検索結果 2,173 件中 1 件 〜 50 件 "山西省"
  1. 2020080100575

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔身に施された瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080100556

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  飛虹塔は八角十三層で、高さ47・31メートル。塔身は青れんが造りで、各層に軒がある。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080100515

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  そよ風に涼やかな音を奏でる軒隅の風鐸(ふうたく)。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080100468

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  山西省臨汾市洪洞県の広勝寺にそびえる美しい瑠璃塔「飛虹塔」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080100602

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  美しい花の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080100506

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  長い年月を経てもなお、往時の彩りを残す瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080100617

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔の最上部を飾る鉄製の相輪(そうりん)。風磨銅と呼ばれる銅の装飾をはめ込んでいる。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080100586

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻で美しい塔身の装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080100688

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080100548

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080100655

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔身が黄、緑、青色の瑠璃瓦で装飾された飛虹塔。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080100651

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  隅棟に施された仙人の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020073006127

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020073006126

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020073006270

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の塔身に施された瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020072700718

    中国、「資源3号03」など衛星3基の打ち上げに成功  中国は25日午前11時13分(日本時間午後0時13分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号B」を使い、高解像度立体観測衛星「資源3号03」など衛星3基を打ち上げた。衛星は無事、予定の軌道に投入された。(太原=新華社配信/鄭逃逃)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020072700727

    中国、「資源3号03」など衛星3基の打ち上げに成功  中国は25日午前11時13分(日本時間午後0時13分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号B」を使い、高解像度立体観測衛星「資源3号03」など衛星3基を打ち上げた。衛星は無事、予定の軌道に投入された。(太原=新華社配信/鄭逃逃)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020072701053

    中国、「資源3号03」など衛星3基の打ち上げに成功  中国は25日午前11時13分(日本時間午後0時13分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号B」を使い、高解像度立体観測衛星「資源3号03」など衛星3基を打ち上げた。衛星は無事、予定の軌道に投入された。(太原=新華社配信/鄭逃逃)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020072700450

    移民の故郷「洪洞大槐樹」、祖先祭祀体験で伝統文化に触れる  山西省臨汾市の洪洞大槐樹景勝区。(資料写真)中国山西省臨汾市洪洞(こうどう)県にはエンジュの古木があり、移民の歴史を伝える史跡として知られている。明王朝時代に百万人近い移民が同地から隊列を組んで出発し、中原(黄河中下流の平原地帯)各地域に移り住んだという。夏休みシーズンには祖先を祭る儀式の体験イベントが開かれ、多くの観光客が伝統文化の魅力に触れることができる。(洪洞=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020073006259

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020073006134

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある民宿の敷地内を散策する観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072701069

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、雨の大汖村。石臼が見える。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072700947

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村の古民家。すでに人は住んでいない。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072700940

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村の民家の石造りの丸天井。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020072700955

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村の一角。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020072909404

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、奥深く続く駱駝道村の小道。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020072909345

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、駱駝道村の石段。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072909326

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、駱駝道村に残る古い中庭。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072909334

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、駱駝道村の古い建物。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072700912

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村にある売店の看板。近年観光客が増え、村民は新たな収入源を得た。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072700919

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、山奥に位置する大汖村に続く道。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072700946

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村の入り口の小道。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072700878

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、修繕を経た大汖村の古民家。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072700897

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、山に沿うようにして建てられた大汖村の伝統的民家。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072701046

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村の一角。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072909329

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、駱駝道村の古い建物。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072909311

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、雨の駱駝道村。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072701064

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村で見られる典型的な石垣。整然と石が築かれている。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072700888

    中国伝統村落「大汖村」、人と自然が調和する郷土建築山西省  22日、大汖村に住む老人が手作りした食べ物。中国山西省陽泉市孟県の梁家寨郷に位置する大汖(たいしょう)村は、国の第2次中国伝統村落リストに登録されている。村全体が山々に囲まれ、民家は山に沿って重なるように建ち、窓を開けると遠くの山々が見渡せる。自然に溶け込んだ同村の郷土建築は独特な雰囲気を持ち、天と人間は一体であるという「天人合一」の考えを体現している。民家の建築には地元の材料が使われ、多くは黄土と石を使って建てられている。同村には現在、17人が暮らしている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072909324

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、家畜などをつないでおく石。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020072909328

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、対聯(門などに貼る縁起の良い対句)が貼られたままとなった古民家の門。今は空き家となっている。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020072909460

    明清時代の面影を色濃く残す駱駝道村山西省  22日、駱駝道村の数百年前の地下倉庫兼家畜小屋。中国山西省陽泉市孟県梁家寨郷を流れる滹沱河(こだが)北部の牛道溝内に位置する駱駝道村は、国の第5次中国伝統村落リストに登録されている。同村は今もなお、当時の姿を比較的良好に保っている。住居は山に沿うように建てられ、路地は横方向に3本、縦方向に4本延び、通り行き止まりがない。また、村内の古い中庭はほとんどが元の状態で保存されており、建物は明清時代のものが多い。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020073006163

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  22日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の森の中に立ち並ぶコテージ。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020073006131

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020073006124

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村での撮影スポット。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072703288

    唐代の木造建築、広仁王廟大殿を訪ねて山西省運城市  大規模修復中の広仁王廟大殿。(資料写真)中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県の県城(県政府所在地)から北3キロの古魏鎮中竜泉村に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広仁王廟がある。大殿は中国に現存する最古の木造道教建築で、国内に数棟しか残されていない唐代木造建築の一つでもある。広仁王廟大殿は唐の大和5(831)年に創建され、千年以上の風雨により激しく破損していたが、2013年6月に地元文化財部門による大規模修復工事が実施された。工期は1年半に及び、今では大殿とその正面にある清代の舞台の修繕が完了している。(運城=新華社記者/王学濤)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020073006271

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の薬茶文化体験館で、茶葉を炒る村の人。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020073006255

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の電子商取引(EC)サービスステーションで、商品を並べる従業員。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020073006279

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある薬茶文化体験館の前で、写真を撮る観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072700483

    みんなの夢を乗せて30年天津市と山西省結ぶ「幸福列車」  20日、石家荘北駅で下車したK5203号列車の乗客。中国天津市から山西省長治市潞城(ろじょう)区へ向かうK5203号列車は、片道の運行距離が813キロメートル、所要時間が約13時間。運行区間には23駅が設けられ、太行山脈に位置する河北省の武安、磁山、陽邑(ようゆう)、井店、渉県、山西省の黎城、潞城の七つの「山地の町」を経由して、天津から山西省潞城区へ向かう唯一の直行列車として知られる。同列車は1980年代の開通以来、計170万人の人口を持つ七つの町に乗車サービスを提供してきた。仕事や勉強のために太行山脈地域から天津や石家荘などの大都市へ向かう乗客の夢を乗せ、人々の移動を支える「幸福列車」となっている。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像