検索結果 301 件中 1 件 〜 50 件 "地域住民"
  1. 2020073108557

    台風備えゲート操作訓練 排水管ゲート訓練  多摩川の排水管ゲートの操作訓練を見守る地域住民ら=31日午後、川崎市

  2. 2020071200126

    九州の豪雨、各地で被害 住民と自衛隊で片付け  熊本県人吉市の市街地で、泥にまみれた家財道具などを撤去する地域住民のボランティアと自衛隊員=12日午前11時28分

  3. 2020071008602

    日田市の避難所/2020九州豪雨 日田市若宮町  避難所の若宮小で受け付けをする地域住民(右)=2020(令和2)年07月07日、日田市若宮町、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  4. 2020070605461

    Russia Submarine 05.07.2020 Local residents rebuild the A615 series diesel submarine, which was part of the Black Sea Fleet, and then became both a memorial and a museum, abandoned in the 90s, in Krasnodar, Russia. Vitaly Timkiv / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  5. 2020070605270

    Russia Submarine 04.07.2020 Local residents rebuild the A615 series diesel submarine, which was part of the Black Sea Fleet, and then became both a memorial and a museum, abandoned in the 90s, in Krasnodar, Russia. Vitaly Timkiv / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  6. 2020070605251

    Russia Submarine 04.07.2020 Local residents rebuild the A615 series diesel submarine, which was part of the Black Sea Fleet, and then became both a memorial and a museum, abandoned in the 90s, in Krasnodar, Russia. Vitaly Timkiv / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  7. 2020070605278

    Russia Submarine 02.07.2020 Local residents rebuild the A615 series diesel submarine, which was part of the Black Sea Fleet, and then became both a memorial and a museum, abandoned in the 90s, in Krasnodar, Russia. Vitaly Timkiv / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  8. 2020061800747

    Florida News - June 14, 2020 June 14, 2020, Florida, USA: Area residents drive together along Southern Blvd. toward Palm Beach during a Black Lives Matter caravan for social justice, Sunday, June 14, 2020. (Credit Image: © Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Damon Higgins/The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT 「ZUMA Press」

  9. 2020062401137

    PROTEST FACE-OFF June 12, 2020, Newark, New Jersey, U.S: A Newark protester, left, with bull horn, faces-off with a demonstrator from the Newark Water Coalition during a march and rally in Newark, New Jersey. The Newark protestor and others blocked the coalition’s march from proceeding on their route from University High School to the The Fifth Precinct in Newark. ..Coalitions member were also met with shoving and water spray by Newark protestors who didn’t want the coalition to march in Newark Streets. Earlier the coalition were handing out “bottles of water, diapers and fresh vegetables and vital resources to area residents†said community organizer Sabre Be. (Credit Image: © Brian Branch Price/ZUMA Wire)、クレジット:©Brian Branch Price/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  10. 2020060209155

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターの「打浦スマート医療」オンラインサービスで、当番医に相談する同区住民。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060209070

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターで自身が担当する「打浦スマート医療」ライブ配信ルームの入り口を表示したスマートフォンの画面を見せるホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060209088

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターで、ライブ配信を通じて紹介した自作の端午節の「香嚢(匂い袋)」を見せるホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060209130

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じてマスクの着け方について視聴者と言葉を交わすホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060209121

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じて夏の健康知識を紹介するホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060209164

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信開始時にあいさつするホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060209094

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じてマスコットと一緒に「手洗いダンス」をするホームドクターの呉舒窈(ご・じょよう)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060209080

    ホームドクターがライブ配信、地域の「オンライン診療」サービス加速上海市  26日、上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターでライブ配信を通じて夏に飲む中薬茶の知識を紹介するホームドクターの王傑(おう・けつ)さん。中国上海市黄浦区の打浦橋街道社区衛生服務センターはこのほど、ネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」のサービスアカウントで「打浦スマート医療」プラットフォームを立ち上げ、インターネット診療サービスを開始し、オンラインとオフラインの両方で地域住民と地域内企業で働く人々の健康を守る「健康管理人」としてスタートを切った。同センターは、ホームドクター(かかりつけ医)のライブ配信ルーム「オンライン問診」を開設、23人のホームドクターが交代で科学普及教育や健康相談に当たっている。(上海=新華社記者/劉頴)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052301130

    憩いの場は小さなスーパー スーパー運営の地元住民  スーパー「南外さいかい市」の運営に携わる佐々木繁雄さん(中央)ら地域住民=4月17日、秋田県大仙市

  19. 2020052300736

    黒竜江省初の国境地域住民向け貸付事業開始まず9件108万元  14日、黒竜江自貿区黒河エリアで行われた「辺民貸」事業の開始式。中国黒竜江省黒河市で14日、貿易業に従事する国境地域住民向け貸付事業、「辺民貸」の第1陣となる9件、総額108万元(1元=約15円)の融資が実施された。辺境住民が直面する資金繰り問題を解決し、経済の回復を後押しする。辺民貸とは「国境地域住民向けの互市貿易(注)産業創業担保貸付事業」の略称。融資のターゲットを絞った政策で、黒竜江自由貿易試験区(自貿区)黒河エリアの商務局や財政局、竜江銀行黒河支店などが共同で打ち出した。(ハルビン=新華社配信/洪峰)注互市貿易とは、国境地域の住民や企業が中国の陸路国境線から20キロ以内において、政府の認めた開放地点または指定した自由市場で、規定の金額または数量を超えない範囲で行う取引。=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104789

    黒竜江省初の国境地域住民向け貸付事業開始まず9件108万元  14日、黒竜江自貿区黒河エリアで行われた「辺民貸」事業の開始式。中国黒竜江省黒河市で14日、貿易業に従事する国境地域住民向け貸付事業、「辺民貸」の第1陣となる9件、総額108万元(1元=約15円)の融資が実施された。辺境住民が直面する資金繰り問題を解決し、経済の回復を後押しする。辺民貸とは「国境地域住民向けの互市貿易(注)産業創業担保貸付事業」の略称。融資のターゲットを絞った政策で、黒竜江自由貿易試験区(自貿区)黒河エリアの商務局や財政局、竜江銀行黒河支店などが共同で打ち出した。(ハルビン=新華社配信/洪峰)注互市貿易とは、国境地域の住民や企業が中国の陸路国境線から20キロ以内において、政府の認めた開放地点または指定した自由市場で、規定の金額または数量を超えない範囲で行う取引。=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104822

    黒竜江省初の国境地域住民向け貸付事業開始まず9件108万元  14日、黒竜江自貿区黒河エリアで行われた「辺民貸」事業の開始式。中国黒竜江省黒河市で14日、貿易業に従事する国境地域住民向け貸付事業、「辺民貸」の第1陣となる9件、総額108万元(1元=約15円)の融資が実施された。辺境住民が直面する資金繰り問題を解決し、経済の回復を後押しする。辺民貸とは「国境地域住民向けの互市貿易(注)産業創業担保貸付事業」の略称。融資のターゲットを絞った政策で、黒竜江自由貿易試験区(自貿区)黒河エリアの商務局や財政局、竜江銀行黒河支店などが共同で打ち出した。(ハルビン=新華社配信/洪峰)注互市貿易とは、国境地域の住民や企業が中国の陸路国境線から20キロ以内において、政府の認めた開放地点または指定した自由市場で、規定の金額または数量を超えない範囲で行う取引。=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051300290

    Victory Day celebrations in Russian cities 09.05.2020 Local residents seen here standing at the Eternal Flame memorial during Victory Day celebrations in Novosibirsk. Alexandr Kryazhev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  23. 2020031104647

    チベット自治区、さまざまな措置で新型肺炎の知識を普及  7日、ラサ市街地に掲げられた新型肺炎の予防・抑制を呼びかける標語の下で休む地域住民。青海チベット高原にはこのところ、「新型コロナウイルスによる肺炎」「赤外線体温測定器」「核酸検査」など新型肺炎に関連するチベット語の新たな専門用語200語以上が入ってきている。用語はラジオや動画、啓発ポスター、テレビ番組など様々な媒体を介し多くの家庭に伝えられた。中国チベット自治区のチベット語文工作委員会弁公室チベット語言文字規範処の益西桑布(イーシーサンブ)処長によると、新しく増えた専門用語は、疾病名、感染対策、政策措置、病理・症状、器具名称など7分野に及ぶ。チベットでのチベット語によるウイルス感染予防知識の普及のため、標準的な言い方を設定した。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020030302213

    「最後の世代」被災伝える 地域住民に対応する生徒  宮城県名取市の市立閖上小中学校で行われた避難訓練で、集まった地域住民(右)に対応する生徒=2019年11月 東日本大震災9年1㌻特集「被災経験を後世へ、若い世代も伝承」

  25. 2020022023129

    三井不動産のショールーム「MFLP ICTラボ2・0」  三井不動産は13日、物流施設の自動化や省人化を提案するショールーム「MFLP ICTラボ2・0」(千葉県船橋市)を開設した。ピッキングロボットや開梱・封かんを担う双腕ロボット、仕分けシステムなど30台以上を組み合わせ、入荷から在庫、出荷までを自動化したモデルラインを構築。「床を貸すだけではなく、人手不足など物流業界が直面する課題を解決する」(三木孝行常務執行役員)拠点とする。ICTラボ2・0の広さは約1300平方メートルで、旧ラボの約10倍に拡大した。モデルラインは理論値で、作業スタッフ20人を削減できるという。人手不足を背景に倉庫内物流の自動化や効率化が注目される一方、導入には機器の組み合わせや全体コストの算出・回収といった分析が欠かせないことに着目。高機能物流施設を手がけるデベロッパーとして、企業ごとのニーズに対応したコンサルティングに重きを置く。高機能物流施設は電子商取引(EC)の急伸で、足元も旺盛な需要に沸く。三井不動産は国内外で40物件を開発・運営しており、投資額は累計で約5700億円に達する。最新のオフィスビルと同じく、ラウンジや保育施設などを設け働く人の満足度を向上。ラボを含む船橋市の物流施設では“街づくり型”を掲げ、物流施設3棟のほか地域住民も使える約2万平方メートルの緑地やスケートリンクも仕上げる計画だ。2020(令和2)年2月13日、千葉県船橋市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  26. 2020021201141

    自動運転カートで実証実験 「ゆっくりカート」  実証実験を公開した、低速度で地域住民を運ぶ自動運転車両「ゆっくりカート」=12日、愛知県春日井市

  27. 2020012224932

    島根県に高校生呼び込む 参加した地元の生徒ら  地域住民とのイベントに参加した、地元の生徒と都市部などからの留学生たち=島根県津和野町 1㌻特集「第10回地域再生大賞の顔触れ」

  28. 2020011606429

    Momoがスマートシティー基盤の構築に参入  Momo(大阪市淀川区)は、IoT(モノのインターネット)技術を活用し、地域住民や事業者などと連携したスマートシティー基盤の構築に乗り出す。大阪府池田市のニュータウンである伏尾台地域で18日、住民の動態調査をはじめ、高齢者の見守りや外出促進による健康増進への評価に役立てる。伏尾台地域で高齢者を中心にビーコン(小型発信器)を配布し、最寄り駅やニュータウンの出入り口周辺に受信機を設置する。高齢者の健康増進などを支援する特定非営利活動法人と連携し、高齢者の移動を検知することにより見守りを充実させる。また、18日に住民が主体となり地域内のライドシェアを開始する。これに合わせて大阪大学と連携し、高齢者の外出頻度など住民の動態データを集積、健康増進に向けた今後のまちづくりの改善に役立てる。MomoはIoT機器の開発を手がける。伏尾台地域ではMomoの主導により事業者や大学などがコンソーシアムを組み、住民とスマートシティーを目指すための意見交換を月2回実施してきた。ニュータウンは高齢化を課題としており、小さい区域に一定数人口を抱え、出入り口が限られていることから実証実験に適した環境と判断。住民ニーズを直接反映した事業として地方自治体に提案し、実証するモデルを構築し、2021年以降は他のニュータウンにも横展開を図る。=2020(令和2)年1月14日、大阪府池田市の伏尾台地域、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  29. 2020010804849

    キャンドルともし復興願う キャンドル  岡山県倉敷市真備町地区で、被災した地域住民らが復興の願いを込めてともしたキャンドル=8日夜

  30. 2019122701104

    「地域住民の安心重視」 会見する東京電力  記者会見する福島第1廃炉推進カンパニーの小野明最高責任者=27日午後、東京都千代田区

  31. 2019122602398

    Winter driving ban in Tyrol dpatop - 21 December 2019, Austria, Kufstein: Holidaymakers are stuck in traffic jams at a “dosing traffic light“. A sign points out the winter driving ban. In Tyrol there is again a winter driving ban and dosing traffic lights. On the weekends between 21.12.2019 and 13.04.2020, a total of ten routes will be closed to transit traffic in order to restore peace and quiet to local residents. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2019122602507

    Winter driving ban in Tyrol 21 December 2019, Tyrol, Kufstein: Holidaymakers are stuck in traffic jams at a “dosing traffic light“. A sign points out the winter driving ban. In Tyrol there is again a winter driving ban and dosing traffic lights. On the weekends between 21.12.2019 and 13.04.2020, a total of ten routes will be closed to transit traffic in order to restore peace and quiet to local residents. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2019122602505

    Winter driving ban in Tyrol 21 December 2019, Austria, Kufstein: A sign indicates the winter driving ban on weekends between 21.12.2019 and 13.04.2020. In Tyrol, a total of ten routes are closed to transit traffic in order to restore peace and quiet to local residents. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2019122602193

    Winter driving ban in Tyrol 21 December 2019, Austria, Kufstein: A sign indicates the winter driving ban on weekends between 21.12.2019 and 13.04.2020. In Tyrol, a total of ten routes are closed to transit traffic in order to restore peace and quiet to local residents. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2019122602461

    Winter driving ban in Tyrol 21 December 2019, Austria, Kufstein: Holidaymakers are stuck in traffic jams at a “dosing traffic light“. A sign points out the winter driving ban. In Tyrol there is again a winter driving ban and dosing traffic lights. On the weekends between 21.12.2019 and 13.04.2020, a total of ten routes will be closed to transit traffic in order to restore peace and quiet to local residents. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2019121901034

    地域つなぐ焼きたてパン パンを並べる女性  焼きたてのパンを並べる地域住民の女性=高知県四万十町

  37. 2019121901032

    地域つなぐ焼きたてパン パンを作る地域住民ら  地元の食材を使ったパンを作る地域住民ら=高知県四万十町

  38. 2019110900133

    宮城・閖上で津波避難訓練 地域住民に対応する生徒  宮城県名取市の市立閖上小中学校で行われた避難訓練で、集まった地域住民(右)に対応する生徒=9日午前

  39. 2019111803316

    岡山医療センター 原子力災害拠点病院に 岡山市  原子力災害拠点病院に指定された国立病院機構岡山医療センター。岡山県は15日、原子力事故時に被ばく医療体制の中核を担う「原子力災害拠点病院」として国立病院機構岡山医療センター(岡山市北区田益)を指定したと発表した。原発などで重大事故が起きた際、被ばくの恐れがある地域住民らを原則全て受け入れる。=2019(令和元)年11月5日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  40. 2019103100674

    那覇・首里城で火災  龍潭池付近から炎上する首里城を見上げる地域住民ら=2019(令和)年10月31日午前6時12分、沖縄県那覇市首里、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ 「沖縄タイムス」

  41. 2019103100683

    那覇・首里城で火災  龍潭池付近から炎上する首里城を見上げる地域住民ら=2019(令和)年10月31日午前5時53分、沖縄県那覇市首里、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ 「沖縄タイムス」

  42. 2019103100688

    那覇・首里城で火災  龍潭池付近から炎上する首里城を見上げる地域住民ら=2019(令和)年10月31日午前5時すぎ、沖縄県那覇市首里、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ 「沖縄タイムス」

  43. 2019101900094

    台風19号、各地で被害 ぬかるむ道路歩く男性  泥でぬかるんだ道路を歩く男性。地域住民らは「雨で道路にたまった水が少し増えた。思ったより降らなくて良かった」と話した=19日朝、長野市穂保地区

  44. 2019102101785

    クマゼミの巨大壁画が完成 香川県坂出市・岩黒島  完成した壁画を背に記念撮影する岩中さん(前列右から5人目)と岩黒島の住民ら。香川県坂出市・岩黒島の岩黒中学校でクマゼミの巨大壁画が完成し、14日、地元住民らに披露された。クマゼミが多数生息する島の自然と同校の歴史を発信しようと、ただ一人の在校生が教員や住民と協力し、瀬戸大橋から眺められる体育館壁面に約3カ月かけて描き上げた。2年岩中楓さん(13)を中心に教諭6人とで6月下旬から作業をスタート。高さ約10メートル、幅約16メートルの体育館外壁に足場を組み、橋脚擁壁の壁画を複写した約700枚の方眼紙を壁に貼り付けて輪郭線を書き、青、緑、黒のペンキで着色した。夏休みには地域住民も加わり、羽を広げたクマゼミと幼虫を描き出した。=2019(令和元)年10月14日、香川県坂出市・岩黒島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  45. 2019101501575

    Russia Alygdzher Village 08.10.2019 A local resident walks with horses at the affected by flooding Alygdzher village, Irkutsk region, Russia. Alygdzher is an unofficial capital of Tofalaria, an isolated mountainous region located in the Eastern Sayan mountain system in the south of Siberia, available to visit only by air. Until now Tofs lead a nomadic way of life and engaged in hunting and reindeer herding. Alexandr Kryazhev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  46. 2019082704081

    Energy storage in Thuringia 26 August 2019, Thuringia, Großrettbach: Jan Kächele, project engineer at TEAG Thüringer Energie AG, controls a lithium-ion storage system with a storage capacity of 240 kWh. In a pilot project, TEAG is investigating the possible uses of a grid-compatible electricity storage system. This is intended to increase the proportion of solar electricity used by the local population for its own purposes and to relieve the load on the upstream grid. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2019082704169

    Energy storage in Thuringia 26 August 2019, Thuringia, Großrettbach: Jan Kächele, project engineer at TEAG Thüringer Energie AG, controls a lithium-ion storage system with a storage capacity of 240 kWh. In a pilot project, TEAG is investigating the possible uses of a grid-compatible electricity storage system. This is intended to increase the proportion of solar electricity used by the local population for its own purposes and to relieve the load on the upstream grid. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2019082704172

    Energy storage in Thuringia 26 August 2019, Thuringia, Großrettbach: “Battery room“ is located on a lithium-ion storage device with a storage capacity of 240 kWh. In a pilot project, TEAG Thüringer Energie AG is investigating the application possibilities of a grid-compatible electricity storage system. This is intended to increase the proportion of solar electricity used by the local population for its own purposes and to relieve the load on the upstream grid. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2019100304854

    たこ焼き調理ロボ(右)とビールサーブロボ(左)  東京都は21日、東京都港区の竹芝客船ターミナルで調理や警備などを担うロボットの実証実験を始めた。東急不動産や鹿島が竹芝地区のエリアマネジメントとして実施するイベント「第5回竹芝夏ふぇす」において公募で選定した7種類のロボの導入効果を検証する。労働力の確保といった東京都の課題についてロボにより解決する姿を国内外にアピールする狙いもある。実証は23日まで。人に追従する運搬ロボットや、たこ焼きの調理やビールサーブを担うロボット、通行人に声をかけるロボット、警備ロボットなどが参加した。東急不動産や鹿島は竹芝地区で先端技術を取り入れたスマートシティー(次世代型環境都市)の開発を進めている。その一環として、地域住民や近隣の就業者向けに音楽ライブや飲食空間の提供などを行う竹芝夏ふぇすをロボ実証の場として提供した。東急不動産都市事業本部ビル運営事業部事業企画グループの田中敦典グループリーダーは「3―5年後、町に実装されるロボットが集まった。(竹芝夏ふぇすが)人間とロボットの共生の可能性を示す場になれば」と期待した。=2019(令和元)年8月21日、東京都港区の竹芝客船ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  50. 2019082002459

    地域住民へ運動指導 美里町の教室  運動教室に参加する住民とインストラクター=埼玉県美里町 経済・行政連載企画「明日への挑戦」(16回)=官民連携の健康支援

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像