検索結果 101 件中 1 件 〜 50 件 "天津博物館"
  1. 2020070600294

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、明代の靡雷琴。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070600313

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された北宋時代の仲尼式琴(衛中正作)。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070600263

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、明代潞(ろ)王の中和琴。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070600275

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された「楊宗稷琴譜」三巻。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070600279

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された後漢時代の撫耳聴琴俑。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070600383

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、清代の古琴の形をした玉の装身具。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070600283

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、古琴を鑑賞する来館者。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070600295

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、明代益王の韵磬琴。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070600298

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、北宋時代の松石間意琴。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070600367

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された清代の松風琴。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070600376

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された元代の仲尼式琴(朱致遠作)。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070600299

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された明代の雪声琴。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070600312

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された清代の瀑飛琴。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070600328

    天津博物館で展示会宋代から清代までの貴重な古琴など  6月30日、天津博物館に展示された後漢時代の撫琴俑(ぶきんよう)。中国天津市の天津博物館で先月30日、重慶中国三峡博物館が所蔵する宋代から清代までの古琴20点余りを集めた展示会が開幕した。天津博物館が所蔵する玉壺氷琴や書画、磁器、玉細工なども合わせて披露。展示品にまつわる逸話や言い伝え、中国歴代の名琴、琴の奏者にまつわるエピソードなどのほか、古琴の雁足(がんそく、楽器を支える足)や琴柱(ことじ)、弦などの部品も紹介された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052300814

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「釉上彩観音造像(ゆうじょうさいかんのんぞうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052300920

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代の鶏をかたどった玉の装身具。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052300863

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052300876

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「刻花玻璃瓶(こっかはりへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052300837

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「黄釉鶏冠壺(こうゆうけいかんこ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052300850

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「白釉菊弁文圈足碟(はくゆうきくべんもんけんそくせつ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052300871

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052300827

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「釈迦説法鍍金銅像(しゃかせっぽうときんどうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052300828

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代に竜泉窯で焼かれた「粉青釉盤口長頸磁瓶(ふんせいゆうばんこうちょうけいじへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052300815

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「白釉赭彩四系罐(はくゆうしゃさいしけいかん)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052300821

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、「合扎謀克之印」の文字が刻まれた金代の銅印。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020050104605

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  天津博物館の至宝の一つ「雪景寒林図」(真跡)。(資料写真)中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020050104606

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、「西周太保鼎」を鑑賞する来場者。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020050104658

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ、清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020050104659

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、「雪景寒林図」(複製)をスマートフォンで撮影する来場者。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020050104655

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を鑑賞する子ども。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020050104660

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ、清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020050104641

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ「西周太保鼎」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020050104617

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館名品展示室に展示されている「雪景寒林図」(複製)。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020050104595

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ「西周太保鼎」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020040800641

    天津博物館「アンデス文明特別展」、会期延長  5日、「アンデス文明特別展」を見学する来場者。中国天津市の天津博物館でこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け2カ月半余りにわたり中止されていた「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」の展示が再開された。同展ではペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(組)を公開し、アンデス文明の発展の経緯を体系的に紹介している。展示品は陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物など。同館はアンデス文明の姿をより多くの人に伝えるため、会期を6月7日まで延長するとしている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020040800646

    天津博物館「アンデス文明特別展」、会期延長  5日、「アンデス文明特別展」で展示された「武人の形の陶器」(左)と「牙を持つ鳥の顔をした武人が描かれた陶器」。中国天津市の天津博物館でこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け2カ月半余りにわたり中止されていた「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」の展示が再開された。同展ではペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(組)を公開し、アンデス文明の発展の経緯を体系的に紹介している。展示品は陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物など。同館はアンデス文明の姿をより多くの人に伝えるため、会期を6月7日まで延長するとしている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020040800740

    天津博物館「アンデス文明特別展」、会期延長  5日、「アンデス文明特別展」を見学する来場者。中国天津市の天津博物館でこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け2カ月半余りにわたり中止されていた「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」の展示が再開された。同展ではペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(組)を公開し、アンデス文明の発展の経緯を体系的に紹介している。展示品は陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物など。同館はアンデス文明の姿をより多くの人に伝えるため、会期を6月7日まで延長するとしている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020040800696

    天津博物館「アンデス文明特別展」、会期延長  5日、「アンデス文明特別展」で展示された袖のある上着とそろいの前掛け。中国天津市の天津博物館でこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け2カ月半余りにわたり中止されていた「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」の展示が再開された。同展ではペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(組)を公開し、アンデス文明の発展の経緯を体系的に紹介している。展示品は陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物など。同館はアンデス文明の姿をより多くの人に伝えるため、会期を6月7日まで延長するとしている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020040800741

    天津博物館「アンデス文明特別展」、会期延長  5日、「アンデス文明特別展」で展示された「陶製リャマ像」。中国天津市の天津博物館でこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け2カ月半余りにわたり中止されていた「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」の展示が再開された。同展ではペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(組)を公開し、アンデス文明の発展の経緯を体系的に紹介している。展示品は陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物など。同館はアンデス文明の姿をより多くの人に伝えるため、会期を6月7日まで延長するとしている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020040800687

    天津博物館「アンデス文明特別展」、会期延長  5日、「アンデス文明特別展」で展示された船形陶器。中国天津市の天津博物館でこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け2カ月半余りにわたり中止されていた「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」の展示が再開された。同展ではペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(組)を公開し、アンデス文明の発展の経緯を体系的に紹介している。展示品は陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物など。同館はアンデス文明の姿をより多くの人に伝えるため、会期を6月7日まで延長するとしている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020040800706

    天津博物館「アンデス文明特別展」、会期延長  5日、「アンデス文明特別展」で展示された戦士の形の陶器。中国天津市の天津博物館でこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け2カ月半余りにわたり中止されていた「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」の展示が再開された。同展ではペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(組)を公開し、アンデス文明の発展の経緯を体系的に紹介している。展示品は陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物など。同館はアンデス文明の姿をより多くの人に伝えるため、会期を6月7日まで延長するとしている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020013100489

    ねずみ年の特別展、天津自然博物館で開催  22日、天津博物館所蔵の清代の「青花鼠瓜紋瓷碗」。中国天津市の天津自然博物館でこのほど、干支のねずみをテーマとした特別展「福鼠閙春」が無料で一般公開された。標本や文化財、手工芸品など、ねずみに関連した105点の展示品が、さまざまな角度から「ねずみ文化」を紹介している。会期は6月末まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020013100479

    ねずみ年の特別展、天津自然博物館で開催  22日、天津博物館が所蔵する清代のねずみ型の玉製品。中国天津市の天津自然博物館でこのほど、干支のねずみをテーマとした特別展「福鼠閙春」が無料で一般公開された。標本や文化財、手工芸品など、ねずみに関連した105点の展示品が、さまざまな角度から「ねずみ文化」を紹介している。会期は6月末まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020012100625

    神秘のベールを脱ぐ、アンデス文明特別展開幕天津博物館  17日、「アンデス文明特別展」で展示されたコップを持つ男性の形をした壺。中国天津市の天津博物館で17日、「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」が開幕した。ペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(セット)が公開され、「アンデス文明」の神秘のベールが剥がされた。展示品には陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物、ミイラなどが含まれる。多くは埋葬された状態で発見され、日用品ではなく宗教儀式のために作られたものという。会期は5月4日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020012100702

    神秘のベールを脱ぐ、アンデス文明特別展開幕天津博物館  17日、展示品を撮影する来場者。中国天津市の天津博物館で17日、「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」が開幕した。ペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(セット)が公開され、「アンデス文明」の神秘のベールが剥がされた。展示品には陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物、ミイラなどが含まれる。多くは埋葬された状態で発見され、日用品ではなく宗教儀式のために作られたものという。会期は5月4日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020012100623

    神秘のベールを脱ぐ、アンデス文明特別展開幕天津博物館  17日、展示品を鑑賞する来場者。中国天津市の天津博物館で17日、「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」が開幕した。ペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(セット)が公開され、「アンデス文明」の神秘のベールが剥がされた。展示品には陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物、ミイラなどが含まれる。多くは埋葬された状態で発見され、日用品ではなく宗教儀式のために作られたものという。会期は5月4日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020012100629

    神秘のベールを脱ぐ、アンデス文明特別展開幕天津博物館  17日、「アンデス文明特別展」で展示された黄金のマスク。中国天津市の天津博物館で17日、「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」が開幕した。ペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(セット)が公開され、「アンデス文明」の神秘のベールが剥がされた。展示品には陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物、ミイラなどが含まれる。多くは埋葬された状態で発見され、日用品ではなく宗教儀式のために作られたものという。会期は5月4日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020012100713

    神秘のベールを脱ぐ、アンデス文明特別展開幕天津博物館  17日、「アンデス文明特別展」で展示されたキャッサバの形をした陶器。中国天津市の天津博物館で17日、「アンデス文明特別展-神秘に満ちた憧れのインカ帝国を探る」が開幕した。ペルー国内の11の有名博物館が所蔵する代表的文化財157点(セット)が公開され、「アンデス文明」の神秘のベールが剥がされた。展示品には陶器や石刻、木彫、金器、青銅器、織物、ミイラなどが含まれる。多くは埋葬された状態で発見され、日用品ではなく宗教儀式のために作られたものという。会期は5月4日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020010901742

    明清時代の青花磁器、天津で展示  24日、元代の「青花纏枝牡丹文獣耳罐」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020010901700

    天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示  24日、天津博物館で展示された、唐代の沙州胡薩坊口戸長、胡文達(こ・ぶんたつ)の公文書。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像