検索結果 229 件中 1 件 〜 50 件 "大同市"
  1. 2020080602068

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  流れ作業ラインでのウコンカンゾウの洗浄。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080602183

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  ウコンカンゾウを原料に作られた発酵食品。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080602231

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  収穫前のウコンカンゾウ。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080602170

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  夜間にウコンカンゾウの花を収穫する農家の人。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080602110

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  ウコンカンゾウの加熱乾燥の様子。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080602062

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  完成した乾燥ウコンカンゾウ。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080602197

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  栽培したウコンカンゾウを販売する農家の人。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080602232

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  ウコンカンゾウの加工作業をする従業員。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080602255

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  加熱乾燥したウコンカンゾウ。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080602185

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  ウコンカンゾウを収穫する農家の人。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080602113

    ウコンカンゾウが開く豊かさへの道山西省大同市  凍結乾燥途中のウコンカンゾウ。(7月12日撮影)中国山西省大同市はウコンカンゾウ(黄花)の主要産地としてここ数年、栽培を推進し続けており、市内の栽培面積は26万ムー(約1万7300ヘクタール)、年間生産額は9億元(1元=約15円)となっている。栽培農家は3万6200世帯に達し、ウコンカンゾウは住民の貧困脱却と豊かな生活への切り札となっている。(大同=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072802158

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第9窟の彫刻。左側は西域様式、右側は中国様式になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072802150

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第20窟の大仏。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072802163

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第6窟の供養菩薩と執金剛神(しゅこんごうじん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072802058

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第19窟の大仏。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020072802151

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第16窟の主尊仏像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020072802141

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第5窟北壁の主尊仏坐像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020072802185

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  8日、雲岡石窟第17窟の交脚菩薩。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020072802159

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第10窟の前室北壁東側第3層の仏龕(ぶつがん、厨子)。左右の柱はイオニア式柱頭になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020072802160

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第8窟の三頭八臂の摩醯首羅天(まけいしゅらてん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072802155

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第18窟の仏立像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072802144

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第9窟の窟門頂部に施された彫刻。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072802069

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第6窟の中心塔柱北面の下層重龕主尊と右側衆。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072802048

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第10窟の後室南壁の窟門と明窓の間に施された彫刻。下部は忍冬文(にんどうもん、唐草文様)と化生童子を模した門簪(もんさん、門上部の突き出た部分)ならなる。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020072802052

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第9窟の窟門頂部に施された彫刻。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020072802153

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第10窟の後室南壁の窟門と明窓の間に施された彫刻。下部は忍冬文(にんどうもん、唐草文様)と化生童子を模した門簪(もんさん、門上部の突き出た部分)ならなる。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020072802188

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第8窟の鮮卑族の帽子をかぶった供養者。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072802083

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第8窟の五頭六臂の鳩摩羅天(くまらてん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072802087

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第20窟の東仏立像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072802081

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第6窟の護法夜叉。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072802140

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第19窟の窟門東壁に施された彫刻。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072802148

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第18窟の仏立像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072802149

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第9窟の仏龕(ぶつがん、厨子)。両側の柱はイオニア式柱頭になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産、雲岡石窟(うんこうせっくつ)は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、仏教が中国で本土化、世俗化していく過程を今に伝えている。5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にある。主要洞窟45カ所、仏像5万9千体余りが残されており、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072802152

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、山に沿って造営された雲岡石窟。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072802187

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第9窟の婆藪仙人(ばすせんにん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072802181

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟を見学する観光客。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072802146

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、山に沿って造営された雲岡石窟。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072802070

    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市  7日、雲岡石窟第8窟北壁の左脇侍衆像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020070105743

    The panda shaped photovoltaic power station in Datong,Shanxi,China on 27th June, 2020 June 27, 2020, Datong, Shanxi, China: The panda shaped photovoltaic power station in Datong,Shanxi,China on 27th June, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out 「ZUMA Press」

  40. 2020070105765

    The panda shaped photovoltaic power station in Datong,Shanxi,China on 27th June, 2020 June 27, 2020, Datong, Shanxi, China: The panda shaped photovoltaic power station in Datong,Shanxi,China on 27th June, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out 「ZUMA Press」

  41. 2020070105820

    The panda shaped photovoltaic power station in Datong,Shanxi,China on 27th June, 2020 June 27, 2020, Datong, Shanxi, China: The panda shaped photovoltaic power station in Datong,Shanxi,China on 27th June, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out 「ZUMA Press」

  42. 2020062204566

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された北魏時代の菩薩頭像。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062204571

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカを見学する来場者。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062204528

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された雲岡石窟の釉陶仏眼。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062204596

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された文化財。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020062204608

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカの「天人楽団」。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062204518

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された北魏時代の彩絵菩薩立像(上半身欠損)。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020062204636

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で公開された雲岡石窟の原寸大3Dレプリカの仏像。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020062204624

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された雲岡石窟で新たに出土した陶罐(とうかん)。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020062204573

    浙江大学で雲岡石窟の特別展洞窟の原寸大3Dレプリカも展示  10日、浙江大学芸術・考古博物館で展示された雲岡石窟の菩薩立像。中国浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で、山西省の雲岡石窟にまつわる文化財を展示する特別展「魏風堂堂‐雲岡石窟百年の記憶と再現」が開催されている。雲岡石窟研究院が所蔵する仏像や碑刻、陶磁器、建材などの文化財112点(セット)のほか、同石窟を1世紀以上にわたり研究、記録した国内外の学術文献や貴重な歴史映像が展示されている。展示品の多くが今回初公開となる。同研究院が浙江大学文化遺産研究院と共同で洞窟の一つを3Dプリンターで再現した組み立て式の原寸大レプリカも同展のメイン展示として公開された。再現したのは第12窟で、宮廷伎楽を再現した彫像で構成されていることから「音楽窟」とも呼ばれる。雲岡石窟は中国北部の山西省大同市にある。東西1キロメートルの断崖に開削した石窟群で、主要洞窟45カ所、大小さまざまな窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)252カ所、仏像5万9千体以上が残る。中国三大石窟の一つで1500年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像