検索結果 92 件中 1 件 〜 50 件 "山西省臨"
  1. 2020081205485

    黄河壺口瀑布風景区が再開山西省臨汾市  10日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区で、壮大な瀑布群を観賞する観光客。中国山西省と陝西省の省境に位置する黄河壺口瀑布風景区が10日、観光客の受け入れを再開し、壮大な瀑布群が人々を魅了した。同風景区は降雨による増水がピークに達したことから、一時的に閉鎖されていた。同風景区は見回りを強化するとともに、増水で壊れた防護柵の改修や警告サインを増やすなどして、観光客の安全確保に努めている。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081205420

    黄河壺口瀑布風景区が再開山西省臨汾市  10日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区で、壮大な瀑布群を観賞する観光客。中国山西省と陝西省の省境に位置する黄河壺口瀑布風景区が10日、観光客の受け入れを再開し、壮大な瀑布群が人々を魅了した。同風景区は降雨による増水がピークに達したことから、一時的に閉鎖されていた。同風景区は見回りを強化するとともに、増水で壊れた防護柵の改修や警告サインを増やすなどして、観光客の安全確保に努めている。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081205490

    黄河壺口瀑布風景区が再開山西省臨汾市  10日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区で、壮大な瀑布群を観賞する観光客。中国山西省と陝西省の省境に位置する黄河壺口瀑布風景区が10日、観光客の受け入れを再開し、壮大な瀑布群が人々を魅了した。同風景区は降雨による増水がピークに達したことから、一時的に閉鎖されていた。同風景区は見回りを強化するとともに、増水で壊れた防護柵の改修や警告サインを増やすなどして、観光客の安全確保に努めている。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080100575

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔身に施された瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080100556

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  飛虹塔は八角十三層で、高さ47・31メートル。塔身は青れんが造りで、各層に軒がある。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080100515

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  そよ風に涼やかな音を奏でる軒隅の風鐸(ふうたく)。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080100468

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  山西省臨汾市洪洞県の広勝寺にそびえる美しい瑠璃塔「飛虹塔」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080100602

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  美しい花の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081204537

    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市  山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発が栽培したイチジク。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080100617

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔の最上部を飾る鉄製の相輪(そうりん)。風磨銅と呼ばれる銅の装飾をはめ込んでいる。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080100688

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080100586

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻で美しい塔身の装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080100506

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  長い年月を経てもなお、往時の彩りを残す瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081204567

    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市  山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培ハウス内で稼働中の農作物自動管理システム。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081204634

    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市  山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培用のビニールハウス。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020081204530

    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市  山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培ハウス内で作業する農家。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080100655

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔身が黄、緑、青色の瑠璃瓦で装飾された飛虹塔。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080100651

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  隅棟に施された仙人の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020080100548

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020081204513

    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市  山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発が栽培したイチジク。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072700450

    移民の故郷「洪洞大槐樹」、祖先祭祀体験で伝統文化に触れる  山西省臨汾市の洪洞大槐樹景勝区。(資料写真)中国山西省臨汾市洪洞(こうどう)県にはエンジュの古木があり、移民の歴史を伝える史跡として知られている。明王朝時代に百万人近い移民が同地から隊列を組んで出発し、中原(黄河中下流の平原地帯)各地域に移り住んだという。夏休みシーズンには祖先を祭る儀式の体験イベントが開かれ、多くの観光客が伝統文化の魅力に触れることができる。(洪洞=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020073006134

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある民宿の敷地内を散策する観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020073006259

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020073006163

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  22日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の森の中に立ち並ぶコテージ。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020073006131

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020073006124

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村での撮影スポット。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020073006279

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある薬茶文化体験館の前で、写真を撮る観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020073006271

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の薬茶文化体験館で、茶葉を炒る村の人。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020073006255

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の電子商取引(EC)サービスステーションで、商品を並べる従業員。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020073006218

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントの会場。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020073006150

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村のあずまやで休む観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020073006277

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントで、茶葉を炒る選手。闘茶とは茶の種類や産地を当てるゲームのこと。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072700588

    移民の故郷「洪洞大槐樹」、祖先祭祀体験で伝統文化に触れる  山西省臨汾市の洪洞大槐樹景勝区で祖先祭祀の儀式を体験する観光客。(7月6日撮影)中国山西省臨汾市洪洞(こうどう)県にはエンジュの古木があり、移民の歴史を伝える史跡として知られている。明王朝時代に百万人近い移民が同地から隊列を組んで出発し、中原(黄河中下流の平原地帯)各地域に移り住んだという。夏休みシーズンには祖先を祭る儀式の体験イベントが開かれ、多くの観光客が伝統文化の魅力に触れることができる。(洪洞=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072700657

    移民の故郷「洪洞大槐樹」、祖先祭祀体験で伝統文化に触れる  山西省臨汾市の洪洞大槐樹景勝区で祖先祭祀の儀式を体験する観光客。(7月6日撮影)中国山西省臨汾市洪洞(こうどう)県にはエンジュの古木があり、移民の歴史を伝える史跡として知られている。明王朝時代に百万人近い移民が同地から隊列を組んで出発し、中原(黄河中下流の平原地帯)各地域に移り住んだという。夏休みシーズンには祖先を祭る儀式の体験イベントが開かれ、多くの観光客が伝統文化の魅力に触れることができる。(洪洞=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042003090

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020042003185

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑で楽しむ観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020042003083

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑で撮影する観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020042003243

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑で撮影する観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020042003076

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020042003025

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑を訪れる観光客。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020042003020

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020042003224

    菜の花畑が農村の振興を後押し山西省  16日、山西省臨汾市襄汾県黄崖村に広がる菜の花畑で散策する観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県黄崖村でこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が見頃を迎え、多くの観光客が見学に訪れている。同村はここ数年、「黄花経済観賞区」開発プロジェクトを打ち立て、生態環境を向上させながら村民に安定的な雇用と増収をもたらしている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020042301675

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  15日、「玉露香梨」を栽培するナシ園で、ナシの花に花粉を付ける峪里村の人。(小型無人機から)中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020042301700

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  15日、「玉露香梨」を栽培するナシ園で、ナシの花に花粉を付ける峪里村の人。(小型無人機から)中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020042301775

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  15日、峪里村のアスファルトの道路を走るバイク。(小型無人機から)中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020042301780

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  15、峪里村の人たちがかつて暮らしていた窯洞。(小型無人機から)中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020042301703

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  15日、「玉露香梨」を栽培するナシ園で、ナシの花に花粉を付ける峪里村の人。(小型無人機から)中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020042301680

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  15日、自身が経営する農家民宿で、庭先を掃除する村の人。中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020042301684

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  14日、ナシ園でナシの花の生育状況をチェックする峪里村の人。中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042301683

    貧困から脱却した黄土高原の山村を訪ねて山西省  14日、貧困からの脱却を果たした峪里村。(小型無人機から)中国山西省臨汾市隰県の峪里村はかつて、外界からほぼ閉ざされた黄土高原の山村だった。しかし、貧困扶助事業が推進されてから、同省産のナシの新品種「玉露香梨」を主とするナシ産業を貧困から脱却させ、豊かにさせるための主導産業として発展させてきた。また、伝統的な洞穴式住居、窯洞(ヤオトン)の改造、道路の補修および太陽光発電プロジェクトによって、貧困からの脱却を果たした同村の景観も、大きく様変わりした。(隰県=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像