検索結果 14 件中 1 件 〜 14 件 "実施中国"
  1. 2020051102688

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  90歳のヌー族の老人に聞き取り調査を行う雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051102642

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市ジノー族郷巴亜老寨村で、ジノー族の村民と記念撮影する雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051102624

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  ジノー族の古い集落を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051102696

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チームに資料を提供するヌー族の専門家。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051102630

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  トールン族の伝承者を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051102654

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  トールン族の伝承者を訪ねる雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102659

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州景洪市ジノー族郷の文化ステーションで、座談会を行う雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(4月1日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019041223737

    ウズベキスタンから中国へ、青年科学者の知識を求める旅  4日、山東省科学院内の作業場で、作業の準備をするウズベキスタンの青年科学者、アモンさんとファルハドさん(右)。ファルハド・カシモフさんとアモン・ベルディエフさんは2018年11月20日、ウズベキスタンのタシケント国立化学工業学院から中国の山東省科学院にやって来た。青年科学研究者として、彼らは幾度もの選抜試験に合格し、「国際傑出青年計画(発展途上国の傑出した青年科学者の中国受け入れプロジェクト)」への参加が認められ、中国での1年にわたる研修機会を得たのだ。このプロジェクトは中国科学技術部が2013年から行っているもので、中国の「科学技術パートナー計画」の重要な一環である。「一帯一路」科学技術イノベーション行動計画の実施、中国と他の発展途上国との科学技術や人的・文化交流の促進、科学技術分野における青年リーダーの共同育成などを目的としている。(済南=新華社記者/呉書光)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019041223719

    ウズベキスタンから中国へ、青年科学者の知識を求める旅  4日、山東省科学院内の作業場で、作業の準備をするウズベキスタンの青年科学者、アモンさんとファルハドさん(右)。ファルハド・カシモフさんとアモン・ベルディエフさんは2018年11月20日、ウズベキスタンのタシケント国立化学工業学院から中国の山東省科学院にやって来た。青年科学研究者として、彼らは幾度もの選抜試験に合格し、「国際傑出青年計画(発展途上国の傑出した青年科学者の中国受け入れプロジェクト)」への参加が認められ、中国での1年にわたる研修機会を得たのだ。このプロジェクトは中国科学技術部が2013年から行っているもので、中国の「科学技術パートナー計画」の重要な一環である。「一帯一路」科学技術イノベーション行動計画の実施、中国と他の発展途上国との科学技術や人的・文化交流の促進、科学技術分野における青年リーダーの共同育成などを目的としている。(済南=新華社記者/呉書光)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019041223723

    ウズベキスタンから中国へ、青年科学者の知識を求める旅  4日、山東省科学院の敷地内で、実験用フォークリフトを調整するウズベキスタンの青年科学者アモンさん。ファルハド・カシモフさんとアモン・ベルディエフさんは2018年11月20日、ウズベキスタンのタシケント国立化学工業学院から中国の山東省科学院にやって来た。青年科学研究者として、彼らは幾度もの選抜試験に合格し、「国際傑出青年計画(発展途上国の傑出した青年科学者の中国受け入れプロジェクト)」への参加が認められ、中国での1年にわたる研修機会を得たのだ。このプロジェクトは中国科学技術部が2013年から行っているもので、中国の「科学技術パートナー計画」の重要な一環である。「一帯一路」科学技術イノベーション行動計画の実施、中国と他の発展途上国との科学技術や人的・文化交流の促進、科学技術分野における青年リーダーの共同育成などを目的としている。(済南=新華社記者/蕭海川)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019041223740

    ウズベキスタンから中国へ、青年科学者の知識を求める旅  4日、山東省科学院の敷地内で、実験用フォークリフトを検査するウズベキスタンの青年科学者ファルハドさん。ファルハド・カシモフさんとアモン・ベルディエフさんは2018年11月20日、ウズベキスタンのタシケント国立化学工業学院から中国の山東省科学院にやって来た。青年科学研究者として、彼らは幾度もの選抜試験に合格し、「国際傑出青年計画(発展途上国の傑出した青年科学者の中国受け入れプロジェクト)」への参加が認められ、中国での1年にわたる研修機会を得たのだ。このプロジェクトは中国科学技術部が2013年から行っているもので、中国の「科学技術パートナー計画」の重要な一環である。「一帯一路」科学技術イノベーション行動計画の実施、中国と他の発展途上国との科学技術や人的・文化交流の促進、科学技術分野における青年リーダーの共同育成などを目的としている。(済南=新華社記者/蕭海川)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019041809405

    ウズベキスタンから中国へ、青年科学者の知識を求める旅  3月27日、済南市内の串焼きの店でウズベキスタンの専門家ファルハドさん(右端)の誕生日を祝う山東省科学院自動化研究所の同僚たち。ファルハド・カシモフさんとアモン・ベルディエフさんは2018年11月20日、ウズベキスタンのタシケント国立化学工業学院から中国の山東省科学院にやって来た。青年科学研究者として、彼らは幾度もの選抜試験に合格し、「国際傑出青年計画(発展途上国の傑出した青年科学者の中国受け入れプロジェクト)」への参加が認められ、中国での1年にわたる研修機会を得たのだ。このプロジェクトは中国科学技術部が2013年から行っているもので、中国の「科学技術パートナー計画」の重要な一環である。「一帯一路」科学技術イノベーション行動計画の実施、中国と他の発展途上国との科学技術や人的・文化交流の促進、科学技術分野における青年リーダーの共同育成などを目的としている。(済南=新華社配信/ファルハドさん提供)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:ファルハドさん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019041809461

    ウズベキスタンから中国へ、青年科学者の知識を求める旅  3月27日、済南市内の串焼きの店で行われたウズベキスタンの専門家ファルハドさんの誕生日会で、山東省科学院自動化研究所の同僚たちが用意した中国伝統の「長寿麺」(誕生日を祝って食べる麺)。ファルハド・カシモフさんとアモン・ベルディエフさんは2018年11月20日、ウズベキスタンのタシケント国立化学工業学院から中国の山東省科学院にやって来た。青年科学研究者として、彼らは幾度もの選抜試験に合格し、「国際傑出青年計画(発展途上国の傑出した青年科学者の中国受け入れプロジェクト)」への参加が認められ、中国での1年にわたる研修機会を得たのだ。このプロジェクトは中国科学技術部が2013年から行っているもので、中国の「科学技術パートナー計画」の重要な一環である。「一帯一路」科学技術イノベーション行動計画の実施、中国と他の発展途上国との科学技術や人的・文化交流の促進、科学技術分野における青年リーダーの共同育成などを目的としている。(済南=新華社配信/ファルハドさん提供)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:ファルハドさん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051102631

    少数民族の口頭伝承文化に向けた調査を実施中国雲南省  プミ族の歌と踊りを記録する雲南省無形文化遺産保護センターの調査研究チーム。(2018年10月15日撮影)中国雲南省無形文化遺産保護センターはこのほど、省内の人口が比較的少ないジノー族、ヌー族、トールン族の「口頭伝統(口頭で伝えられた文化や風習)」の保有者および伝承者の基本情報と関連状況をほぼ把握したと明らかにした。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像