検索結果 57 件中 1 件 〜 50 件 "天下第一"
  1. 2020012703132

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020012702991

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020012703146

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020012703154

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020012702999

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、古代衣装をまとった「孔府菜美食文化節」のスタッフたち。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020012703025

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、料理を運ぶ古代衣装をまとった「孔府菜美食文化節」のスタッフ。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020012703248

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、「孔府菜美食文化節」に登場した「孔府菜」の数々。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020012703303

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020012703239

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020012703304

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020012703176

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020012703016

    孔子の古里で味わう千年の美食「孔府菜」山東省曲阜市  19日、孔子の古里、山東省曲阜市に伝わる「孔府菜」の一品。春節(旧正月)を間近に控え、古代中国の思想家として知られる孔子の古里、山東省曲阜(きょくふ)市で19日、「孔府菜美食文化節」が開かれ、年越しの雰囲気を盛り上げる数々の「孔府菜(孔子料理)」が登場した。北宋の宝元年間(1038年~1040年)に生まれ、すでに千年近い歴史を有する「孔府菜」は、「天下第一家」と呼ばれる「衍聖公府(えんせいこうふ、孔子の邸宅)」で客を迎える儀式の重要な一部で、中国の料理文化の至宝であるとともに、美食で儒家文化を体現する重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020010901759

    冬の趵突泉山東省済南市  28日、趵突泉を観賞する観光客。中国山東省済南市にある「天下第一泉」と呼ばれる趵突泉(ほうとつせん)は、冬季も水が絶えることなく湧き出し、多くの観光客を引き付けている。湧水は2003年9月6日に復活して以来、現在まで16年間続いている。(済南=新華社記者/尹緒宝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020010901771

    冬の趵突泉山東省済南市  28日、趵突泉を訪れた観光客。中国山東省済南市にある「天下第一泉」と呼ばれる趵突泉(ほうとつせん)は、冬季も水が絶えることなく湧き出し、多くの観光客を引き付けている。湧水は2003年9月6日に復活して以来、現在まで16年間続いている。(済南=新華社記者/尹緒宝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020010901737

    冬の趵突泉山東省済南市  28日、趵突泉を観賞する観光客。中国山東省済南市にある「天下第一泉」と呼ばれる趵突泉(ほうとつせん)は、冬季も水が絶えることなく湧き出し、多くの観光客を引き付けている。湧水は2003年9月6日に復活して以来、現在まで16年間続いている。(済南=新華社記者/尹緒宝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020010901831

    冬の趵突泉山東省済南市  28日、多くの観光客でにぎわう趵突泉。中国山東省済南市にある「天下第一泉」と呼ばれる趵突泉(ほうとつせん)は、冬季も水が絶えることなく湧き出し、多くの観光客を引き付けている。湧水は2003年9月6日に復活して以来、現在まで16年間続いている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019061403702

    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市  「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。(資料写真)中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社配信/湖北省博物館提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省博物館/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019061403729

    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市  「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)に鳥虫書の書体で刻まれた「越王句践自作用剣」という文字。(資料写真)中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社配信/湖北省博物館提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省博物館/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019061001318

    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市  7日、浙江省博物館孤山館区の西湖美術館で展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/王懌文)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019061001316

    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市  7日、浙江省博物館孤山館区の西湖美術館で展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/王懌文)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019061001344

    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市  6日、浙江省博物館孤山館区の西湖美術館で展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/王懌文)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019061001308

    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市  6日、展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)を撮影する来場者。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019061001311

    「越王句践剣」が西湖美術館で公開浙江省杭州市  6日、展示された「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)を見学する来場者。中国浙江省杭州市にある浙江省博物館の今年の注目企画「越王の時代呉・越・楚文化財の精華」展が6日から、同博物館孤山館区の西湖美術館で開催されている。同展最大の注目は、湖北省博物館からやって来た「越王句践剣」(えつおうこうせんけん)だ。この宝剣は、2千年余り前の春秋時代後期の越の国で鋳造された青銅器で、国の1級文化財に指定されている。1965年に湖北省荊州市江陵県の望山楚墓群から出土し、「天下第一剣」と称えられている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019010920938

    冬に美しい趵突泉山東省済南市  5日、済南市の趵突泉景勝地で記念撮影をする観光客。中国山東省済南市の都心に位置する趵突泉(ほうとつせん)は、「天下第一泉」とたたえられる有名な景勝地。冬は特に水が深くて青く、泉が絶えず湧き出していることから、美しい泉を見ようと多くの観光客が訪れている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019010920876

    冬に美しい趵突泉山東省済南市  5日、済南市の趵突泉景勝地で見物する観光客。中国山東省済南市の都心に位置する趵突泉(ほうとつせん)は、「天下第一泉」とたたえられる有名な景勝地。冬は特に水が深くて青く、泉が絶えず湧き出していることから、美しい泉を見ようと多くの観光客が訪れている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019010920903

    冬に美しい趵突泉山東省済南市  5日、済南市の趵突泉景勝地で見物する観光客。中国山東省済南市の都心に位置する趵突泉(ほうとつせん)は、「天下第一泉」とたたえられる有名な景勝地。冬は特に水が深くて青く、泉が絶えず湧き出していることから、美しい泉を見ようと多くの観光客が訪れている。(済南=新華社記者/王凱)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019010400276

    仰韶文化の家屋遺構で初の検査·固定作業  鄭州市の大河村遺跡博物館にある仰韶文化の家屋遺構。(12月11日撮影)中国河南省鄭州市の大河村遺跡は1964年に発見された、約5千年前の仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化の遺跡。そこにある家屋遺構は中国考古学界で「天下第一屋」(中国最古の家屋)と呼ばれる貴重な遺跡だが、出土46年となる今年、初めての検査、試験、固定作業が行われた。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019010400329

    仰韶文化の家屋遺構で初の検査·固定作業  鄭州市の大河村遺跡博物館にある仰韶文化の家屋遺構。(12月11日撮影)中国河南省鄭州市の大河村遺跡は1964年に発見された、約5千年前の仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化の遺跡。そこにある家屋遺構は中国考古学界で「天下第一屋」(中国最古の家屋)と呼ばれる貴重な遺跡だが、出土46年となる今年、初めての検査、試験、固定作業が行われた。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019010400333

    仰韶文化の家屋遺構で初の検査·固定作業  鄭州市の大河村遺跡博物館で仰韶文化の家屋遺構の検査、固定作業を行う研究者。(12月11日撮影)中国河南省鄭州市の大河村遺跡は1964年に発見された、約5千年前の仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化の遺跡。そこにある家屋遺構は中国考古学界で「天下第一屋」(中国最古の家屋)と呼ばれる貴重な遺跡だが、出土46年となる今年、初めての検査、試験、固定作業が行われた。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019010400312

    仰韶文化の家屋遺構で初の検査·固定作業  鄭州市の大河村遺跡博物館にある仰韶文化の家屋遺構の一部。(12月11日撮影)中国河南省鄭州市の大河村遺跡は1964年に発見された、約5千年前の仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化の遺跡。そこにある家屋遺構は中国考古学界で「天下第一屋」(中国最古の家屋)と呼ばれる貴重な遺跡だが、出土46年となる今年、初めての検査、試験、固定作業が行われた。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019010400273

    仰韶文化の家屋遺構で初の検査·固定作業  鄭州市の大河村遺跡博物館で仰韶文化の家屋遺構の検査、固定作業を行う研究者。(12月11日撮影)中国河南省鄭州市の大河村遺跡は1964年に発見された、約5千年前の仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化の遺跡。そこにある家屋遺構は中国考古学界で「天下第一屋」(中国最古の家屋)と呼ばれる貴重な遺跡だが、出土46年となる今年、初めての検査、試験、固定作業が行われた。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019010400274

    仰韶文化の家屋遺構で初の検査·固定作業  鄭州市の大河村遺跡博物館に展示された彩陶双連壺の複製品。(12月11日撮影)中国河南省鄭州市の大河村遺跡は1964年に発見された、約5千年前の仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化の遺跡。そこにある家屋遺構は中国考古学界で「天下第一屋」(中国最古の家屋)と呼ばれる貴重な遺跡だが、出土46年となる今年、初めての検査、試験、固定作業が行われた。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018102407020

    赤い!辛い!「火鍋の都」重慶で火鍋美食祭  19日、火鍋美食文化祭で最も注目を集めた「天下第一大火鍋」。第10回中国(重慶)火鍋美食文化祭がこのほど、「火鍋の都」重慶市で開催された。同祭は計5万平方メートルの展示エリアに火鍋ブランド70以上、火鍋サプライチェーン企業300社以上が集まり、中国各地から業界の有力者や専門家、文化学者、関係者が数万人参加した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018102407034

    赤い!辛い!「火鍋の都」重慶で火鍋美食祭  19日、火鍋美食文化祭の会場で「天下第一大火鍋」を楽しむ来場者。第10回中国(重慶)火鍋美食文化祭がこのほど、「火鍋の都」重慶市で開催された。同祭は計5万平方メートルの展示エリアに火鍋ブランド70以上、火鍋サプライチェーン企業300社以上が集まり、中国各地から業界の有力者や専門家、文化学者、関係者が数万人参加した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018052100482

    碧き海と木々に囲まれる山海関河北省秦皇島市  18日、色鮮やかな花と緑の木々に映える山海関天下第一関の城楼(城門の上の望楼)。夏を迎えた河北省秦皇島市の山海関風景区は、山を背に海に臨み、草木は生い茂り、格別の風情がある。(秦皇島=新華社記者/劉潺)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020012215816

    「泉の年齢」を初測定山東省済南市  山東省の済南天下第一泉風景区にある趵突泉。(2017年12月14日撮影)中国山東省済南市でこのほど、炭素14による年代測定技術を利用した泉の湧出時期の測定が行われ、市内の泉は湧出から約4万6千年~2万3500年経っていることが分かった。同市内で10日に開かれた同省地下水環境保護・修復プロジェクト技術研究センター2019年度学術会議で発表された。済南市は名泉が多いことから、天下一の泉の都と称される。管轄地区内には趵突泉(ほうとつせん)、黒虎泉(こくこせん)を含む640以上の泉が分布し、大明湖など独特な歴史文化資源を有している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2017(平成29)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051402280

    「天下第一橋」趙州橋を訪ねて河北省趙県  河北省趙県の洨河に架かる趙州橋。(2017年11月29日撮影)中国で「天下第一橋」と呼ばれる趙州橋は、河北省趙県の県城(県政府所在地)の南25キロの洨河(こうが)に架かる。隋の開皇年間(595~605年)に当時の名工李春(り・しゅん)が設計し建造された。安済橋の名でも知られる。青石(石灰岩)を積み上げ作られており、現在でも径間が世界最長の石造単孔扁平アーチ橋とされる。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。悠久の歳月の中で幾度もの洪水や地震にさらされ、風雨の浸食を受けたが、何事もなかったかのように洨河の上で厳然と立ち続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051402376

    「天下第一橋」趙州橋を訪ねて河北省趙県  趙州橋風景区内に立つ橋の設計者李春の彫像。(2017年11月29日撮影)中国で「天下第一橋」と呼ばれる趙州橋は、河北省趙県の県城(県政府所在地)の南25キロの洨河(こうが)に架かる。隋の開皇年間(595~605年)に当時の名工李春(り・しゅん)が設計し建造された。安済橋の名でも知られる。青石(石灰岩)を積み上げ作られており、現在でも径間が世界最長の石造単孔扁平アーチ橋とされる。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。悠久の歳月の中で幾度もの洪水や地震にさらされ、風雨の浸食を受けたが、何事もなかったかのように洨河の上で厳然と立ち続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051402339

    「天下第一橋」趙州橋を訪ねて河北省趙県  河北省趙県の趙州橋を見学する観光客。(2017年11月29日撮影)中国で「天下第一橋」と呼ばれる趙州橋は、河北省趙県の県城(県政府所在地)の南25キロの洨河(こうが)に架かる。隋の開皇年間(595~605年)に当時の名工李春(り・しゅん)が設計し建造された。安済橋の名でも知られる。青石(石灰岩)を積み上げ作られており、現在でも径間が世界最長の石造単孔扁平アーチ橋とされる。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。悠久の歳月の中で幾度もの洪水や地震にさらされ、風雨の浸食を受けたが、何事もなかったかのように洨河の上で厳然と立ち続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051402303

    「天下第一橋」趙州橋を訪ねて河北省趙県  河北省趙県の洨河に架かる趙州橋。(2017年11月29日撮影、小型無人機から)中国で「天下第一橋」と呼ばれる趙州橋は、河北省趙県の県城(県政府所在地)の南25キロの洨河(こうが)に架かる。隋の開皇年間(595~605年)に当時の名工李春(り・しゅん)が設計し建造された。安済橋の名でも知られる。青石(石灰岩)を積み上げ作られており、現在でも径間が世界最長の石造単孔扁平アーチ橋とされる。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。悠久の歳月の中で幾度もの洪水や地震にさらされ、風雨の浸食を受けたが、何事もなかったかのように洨河の上で厳然と立ち続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051402279

    「天下第一橋」趙州橋を訪ねて河北省趙県  河北省趙県の洨河に架かる趙州橋。(2017年11月29日撮影)中国で「天下第一橋」と呼ばれる趙州橋は、河北省趙県の県城(県政府所在地)の南25キロの洨河(こうが)に架かる。隋の開皇年間(595~605年)に当時の名工李春(り・しゅん)が設計し建造された。安済橋の名でも知られる。青石(石灰岩)を積み上げ作られており、現在でも径間が世界最長の石造単孔扁平アーチ橋とされる。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。悠久の歳月の中で幾度もの洪水や地震にさらされ、風雨の浸食を受けたが、何事もなかったかのように洨河の上で厳然と立ち続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051402284

    「天下第一橋」趙州橋を訪ねて河北省趙県  河北省趙県の趙州橋を見学する観光客。(2017年11月29日撮影)中国で「天下第一橋」と呼ばれる趙州橋は、河北省趙県の県城(県政府所在地)の南25キロの洨河(こうが)に架かる。隋の開皇年間(595~605年)に当時の名工李春(り・しゅん)が設計し建造された。安済橋の名でも知られる。青石(石灰岩)を積み上げ作られており、現在でも径間が世界最長の石造単孔扁平アーチ橋とされる。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。悠久の歳月の中で幾度もの洪水や地震にさらされ、風雨の浸食を受けたが、何事もなかったかのように洨河の上で厳然と立ち続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051402393

    「天下第一橋」趙州橋を訪ねて河北省趙県  河北省趙県の洨河に架かる趙州橋。(2017年11月29日撮影)中国で「天下第一橋」と呼ばれる趙州橋は、河北省趙県の県城(県政府所在地)の南25キロの洨河(こうが)に架かる。隋の開皇年間(595~605年)に当時の名工李春(り・しゅん)が設計し建造された。安済橋の名でも知られる。青石(石灰岩)を積み上げ作られており、現在でも径間が世界最長の石造単孔扁平アーチ橋とされる。1961年に第1次全国重点文物保護単位に指定された。悠久の歳月の中で幾度もの洪水や地震にさらされ、風雨の浸食を受けたが、何事もなかったかのように洨河の上で厳然と立ち続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019062601505

    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市  四川省広元市の剣門関風景区内に展示されている「諸葛連弩」(諸葛孔明が発明したとされる同時に複数の矢が放てる弩)のレプリカ。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019062601493

    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市  四川省広元市の剣門関風景区内に展示されている「諸葛連弩」(諸葛孔明が発明したとされる同時に複数の矢が放てる弩)のレプリカ。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019062601545

    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市  四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019062601557

    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市  四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019062601542

    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市  四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019062601520

    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市  四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019062601510

    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市  四川省広元市の剣門関。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像