検索結果 972 件中 1 件 〜 50 件 "岡山県倉敷市真備町"
  1. 2020011606999

    「阪神大震災25年」 「悲しみ忘れない」  阪神大震災の追悼行事会場に届いた、岡山県倉敷市真備町地区からの竹灯籠=16日午後、神戸市中央区の東遊園地

  2. 2020010804849

    キャンドルともし復興願う  岡山県倉敷市真備町地区で、被災した地域住民らが復興の願いを込めてともしたキャンドル=8日夜

  3. 2020010802850

    1年半ぶり本校舎で始業式  約1年半ぶりに元の校舎に戻った川辺小の児童=8日午前、岡山県倉敷市真備町地区

  4. 2020010802434

    1年半ぶり本校舎で始業式  岡山県倉敷市真備町地区の川辺小で開かれた始業式=8日午前

  5. 2020010802419

    1年半ぶり本校舎で始業式  約1年半ぶりに川辺小の本校舎に登校する児童=8日午前、岡山県倉敷市真備町地区

  6. 2020010802418

    1年半ぶり本校舎で始業式  約1年半ぶりに川辺小の本校舎に登校する児童=8日午前、岡山県倉敷市真備町地区

  7. 2020010802417

    1年半ぶり本校舎で始業式  約1年半ぶりに川辺小の本校舎に登校する児童=8日午前、岡山県倉敷市真備町地区

  8. 2020010703994

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨の浸水高を示す外壁に引かれたテープ(右)と守屋美雪さん=岡山県倉敷市真備町地区

  9. 2020010703990

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨を受け、集会所前に立てられた浸水高を示す約5㍍の竹=岡山県倉敷市真備町地区

  10. 2020010703823

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨を受け、集会所前に立てられた浸水高を示す約5㍍の竹=岡山県倉敷市真備町地区

  11. 2020010703272

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  岡山県倉敷市真備町地区・守屋美雪さんが引いたライン、集会所の竹、まび記念病院

  12. 2020010703269

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  岡山県倉敷市真備町地区・守屋美雪さんが引いたライン、集会所の竹、まび記念病院

  13. 2020010500176

    被災集会所、復旧進まず  西日本豪雨で被災した宮田団地集会所を掃除する大重久誉さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  14. 2020010500175

    被災集会所、復旧進まず  西日本豪雨で被災した宮田団地集会所を掃除する大重久誉さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  15. 2020010500170

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で自宅が全壊、同じ場所で再建中の黒木ともこさん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  16. 2020010500169

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で被災した自宅を修繕した中西冨美子さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  17. 2020010500167

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で被災した自宅を修繕した中西冨美子さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  18. 2020010500157

    退去者8割、地元で再起  岡山県倉敷市真備町地区

  19. 2020010500156

    「12段用」 退去者8割、地元で再起  岡山県倉敷市真備町地区

  20. 2020010500155

    「12段用」 退去者8割、地元で再起  岡山県倉敷市真備町地区

  21. 2020010500154

    退去者8割、地元で再起  岡山県倉敷市真備町地区

  22. 2019121503457

    杉さんら被災地訪問  講演のため、岡山県倉敷市真備町地区を訪れた杉良太郎さんと伍代夏子さん=15日

  23. 2019121503456

    杉さんら被災地訪問  岡山県倉敷市真備町地区を訪れ、被災者と記念撮影する杉良太郎さん(中央左)と伍代夏子さん(同右)=15日

  24. 2019121503455

    杉さんら被災地訪問  岡山県倉敷市真備町地区を訪れ、講演を終えた杉良太郎さんと伍代夏子さん=15日

  25. 2019121700145

    「山陽新聞」 竹にともした復興の光 倉敷市真備町  復興への願いを込め、竹を使ったイルミネーションで彩られた会場。奧が浸水深と同じ高さのツリー。昨年の西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区の復興を願い、特産の竹を使ったイルミネーションが13日、マービーふれあいセンター(同町箭田)で始まった。約300本の竹(高さ30~130センチ)に大小の穴を開け、内側からLED(発光ダイオード)で照らし出した。竹はオブジェのように並び、柔らかな光で会場を包んだ。中央に立ったツリーの高さは、市真備支所(同所)の浸水深と同じ約4・5メートルで「水害の記憶を継承し、復興に向かって歩んでいく」思いを込めた。=2019(令和元)年12月13日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  26. 2019120503591

    気象災害、日本が最悪  西日本豪雨で冠水した岡山県倉敷市真備町地区=2018年7月8日

  27. 2020011401933

    「山陽新聞」 真備町地区の仮設住宅 西日本豪雨1年半  倉敷市真備町地区に並ぶ仮設住宅。岡山県内では今なお2千世帯4970人が仮設暮らしを余儀なくされている。岡山県に戦後最大級の水害をもたらした西日本豪雨は6日で発生から1年半。県内の被災地では、住宅改修や店舗再開など復興に向けた懸命な取り組みが続くが、甚大な被害の傷跡はいまだ癒えない。なおも2000世帯4970人が仮設住宅での暮らしを余儀なくされており、生活再建への歩みは格差が広がりつつある。=2019(令和元)年11月21日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  28. 2020011401942

    「山陽新聞」 水害低減へ「田んぼダム」倉敷市検討  雨量計(中央)を設置し、「田んぼダム」の実証実験を行った水田=倉敷市真備町地区。西日本豪雨で甚大な浸水被害に見舞われた倉敷市は、水田に雨をためることで水害を抑える「田んぼダム」の導入を検討している。大規模なハード整備を必要とせず、比較的すぐに始められるのがメリットで、他県では効果を上げている自治体もある。一方、長期間にわたって大勢の農家に取り組んでもらうことが不可欠で、実現にはハードルもある。=2019(令和元)年11月11日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  29. 2019092100596

    温暖化被害回避へ変革を  西日本豪雨による川の堤防決壊で浸水した学校。温暖化が進むと豪雨が増えると予測されている=2018年7月、岡山県倉敷市真備町地区

  30. 2019091906225

    共同住宅に避難スペース  リフォーム予定のアパートと津田由起子さん=岡山県倉敷市真備町地区

  31. 2019091905920

    「12段用」 共同住宅に避難スペース  岡山県倉敷市真備町地区「共同住宅にリフォームするアパート(計画)」

  32. 2019091905917

    「12段用」 共同住宅に避難スペース  岡山県倉敷市真備町地区「共同住宅にリフォームするアパート(計画)」

  33. 2019091905914

    共同住宅に避難スペース  岡山県倉敷市真備町地区「共同住宅にリフォームするアパート(計画)」

  34. 2019091905909

    共同住宅に避難スペース  岡山県倉敷市真備町地区「共同住宅にリフォームするアパート(計画)」

  35. 2019091808391

    インフラ対策着実に進める  岡山県倉敷市真備町地区で整備状況の説明を受ける赤羽国交相(手前右から3人目)=18日午後

  36. 2019091808386

    インフラ対策着実に進める  昨年の西日本豪雨による被災箇所を視察する赤羽国交相(中央)=18日午後、岡山県倉敷市真備町地区

  37. 2019091806016

    被災の影響浮き彫りに  家屋の解体が進み更地が目立つ岡山県倉敷市真備町地区=7月

  38. 2019091806012

    被災の影響浮き彫りに  西日本豪雨で泥水に漬かった岡山県倉敷市真備町地区=2018年7月

  39. 2019090405239

    西日本豪雨被災者が支援  佐賀県大町町の避難所で炊き出しをする岡山県倉敷市真備町地区の住民ら=4日午後

  40. 2019090405236

    西日本豪雨被災者が支援  岡山県倉敷市真備町地区の住民らが佐賀県大町町の避難所で行った炊き出し=4日午後

  41. 2019082005121

    「山陽新聞」 豪雨の濁流生き延びた馬に赤ちゃん  母親のリーフ(右)に寄り添い、愛らしい姿を見せる「嵐(ラン)」。西日本豪雨の濁流を奇跡的に生き延びた介護老人保健施設・ライフタウンまび(倉敷市真備町箭田)のミニチュアホース・リーフ(10歳、雌)に16日未明、待望の赤ちゃんが誕生した。豪雨で最愛の子馬を失った悲しみを乗り越えて出産。母子ともに健康で、職員や利用者が「よく頑張ったね」「おめでとう」と祝福した。子馬は体高60センチ、体重18キロの雌。この日朝、出勤前に立ち寄った男性職員がリーフに寄り添う姿を見つけた。定点カメラの映像から、生まれたのは台風10号の強風に見舞われていた午前3時ごろとみられる。子馬は台風の中で生まれた経緯と、豪雨などの困難に負けない馬に―との願いから「嵐」と命名された。=2019(令和元)年8月16日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 

  42. 2019081301366

    甲乙A「生活=災害弱者を守るには」3回続きの(中)の(ア) おむつや服は大きめ準備  岡山県倉敷市真備町地区の避難所で過ごす子どもたち=2018年7月

  43. 2019071300787

    総おどり、2年ぶりに復活  「真備・船穂総おどり」で、振り付けを舞いながら練り歩く参加者=13日、岡山県倉敷市真備町地区

  44. 2019071300630

    総おどり、2年ぶりに復活  「真備・船穂総おどり」で、振り付けを舞いながら練り歩く参加者=13日、岡山県倉敷市真備町地区

  45. 2019070903253

    被災住民「どこに帰れば」  高馬川の堤防に立つ山下篤志さん。拡幅工事のため、かつて自宅があった土地は堤防の一部になった=岡山県倉敷市真備町地区

  46. 2019070903252

    被災住民「どこに帰れば」  高馬川の堤防に立つ山下篤志さん。拡幅工事のため、かつて自宅があった土地は堤防の一部になった=岡山県倉敷市真備町地区

  47. 2019070903250

    被災住民「どこに帰れば」  高馬川の堤防に立つ山下篤志さん。拡幅工事のため、かつて自宅があった土地は堤防の一部になった=岡山県倉敷市真備町地区

  48. 2019070800034

    「12段用」 豪雨被災地で窃盗相次ぐ  岡山県倉敷市真備町地区

  49. 2019070800033

    「12段用」 豪雨被災地で窃盗相次ぐ  岡山県倉敷市真備町地区

  50. 2019070800032

    豪雨被災地で窃盗相次ぐ  岡山県倉敷市真備町地区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像