検索結果 186 件中 1 件 〜 50 件 "定年退職"
  1. 2019110500970

    「光と影の世界」へいざなうベテラン映写技師江西省于都県  25日、曽さん上映の映画を鑑賞する于都県寛田郷山下村の人々。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県寛田郷に住む曽紀連(そ・きれん)さん(70)は、同地で長く映写技師の仕事をしてきた。すでに定年退職して久しいが、映画上映の仕事から離れることができず、今でも村の人々のために毎月20回ほどの上映を行っている。1975年に于都県寛田映画上映隊の隊員となった曽さんは、その後44年間にわたって機材を積んで郷内の小道を走り、スクリーンを広げて映写機を回し、村の観衆を山々の向こうにある「光と影の世界」へといざなってきた。曽さんは「良質な映画は人々をリラックスさせ、明るい気分にさせる。映画は農村のナイトライフを充実させるだけでなく、生活に対する麗しい期待をいっそう深める」と話している。(于都=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019110500973

    「光と影の世界」へいざなうベテラン映写技師江西省于都県  25日、かつて給付された映写員の職員証を見せる曽さん。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県寛田郷に住む曽紀連(そ・きれん)さん(70)は、同地で長く映写技師の仕事をしてきた。すでに定年退職して久しいが、映画上映の仕事から離れることができず、今でも村の人々のために毎月20回ほどの上映を行っている。1975年に于都県寛田映画上映隊の隊員となった曽さんは、その後44年間にわたって機材を積んで郷内の小道を走り、スクリーンを広げて映写機を回し、村の観衆を山々の向こうにある「光と影の世界」へといざなってきた。曽さんは「良質な映画は人々をリラックスさせ、明るい気分にさせる。映画は農村のナイトライフを充実させるだけでなく、生活に対する麗しい期待をいっそう深める」と話している。(于都=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019110500974

    「光と影の世界」へいざなうベテラン映写技師江西省于都県  25日、古い映写機を修理する曽さん。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県寛田郷に住む曽紀連(そ・きれん)さん(70)は、同地で長く映写技師の仕事をしてきた。すでに定年退職して久しいが、映画上映の仕事から離れることができず、今でも村の人々のために毎月20回ほどの上映を行っている。1975年に于都県寛田映画上映隊の隊員となった曽さんは、その後44年間にわたって機材を積んで郷内の小道を走り、スクリーンを広げて映写機を回し、村の観衆を山々の向こうにある「光と影の世界」へといざなってきた。曽さんは「良質な映画は人々をリラックスさせ、明るい気分にさせる。映画は農村のナイトライフを充実させるだけでなく、生活に対する麗しい期待をいっそう深める」と話している。(于都=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019110500978

    「光と影の世界」へいざなうベテラン映写技師江西省于都県  25日、曽さん上映の映画を鑑賞する于都県寛田郷山下村の人々。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県寛田郷に住む曽紀連(そ・きれん)さん(70)は、同地で長く映写技師の仕事をしてきた。すでに定年退職して久しいが、映画上映の仕事から離れることができず、今でも村の人々のために毎月20回ほどの上映を行っている。1975年に于都県寛田映画上映隊の隊員となった曽さんは、その後44年間にわたって機材を積んで郷内の小道を走り、スクリーンを広げて映写機を回し、村の観衆を山々の向こうにある「光と影の世界」へといざなってきた。曽さんは「良質な映画は人々をリラックスさせ、明るい気分にさせる。映画は農村のナイトライフを充実させるだけでなく、生活に対する麗しい期待をいっそう深める」と話している。(于都=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019110501054

    「光と影の世界」へいざなうベテラン映写技師江西省于都県  25日、機材を積んで映画上映会場に向かう曽さん。(小型無人機から)中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県寛田郷に住む曽紀連(そ・きれん)さん(70)は、同地で長く映写技師の仕事をしてきた。すでに定年退職して久しいが、映画上映の仕事から離れることができず、今でも村の人々のために毎月20回ほどの上映を行っている。1975年に于都県寛田映画上映隊の隊員となった曽さんは、その後44年間にわたって機材を積んで郷内の小道を走り、スクリーンを広げて映写機を回し、村の観衆を山々の向こうにある「光と影の世界」へといざなってきた。曽さんは「良質な映画は人々をリラックスさせ、明るい気分にさせる。映画は農村のナイトライフを充実させるだけでなく、生活に対する麗しい期待をいっそう深める」と話している。(于都=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019110500979

    「光と影の世界」へいざなうベテラン映写技師江西省于都県  25日、于都県寛田郷山下村で機材をチェックし、村民のために映画の上映準備をする曽さん。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県寛田郷に住む曽紀連(そ・きれん)さん(70)は、同地で長く映写技師の仕事をしてきた。すでに定年退職して久しいが、映画上映の仕事から離れることができず、今でも村の人々のために毎月20回ほどの上映を行っている。1975年に于都県寛田映画上映隊の隊員となった曽さんは、その後44年間にわたって機材を積んで郷内の小道を走り、スクリーンを広げて映写機を回し、村の観衆を山々の向こうにある「光と影の世界」へといざなってきた。曽さんは「良質な映画は人々をリラックスさせ、明るい気分にさせる。映画は農村のナイトライフを充実させるだけでなく、生活に対する麗しい期待をいっそう深める」と話している。(于都=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019110500971

    「光と影の世界」へいざなうベテラン映写技師江西省于都県  25日、曽紀連さんの手元に残る未使用のチケット。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県寛田郷に住む曽紀連(そ・きれん)さん(70)は、同地で長く映写技師の仕事をしてきた。すでに定年退職して久しいが、映画上映の仕事から離れることができず、今でも村の人々のために毎月20回ほどの上映を行っている。1975年に于都県寛田映画上映隊の隊員となった曽さんは、その後44年間にわたって機材を積んで郷内の小道を走り、スクリーンを広げて映写機を回し、村の観衆を山々の向こうにある「光と影の世界」へといざなってきた。曽さんは「良質な映画は人々をリラックスさせ、明るい気分にさせる。映画は農村のナイトライフを充実させるだけでなく、生活に対する麗しい期待をいっそう深める」と話している。(于都=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019081902677

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David (l), a retired electrician at Deutsche Bahn, is working with Johann Müller, a mechatronics apprentice, at the Nuremberg railway plant to convert to LED in the cab of a locomotive. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2019081902687

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician at Deutsche Bahn, is working at the Nuremberg railway plant to convert to LED in the cab of a locomotive. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  10. 2019081902990

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David (l), a retired electrician at Deutsche Bahn, is working with Johann Müller, a mechatronics apprentice, at the Nuremberg railway plant to convert to LED in the cab of a locomotive. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  11. 2019081902623

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician with Deutsche Bahn, checks the current collector on a locomotive in the Nuremberg railway works. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  12. 2019081903058

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician with Deutsche Bahn, checks the current collector on a locomotive in the Nuremberg railway works. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  13. 2019081902479

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician at Deutsche Bahn, is working at the Nuremberg railway plant to convert to LED in the cab of a locomotive. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  14. 2019081902935

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician at Deutsche Bahn, stands in front of a locomotive in Nuremberg‘s railway works. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  15. 2019081902689

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician with Deutsche Bahn, checks the current collector on a locomotive in the Nuremberg railway works. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2019081903056

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David (r), a retired electrician at Deutsche Bahn, is working with Johann Müller, a mechatronics trainee, at the Nuremberg railway works on converting the cab of a locomotive to LEDs. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  17. 2019081902770

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician with Deutsche Bahn, checks the current collector on a locomotive in the Nuremberg railway works. (recrop) The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2019081902821

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician at Deutsche Bahn, is working at the Nuremberg railway plant to convert to LED in the cab of a locomotive. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2019081902708

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician with Deutsche Bahn, checks the current collector on a locomotive in the Nuremberg railway works. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  20. 2019081902651

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician at Deutsche Bahn, stands in front of a locomotive in Nuremberg‘s railway works. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  21. 2019081902628

    Working despite pension 13 August 2019, Bavaria, Nuremberg: Klaus David, a retired electrician with Deutsche Bahn, checks the current collector on a locomotive in the Nuremberg railway works. The 64-year-old has been working for Deutsche Bahn for 49 years, but has been retired since the beginning of last year. For a few days a month he goes on to the factory. (to dpa-Korr: “Working despite retirement - More and more earning in retirement“) Photo: Daniel Karmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2019041603233

    「覚悟」が夫婦を安寧に  「人生100年時代の妻は、定年退職した夫と40年近い年月を共に生きることになる」と語る黒川伊保子さん 甲乙A「シニア=ワイド」

  23. 2019031203485

    2千組以上を成婚に導いた仲人センター広西チワン族自治区  2月17日、玉芳紅娘巾幗ボタンティア・サービスセンターで行われた「ホントの恋の見つけかた」お見合いパーティーで、挨拶する龐玉芳さん(中央)。中国広西チワン族自治区南寧市江南区五一路江南水街花市2階に、今年53歳の龐玉芳(ほう・ぎょくほう)さんが仲人ボランティア・サービスチームの発起人となった「玉芳紅娘(「紅娘」は仲人の意)巾幗(女性)ボランティア・サービスセンター」、別名「龐姉さん仲人館」がある。多くの親が子供の結婚という重要事を気に掛けていると知った龐さんは、2015年8月の定年退職後、五一路文化街に部屋を借り、仲人ボランティア・サービスステーションを設立。登録者はこれまでに4万人を超え、2千組以上がゴールインしている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019031203499

    2千組以上を成婚に導いた仲人センター広西チワン族自治区  2月17日、相談に訪れた未婚青年の両親の話を聞く龐玉芳さん(中央)。中国広西チワン族自治区南寧市江南区五一路江南水街花市2階に、今年53歳の龐玉芳(ほう・ぎょくほう)さんが仲人ボランティア・サービスチームの発起人となった「玉芳紅娘(「紅娘」は仲人の意)巾幗(女性)ボランティア・サービスセンター」、別名「龐姉さん仲人館」がある。多くの親が子供の結婚という重要事を気に掛けていると知った龐さんは、2015年8月の定年退職後、五一路文化街に部屋を借り、仲人ボランティア・サービスステーションを設立。登録者はこれまでに4万人を超え、2千組以上がゴールインしている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019031203480

    2千組以上を成婚に導いた仲人センター広西チワン族自治区  2月17日、玉芳紅娘巾幗ボタンティア・サービスセンターで行われた「ホントの恋の見つけかた」お見合いパーティーで、自分をアピールする若い女性。中国広西チワン族自治区南寧市江南区五一路江南水街花市2階に、今年53歳の龐玉芳(ほう・ぎょくほう)さんが仲人ボランティア・サービスチームの発起人となった「玉芳紅娘(「紅娘」は仲人の意)巾幗(女性)ボランティア・サービスセンター」、別名「龐姉さん仲人館」がある。多くの親が子供の結婚という重要事を気に掛けていると知った龐さんは、2015年8月の定年退職後、五一路文化街に部屋を借り、仲人ボランティア・サービスステーションを設立。登録者はこれまでに4万人を超え、2千組以上がゴールインしている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019031203496

    2千組以上を成婚に導いた仲人センター広西チワン族自治区  2月17日、玉芳紅娘巾幗ボランティア・サービスセンターで行われた「ホントの恋の見つけかた」お見合いパーティーで、スマホで連絡先を交換し合う参加者。中国広西チワン族自治区南寧市江南区五一路江南水街花市2階に、今年53歳の龐玉芳(ほう・ぎょくほう)さんが仲人ボランティア・サービスチームの発起人となった「玉芳紅娘(「紅娘」は仲人の意)巾幗(女性)ボランティア・サービスセンター」、別名「龐姉さん仲人館」がある。多くの親が子供の結婚という重要事を気に掛けていると知った龐さんは、2015年8月の定年退職後、五一路文化街に部屋を借り、仲人ボランティア・サービスステーションを設立。登録者はこれまでに4万人を超え、2千組以上がゴールインしている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019031203452

    2千組以上を成婚に導いた仲人センター広西チワン族自治区  2月17日、玉芳紅娘巾幗ボランティア・サービスセンターで行われた「ホントの恋の見つけかた」お見合いパーティー。前列右に座るのが龐玉芳さん。中国広西チワン族自治区南寧市江南区五一路江南水街花市2階に、今年53歳の龐玉芳(ほう・ぎょくほう)さんが仲人ボランティア・サービスチームの発起人となった「玉芳紅娘(「紅娘」は仲人の意)巾幗(女性)ボランティア・サービスセンター」、別名「龐姉さん仲人館」がある。多くの親が子供の結婚という重要事を気に掛けていると知った龐さんは、2015年8月の定年退職後、五一路文化街に部屋を借り、仲人ボランティア・サービスステーションを設立。登録者はこれまでに4万人を超え、2千組以上がゴールインしている。(南寧=新華社記者/楊馳)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019031203494

    2千組以上を成婚に導いた仲人センター広西チワン族自治区  2月17日、玉芳紅娘巾幗ボタンティア・サービスセンターで行われた「ホントの恋の見つけかた」お見合いパーティー。中国広西チワン族自治区南寧市江南区五一路江南水街花市2階に、今年53歳の龐玉芳(ほう・ぎょくほう)さんが仲人ボランティア・サービスチームの発起人となった「玉芳紅娘(「紅娘」は仲人の意)巾幗(女性)ボランティア・サービスセンター」、別名「龐姉さん仲人館」がある。多くの親が子供の結婚という重要事を気に掛けていると知った龐さんは、2015年8月の定年退職後、五一路文化街に部屋を借り、仲人ボランティア・サービスステーションを設立。登録者はこれまでに4万人を超え、2千組以上がゴールインしている。(南寧=新華社記者/呉思思)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019012203861

    定年退職者を新採用 パソナの南部代表  記者会見するパソナグループの南部靖之代表=22日、東京都内

  30. 2019010813167

    12人の首相に仕えた白石氏    最期まで電話の対応に忙しい内閣報道室の白石正治氏。12人の首相の官邸報道係を務め、まもなく定年退職する=1980(昭和55)年8月1日、首相官邸(55年内地6906) 人物 18556

  31. 2019013112294

    「白髪人材」が企業発展を後押し江蘇省南通市  27日、南通市が行った「白髪人材(シニア人材)」を募集する就職説明会で、雇用者と契約を結ぶシニア人材。中国江蘇省南通市は27日、企業の技術革新発展に貢献する「白髪人材(シニア人材)」を募集する就職説明会を行った。説明会には70人余りの定年退職した専門技術者と50社余りの企業が参加し、19の企業と19人のシニア人材が、技術革新などの分野における協力に契約を結んだ。「白髪人材」特別就職説明会は同市が積極的に高齢化に対応するために始めた新しい取り組みで、シニア人材と雇用者双方がマッチングできるプラットフォームを構築した。これにより、シニア人材の効果的な活用が促進され、シニア人材は戦略コンサルティングやハイテク開発、人材育成などの分野で能力を発揮できる。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019013112314

    「白髪人材」が企業発展を後押し江蘇省南通市  27日、南通市が行った「白髪人材(シニア人材)」を募集する就職説明会で、求人情報を探すシニア人材。中国江蘇省南通市は27日、企業の技術革新発展に貢献する「白髪人材(シニア人材)」を募集する就職説明会を行った。説明会には70人余りの定年退職した専門技術者と50社余りの企業が参加し、19の企業と19人のシニア人材が、技術革新などの分野における協力に契約を結んだ。「白髪人材」特別就職説明会は同市が積極的に高齢化に対応するために始めた新しい取り組みで、シニア人材と雇用者双方がマッチングできるプラットフォームを構築した。これにより、シニア人材の効果的な活用が促進され、シニア人材は戦略コンサルティングやハイテク開発、人材育成などの分野で能力を発揮できる。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019013112269

    「白髪人材」が企業発展を後押し江蘇省南通市  27日、雇用企業に問い合わせをする68歳の機械設計・製造エンジニア(左)。中国江蘇省南通市は27日、企業の技術革新発展に貢献する「白髪人材(シニア人材)」を募集する就職説明会を行った。説明会には70人余りの定年退職した専門技術者と50社余りの企業が参加し、19の企業と19人のシニア人材が、技術革新などの分野における協力に契約を結んだ。「白髪人材」特別就職説明会は同市が積極的に高齢化に対応するために始めた新しい取り組みで、シニア人材と雇用者双方がマッチングできるプラットフォームを構築した。これにより、シニア人材の効果的な活用が促進され、シニア人材は戦略コンサルティングやハイテク開発、人材育成などの分野で能力を発揮できる。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019013112260

    「白髪人材」が企業発展を後押し江蘇省南通市  27日、南通市が行った「白髪人材(シニア人材)」を募集する就職説明会で、求人情報を探すシニア人材。中国江蘇省南通市は27日、企業の技術革新発展に貢献する「白髪人材(シニア人材)」を募集する就職説明会を行った。説明会には70人余りの定年退職した専門技術者と50社余りの企業が参加し、19の企業と19人のシニア人材が、技術革新などの分野における協力に契約を結んだ。「白髪人材」特別就職説明会は同市が積極的に高齢化に対応するために始めた新しい取り組みで、シニア人材と雇用者双方がマッチングできるプラットフォームを構築した。これにより、シニア人材の効果的な活用が促進され、シニア人材は戦略コンサルティングやハイテク開発、人材育成などの分野で能力を発揮できる。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018082116603

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、畑の中を歩いて往診に向かう呉懐英さん(左)。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018082116779

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、村の診療所で、点滴の準備をする呉懐英さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018082116823

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、雨の中、往診へ向かう呉懐英さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018082116624

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、村の診療所で、子供たちに健康診断を行う呉懐英さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018082116645

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、村の高血圧患者の血圧を計る呉懐英さん(右)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018082116649

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、往診中、村民に健康状態について尋ねる呉懐英さん(右)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018082116562

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、往診中で、病弱な村民のために唐辛子の収穫作業を手伝う呉懐英さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018082116661

    村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、呉懐英さんが往診を担当する地域、黎平県岩洞鎮大寨村トン寨の一角。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018081501126

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、伝統的な進学式で孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読する中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018081501131

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、伝統的な進学式で孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読する中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018081501127

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、年配の先生が児童の額に「朱砂(すさ、赤の顔料の原料となる赤い石)」を塗っている。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018081501128

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、古い家屋で伝統的な進学式に臨む中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018081501114

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、伝統的な「進学式」に参加し、筆で「人」の字を書く中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018081501107

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、古い家屋で伝統的な進学式に臨む中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018081501134

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、児童に正衣冠(身なりを整える)を行う中山村の年配の先生。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018081501137

    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県  12日、進学式で先生にお茶を差し上げる中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像