検索結果 671 件中 1 件 〜 50 件 "実証実験"
  1. 2020022415713

    所持品検査拒否で乗車不可  東京メトロ霞ケ関駅で行われた乗客の危険物所持を調べる検査の実証実験。改札機付近に設置したボディースキャナー(中央)で人や物が発する電磁波を検知する=2019年3月

  2. 2020022415712

    所持品検査拒否で乗車不可  東京五輪・パラリンピックに向けた鉄道の安全対策強化で行われた実証実験で、新幹線改札付近を巡回する探知犬=2019年12月、JR東京駅

  3. 2020022023493

    遠隔操作ロボで来客案内  実証実験で病気や障害のある人が遠隔操作する「オリヒメD」=20日午前、東京都千代田区

  4. 2020021406588

    大型バスで自動運転実験  運転手がハンドルから手を離したまま自動走行する大型バス=14日午後、宮城県登米市

  5. 2020021406587

    大型バスで自動運転実験  BRT専用道で公開された、大型バスの自動運転の実証実験=14日、宮城県登米市

  6. 2020021305040

    スマホでカート呼び出し  関西電力が実証実験に使う電動カート=13日、大阪府吹田市

  7. 2020022023124

    「日刊工業新聞」 関西電力の次世代モビリティサービス実証実験  関西電力は13日、大阪府吹田市の万博記念公園で同日開始した次世代モビリティーサービスなどの実証実験(写真)を公開した。スマートフォンを使い5人乗り電動カートのオンデマンド配車予約サービスや、同カートを含む電動車2台でのワイヤレス充電システムの運用、専用端末を身につけた人の位置情報がスマホから確認できる見守りサービスと人流分析を、それぞれ検証する。実証は16日を除き18日まで行う。配車予約システムはTIS、太陽光発電搭載型ワイヤレス充電システムはダイヘンが提供した。関電は2社と協力し、モビリティーサービスや収集する大量データを組み合わせたスマートシティー(次世代環境都市)の事業モデルを探る。実証は大阪府・市や大阪商工会議所も支援した。=2020(令和2)年2月13日、大阪府吹田市の万博記念公園、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  8. 2020021201141

    自動運転カートで実証実験  実証実験を公開した、低速度で地域住民を運ぶ自動運転車両「ゆっくりカート」=12日、愛知県春日井市

  9. 2020021201140

    自動運転カートで実証実験  実証実験で駐車車両を追い越す低速度の自動運転車両「ゆっくりカート」(左)=12日、愛知県春日井市

  10. 2020021200989

    電気自動車で温泉街周遊  実証実験の説明会で関係者らが試乗した小型電気自動車=12日、和歌山県白浜町

  11. 2020020510171

    在外投票ネット導入へ実験  実証実験で模擬投票する世田谷区の職員=5日午後、東京都世田谷区

  12. 2020020301370

    西鉄が自動運転バス実験  北九州市で実証実験が始まった自動運転のバス=3日午後

  13. 2020012225042

    五輪中に自動運転バス  自動運転の実証実験中にハンドルから手を離す運転手=22日、羽田空港

  14. 2020012225034

    五輪中に自動運転バス  実証実験で制限区域を走行する大型バス=22日、羽田空港

  15. 2020012101179

    遠隔医療に5G活用  報道陣に公開された5G移動通信システムを活用する実証実験=21日午後、徳島県牟岐町

  16. 2020013002618

    「日刊工業新聞」 ZMPらによるMaaS実証実験  自動運転ベンチャーのZMP(東京都文京区)の自律走行モビリティー「ロボカーウォーク」を使ったMaaS(乗り物のサービス化)の実証実験が東京・丸の内で行われている。ロボカーウォークは最大時速6キロメートル、1人乗りで、丸の内パークビル敷地内などで乗車できる。ZMPは東京空港交通(同中央区)など6社と連携し、空港リムジンバス、自動運転タクシー、ロボカーウォークをアプリケーション(応用ソフト)で一括予約し、利用する実証実験を24日まで行う。ZMPの谷口恒社長は、「異なる交通手段を一つのサービスとして利用できる“東京版MaaS”の取り組みとなる」と強調。今年は五輪イヤー。「世界中の1人でも多くの方に自動運転を楽しんでもらいたい」としている。=2020(令和2)年1月20日、東京都千代田区丸の内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、写真は電動立ち乗り2輪車「セグウェイ」と挨拶を交わすロボカーウォーク(右) 。

  17. 2020013002592

    「日刊工業新聞」 ZMPら MaaSの実証実験  東京都事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」。写真は自律走行モビリティ「ロボカー ウォーク」から降車した外国人男性(モデルによるイメージ撮影)。今回の参加企業「東京空港交通、東京シティ・エアターミナル、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMP」=2020(令和2)年2020(令和2)年1月20日、東京都千代田区丸の内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  18. 2020013002604

    「日刊工業新聞」 ZMPら MaaSの実証実験  東京都事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」。写真は自律走行モビリティ「ロボカー ウォーク」の目的地までの移動ルートが表示されているディスプレイ(モデルによるイメージ撮影)。今回の参加企業「東京空港交通、東京シティ・エアターミナル、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMP」=2020(令和2)年1月20日、東京都千代田区丸の内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  19. 2020013002590

    「日刊工業新聞」 ZMPら MaaSの実証実験  東京都事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」。写真は自律走行モビリティ「ロボカー ウォーク」に乗車する外国人男性(モデルによるイメージ撮影)。今回の参加企業「東京空港交通、東京シティ・エアターミナル、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMP」=2020(令和2)年2020(令和2)年1月20日、東京都千代田区丸の内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  20. 2020013002606

    「日刊工業新聞」 ZMPら MaaSの実証実験  東京都事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」。写真は自律走行モビリティ「ロボカー ウォーク」に乗車する外国人男性(モデルによるイメージ撮影)。今回の参加企業「東京空港交通、東京シティ・エアターミナル、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMP」=2020(令和2)年1月20日、東京都千代田区丸の内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  21. 2020013002603

    「日刊工業新聞」 ZMPら MaaSの実証実験  東京都事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」。写真は自律走行モビリティ「ロボカー ウォーク」に乗車する外国人男性(モデルによるイメージ撮影)。今回の参加企業「東京空港交通、東京シティ・エアターミナル、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMP」=2020(令和2)年1月20日、東京都千代田区丸の内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  22. 2020013002589

    「日刊工業新聞」 ZMPら MaaSの実証実験  東京都事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」。写真は自律走行モビリティ「ロボカー ウォーク」から降車した外国人男性(モデルによるイメージ撮影)=2020(令和2)年1月20日、東京都千代田区丸の内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、今回の参加企業「東京空港交通、東京シティ・エアターミナル、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMP」

  23. 2020021306048

    「日刊工業新聞」 MaaSの実証実験車両のイメージ  手前から自律走行モビリティー「ロボカーウォーク」、自動運転タクシー、空港リムジンバス。=2020(令和2)年1月20日、東京シティエアターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  24. 2020011606429

    「日刊工業新聞」 Momoがスマートシティー基盤の構築に参入  Momo(大阪市淀川区)は、IoT(モノのインターネット)技術を活用し、地域住民や事業者などと連携したスマートシティー基盤の構築に乗り出す。大阪府池田市のニュータウンである伏尾台地域で18日、住民の動態調査をはじめ、高齢者の見守りや外出促進による健康増進への評価に役立てる。伏尾台地域で高齢者を中心にビーコン(小型発信器)を配布し、最寄り駅やニュータウンの出入り口周辺に受信機を設置する。高齢者の健康増進などを支援する特定非営利活動法人と連携し、高齢者の移動を検知することにより見守りを充実させる。また、18日に住民が主体となり地域内のライドシェアを開始する。これに合わせて大阪大学と連携し、高齢者の外出頻度など住民の動態データを集積、健康増進に向けた今後のまちづくりの改善に役立てる。MomoはIoT機器の開発を手がける。伏尾台地域ではMomoの主導により事業者や大学などがコンソーシアムを組み、住民とスマートシティーを目指すための意見交換を月2回実施してきた。ニュータウンは高齢化を課題としており、小さい区域に一定数人口を抱え、出入り口が限られていることから実証実験に適した環境と判断。住民ニーズを直接反映した事業として地方自治体に提案し、実証するモデルを構築し、2021年以降は他のニュータウンにも横展開を図る。=2020(令和2)年1月14日、大阪府池田市の伏尾台地域、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  25. 2020011300207

    「量子暗号」でゲノム伝送  量子暗号通信のイメージと実証実験

  26. 2020011300206

    「量子暗号」でゲノム伝送  量子暗号通信のイメージと実証実験

  27. 2020011003698

    長崎―羽田の千㌔遠隔制御  長崎県五島市を飛行するドローンを、羽田空港から遠隔制御する実証実験=10日午後

  28. 2020011606431

    「日刊工業新聞」 NTTドコモの5G対応移動診療車を使った遠隔診療の実証実験  NTTドコモは8日、和歌山県立医科大学(和歌山市)などと連携し、第5世代通信(5G)を活用した遠隔診療の実証実験を実施した。5Gによる高速・大容量のデータ通信機能を搭載した移動診療車を使い、和歌山県立医大と山間地域の診療所をつないで、医療サービスを提供可能かどうかを確認した。実証結果を踏まえ、早期の実用化を目指す。日高川町保健福祉センター(和歌山県日高川町)に、5G対応の移動診療車(写真)を派遣し、通信環境を一時的に構築。移動診療車を介し、高精細なカメラ映像や医療機器の出力画像などのデータを、遠く離れた和歌山県立医大へ伝送した。5Gイノベーション推進室の奥村幸彦担当部長は「(過疎地でも)患者のそばに駆けつけて対応できる」と期待を示した。将来は5G環境を搭載した救急車の運用なども想定する。NTTドコモと和歌山県立医大の実証実験は、2017年度から実施しており、今回は3回目。=2020(令和2)年1月8日、和歌山県日高川町の日高川町保健福祉センター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  29. 2020010602471

    「新華社」 北京の公道で初の人を乗せた自動運転車の走行試験  2019年12月30日、北京経済技術開発区の試験走行エリアを走る自動運転車(手前)。中国北京市でこのほど、人を乗せた自動運転車を公道で走行させる初の実証実験が始まった。ネット検索大手の百度(バイドゥ)が同市自動運転テスト管理合同作業グループから昨年12月30日、第1陣として40台分の許可証を取得した。北京市内で試験走行用に開放された公道は計151本、総延長は503・68キロに上る。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020010602408

    「新華社」 北京の公道で初の人を乗せた自動運転車の走行試験  2019年12月30日、北京経済技術開発区での試験走行に出発する前の自動運転車。中国北京市でこのほど、人を乗せた自動運転車を公道で走行させる初の実証実験が始まった。ネット検索大手の百度(バイドゥ)が同市自動運転テスト管理合同作業グループから昨年12月30日、第1陣として40台分の許可証を取得した。北京市内で試験走行用に開放された公道は計151本、総延長は503・68キロに上る。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020010602176

    「新華社」 北京の公道で初の人を乗せた自動運転車の走行試験  2019年12月30日、北京経済技術開発区の試験走行エリアを走る自動運転車。中国北京市でこのほど、人を乗せた自動運転車を公道で走行させる初の実証実験が始まった。ネット検索大手の百度(バイドゥ)が同市自動運転テスト管理合同作業グループから昨年12月30日、第1陣として40台分の許可証を取得した。北京市内で試験走行用に開放された公道は計151本、総延長は503・68キロに上る。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020010602493

    「新華社」 北京の公道で初の人を乗せた自動運転車の走行試験  2019年12月30日、北京経済技術開発区の試験走行エリアを走る自動運転車(右)。中国北京市でこのほど、人を乗せた自動運転車を公道で走行させる初の実証実験が始まった。ネット検索大手の百度(バイドゥ)が同市自動運転テスト管理合同作業グループから昨年12月30日、第1陣として40台分の許可証を取得した。北京市内で試験走行用に開放された公道は計151本、総延長は503・68キロに上る。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020011001109

    「日刊工業新聞」 「とっとりロボットハブ」の模擬製造ラインの説明を受ける関係者ら  鳥取県産業技術センター(鳥取市)は24日、ロボットの生産現場への導入を支援する拠点「とっとりロボットハブ」を米子市の機械素材研究所に開設した。総面積174平方メートルのうち、134平方メートルに、協働、多関節、スカラなどロボット5台による模擬製造ラインを設けた。導入に向けた実証実験ができる公的なロボット拠点の設置は中・四国で初となる。鳥取県の吉村文宏商工労働部長は「鳥取県がロボット先進県と言われるよう取り組みたい」と語り、鳥取県産業技術センターの福岡悟理事長は「工場スマート化に向けた情報のハブに」と期待した。今後、ロボット、人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)といった各種技術セミナーと合わせ、企業のロボット導入・活用を支援し、年間約50社の利用を見込む。利用に向け、協同組合米子鉄工センターの森脇孝理事長は「ロボットを実際に見ながら実証できる良い設備。生産性向上に活用したい」と意気込んだ。=2019(令和元)年12月24日、米子市の機械素材研究所、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  34. 2020011001111

    「日刊工業新聞」 埼玉工業大学が行う自動運転スクールバスの実証実験  埼玉工業大学は23日、自動運転スクールバス(写真)の実証実験を始めた。同大キャンパス(埼玉県深谷市)と最寄り駅のJR岡部駅間の約1・6キロメートルの公道を走る。2020年度以降の本格運行に向け、課題を探る。私立大学のスクールバスが自動運転で公道を走るのは全国初の試みという。当面は既存のスクールバスに加えて臨時便として週1回程度走行する。ドライバーが搭乗する「レベル3」の自動運転とした。使用するバスは日野自動車製のマイクロバス「リエッセII」をベースに自動運転人工知能(AI)を実装。バス車内にはモニターを設置し、高機能センサーのライダーなどで取得したデータの解析結果などを表示する。同日開いた出発式で小島進深谷市長は、21年のNHK大河ドラマの主人公となる渋沢栄一に触れ、「市内にある渋沢栄一記念館と(生地である)『中の家』は歩いて10分程度かかる。再来年には自動運転バスを走らせたい」と述べた。=2019(令和元)年12月23日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  35. 2019121600932

    丸紅が自動走行バス実験  実証実験で自動走行バスの状態が表示された遠隔管理室の画面=16日午後、中部空港

  36. 2019121600915

    丸紅が自動走行バス実験  実証実験で遠隔管理室から自動走行バスの状況を確認、指示するオペレーター=16日午後、中部空港

  37. 2019121600771

    丸紅が自動走行バス実験  実証実験で自動走行するマイクロバス=16日午後、中部空港

  38. 2019121600736

    丸紅が自動走行バス実験  実証実験で自動走行するマイクロバス=16日午後、中部空港

  39. 2019121201833

    移動診療車で通院負担軽減  長野県伊那市などが実証実験で運行させる移動診療車の内部=12日、伊那市

  40. 2019121201830

    移動診療車で通院負担軽減  長野県伊那市などが実証実験で運行させる移動診療車=12日、伊那市

  41. 2020011001108

    「日刊工業新聞」 大阪市立大学の車輪付き杖型ロボットによる歩行案内の実証実験  大阪市立大学大学院工学研究科の今津篤志講師らの研究グループは、杉本キャンパス内(大阪市住吉区)で車輪付きつえ型ロボットによる歩行案内の実証実験を行った。7人の視覚障がい者が体験。利用者自身が目的地を設定できる機能の使い勝手や、急カーブの経路での安全性などを試した。今後はメーカーとの連携も視野に、空港や美術館など混雑した空間での活用を目指す。利用者がつえの部分を持って歩くと、ロボットが車輪のステアリングを自動で行い、目的地まで案内する。あえてロボに自律移動の機能を実装しないことで、利用者が自分で歩くという感覚を大事にしているのが特徴。今回、利用者がカードをかざして目的地を設定できる機能を追加。だが実証を通じて使いづらさが判明したため、今津講師は「音声認識の技術を含め、別の方法で検討したい」と、同機能を改善する考え。早期の実用化を目指すため、26日夜までクラウドファンディングも実施中。目標金額は200万円に設定。調達資金を、充電設備や防水性の高い外装などの開発に充てる。=2019(令和元)年12月12日、大阪市住吉区の大阪市立大学杉本キャンパス内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  42. 2019120601942

    養殖ベニザケを初水揚げ  海面養殖の実証実験用のいけすからベニザケを水揚げする漁協職員ら=6日、北海道根室市

  43. 2019120503575

    荷物運ぶソフトロボット  「アメーバエナジー」が開発した、階段の上り下りができる荷物運搬用「ソフトロボット」の実証実験=5日午後、神奈川県藤沢市

  44. 2019120405322

    新幹線東京駅に探知犬配備  東京五輪・パラリンピックに向けた鉄道の安全対策強化で行われた実証実験で、新幹線改札付近を巡回する探知犬=4日午後、JR東京駅

  45. 2019120405318

    新幹線東京駅に探知犬配備  東京五輪・パラリンピックに向けた鉄道の安全対策強化で行われた実証実験で、新幹線改札付近を巡回する探知犬=4日午後、JR東京駅

  46. 2019112902176

    ロボットの接客でお買い物  ロボットを使った実証実験について説明する大阪大の石黒浩教授=29日、大阪府吹田市

  47. 2019112800005

    五輪意識、乗客検査も実験  都営地下鉄大江戸線新宿西口駅で行われた「ボディースキャナー」の実証実験=25日

  48. 2019112505725

    五輪に備え、新宿で実験  鉄道へのテロ対策強化の実証実験で使用された「ボディースキャナー」=25日午後、東京都新宿区の大江戸線新宿西口駅

  49. 2019112505705

    鉄道テロ対策で実証実験  鉄道へのテロ対策強化の一環で、都営地下鉄大江戸線新宿西口駅で行われた「ボディースキャナー」の実証実験=25日午後

  50. 2019112505701

    五輪に備え、新宿で実験  鉄道へのテロ対策強化の一環で、都営地下鉄大江戸線新宿西口駅で行われた「ボディースキャナー」の実証実験=25日午後

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像