検索結果 41 件中 1 件 〜 41 件 "家庭農場"
  1. 2020031200880

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020031200794

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、収穫したシイタケの選別作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020031200872

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020031200867

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020031200902

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020031200857

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、イチゴの手入れをする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020031200868

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、サクランボの花の間引き作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020031200792

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031200795

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031200874

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031200793

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031200798

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019052400255

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019052400273

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日に撮影した「レーン」による養殖モデルを導入した菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019052400276

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で養殖池の「レーン」から水揚げされ、出荷を待つオオクチバス。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019052400295

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」から水揚げされたオオクチバス。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019052400405

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019052400271

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、これから出荷する「レーン」で養殖した魚を見せるオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん(右)夫婦。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019052400300

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮にある盛江家庭農場の養殖池の「レーン」内で先を争うように餌を食べるオオクチバス。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019052400257

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日に撮影した「レーン」による養殖モデルを導入した菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019052400292

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019052400314

    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市  15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019030502750

    「農村観光+多肉植物栽培」で増収図る河北省巨鹿県  28日、河北省巨鹿県尋虎村晴仁花き家庭農場で、多肉植物の生育状況を観察する農家の薄朝棟(はく・ちょうとう)さん。中国河北省邢台(けいたい)市巨鹿(きょろく)県ではここ数年、特色ある農作物栽培に力を入れている。地元の花き・苗木産業資源の優位性を生かし、農民が多肉植物の生産・研究開発基地とレジャー観光基地を建設するのを奨励し、市場ニーズに合わせて「オンライン」と「オフライン」を組み合わせた販売モデルを推進し、農民の増収を図っている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019013010472

    新春を迎えるビニールハウス  26日、湖北省十堰市鄖陽区柳陂鎮の家庭農場の温室でイチゴ狩りを楽しむ観光客。春節(旧正月)を間近に控え、中国湖北省十堰(じゅうえん)市鄖陽(うんよう)区各地の温室で栽培されているイチゴがこのほど収穫期を迎えた。イチゴ狩りを楽しむ観光客と販売に忙しい農家の活気があふれ、温室内はいっそう春めいた雰囲気に包まれた。(十堰=新華社配信/曹忠宏)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018112119082

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  17日に撮影した浙江省安吉県魯家村を走る観光列車。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/張礼慶)=2018(平成30)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018112118977

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  16日、空から見た浙江省安吉県魯家村。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018112118947

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  16日、浙江省安吉県魯家村で、同村の大工、郭金賢(かく・きんけん)さんが伝統的な技法で製造した「十六擡雕花木轎」(16人で担ぐ彫刻の施されたかご)を見学する観光客。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018112118956

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  16日、空から見た浙江省安吉県魯家村の農場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018112119421

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  16日、空から見た浙江省安吉県魯家村に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018112119326

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  14日、浙江省安吉県魯家村に新しく建てられた施設で、自分のデザインチームが作成した完成予想図を掲げて見せる広東省出身のデザイナー、丁煒(てい・い)さん。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018112119384

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  14日、浙江省安吉県魯家村で、地形模型を眺めながら観光産業の発展計画について話し合う同村の朱仁斌(しゅ・じんひん)党委書記と広東省出身のデザイナー、丁煒(てい・い)さん。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018112119316

    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県  14日、浙江省安吉県魯家村の漢方薬材を栽培する農場で、村民とたんぽぽ(蒲公英)栽培のポイントについて話し合う同村党委書記の朱仁斌(しゅ・じんひん)氏。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018101801325

    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県の「会義家庭農場」で、空から見た小麦の種まきの様子。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018101801352

    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018101801329

    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省臨沂市郯城(たんじょう)県の「会義家庭農場」で、播種機(はしゅき)に小麦の種を入れる農場長の王会義さん(右)。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018101801667

    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018101801502

    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018101801686

    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018060500270

    露地野菜の収穫ピーク河南省西華県  3日、収穫に精を出す宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地の従業員。中国河南省周口市西華県の宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地は近ごろ、カイラン、サイシン、チンゲンサイなどの露地野菜の収穫がピークを迎えた。(西華=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018060500246

    露地野菜の収穫ピーク河南省西華県  3日、収穫に精を出す宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地の従業員。中国河南省周口市西華県の宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地は近ごろ、カイラン、サイシン、チンゲンサイなどの露地野菜の収穫がピークを迎えた。(西華=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018060500292

    露地野菜の収穫ピーク河南省西華県  3日、収穫に精を出す宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地の従業員。中国河南省周口市西華県の宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地は近ごろ、カイラン、サイシン、チンゲンサイなどの露地野菜の収穫がピークを迎えた。(西華=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像