検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "基本情報"
  1. 2020051102642

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市ジノー族郷巴亜老寨村で、ジノー族の村民と記念撮影する雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051102688

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  90歳のヌー族の老人に聞き取り調査を行う雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051102624

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  ジノー族の古い集落を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051102696

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チームに資料を提供するヌー族の専門家。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051102630

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  トールン族の伝承者を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051102654

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  トールン族の伝承者を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102659

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市ジノー族郷の文化ステーションで、座談会を行う雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020040104085

    内モンゴル自治区体育館が一般開放を再開  24日、内モンゴル自治区体育館で消毒作業を行うスタッフ。中国内モンゴル自治区フフホト市の「内モンゴル自治区全民健身サービスセンター」(内モンゴル自治区体育館)がこのほど、一般開放を再開した。今回再開されたのは、バドミントン館、テニス館、フィットネスクラブ、屋外バスケットコートおよび屋外ケージボールコート。同体育館の利用希望者は前日予約が必要で、利用は健康状態を証明する「健康コード」の所持者に限られる。利用者は体育館に入る前に検温を行い、個人の基本情報を登録する必要がある。各開放時間帯の終了後には、スタッフが30分かけて消毒作業を行っているという。(フフホト=新華社記者/魏婧宇)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020040104093

    内モンゴル自治区体育館が一般開放を再開  24日、内モンゴル自治区体育館で体を鍛えるフィットネス愛好家。中国内モンゴル自治区フフホト市の「内モンゴル自治区全民健身サービスセンター」(内モンゴル自治区体育館)がこのほど、一般開放を再開した。今回再開されたのは、バドミントン館、テニス館、フィットネスクラブ、屋外バスケットコートおよび屋外ケージボールコート。同体育館の利用希望者は前日予約が必要で、利用は健康状態を証明する「健康コード」の所持者に限られる。利用者は体育館に入る前に検温を行い、個人の基本情報を登録する必要がある。各開放時間帯の終了後には、スタッフが30分かけて消毒作業を行っているという。(フフホト=新華社記者/魏婧宇)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020040104109

    内モンゴル自治区体育館が一般開放を再開  24日、内モンゴル自治区体育館で体を鍛えるフフホト市民。中国内モンゴル自治区フフホト市の「内モンゴル自治区全民健身サービスセンター」(内モンゴル自治区体育館)がこのほど、一般開放を再開した。今回再開されたのは、バドミントン館、テニス館、フィットネスクラブ、屋外バスケットコートおよび屋外ケージボールコート。同体育館の利用希望者は前日予約が必要で、利用は健康状態を証明する「健康コード」の所持者に限られる。利用者は体育館に入る前に検温を行い、個人の基本情報を登録する必要がある。各開放時間帯の終了後には、スタッフが30分かけて消毒作業を行っているという。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020040104158

    内モンゴル自治区体育館が一般開放を再開  24日、内モンゴル自治区体育館でバドミントンを楽しむ愛好者。中国内モンゴル自治区フフホト市の「内モンゴル自治区全民健身サービスセンター」(内モンゴル自治区体育館)がこのほど、一般開放を再開した。今回再開されたのは、バドミントン館、テニス館、フィットネスクラブ、屋外バスケットコートおよび屋外ケージボールコート。同体育館の利用希望者は前日予約が必要で、利用は健康状態を証明する「健康コード」の所持者に限られる。利用者は体育館に入る前に検温を行い、個人の基本情報を登録する必要がある。各開放時間帯の終了後には、スタッフが30分かけて消毒作業を行っているという。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020040104129

    内モンゴル自治区体育館が一般開放を再開  24日、内モンゴル自治区体育館の入り口で検温を受ける市民。中国内モンゴル自治区フフホト市の「内モンゴル自治区全民健身サービスセンター」(内モンゴル自治区体育館)がこのほど、一般開放を再開した。今回再開されたのは、バドミントン館、テニス館、フィットネスクラブ、屋外バスケットコートおよび屋外ケージボールコート。同体育館の利用希望者は前日予約が必要で、利用は健康状態を証明する「健康コード」の所持者に限られる。利用者は体育館に入る前に検温を行い、個人の基本情報を登録する必要がある。各開放時間帯の終了後には、スタッフが30分かけて消毒作業を行っているという。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020040104084

    内モンゴル自治区体育館が一般開放を再開  24日、内モンゴル自治区体育館で体を鍛えるフフホト市民。中国内モンゴル自治区フフホト市の「内モンゴル自治区全民健身サービスセンター」(内モンゴル自治区体育館)がこのほど、一般開放を再開した。今回再開されたのは、バドミントン館、テニス館、フィットネスクラブ、屋外バスケットコートおよび屋外ケージボールコート。同体育館の利用希望者は前日予約が必要で、利用は健康状態を証明する「健康コード」の所持者に限られる。利用者は体育館に入る前に検温を行い、個人の基本情報を登録する必要がある。各開放時間帯の終了後には、スタッフが30分かけて消毒作業を行っているという。(フフホト=新華社記者/魏婧宇)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020040104099

    内モンゴル自治区体育館が一般開放を再開  24日、内モンゴル自治区体育館で体を鍛えるフフホト市民。中国内モンゴル自治区フフホト市の「内モンゴル自治区全民健身サービスセンター」(内モンゴル自治区体育館)がこのほど、一般開放を再開した。今回再開されたのは、バドミントン館、テニス館、フィットネスクラブ、屋外バスケットコートおよび屋外ケージボールコート。同体育館の利用希望者は前日予約が必要で、利用は健康状態を証明する「健康コード」の所持者に限られる。利用者は体育館に入る前に検温を行い、個人の基本情報を登録する必要がある。各開放時間帯の終了後には、スタッフが30分かけて消毒作業を行っているという。(フフホト=新華社記者/魏婧宇)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019122603129

    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市  20日、変電所の10キロボルトの高圧配電盤に貼られた2次元バーコードを読み込む職員。これによりモバイル端末で設備の基本情報や試験調整リポート、点検修理リポートなどが調査・収集できる。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051102631

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  プミ族の歌と踊りを記録する雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(2018年10月15日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像