検索結果 562 件中 1 件 〜 50 件 "小千谷市"
  1. 2020013104046

    「大型サイド」人口移動報告 都会へ流出、集落存続危機  住宅跡地など空き地が目立つ新潟県小千谷市の首沢集落=1月27日

  2. 2020013104044

    「大型サイド」人口移動報告 都会へ流出、集落存続危機  かつての自宅前に立つ元住民の男性。現在は集落を出て、別の地域で暮らしている=1月27日、新潟県小千谷市

  3. 2019102303300

    中越地震15年、犠牲者追悼  新潟県中越地震から15年となり、慰霊碑に手を合わせる市立東山小の児童たち=23日午後、新潟県小千谷市

  4. 2019102000381

    中越地震15年、慰霊碑清掃  中越地震発生から15年を前に、慰霊碑の清掃をする遺族ら=20日、新潟県小千谷市

  5. 2019091204991

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の一角。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091204985

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の入り口。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019091204993

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある和泉屋養鯉場の野池で、自社ブランドの錦鯉「山吹黄金」に餌を与える同社の間野泉一社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091204977

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で、錦鯉を眺める来場者。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019091204988

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019091204983

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。錦鯉は周りの環境に合わせて成長する特性をもっている。庭の池はもちろん、まだ小さい錦鯉なら室内の水槽でも飼うことができる。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019091204984

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、錦鯉の成長をチェックする同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019091204997

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、成長をチェックするため錦鯉を網ですくい上げる同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019091204961

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉の生産、販売などを手掛ける錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で撮影した錦鯉の稚魚。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019072300020

    「NEWSパーク」 輝く極楽、動きだす竜  仏具「極楽浄土AR」の画面に映し出された阿弥陀如来=6月、新潟県小千谷市の極楽寺

  15. 2019072300002

    「NEWSパーク」 輝く極楽、動きだす竜  法話を可視化する仏具「極楽浄土AR」を竜の彫刻に向ける住職麻田弘潤さん=6月、新潟県小千谷市の極楽寺

  16. 2019061204337

    甲乙A「生活=ワイド」(ア) 思いを伝え、地域つなぐ  旧十二平地区の記憶を伝える石碑の前で、集落の仲間と談笑する鈴木俊郎さん(左)。「これは残る。100年たっても大丈夫」=新潟県小千谷市

  17. 2019050901205

    「新華社」 日本庭園を訪ねて北京国際園芸博覧会  27日、日本庭園の池で泳ぐ、新潟県長岡市と小千谷市の錦鯉。2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)が29日から、中国北京市延慶区で一般公開する。約110カ国・国際機関や120以上の非公式出展者が参加する予定で、各国の展示エリアはその土地ならではの風情を見せている。中でも「庭屋一如(ていおくいちにょ)」の概念に基づいた日本の池泉式庭園は、来場者に伝統美を伝えている。(北京=新華社記者/岳晨星)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019032900567

    「12段用」 地震乗り越えた「平成」町  新潟県小千谷市

  19. 2019032900566

    「12段用」 地震乗り越えた「平成」町  新潟県小千谷市

  20. 2019032900565

    地震乗り越えた「平成」町  新潟県小千谷市

  21. 2019032900564

    地震乗り越えた「平成」町  新潟県小千谷市

  22. 2019032900506

    地震乗り越えた「平成」町  平成1丁目の住居表示=25日、新潟県小千谷市

  23. 2019032900504

    地震乗り越えた「平成」町  平成2丁目にある商店街に掲げられた文字=25日、新潟県小千谷市

  24. 2019032608512

    天皇陛下退位特集・写真特集③平成前半編 行動を通じて象徴像を確立  新潟県中越地震の見舞いに訪れた避難所で、大勢の被災者らに囲まれる天皇、皇后両陛下=2004年11月6日、新潟県小千谷市

  25. 2019031903498

    被災地、戦没者慰霊の旅へ  新潟県中越地震の避難所を訪問され、大勢の被災者に囲まれる天皇陛下=2004年11月6日、新潟県小千谷市

  26. 2018102331307

    新潟県中越地震から14年  新潟県小千谷市で慰霊碑に手を合わせる人たち=23日夕

  27. 2018102324744

    新潟県中越地震から14年  土砂崩れ現場で献花し手を合わせる女性=23日午後、新潟県小千谷市

  28. 2018051100683

    58年カラーニュース 1236-21 田中元首相、久しぶりに地元へ  小千谷大橋の竣工式に臨む田中角栄元首相(手に扇子)=1983(昭和58)年7月27日、新潟県小千谷市

  29. 2018051100679

    58年カラーニュース 1236-18 田中元首相、久しぶりに地元へ  小千谷大橋の竣工式に臨む田中角栄元首相(手に扇子)=1983(昭和58)年7月27日、新潟県小千谷市

  30. 2018050500210

    「列島・北から南から」(関東) ニシキゴイの酒器  新潟県小千谷市の小千谷商工会議所が製作した、ニシキゴイの模様をあしらった酒器

  31. 2018012200023

    「NEWSパーク」 中越地震の被災地見守る  新潟県中越地震以降、地域住民の脚の血栓の有無を調べ続ける榛沢和彦さん(左)=2017年12月2日、新潟県小千谷市

  32. 2018012200021

    「NEWSパーク」 中越地震の被災地見守る  エコー検査で地域住民の脚の血栓の有無を調べる臨床検査技師(右)=2017年12月2日、新潟県小千谷市

  33. 2017102301390

    被災の記憶「次世代に」  新潟県中越地震の犠牲者の慰霊碑に手を合わせる住民=23日午後、新潟県小千谷市

  34. 2017101500508

    衆院選連載企画「焦点区を行く」3回続きの(3) 原発再稼働が焦点―新潟  演説する自民党新人の泉田裕彦氏=15日、新潟県小千谷市

  35. 2017071600291

    2度の地震乗り越える  防災学習で2度の地震体験を語り合う新潟県柏崎市北条地区の親子=6月、新潟県小千谷市

  36. 2017041401480

    「熊本地震1年 続く長期避難」 模索した地区再生  2004年10月、救助の自衛隊ヘリに乗り込む塩谷地区の住民=新潟県小千谷市

  37. 2017041401372

    「12段用」熊本地震1年1㌻特集「熊本地震1年 続く長期避難」 模索した地区再生  新潟県小千谷市・塩谷地区

  38. 2017041401371

    「12段用」熊本地震1年1㌻特集「熊本地震1年 続く長期避難」 模索した地区再生  新潟県小千谷市・塩谷地区

  39. 2017041401370

    熊本地震1年1㌻特集「熊本地震1年 続く長期避難」 模索した地区再生  新潟県小千谷市・塩谷地区

  40. 2017041401369

    熊本地震1年1㌻特集「熊本地震1年 続く長期避難」 模索した地区再生  新潟県小千谷市・塩谷地区

  41. 2017041401343

    「熊本地震1年 続く長期避難」 模索した地区再生  小学生3人が犠牲となった新潟県小千谷市塩谷地区の慰霊碑でろうそくをともす人たち=2016年10月

  42. 2016122800203

    「12段用」 火災で2人心肺停止  新潟県小千谷市の現場

  43. 2016122800201

    「12段用」 火災で2人心肺停止  新潟県小千谷市の現場

  44. 2016122800200

    火災で2人心肺停止  新潟県小千谷市の現場

  45. 2016122800199

    火災で2人心肺停止  新潟県小千谷市の現場

  46. 2016102300463

    新潟県中越地震から12年  新潟県小千谷市のメモリアルパークで献花し、手を合わせる泉田裕彦知事=23日

  47. 2016102300430

    新潟県中越地震から12年  小学生3人が犠牲となった新潟県小千谷市塩谷地区の慰霊碑で手を合わせる人たち=23日夕

  48. 2016102300429

    新潟県中越地震から12年  小学生3人が犠牲となった新潟県小千谷市塩谷地区の慰霊碑でろうそくをともす人たち=23日夕

  49. 2015102300726

    被災各地で追悼行事  小学生3人が亡くなった塩谷地区で、慰霊碑に手を合わせる人たち=23日夜、新潟県小千谷市

  50. 2015102300433

    被災各地で追悼行事  新潟県中越地震で皆川優太君が救出された現場近くにある、メモリアルパークで手を合わせる泉田裕彦新潟県知事=23日午後、新潟県小千谷市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像