検索結果 106 件中 1 件 〜 50 件 "学校生活"
  1. 2020071600462

    学校生活  インド 子ども写真企画「世界の子どもたち」夏休み特別編

  2. 2020071600464

    学校生活  インド 子ども写真企画「世界の子どもたち」夏休み特別編

  3. 2020070606796

    CHINA WUHAN SCHOOL LIFE A Grade Twelve student cleans her plastic shield after lunch in a high school in Wuhan in central China‘s Hubei province Saturday, July 04, 2020, three days ahead of the National College Entrance Exam. The foldable plastic shields on the desks were adopted after the COVID-19 outbreak.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  4. 2020070606757

    CHINA WUHAN SCHOOL LIFE Grade Twelve students leave the campus of a high school in Wuhan in central China‘s Hubei province Saturday, July 04, 2020, three days ahead of the National College Entrance Exam. The foldable plastic shields on the desks were adopted after the COVID-19 outbreak.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  5. 2020070606785

    CHINA WUHAN SCHOOL LIFE Grade Twelve students have their last lunch in a high school in Wuhan in central China‘s Hubei province Saturday, July 04, 2020, three days ahead of the National College Entrance Exam. The foldable plastic shields on the desks were adopted after the COVID-19 outbreak.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  6. 2020070606795

    CHINA WUHAN SCHOOL LIFE Grade Twelve students have their last lunch in a high school in Wuhan in central China‘s Hubei province Saturday, July 04, 2020, three days ahead of the National College Entrance Exam. The foldable plastic shields on the desks were adopted after the COVID-19 outbreak.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。 「FCH」

  7. 2020052903763

    学校再開、心待ち 新1年生とランドセル  「学校行くの楽しみ!」。6月1日の小学校再開に向け、真新しいランドセルを背負わせてもらう新1年生の伊藤篤希君。新型コロナウイルスの影響で、学校へは4月6日の入学式で一度行ったきり。新しいクラスには知り合いもおらず少し心配そうだが「早く友達をつくりたい」と、元気いっぱい。母の由美子さんは出産間近。病院での感染防止のため、家族の立ち会いができない中での出産に心配はあるが、「大変な状況の中でも楽しい学校生活を過ごしてほしい」と優しいまなざしを向けた=29日午後、神奈川県藤沢市

  8. 2020052903753

    学校再開、心待ち 笑顔の新1年生  「学校行くの楽しみ!」。6月1日の小学校再開に向け、真新しいランドセルを背負い笑顔を見せる新1年生の伊藤篤希君。新型コロナウイルスの影響で、学校へは4月6日の入学式で一度行ったきり。新しいクラスには知り合いもおらず少し心配そうだが「早く友達をつくりたい」と、元気いっぱい。母の由美子さんは出産間近。病院での感染防止のため、家族の立ち会いができない中での出産に心配はあるが、「大変な状況の中でも楽しい学校生活を過ごしてほしい」と優しいまなざしを向けた=29日午後、神奈川県藤沢市

  9. 2020052903752

    学校再開、心待ち 笑顔の伊藤君  「学校行くの楽しみ!」。6月1日の小学校再開に向け、真新しいランドセルを背負い笑顔を見せる新1年生の伊藤篤希君。新型コロナウイルスの影響で、学校へは4月6日の入学式で一度行ったきり。新しいクラスには知り合いもおらず少し心配そうだが「早く友達をつくりたい」と、元気いっぱい。母の由美子さんは出産間近。病院での感染防止のため、家族の立ち会いができない中での出産に心配はあるが、「大変な状況の中でも楽しい学校生活を過ごしてほしい」と優しいまなざしを向けた=29日午後、神奈川県藤沢市

  10. 2020051502330

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学の体育の授業でサッカーボールを蹴る生徒。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051502331

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学の体育の授業でサッカーの練習をする生徒。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051502357

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学の体育の授業でサッカーのパスワークを練習する生徒。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051502273

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学の体育の授業でサッカーボールを蹴る生徒。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051502346

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学の体育の授業でサッカーボールを蹴る生徒。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051502360

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学の体育の授業で、試合中にボールを奪い合う生徒ら。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051502275

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学で授業を行うサッカーコーチの肖(しょう)先生(中央)。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051502348

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学のサッカー場のそばで休憩する生徒。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051502353

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  2016年に教育部から「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定された芦林舗中学。(12日撮影)中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051502341

    小さな町の中学校で特色あるサッカーの授業  12日、芦林舗中学の体育の授業でサッカーボールを蹴る生徒。中国の「全国青少年校内サッカー特色学校」に指定されている湖南省常徳市安郷県陳家嘴鎮芦林舗中学では4月13日の登校再開後、学級別に編成した12のサッカーチームが感染防止対策を徹底しながら、体育の授業や休み時間を利用して練習に打ち込んでいる。学校は生徒らの学校生活の充実とともに、競技レベルの引き上げを図っている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020050200417

    発達障害支援アプリ開発へ 森本陽加里さん  発達障害児の学習や学校生活を支援するアプリの開発に向けて奮闘している森本陽加里さん=愛知県豊田市

  21. 2020050200363

    発達障害支援アプリ開発へ 森本陽加里さん  発達障害児の学習や学校生活を支援するアプリの開発に向けて奮闘している森本陽加里さん=愛知県豊田市

  22. 2020042003932

    上海市、学校再開に向け消毒ロボットを導入  17日、消毒された上海市閔行区にある莘松中学(春申キャンパス)の3年生の教室。中国上海市でこのほど、27日から登校を再開する高校3年生と中学3年生の安全な学校生活を守るため、スマート消毒ロボットが導入された。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020042003919

    上海市、学校再開に向け消毒ロボットを導入  17日、上海市閔行区にある莘松中学(春申キャンパス)の教室で、ロボットを使って行われた消毒作業。中国上海市でこのほど、27日から登校を再開する高校3年生と中学3年生の安全な学校生活を守るため、スマート消毒ロボットが導入された。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020042003991

    上海市、学校再開に向け消毒ロボットを導入  17日、上海市閔行区にある莘松中学(春申キャンパス)の教室で、ロボットを使って行われた消毒作業。中国上海市でこのほど、27日から登校を再開する高校3年生と中学3年生の安全な学校生活を守るため、スマート消毒ロボットが導入された。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040706111

    運動場で間隔空け始業式 コロナ対策で 広島県府中市  コロナウイルス感染防止のため間隔を空けて始業式に臨む児童=国府小。備後地方の多くの公立小中学校で6日、始業式が行われた。新型コロナウイルス感染防止のため、屋外での開催やマスク着用といった対策を実施。子どもたちは、突然の休校からおよそ1カ月ぶりとなる友人との再会を喜びつつ、健康に学校生活を送ろうと気を引き締めた。広島県府中市では10小中、義務教育学校が式を行った。国府小(高木町)では、検温してから登校したマスク姿の2~6年生約290人が、運動場で約2メートルの間隔を空けて整列。立花正行校長が「元気な顔を見られてほっとしている。先生も安心安全を守る努力をするので、皆さんも考えて行動を」と伝え、各学年の担任を発表した。式は約20分で終えた。=2020(令和2)年4月6日、広島県府中市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  26. 2019120501881

    障害あってもみんな一緒に 「すき」と書いた木野君  学校生活について尋ねると、「すき みんなもすき」とホワイトボードに書いて答えてくれた木野翔太君=大阪府豊中市 「XY36」▽福祉・教育「学びの場からの共生 インクルーシブ教育」(イ)

  27. 2019120501887

    障害あってもみんな一緒に 質問に答える木野君  学校生活について尋ねると、木野翔太君は「すき みんなもすき」とホワイトボードに書いて答えた=大阪府豊中市 「XY36」▽福祉・教育「学びの場からの共生 インクルーシブ教育」(イ)

  28. 2019101202728

    「障害者も普通学級」 紹介をする曽我部教諭  平田和毅さん(左)の学校生活を紹介する担任の曽我部昌広教諭(右)=12日午後、札幌市

  29. 2019060608144

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke (r) presents Christina Lang-Winter, headmistress of the GGS Kettelerschule from Bonn (North Rhine-Westphalia), with one of the five additional prizes at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2019060608084

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: Alexander Lorz (CDU), Minister of Culture in Hesse and acting President of the Conference of Ministers of Culture, and presenter Eva-Maria Lemke draw the Gebrüder-Grimm-Schule from Hamm (North Rhine-Westphalia) as the winner of the main prize of the competition at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2019060608096

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke presents Volker Stender-Mengel, headmaster of the German School “Mariscal Braun“ from La Paz (Bolivia), with one of the five additional prizes at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2019060608068

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke (r) presents Birte Güting, headmistress of the Schiller School in Bochum (North Rhine-Westphalia), with one of the five additional prizes at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2019060607879

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke (r) presents Heiko Vogel, headmaster of the Kurfürst-Moritz-Schule from Moritzburg (Saxony) with one of the five additional prizes at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2019060608138

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke hands over the main prize of the competition to headmaster Frank Wagner, teachers and pupils of the Gebrüder-Grimm-Schule from Hamm (North Rhine-Westphalia) at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2019060607974

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke hands over the main prize of the competition to headmaster Frank Wagner, teachers and pupils of the Gebrüder-Grimm-Schule from Hamm (North Rhine-Westphalia) at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2019060608027

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke presents Stefan Ruppaner , headmaster of the Alemannenschule from Wutöschingen (Baden-Württemberg), with one of the five additional prizes at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2019060608197

    German School Award Ceremony 05 June 2019, Berlin: The moderator Eva-Maria Lemke hands over the main prize of the competition to headmaster Frank Wagner, teachers and pupils of the Gebrüder-Grimm-Schule from Hamm (North Rhine-Westphalia) at the presentation of the German School Award 2019. Every year, a total of six schools are awarded the German School Prize. The best school of the year receives the main prize endowed with 100,000 euros. Five other schools will receive prizes of 25,000 euros each. A jury of experts evaluates six quality areas: Performance, dealing with diversity, teaching quality, responsibility, school life and school as a learning institution. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2019051003280

    臆せず通学できる自信を  体調不良の訴え方や、学校生活に必要な言葉など「サバイバル日本語」を学ぶ児童=浜松市中区の瑞穂小学校 甲乙A「教育=ワイド」(ア)

  39. 2019012919098

    教室で親しむ無形文化遺産伝統文化を次世代に河北省衡水市  18日、鼻煙壷(嗅ぎたばこ入れ)内画を描く衡水市珍宝街小学校の児童。中国河北省衡水(こうすい)市珍宝街小学校ではここ数年、地元の国家級無形文化遺産「衡水内画」(ガラス瓶などの内側に極細の筆で絵や文字を書き、色彩を施す伝統工芸)を教育に導入、学校を基盤としたカリキュラムや内画工芸サークルを開設している。学校生活を豊かにするとともに、無形文化遺産の魅力を身近に感じられるようにすることで、伝統文化の発展と伝承を目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019012919072

    教室で親しむ無形文化遺産伝統文化を次世代に河北省衡水市  18日、鼻煙壷(嗅ぎたばこ入れ)内画を描く衡水市珍宝街小学校の児童。中国河北省衡水(こうすい)市珍宝街小学校ではここ数年、地元の国家級無形文化遺産「衡水内画」(ガラス瓶などの内側に極細の筆で絵や文字を書き、色彩を施す伝統工芸)を教育に導入、学校を基盤としたカリキュラムや内画工芸サークルを開設している。学校生活を豊かにするとともに、無形文化遺産の魅力を身近に感じられるようにすることで、伝統文化の発展と伝承を目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019012918592

    教室で親しむ無形文化遺産伝統文化を次世代に河北省衡水市  18日、自作の鼻煙壷(嗅ぎたばこ入れ)内画を見せる衡水市珍宝街小学校の児童。中国河北省衡水(こうすい)市珍宝街小学校ではここ数年、地元の国家級無形文化遺産「衡水内画」(ガラス瓶などの内側に極細の筆で絵や文字を書き、色彩を施す伝統工芸)を教育に導入、学校を基盤としたカリキュラムや内画工芸サークルを開設している。学校生活を豊かにするとともに、無形文化遺産の魅力を身近に感じられるようにすることで、伝統文化の発展と伝承を目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019012918602

    教室で親しむ無形文化遺産伝統文化を次世代に河北省衡水市  18日、鼻煙壷(嗅ぎたばこ入れ)内画について説明する衡水内画芸術博物館の講師(左)。中国河北省衡水(こうすい)市珍宝街小学校ではここ数年、地元の国家級無形文化遺産「衡水内画」(ガラス瓶などの内側に極細の筆で絵や文字を書き、色彩を施す伝統工芸)を教育に導入、学校を基盤としたカリキュラムや内画工芸サークルを開設している。学校生活を豊かにするとともに、無形文化遺産の魅力を身近に感じられるようにすることで、伝統文化の発展と伝承を目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019012919101

    教室で親しむ無形文化遺産伝統文化を次世代に河北省衡水市  18日、児童らに内画の知識を教える衡水市珍宝街小学校の教師(中央)。中国河北省衡水(こうすい)市珍宝街小学校ではここ数年、地元の国家級無形文化遺産「衡水内画」(ガラス瓶などの内側に極細の筆で絵や文字を書き、色彩を施す伝統工芸)を教育に導入、学校を基盤としたカリキュラムや内画工芸サークルを開設している。学校生活を豊かにするとともに、無形文化遺産の魅力を身近に感じられるようにすることで、伝統文化の発展と伝承を目指す。(衡水=新華社記者/朱旭東)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018122123988

    学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん(右)。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018122123960

    学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で「石阡人形劇」を練習する児童。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018122123993

    学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん(中央)。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018122123959

    学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018122123992

    学校で受け継がれる伝統人形劇貴州省石阡県  19日、石阡県花橋鎮小学校で児童に「石阡人形劇」を教える伝承者の傅正貴(ふ・せいき)さん(中央)。中国貴州省石阡(せきせん)県はここ数年、地元に伝わる「石阡人形劇」の伝承と保護の一環として、人形劇の伝承者を定期的に学校に招き、教師と児童に人形劇の授業を行っている。学校はまた、人形劇の実演や練習活動などを学級活動や業間時間に取り入れることで、この伝統民間芸術が学校生活に溶け込み、子ども達に受け継がれていくよう取り組んでいる。石阡人形劇は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。(石阡=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018121314252

    学校で伝統楽器に触れる河北省邯鄲市  12日、中阮の演奏を学ぶ邯鄲市邯山区農林路小学校の児童。中国河北省邯鄲(かんたん)市邯山(かんざん)区農林路小学校はここ数年、伝統的な文化を大いに取り入れ、「第2の授業」として特別授業を積極的に行っている。中阮(ちゅうげん)や二胡など伝統楽器クラスを開設し、児童に伝統文化の魅力を感じてもらい、学校生活をより豊かなものにする機会を設けている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018121314091

    学校で伝統楽器に触れる河北省邯鄲市  12日、教員の指導の下、二胡の演奏を学ぶ邯鄲市邯山区農林路小学校の児童。中国河北省邯鄲(かんたん)市邯山(かんざん)区農林路小学校はここ数年、伝統的な文化を大いに取り入れ、「第2の授業」として特別授業を積極的に行っている。中阮(ちゅうげん)や二胡など伝統楽器クラスを開設し、児童に伝統文化の魅力を感じてもらい、学校生活をより豊かなものにする機会を設けている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像