遵化(じゅんか)市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は近年、銀製品の加工産業を積極的に発展させている。同鎮には現在、30以上の銀製品加工工場と50以上の家庭工房の他、銀製品の展示ホールが3カ所ある。2500人以上の地元農民が銀製品の加工や販売により、収入増を実現した。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019010921010

    銀製品加工で農民が豊かに河北省遵化市  6日、河北省遵化市馬蘭峪鎮にある工房で銀製品を加工する従業員。中国河北省唐山市の管轄下にある遵化(じゅんか)市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は近年、銀製品の加工産業を積極的に発展させている。同鎮には現在、30以上の銀製品加工工場と50以上の家庭工房の他、銀製品の展示ホールが3カ所ある。2500人以上の地元農民が銀製品の加工や販売により、収入増を実現した。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019010920950

    銀製品加工で農民が豊かに河北省遵化市  6日、河北省遵化市馬蘭峪鎮にある工房で銀製品を作る従業員。中国河北省唐山市の管轄下にある遵化(じゅんか)市馬蘭峪(ばらんよく)鎮は近年、銀製品の加工産業を積極的に発展させている。同鎮には現在、30以上の銀製品加工工場と50以上の家庭工房の他、銀製品の展示ホールが3カ所ある。2500人以上の地元農民が銀製品の加工や販売により、収入増を実現した。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018101522812

    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県  10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。(小型無人機から)中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018101522847

    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県  10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。(小型無人機から)中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018101522914

    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県  10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018101522965

    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県  10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018101522808

    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県  10日、臨沂市郯城県で刈り取り機を使い「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。(小型無人機から)中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018101522855

    「株式水稲」の豊作を喜ぶ山東省郯城県  10日、臨沂市郯城県で「株式水稲」を収穫する洪偉農機化服務農民専業合作社の社員。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県は10月に入り、10万ムー(約6667ヘクタール)余りの「株式水稲」が収穫期を迎えた。地元農民は土地を株式として合作社に加入し、合作社が一括して管理・経営を行うことで、毎月決まった報酬を得られるほか、年末には収益に応じてボーナスも受け取れるという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018092620803

    秋の豊作を迎える河北省灤県  23日、収穫したトウモロコシを見せる灤県茨榆坨(しゆだ)鎮西長坨(せいちょうだ)村の農民、賈麗萍(か・れいへい)さん。秋の収穫期を迎えた中国河北省唐山市灤(らん)県で23日、地元農民が穀物や野菜の収穫に精を出し、今年から設けられた「中国農民豊作節(秋分の日)」の到来を祝った。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像