検索結果 42 件中 1 件 〜 42 件 "天津大学"
  1. 2020102104931

    天津大学、創立125周年記念音楽会を開催  18日、詩歌音楽会で中国の越劇「梁山伯と祝英台」の一節を披露する浙江省寧波市の越劇団員。中国初の近代的な大学として設立された天津大学が創立125周年を迎えたのを記念して、同大の馮驥才文学芸術研究院が18日、詩歌音楽会を開催し、大学の創立記念日と同研究院設立15周年を祝った。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020102104900

    天津大学、創立125周年記念音楽会を開催  18日、詩歌音楽会で中国江南地方の大衆演芸「評弾」を披露する評弾芸術家の盛小雲(せい・しょううん)氏。中国初の近代的な大学として設立された天津大学が創立125周年を迎えたのを記念して、同大の馮驥才文学芸術研究院が18日、詩歌音楽会を開催し、大学の創立記念日と同研究院設立15周年を祝った。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020102105068

    天津大学、創立125周年記念音楽会を開催  18日、詩歌音楽会で天津大学の校歌を斉唱する同大の北洋合唱団。中国初の近代的な大学として設立された天津大学が創立125周年を迎えたのを記念して、同大の馮驥才文学芸術研究院が18日、詩歌音楽会を開催し、大学の創立記念日と同研究院設立15周年を祝った。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020102105117

    天津大学、創立125周年記念音楽会を開催  18日、詩歌音楽会の開演前にあいさつする馮驥才文学芸術研究院の院長で作家の馮驥才(ふう・きさい)氏。中国初の近代的な大学として設立された天津大学が創立125周年を迎えたのを記念して、同大の馮驥才文学芸術研究院が18日、詩歌音楽会を開催し、大学の創立記念日と同研究院設立15周年を祝った。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020102104999

    天津大学、創立125周年記念音楽会を開催  18日、詩歌音楽会で演奏を披露する天津歌舞劇院のサックス奏者、江勝勇(こう・しょうゆう)氏。中国初の近代的な大学として設立された天津大学が創立125周年を迎えたのを記念して、同大の馮驥才文学芸術研究院が18日、詩歌音楽会を開催し、大学の創立記念日と同研究院設立15周年を祝った。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019121900259

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された仏山年画「天姫送子」と「状元及第」。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019121900378

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された綿竹年画「五子告母」。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019121900377

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された楊柳青年画「美人図」。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019121900335

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、年画の制作過程を見学する学生。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019121900304

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された年画を見る学生。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019112505394

    中国の研究者、思考だけで文字入力を可能に  天津医院の治療室で、BCI機器を装着してコンピュータの指示に従い、手首機能のリハビリトレーニングを繰り返す患者。(11月5日撮影)中国天津大学のある実験室では、ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)技術を使った「思考」による文字入力の研究が進められている。BCIは人間の脳とコンピューター、電子機器との間に、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない直接的な情報授受と制御システムを構築する新しい技術である。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019112505390

    中国の研究者、思考だけで文字入力を可能に  天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室で、高感度の脳波電極で覆われた黒い帽子をかぶり、画面をじっと見つめ、「思考」による「遠隔文字入力」を行う学生。(11月4日撮影)中国天津大学のある実験室では、ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)技術を使った「思考」による文字入力の研究が進められている。BCIは人間の脳とコンピューター、電子機器との間に、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない直接的な情報授受と制御システムを構築する新しい技術である。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019112505439

    中国の研究者、思考だけで文字入力を可能に  天津大学医学工程・転化医学研究院の展示室で、BCI技術に基づいた人工神経リハビリロボットを使い、脳卒中による半身不随患者の四肢リハビリトレーニングの全過程を実演する学生。(11月4日撮影)中国天津大学のある実験室では、ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)技術を使った「思考」による文字入力の研究が進められている。BCIは人間の脳とコンピューター、電子機器との間に、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない直接的な情報授受と制御システムを構築する新しい技術である。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019112505451

    中国の研究者、思考だけで文字入力を可能に  天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室で、高感度の脳波電極で覆われた黒い帽子をかぶり、画面をじっと見つめ、「思考」による「遠隔文字入力」を行う学生。(11月4日撮影)中国天津大学のある実験室では、ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)技術を使った「思考」による文字入力の研究が進められている。BCIは人間の脳とコンピューター、電子機器との間に、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない直接的な情報授受と制御システムを構築する新しい技術である。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019112505422

    中国の研究者、思考だけで文字入力を可能に  天津大学医学工程・転化医学研究院の展示室で、BCI技術に基づいた人工神経リハビリロボットを使い、脳卒中による半身不随患者の四肢リハビリトレーニングの全過程を実演する学生。(11月4日撮影)中国天津大学のある実験室では、ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)技術を使った「思考」による文字入力の研究が進められている。BCIは人間の脳とコンピューター、電子機器との間に、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない直接的な情報授受と制御システムを構築する新しい技術である。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019111104482

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院の池で泳ぐ色とりどりの鯉をスマートフォンで撮影する人。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019111104302

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院で秋の景色を楽しむ人々。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019111104335

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院で写真作品を鑑賞する人々。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019111104412

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院の池で泳ぐ色とりどりの鯉。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019111104093

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院で、色とりどりの鯉を撮影する人々。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019111104209

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院の池で泳ぐ色とりどりの鯉。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019111104212

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院で遊ぶ子どもたち。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019111104295

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院に広がるツタ。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019111104156

    秋を愛でるイベントが開催天津市  3日、天津大学馮驥才文学芸術研究院で、サインボードに残したサインを指差す女性。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で3日、秋を愛でるイベント「我境・2019紅葉シーズン」が開催された。写真や詩の愛好家らが一堂に会し、優れた作品の鑑賞や詩の朗読、紅葉狩り、秋色に染まった景色の撮影などを存分に楽しんだ。(天津=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019102305000

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、三国志の故事「絶纓(ぜつえい)の会」をモチーフに清代に描かれた天津楊柳青年画の「誅斗椒絶纓大会」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019102304989

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019102304937

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、清代に描かれた制作地不詳の年画。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019102304782

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019102304561

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示品を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019102304761

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019102304895

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、清代に描かれた天津楊柳青年画の「吸煙美人(きせるを吸う美人)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019102304932

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、馮驥才氏(右)に大型の古版年画を贈呈する山東芸術学院の王力克(おう・りきこく)院長(左)。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019102304993

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、中華民国時期に描かれた上海の石版画のスケッチ「闔家歓(幸せな家族)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019102305002

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示された年画を貼り付けた紙箱。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019100101594

    天津大学で伝統的村落の過疎化に関する国際学術シンポジウム開催  24日、過疎化が進み住民がほぼいなくなった伝統的村落の村民の暮らしを再現した展示。中国天津市で24、25両日、伝統的村落の過疎化問題と対策について話し合う国際学術シンポジウムが開かれた。天津大学の馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された同シンポジウムでは、日本や韓国、フランス、イタリア、ロシアなど多くの国の研究者が、それぞれ自国が経験した村落の過疎化の状況と対策方法、経験について紹介し、過疎化問題に直面する村落のために現実的で有効、実行可能な対策について議論した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019100101585

    天津大学で伝統的村落の過疎化に関する国際学術シンポジウム開催  24日、過疎化が進み住民がほぼいなくなった伝統的村落に関する展示を見学する来賓。中国天津市で24、25両日、伝統的村落の過疎化問題と対策について話し合う国際学術シンポジウムが開かれた。天津大学の馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された同シンポジウムでは、日本や韓国、フランス、イタリア、ロシアなど多くの国の研究者が、それぞれ自国が経験した村落の過疎化の状況と対策方法、経験について紹介し、過疎化問題に直面する村落のために現実的で有効、実行可能な対策について議論した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019100101784

    天津大学で伝統的村落の過疎化に関する国際学術シンポジウム開催  24日、伝統的村落の過疎化問題を紹介する天津大学馮驥才文学芸術研究院院長で著名な作家の馮驥才氏。中国天津市で24、25両日、伝統的村落の過疎化問題と対策について話し合う国際学術シンポジウムが開かれた。天津大学の馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された同シンポジウムでは、日本や韓国、フランス、イタリア、ロシアなど多くの国の研究者が、それぞれ自国が経験した村落の過疎化の状況と対策方法、経験について紹介し、過疎化問題に直面する村落のために現実的で有効、実行可能な対策について議論した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019100101588

    天津大学で伝統的村落の過疎化に関する国際学術シンポジウム開催  24日、招待を受け基調講演をする神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科元教授の福田アジオ氏。中国天津市で24、25両日、伝統的村落の過疎化問題と対策について話し合う国際学術シンポジウムが開かれた。天津大学の馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された同シンポジウムでは、日本や韓国、フランス、イタリア、ロシアなど多くの国の研究者が、それぞれ自国が経験した村落の過疎化の状況と対策方法、経験について紹介し、過疎化問題に直面する村落のために現実的で有効、実行可能な対策について議論した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019100101601

    天津大学で伝統的村落の過疎化に関する国際学術シンポジウム開催  24日、過疎化が進み住民がほぼいなくなった伝統的村落に関する展示を見学する来賓たち。中国天津市で24、25両日、伝統的村落の過疎化問題と対策について話し合う国際学術シンポジウムが開かれた。天津大学の馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された同シンポジウムでは、日本や韓国、フランス、イタリア、ロシアなど多くの国の研究者が、それぞれ自国が経験した村落の過疎化の状況と対策方法、経験について紹介し、過疎化問題に直面する村落のために現実的で有効、実行可能な対策について議論した。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019060402966

    一汽トヨタ、複数の技術でNEV市場を開拓  26日、大会の授賞式であいさつする一汽トヨタの柴川早人総経理。中国天津市の天津大学で26日、2019年「一汽トヨタ杯」第2回インダストリアルエンジニアリング(IE)・リーンマネジメント革新大会の決勝が行われた。中国第一汽車集団と日本のトヨタ自動車の合弁会社、一汽トヨタの責任者は、同社は電気自動車(EV)+ハイブリッド車(HV)+プラグインハイブリッド車(PHV)+水素燃料電池自動車(FCV)を技術ロードマップとし、新エネルギー自動車(NEV)の技術革新や商品化を推進すると表明した。同社は昨年、世界最高レベルーを持つトヨタ初の海外TNGA(ToyotaNewGlobalArchitecture)新工場を天津市に建設した。新工場では高い効率化、スマート化、フレキシブル化、低排出を実現し、同時に水やエネルギー、VOC(揮発性有機化合物)などの排出量を大幅に削減した。SUVのIZOA(奕沢)、大型セダンのAVALON(亜洲竜)などが同工場で生産されている。(天津=新華社配信/一汽トヨタ提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:一汽トヨタ/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  41. 2019060402998

    一汽トヨタ、複数の技術でNEV市場を開拓  26日、記念撮影に応じる大会の審査員と授賞式のゲストら。中国天津市の天津大学で26日、2019年「一汽トヨタ杯」第2回インダストリアルエンジニアリング(IE)・リーンマネジメント革新大会の決勝が行われた。中国第一汽車集団と日本のトヨタ自動車の合弁会社、一汽トヨタの責任者は、同社は電気自動車(EV)+ハイブリッド車(HV)+プラグインハイブリッド車(PHV)+水素燃料電池自動車(FCV)を技術ロードマップとし、新エネルギー自動車(NEV)の技術革新や商品化を推進すると表明した。同社は昨年、世界最高レベルーを持つトヨタ初の海外TNGA(ToyotaNewGlobalArchitecture)新工場を天津市に建設した。新工場では高い効率化、スマート化、フレキシブル化、低排出を実現し、同時に水やエネルギー、VOC(揮発性有機化合物)などの排出量を大幅に削減した。SUVのIZOA(奕沢)、大型セダンのAVALON(亜洲竜)などが同工場で生産されている。(天津=新華社配信/一汽トヨタ提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:一汽トヨタ/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  42. 2019060403037

    一汽トヨタ、複数の技術でNEV市場を開拓  26日、昨年一汽トヨタの天津基地に落成したトヨタ初の海外TNGA工場の様子。中国天津市の天津大学で26日、2019年「一汽トヨタ杯」第2回インダストリアルエンジニアリング(IE)・リーンマネジメント革新大会の決勝が行われた。中国第一汽車集団と日本のトヨタ自動車の合弁会社、一汽トヨタの責任者は、同社は電気自動車(EV)+ハイブリッド車(HV)+プラグインハイブリッド車(PHV)+水素燃料電池自動車(FCV)を技術ロードマップとし、新エネルギー自動車(NEV)の技術革新や商品化を推進すると表明した。同社は昨年、世界最高レベルーを持つトヨタ初の海外TNGA(ToyotaNewGlobalArchitecture)新工場を天津市に建設した。新工場では高い効率化、スマート化、フレキシブル化、低排出を実現し、同時に水やエネルギー、VOC(揮発性有機化合物)などの排出量を大幅に削減した。SUVのIZOA(奕沢)、大型セダンのAVALON(亜洲竜)などが同工場で生産されている。(天津=新華社配信/一汽トヨタ提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:一汽トヨタ/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像