検索結果 37 件中 1 件 〜 37 件 "専門検査"
  1. 2020080303436

    セルビア2都市目の中国支援によるコロナ検査施設が開設  7月30日、セルビア・ニシュに開設された「火眼」実験室で、中国華大基因(BGI)グループのスタッフとビデオを通じて話すセルビアのブルナビッチ首相(手前)。セルビア南東部の都市ニシュで7月30日、新型コロナウイルス専門検査施設「火眼」実験室がオープンした。同国の「火眼」実験室開設は首都ベオグラードに続き2都市目となる。(ニシュ=新華社配信)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303594

    セルビア2都市目の中国支援によるコロナ検査施設が開設  7月30日、セルビア・ニシュに開設された「火眼」実験室を見学するセルビアのブルナビッチ首相(中央)。セルビア南東部の都市ニシュで7月30日、新型コロナウイルス専門検査施設「火眼」実験室がオープンした。同国の「火眼」実験室開設は首都ベオグラードに続き2都市目となる。(ニシュ=新華社配信)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080303242

    セルビア2都市目の中国支援によるコロナ検査施設が開設  7月30日、セルビア・ニシュで開かれた「火眼」実験室の開所式であいさつするセルビアのブルナビッチ首相(手前)。セルビア南東部の都市ニシュで7月30日、新型コロナウイルス専門検査施設「火眼」実験室がオープンした。同国の「火眼」実験室開設は首都ベオグラードに続き2都市目となる。(ニシュ=新華社配信)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303564

    セルビア2都市目の中国支援によるコロナ検査施設が開設  7月30日、セルビア・ニシュで開かれた「火眼」実験室の開所式であいさつする中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使(手前中央)。セルビア南東部の都市ニシュで7月30日、新型コロナウイルス専門検査施設「火眼」実験室がオープンした。同国の「火眼」実験室開設は首都ベオグラードに続き2都市目となる。(ニシュ=新華社配信)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303414

    セルビア2都市目の中国支援によるコロナ検査施設が開設  7月30日、セルビア・ニシュに開設された「火眼」実験室を見学するセルビアのブルナビッチ首相(中央右)。セルビア南東部の都市ニシュで7月30日、新型コロナウイルス専門検査施設「火眼」実験室がオープンした。同国の「火眼」実験室開設は首都ベオグラードに続き2都市目となる。(ニシュ=新華社配信)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062508061

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、北京で初めて運用を開始したエアーテント型「火眼」核酸検査実験室。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062508232

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、北京で初めて運用を開始したエアーテント型「火眼」核酸検査実験室。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020062508236

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント外部から、受け渡し用の小窓越しに材料や消耗品を補充するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020062508252

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントに入るスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020062508298

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントの内部。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062508308

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体のコードを読み取るスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062508296

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、トランシーバーを使い、エアーテントの内部と外部で話し合うスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062508246

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062508099

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062508247

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で自動核酸抽出装置を操作するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062508248

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062508062

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で同僚と話し合う実験室検体センターの責任者(右)。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062508064

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントに入る前に、ゴーグルに曇り止めを塗布するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062508249

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062508301

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で自動核酸抽出装置を操作するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062508309

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部に置かれた検体。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062508241

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントの外部。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062508255

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントの内部で体を消毒するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062508251

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテントの外に向かって「OK」のジェスチャーをするスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062508253

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント型「火眼」核酸検査実験室の外観。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062508306

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント型「火眼」核酸検査実験室の外観。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062508307

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント内部で設備の調整作業をするスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062508303

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント内部で準備作業をするスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062508294

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、北京初となるエアーテント型「火眼」核酸検査実験室。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062508250

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  21日、エアーテント内の自動核酸抽出装置。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020050104818

    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援  25日、CT設備の検収を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020050104885

    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援  25日、イラク側代表とCT設備の検収を行う中国の医療専門家チーム。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020050104884

    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援  25日、イラク・バグダッドのCT検査室で地元医師に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020050104888

    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援  25日、イラクの放射線科医に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020050104861

    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援  25日、イラクの放射線科医に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020050104843

    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援  25日、イラク・バグダッドのCT検査室でイラクの放射線科医に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020050104856

    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援  25日、イラク側にCT設備の検収証書を引き継ぐ中国の医療専門家チーム。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像