検索結果 504 件中 1 件 〜 50 件 "大災害復興科学研究所,大災害復興,科学研究所,復興科学研究所"
  1. 2020040700300

    「DPA」 Coronavirus - Leipzig 03 April 2020, Saxony, Leipzig: David Storl, two-time shot put world champion, trains in the test hall of the Institute for Applied Training Sciences (IAT). Thanks to an exemption from the Saxon Ministry of the Interior he is allowed to continue training. Even the cancellation and postponement of the Olympic Games for one year does not change this. (to dpa Kugelsto゚er Storl with exception - hope for competitions) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  2. 2020040700395

    「DPA」 Coronavirus - Leipzig 03 April 2020, Saxony, Leipzig: David Storl, two-time shot put world champion, prepares his training ball in the test hall of the Institute for Applied Training Sciences (IAT). Thanks to an exemption from the Saxon Ministry of the Interior he is allowed to continue training. Even the cancellation and postponement of the Olympic Games for one year does not change this. (to dpa Kugelsto゚er Storl with exception - hope for competitions) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  3. 2020040700178

    「DPA」 Coronavirus - Leipzig 03 April 2020, Saxony, Leipzig: David Storl, two-time shot put world champion, trains in the test hall of the Institute for Applied Training Sciences (IAT). Thanks to an exemption from the Saxon Ministry of the Interior he is allowed to continue training. Even the cancellation and postponement of the Olympic Games for one year does not change this. (to dpa Kugelsto゚er Storl with exception - hope for competitions) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  4. 2020040700185

    「DPA」 Coronavirus - Leipzig 03 April 2020, Saxony, Leipzig: David Storl, two-time shot put world champion, trains in the test hall of the Institute for Applied Training Sciences (IAT). Thanks to an exemption from the Saxon Ministry of the Interior he is allowed to continue training. Even the cancellation and postponement of the Olympic Games for one year does not change this. (to dpa Kugelsto゚er Storl with exception - hope for competitions) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  5. 2020040704041

    「DPA」 Training scientist Ulf Tippelt 03 April 2020, Saxony, Leipzig: Ulf Tippelt, Director of the Institute for Applied Training Sciences (IAT), is standing in the Institute‘s test hall in Leipzig. (to dpa: training scientist warns of damage in sport) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  6. 2020040703851

    「DPA」 Training scientist Ulf Tippelt 03 April 2020, Saxony, Leipzig: Ulf Tippelt, Director of the Institute for Applied Training Sciences (IAT), is standing in the Institute‘s test hall in Leipzig. (to dpa: training scientist warns of damage in sport) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  7. 2020040700246

    「DPA」 Coronavirus - Leipzig 03 April 2020, Saxony, Leipzig: David Storl, two-time shot put world champion, trains in the test hall of the Institute for Applied Training Sciences (IAT). Thanks to an exemption from the Saxon Ministry of the Interior he is allowed to continue training. Even the cancellation and postponement of the Olympic Games for one year does not change this. (to dpa Kugelsto゚er Storl with exception - hope for competitions) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  8. 2020040700522

    「DPA」 Coronavirus - Leipzig 03 April 2020, Saxony, Leipzig: David Storl, two-time shot put world champion, prepares his training ball in the test hall of the Institute for Applied Training Sciences (IAT). Thanks to an exemption from the Saxon Ministry of the Interior he is allowed to continue training. Even the cancellation and postponement of the Olympic Games for one year does not change this. (to dpa Kugelsto゚er Storl with exception - hope for competitions) Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  9. 2020032609395

    震災復興の知見共有で協定  締結式で協定書を持つ東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長(右)と、新潟大災害・復興科学研究所の河島克久所長ら=26日午後、仙台市

  10. 2020033105108

    「山陽新聞」 月桃に抗ウイルス効果 ヒトへの応用期待  岡山県生物科学研究所と東京大の研究グループが植物ウイルス病を防ぐ成分を突き止めた「月桃」=同研究所。岡山県生物科学研究所(同県吉備中央町吉川)と東京大の研究グループは、沖縄県や鹿児島県に自生する植物「月桃」に、トマトやナスなどの成長を阻害する植物ウイルス病を防ぐ成分があることを突き止めた。A型インフルエンザウイルスの増殖を抑えることも確認しており、ヒトへの応用が期待される。研究グループは今後、この抗ウイルス成分を使った農薬の実用化を急ぐほか、鳥インフルエンザウイルスや豚コレラウイルスへの応用も研究を進める。グループの鳴坂義弘専門研究員(植物病理学)は「自然由来で人間が体に取り入れても害がないメリットもある。幅広いウイルスへの利用が見込め、新型コロナウイルスへも効果を発揮する可能性がある」としている。=2020(令和2)年3月25日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  11. 2020032700393

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  12. 2020032700389

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  13. 2020032700404

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する山梨裕二 東京大学医科学研究所所長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  14. 2020032700405

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する山梨裕二 東京大学医科学研究所所長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  15. 2020032700403

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見にマスク着用で出席した井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  16. 2020032700392

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する宮園浩平 東京大学 理事・副学長(研究担当)。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  17. 2020032700396

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  18. 2020032700394

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  19. 2020032302665

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルスの治療薬候補を特定したと会見する井上東大医科学研究所教授  東京大学医科学研究所の井上純一郎教授らは18日会見を開き、新型コロナウイルスの治療薬候補として現在急性膵炎(すいえん)の治療に使われる「ナファモスタット」を特定したと発表した。ナファモスタットは国内で30年以上使われている薬剤で、早期の臨床治験実施が期待できる。臨床研究は国立国際医療研究センターなどと連携し、4月初旬までに開始する見込み。新型コロナがヒトに感染する際、ウイルス表面のたんぱく質とヒトの細胞表面のたんぱく質が結合してウイルス外膜とヒト細胞の膜が融合する。これにより新型コロナの遺伝情報であるリボ核酸(RNA)がヒト細胞の中に入り、ウイルスが増殖する。ナファモスタットはウイルス外膜とヒトの細胞膜の融合を阻害し、ウイルスの侵入を阻止していた。すでに抗エイズウイルス薬「カレトラ(ロピナビルとリトナビルの配合剤)」などが新型コロナに治療効果があるとされている。カレトラの場合、細胞内でウイルスが増殖するのに必要なたんぱく質を阻害する働きのある薬剤だ。井上教授は「感染にはさまざまな段階がある。作用点が異なる薬剤を組み合わせて使うことで、より高い治療効果も期待できる」と話した。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東大・安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  20. 2020032700397

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は説明のためマスクを外す井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  21. 2020032700395

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  22. 2020032700407

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  会見の様子。(右から)宮園浩平東京大学理事・副学長(研究担当)、五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  23. 2020032700406

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  会見の様子。(右から)五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  24. 2020032700390

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する五神真 東京大学総長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  25. 2020032700401

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する五神真 東京大学総長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  26. 2020032700400

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  マスク着用で会見場に現れた(右から)五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  27. 2020032302633

    「日刊工業新聞」 大阪大学が小型軽量化したフレキシブル熱電変換デバイス  大阪大学産業科学研究所の菅原徹准教授と同大学院工学研究科の伊庭野健造助教らは、柔軟な基板に半導体チップを搭載したフレキシブル熱電変換デバイスの小型軽量化に成功した。半導体の両端の温度差を電気情報へ変換する。1平方センチメートル当たり約200個の超小型半導体チップを高密度に搭載し、高い熱回収効率と動作の信頼性を実現した。今後、さらに改良を進め、IoT(モノのインターネット)センサー用電源で実用化を目指す。2018年に開発したフレキシブルデバイスを改良した。従来以上の超微細加工で精密に大きさをそろえた半導体チップを採用。軽量で柔軟性のある基板に集積した。半導体チップはマイクロメートルサイズ(マイクロは100万分の1)で、基板の柔軟性を損ねない。半導体チップにかかる力の軽減にもつながり、壊れにくさから高い信頼性を実現。他のエネルギー変換デバイスと同等の出力密度も達成した。実用化に向け、省電力の電源・通信回路システムの構築や熱制御などの技術改善に取り組む。周辺の電源などと無線通信で情報共有しながら電力を有効活用する自律分散型電源システムへ展開し、未来社会ソサエティー5・0への貢献を目指す。=2020(令和2)年3月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  28. 2020030900038

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Veronika Mitterwallner, research assistant to the Chair of Sports Ecology at the Institute for Sports Science at the University of Bayreuth, checks a motion camera attached to the tree trunk along a cross-country ski run on the Fichtelberg mountain. Mitterwallner wants to use the recordings to investigate how athletes and animals behave and influence each other on the cross-country ski run. Skiing, climbing or canoeing: Sport in the fresh air is healthy - at least for humans. Nature suffers from outdoor sports. A new professorship in sports ecology is now researching the effects for the first time. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  29. 2020030900060

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Veronika Mitterwallner, research assistant to the Chair of Sports Ecology at the Institute for Sports Science at the University of Bayreuth, checks a motion camera attached to the tree trunk along a cross-country ski run on the Fichtelberg mountain. Mitterwallner wants to use the recordings to investigate how athletes and animals behave and influence each other on the cross-country ski run. Skiing, climbing or canoeing: Sport in the fresh air is healthy - at least for humans. Nature suffers from outdoor sports. A new professorship in sports ecology is now researching the effects for the first time. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  30. 2020030900106

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer (l), head of the working group of the Chair of Sports Ecology at the Institute of Sports Science at the University of Bayreuth, talks to the scientific assistant Volker Audorff at the Fichtelberg cross-country skiing centre. Skiing, climbing or canoeing: Sport in the fresh air is healthy - at least for humans. Nature suffers from outdoor sports. A new professorship for sports ecology is now researching the effects for the first time. (to dpa: “Sport with foresight“ from 06.03.2020) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  31. 2020030801313

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer (r), head of the working group of the Chair of Sports Ecology at the Institute of Sports Science at the University of Bayreuth, talks with his scientific assistants Veronika Mitterwallner and Volker Audorff (l) at the Fichtelberg Cross-Country Skiing Centre. Skiing, climbing or canoeing: Sport in the fresh air is healthy - at least for humans. Nature suffers from outdoor sports. A new professorship for sports ecology is now researching the effects for the first time. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  32. 2020030900028

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer, head of the working group of the Chair of Sports Ecology at the Institute of Sports Science at the University of Bayreuth, is investigating animal tracks in the snow along a cross-country ski run at the Fichtelberg, together with his scientific assistant Veronika Mitterwallner. With sensors for animals, artificial intelligence and camera shots, the scientists want to investigate how athletes and animals behave and influence each other on the cross-country ski run. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  33. 2020030900105

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer (r), head of the working group of the Chair of Sports Ecology at the Institute of Sports Science at the University of Bayreuth, is talking to his scientific assistants Veronika Mitterwallner and Volker Audorff (M) at the Fichtelberg cross-country skiing centre. Skiing, climbing or canoeing: Sport in the fresh air is healthy - at least for humans. Nature suffers from outdoor sports. A new professorship in sports ecology is now researching the effects of this for the first time. (to dpa: “Sport with foresight“ from 06.03.2020) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2020030900134

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer, head of the working group of the Chair of Sports Ecology at the Institute of Sports Science at the University of Bayreuth, is investigating animal tracks in the snow along a cross-country ski run at the Fichtelberg, together with his scientific assistant Veronika Mitterwallner. With sensors for animals, artificial intelligence and camera shots, the scientists want to investigate how athletes and animals behave and influence each other on the cross-country ski run. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  35. 2020030900136

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer, head of the working group of the Chair of Sports Ecology at the Institute of Sports Science at the University of Bayreuth, is investigating animal tracks in the snow along a cross-country ski run at the Fichtelberg, together with his scientific assistant Veronika Mitterwallner. With sensors for animals, artificial intelligence and camera shots, the scientists want to investigate how athletes and animals behave and influence each other on the cross-country ski run. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  36. 2020030900054

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer, working group leader of the chair for sports ecology at the Institute for Sports Science of the University of Bayreuth, is standing on the grounds of the cross-country skiing centre Fichtelberg. Skiing, climbing or canoeing: Sport in the fresh air is healthy - at least for humans. Nature suffers from outdoor sports. A new professorship for sports ecology is now researching the effects for the first time. (to dpa: “Sport with foresight“ from 06.03.2020) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  37. 2020030900040

    「DPA」 Professorship for Sports Ecology 21 February 2020, Bavaria, Fichtelberg: Manuel Steinbauer (r), head of the working group of the Chair of Sports Ecology at the Institute of Sports Science at the University of Bayreuth, talks with his scientific assistants Veronika Mitterwallner and Volker Audorff (l) at the Fichtelberg Cross-Country Skiing Centre. Skiing, climbing or canoeing: Sport in the fresh air is healthy - at least for humans. Nature suffers from outdoor sports. A new professorship for sports ecology is now researching the effects for the first time. Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  38. 2020021800845

    「新華社」 移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉、武漢市に緊急発送  14日、移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉を載せて湖北省武漢市に向け出発する輸送チーム。中国の造船最大手、中国船舶集団傘下の南京中船緑洲機器は14日、中国生態環境部南京環境科学研究所と共同で緊急生産した移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉を湖北省武漢市に向け発送した。同社は現在、医療廃棄物焼却炉の生産を急いでいる。2週間以内に武漢市など感染症の拡大が深刻な地域に製品を相次いで発送し、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物の焼却を徹底させることで二次感染防止につなげる。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020021800892

    「新華社」 移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉、武漢市に緊急発送  14日、車に積み込まれる移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉救援物資。中国の造船最大手、中国船舶集団傘下の南京中船緑洲機器は14日、中国生態環境部南京環境科学研究所と共同で緊急生産した移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉を湖北省武漢市に向け発送した。同社は現在、医療廃棄物焼却炉の生産を急いでいる。2週間以内に武漢市など感染症の拡大が深刻な地域に製品を相次いで発送し、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物の焼却を徹底させることで二次感染防止につなげる。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020021800878

    「新華社」 移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉、武漢市に緊急発送  14日、車に積み込まれる移動式医療廃棄物処理コンテナ。中国の造船最大手、中国船舶集団傘下の南京中船緑洲機器は14日、中国生態環境部南京環境科学研究所と共同で緊急生産した移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉を湖北省武漢市に向け発送した。同社は現在、医療廃棄物焼却炉の生産を急いでいる。2週間以内に武漢市など感染症の拡大が深刻な地域に製品を相次いで発送し、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物の焼却を徹底させることで二次感染防止につなげる。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020021800868

    「新華社」 移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉、武漢市に緊急発送  14日、移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉を載せて出発する車両。中国の造船最大手、中国船舶集団傘下の南京中船緑洲機器は14日、中国生態環境部南京環境科学研究所と共同で緊急生産した移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉を湖北省武漢市に向け発送した。同社は現在、医療廃棄物焼却炉の生産を急いでいる。2週間以内に武漢市など感染症の拡大が深刻な地域に製品を相次いで発送し、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物の焼却を徹底させることで二次感染防止につなげる。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020021800904

    「新華社」 移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉、武漢市に緊急発送  14日、湖北省武漢市に向かう輸送チームの出発前に行われた式典。中国の造船最大手、中国船舶集団傘下の南京中船緑洲機器は14日、中国生態環境部南京環境科学研究所と共同で緊急生産した移動式医療廃棄物処理コンテナと医療廃棄物焼却炉を湖北省武漢市に向け発送した。同社は現在、医療廃棄物焼却炉の生産を急いでいる。2週間以内に武漢市など感染症の拡大が深刻な地域に製品を相次いで発送し、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物の焼却を徹底させることで二次感染防止につなげる。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020020702993

    「スプートニク」 Russia Constitutional Reform 04.02.2020 President of the Scientific Research Institute for Emergency Children‘s Surgery and Traumatology Leonid Roshal, right, and Сo-chairman of All-Russian Association of student sports clubs Yevgeny Raskin attend a meeting of the working group on proposals for amendments to the Russian Constitution in Moscow, Russia. In the address to the Federal Assembly, in mid-January, Russian President Vladimir Putin offered important changes to the constitution, including reducing the presidency to two terms and expanding the role of the legislature. Iliya Pitalev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  44. 2020020702670

    「スプートニク」 Russia Constitutional Reform 04.02.2020 From left to right, Сo-chairman of All-Russian Association of student sports clubs Yevgeny Raskin, President of the Scientific Research Institute for Emergency Children‘s Surgery and Traumatology Leonid Roshal and member of the Federation Council of Russia Svetlana Goryacheva attend a meeting of the working group on proposals for amendments to the Russian Constitution in Moscow, Russia. In the address to the Federal Assembly, in mid-January, Russian President Vladimir Putin offered important changes to the constitution, including reducing the presidency to two terms and expanding the role of the legislature. Iliya Pitalev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  45. 2020012807700

    京大原子力研究施設で煙  所内の施設で煙が充満する騒ぎがあった京都大複合原子力科学研究所=28日、大阪府熊取町

  46. 2020012806905

    「12段用」 京大原子力研究施設で煙  大阪府熊取町・京都大複合原子力科学研究所

  47. 2020012806898

    京大原子力研究施設で煙  大阪府熊取町・京都大複合原子力科学研究所

  48. 2020012806887

    京大原子力研究施設で煙  大阪府熊取町・京都大複合原子力科学研究所

  49. 2020012806882

    「12段用」 京大原子力研究施設で煙  大阪府熊取町・京都大複合原子力科学研究所

  50. 2019121802921

    「スプートニク」 Session of Heads of Sanitary and Epidemiological Welfare Services of the SCO Member States 16.12.2019 Rinat Maksyutov, Director of the Federal Budget Institution of Science, State Scientific Center of Virology and Biotechnolgy “Vector”, Rospotrebnadzor, attends the Session of Heads of Sanitary and Epidemiological Welfare Services of the SCO Member States. Ramil Sitdikov / Host Photo Agency sco-russia2020.ru、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像