検索結果 203 件中 1 件 〜 50 件 "基幹産業"
  1. 2020072800969

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、「硒砂瓜」を自動仕分け装置の上に載せる農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072800980

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072800920

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場の敷地内に止まるトラックの中で、休憩する農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072800925

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072800931

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072800804

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷のスイカ選果場で、選別された「硒砂瓜」を運ぶ従業員。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072800720

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」をトラックに積む農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072800974

    地元特産のスイカ「硒砂瓜」、収穫期迎える寧夏回族自治区  16日、寧夏回族自治区中衛市香山郷にある1万ムー(約666ヘクタール)のスイカ栽培基地で、「硒砂瓜」の収穫作業をする農家。中国寧夏回族自治区中衛(ちゅうえい)市はこのところ、地元特産のスイカ「硒砂瓜」(岩石片を含む土壌で成長し、セレン、亜鉛などの微量元素を多く含有するスイカ)の収穫が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、技術改良や大規模栽培など多くの取り組みが実施され、「硒砂瓜」の栽培が地元農家を貧困から脱却させ、豊かにさせる基幹産業になっている。今年の「硒砂瓜」の栽培面積は69万7千ムー(約4万6千ヘクタール)に上り、農家28万人余りが「硒砂瓜」の栽培、収穫、包装作業に従事しているという。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072800879

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場で働くスタッフ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072800763

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場で飼育されているフウセイ。(小型無人機から)中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072800976

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場。(小型無人機から)中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800985

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場でフウセイに餌をやるスタッフ。(小型無人機から)中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072800964

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場でフウセイを飼育する地元食品会社の尤維徳(ゆう・いとく)会長。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072800880

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場でフウセイを網ですくうスタッフ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072800954

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場で飼育されているフウセイ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020072800982

    フウセイの養殖、地元漁業者の所得増に貢献福建省寧徳市  15日、福建省寧徳市の養殖場で働くスタッフ。中国福建省寧徳市では、高級魚として人気の高いフウセイ(大黄魚)の種苗生産から稚魚の飼育、成魚の加工・出荷まで一貫したサプライチェーンが形成されている。昨年の養殖フウセイの生産量は16万4千トンで、全国の8割以上を占めた。サプライチェーン全体の生産額は100億元(1元=約15円)を超え、市の基幹産業として地元漁業者の所得増に一役買っている。(寧徳=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062204605

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、リアルタイムでディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062204555

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、栽培環境をモニタリングする湖南農業大学食用菌研究所の呉正坤(ご・せいこん)副所長。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062204562

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培拠点に保管されている芦菇の親株。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204523

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204567

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204505

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062204510

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、ディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062204504

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062204525

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062204600

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020050804852

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020050804830

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020050804906

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。(小型無人機から)中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020050804565

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春伝統製茶拠点で、茶農家と一緒に今年最初の有機栽培茶を手作業で焙煎する中国茶葉流通協会の匡新(きょう・しん)副会長(右)。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020050804573

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、摘み取ったばかりの葉を見せる茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020050804895

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020050804914

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、今年最初の有機栽培茶を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020050804920

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020050804576

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020050804820

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、新芽を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020050804858

    茶摘みと製茶が本格化山東省青島市  4月30日、青島市嶗山区王哥荘街道にある暁陽春茶畑で、今年最初の有機栽培茶を摘み取る茶農家。中国山東省青島市嶗山(ろうざん)区の山間部の茶畑で栽培された茶葉が収穫期に入り、年に一度の製茶と販売のシーズンを迎えた。同区の茶葉栽培面積は現在、2万3千ムー(約1533ヘクタール)以上、年間生産量は千トン余りに達しており、地元の人々に富をもたらす特色ある基幹産業となっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020042003770

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020042003811

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和雲根茶業の茶葉天日干し場。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020042003879

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、茶葉を天日干しする福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020042003819

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020042003822

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園。(小型無人機から)「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020042003828

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020042003848

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、茶葉をより分ける福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020042003874

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県澄源郷澄源村の茶葉買い取り所。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020042003884

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、白茶餅を作る福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020042003881

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020040701910

    武漢都市部の電力消費量が着実に増加三大産業がけん引  25日、武漢経済技術開発区にある格力電器(武漢)の工場で、生産ラインの責任者胡家泉(こ・かせん)さん(右)に、企業の操業再開を促すため武漢市が打ち出した電力使用優遇措置について説明する、国家電網武漢市沌口供電公司営業一班の電力使用検査責任者、呉傑(ご・けつ)さん(右から2人目)。中国武漢市の都市部ではここ数日、1日当たりの最大需要電力が増加を続けている。1日午後の時点で、同市の送電網の日次最大負荷は561万9千キロワットまで上昇し、前の週と比べ3割増加した。自動車製造、電子情報通信、医薬製造など基幹産業の電力需要が急速に高まっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020062204544

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(2月27日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが45万ムー(約3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/廖文)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020062204507

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウスで、芦菇を収穫する湖南省光亜食用菌の石躍竜(せき・やくりゅう)総経理。(2月27日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/廖文)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像