検索結果 129 件中 1 件 〜 50 件 "実物資料"
  1. 2020051102713

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された漢代の銅銭「五銖銭」の鋳型。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051102612

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された金代の「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051102777

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された「共」と記された戦国時代の「共字円銭」(山西省聞喜県出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051102781

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院で、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051102598

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された唐代の「金鋌」(山西省朔州市平魯区出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051102771

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された東周(春秋戦国時代)の貨幣「貼金海貝」(山西省侯馬市出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、東周と記された「方足布(ほうそくふ)」は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102767

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された北宋時代の「至道元宝」(楷書、行書、草書の3書体による「御書銭」)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102608

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された「東周」と記された方足布。(山西省陽高県出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102782

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された春秋時代の「甘丹」と記された空首聳肩尖足布。(山西省稷山県出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020042003577

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された伝統楽器「響鈸」。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020042003678

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された朝鮮民族の伝統的な遊戯、「ユンノリ」。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020042003667

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された朝鮮族の民族衣装。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020042003578

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館で、「抓周」(ジョアジョウ、選び取り)の儀式の様子を再現したコーナー。「抓周」は赤ちゃんが1歳の誕生日を迎えた時に、掴んだ「物」で将来を占う習慣。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020042003579

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された朝鮮族の貯蔵用の穴蔵。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020042003584

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された朝鮮族のお面。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020042003639

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された伝統的な弦楽器「カヤグム(伽耶琴)」。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020042003596

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された朝鮮族の伝統的な結婚式を挙げる新郎新婦をかたどった蝋人形。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020042003636

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された伝統的な打楽器「チャンゴ(長鼓)」。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020042003603

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館で、朝鮮族の「花甲」(満六十歳、還暦)を祝う儀式の様子を再現したコーナー。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042003581

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された朝鮮族の伝統的なカードゲーム「数干」と花札。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族の無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042003676

    中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館が一般公開を再開吉林省  11日、中国朝鮮族非物質文化遺産展覧館に展示された縦笛「洞簫(どうしょう)」。中国吉林省延辺朝鮮族自治州図們(ともん)市にある中国朝鮮族非物質(無形)文化遺産展覧館がこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、一般公開を再開した。来場者はマスクを着用しなければならない。同館は現在、中国で唯一の朝鮮族無形文化遺産をテーマとした展覧館で、展示品は実物資料や写真、音声、動画など8分類51項目、計4500点以上に及ぶ。(図們=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020032425612

    工事現場で明代の墓2基を発見四川省徳陽市  14日、発掘作業を行うスタッフら。中国四川省徳陽市旌陽(せいよう)区の工事現場でこのほど、明代の墓2基が発見された。徳陽市文物考古研究所が19日、明らかにした。文化財専門家の鑑定により、2基はいずれも明代の単室石室墓と判明し、明代の墓の形式や葬送制度・風俗を研究するための新たな実物資料となった。(徳陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020032425701

    工事現場で明代の墓2基を発見四川省徳陽市  14日、墓から出土した陶穀倉缶。中国四川省徳陽市旌陽(せいよう)区の工事現場でこのほど、明代の墓2基が発見された。徳陽市文物考古研究所が19日、明らかにした。文化財専門家の鑑定により、2基はいずれも明代の単室石室墓と判明し、明代の墓の形式や葬送制度・風俗を研究するための新たな実物資料となった。(徳陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020032425695

    工事現場で明代の墓2基を発見四川省徳陽市  14日、墓から出土した陶穀倉缶(左)と青花磁碗。中国四川省徳陽市旌陽(せいよう)区の工事現場でこのほど、明代の墓2基が発見された。徳陽市文物考古研究所が19日、明らかにした。文化財専門家の鑑定により、2基はいずれも明代の単室石室墓と判明し、明代の墓の形式や葬送制度・風俗を研究するための新たな実物資料となった。(徳陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020032425664

    工事現場で明代の墓2基を発見四川省徳陽市  14日、墓から出土した青花磁碗の底部。中国四川省徳陽市旌陽(せいよう)区の工事現場でこのほど、明代の墓2基が発見された。徳陽市文物考古研究所が19日、明らかにした。文化財専門家の鑑定により、2基はいずれも明代の単室石室墓と判明し、明代の墓の形式や葬送制度・風俗を研究するための新たな実物資料となった。(徳陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020032425673

    工事現場で明代の墓2基を発見四川省徳陽市  14日、墓から出土した青花磁碗。中国四川省徳陽市旌陽(せいよう)区の工事現場でこのほど、明代の墓2基が発見された。徳陽市文物考古研究所が19日、明らかにした。文化財専門家の鑑定により、2基はいずれも明代の単室石室墓と判明し、明代の墓の形式や葬送制度・風俗を研究するための新たな実物資料となった。(徳陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020032425751

    工事現場で明代の墓2基を発見四川省徳陽市  14日、発掘現場で測量を行うスタッフ。中国四川省徳陽市旌陽(せいよう)区の工事現場でこのほど、明代の墓2基が発見された。徳陽市文物考古研究所が19日、明らかにした。文化財専門家の鑑定により、2基はいずれも明代の単室石室墓と判明し、明代の墓の形式や葬送制度・風俗を研究するための新たな実物資料となった。(徳陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020032425587

    工事現場で明代の墓2基を発見四川省徳陽市  14日、墓室後部の壁面に施された彫刻。中国四川省徳陽市旌陽(せいよう)区の工事現場でこのほど、明代の墓2基が発見された。徳陽市文物考古研究所が19日、明らかにした。文化財専門家の鑑定により、2基はいずれも明代の単室石室墓と判明し、明代の墓の形式や葬送制度・風俗を研究するための新たな実物資料となった。(徳陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019120407032

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019120407035

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の裏門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019120407011

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019120407012

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の軒部分。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019120407014

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の大殿。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019120407017

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門の裏側。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019120407024

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿を構成する保存状態の良い木彫りの装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019120407029

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019120407068

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019120406959

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺大殿の内部の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019120407041

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺大殿の木造の大門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019120407062

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿周辺の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019120407065

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019120407026

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿を構成する保存状態の良い装飾用部材。人物の彫刻が施されている。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019120407007

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の全景。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019120407023

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の大殿の窓。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019120406996

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019120406998

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿と大殿の前の石畳の道。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019120407001

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019120407002

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の軒を支える保存状態の良い純木製の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019120407020

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019120407025

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺大殿の木造の門、大殿の抬梁式架構の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像