検索結果 11 件中 1 件 〜 11 件 "山脈一帯"
  1. 2018020500882

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  1月19日、自身が建てた撮影用の小屋で撮影を行う中国陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の「鳥ガイド」華英さん。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2018020500910

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、生産した黒米を梱包する陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村合作社の加入者。草壩村で村民の共同出資により設立された合作社は、有機農産物ブランド「トキ湖」の強化に情熱を傾けており、有機農産物の厳格な生産管理体制に基づき、標準化された生産を行っている。「トキ湖」ブランドの有機農産物は現時点で、北京・上海・広州・天津など国内20数都市で2月2日】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2018020500896

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に上空から撮影した陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の黒米生産基地。草壩村には、村全体で有機栽培をする田んぼが2300ムー(1ムー=約667平方メートル)、アブラナ生産基地が4600ムー、サクランボ畑が300ムーある。年間生産量は有機栽培米が800トン強、菜種油・ごま油が260トン、高品質野菜が500トン強と、複数の作物を並行して有機栽培することで良好な発展を続けている。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)  =2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2018020500901

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に上空から撮影した陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の全景。草壩村は、統一的な計画により土地の無駄を大量に減らし、美しい村の手本として有名になった。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2018020500887

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、顧客に村特産の黒米月餅を郵便で発送する陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の電子商取引販売部門の王庚経理。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2018020500886

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の梨園で梨狩りをする観光客。草壩村には、3800ムー(1ムー=約667平方メートル)に及ぶ認証を受けた有機栽培梨の果樹園があり、1ムー当たりの産出額は600万元(1元=約17円)に上る。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2018020500906

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に撮影された陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の田んぼでエサを探すトキ。 【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明) =2017(平成29)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019052400636

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  無数の花粉管が花柱に入り、最終的に胚珠に到達して受精する様子。(2013年11月15日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2013(平成25)年11月15日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019052400573

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  乾燥している時の距薬姜の花の内部。写真から、花の柱頭やおしべの葯(やく)の位置、顆粒状の花粉が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019052400572

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  雨に濡れた後の距薬姜の花の内部。花粉がおしべの葯で発芽した後の糸状の構造が確認できる。(2012年10月29日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2012(平成24)年10月29日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019052400630

    中国の科学者、被子植物の水媒受精メカニズムを初めて確認  ショウガ科の「距薬姜」の花序。(2010年7月14日撮影)中国の科学者はショウガ科の「距薬姜」(Cautleyagracilis)を通じて、被子植物の水媒による受精メカニズムを初めて発見した。研究成果はこのほど、英科学誌「NewPhytologist」に掲載された。論文の筆頭著者で、中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園植物進化生態研究チーム博士課程生の范永立(はん・えいりつ)氏によると、距薬姜の開花時期は6~8月で、分布地域である横断山脈一帯で最も降雨が集中する季節に当たる。晴天下ではこの植物の花粉は顆粒状だが、花粉を媒介する送粉者のいる個体群は少数で、多くの個体群には送粉者がおらず、主に不完全な自家受粉によって少量の種子を作り出す。雨天では送粉者が不足するが、雨水が花粉を湿らせることで花粉の発芽や花粉管の伸長を引き起こし、花粉管の一部がそばの柱頭まで伸び、精子が花粉管を通って胚珠に到達する。このようにして雨水の媒介による受精が行われていたことが、今回明らかになった。(昆明=新華社配信/范永立氏提供)=2010(平成22)年7月14日、クレジット:范永立氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像