検索結果 127 件中 1 件 〜 50 件 "岡山県笠岡市"
  1. 2020072802272

    卓球女子シングルスで優勝した松崎若葉 岡山県笠岡市  卓球女子シングルスで優勝した松崎若葉=笠岡総合体育館。岡山県高校総体の代替大会(県高体連など主催)は19日、岡山市などで4競技が行われ、3年生のみで争う卓球の個人シングルスで、女子は松崎若葉(就実)が優勝した。=2020(令和2)年7月19日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  2. 2020061010799

    クラフトビールで島おこし  岡山県笠岡市・六島 「12段用」「@山陰山陽」

  3. 2020061010794

    クラフトビールで島おこし  岡山県笠岡市・六島 「12段用」「@山陰山陽」

  4. 2020061010788

    クラフトビールで島おこし  岡山県笠岡市・六島 「@山陰山陽」

  5. 2020061010783

    クラフトビールで島おこし  岡山県笠岡市・六島 「@山陰山陽」

  6. 2020061010736

    クラフトビールで島おこし ビールを仕込む井関さん  「六島浜醸造所」でビールを仕込む代表の井関竜平さん=岡山県笠岡市の六島 「@山陰山陽」

  7. 2020061010732

    クラフトビールで島おこし 井関竜平さん  ビールを見せる「六島浜醸造所」代表の井関竜平さん=岡山県笠岡市の六島 「@山陰山陽」

  8. 2020060900465

    麦わら帽子作りが本格化 岡山県笠岡市  夏本番を前に本格化している麦わら帽子作り。夏本番を前に、岡山県笠岡市の帽子メーカーで麦わら帽子作りが本格化。職人たちが手作業で縫製や飾り付けなどに追われている。メーカーは笠岡市小平井の石田製帽。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて取引先が臨時休業したため4月半ばから生産を止めていたが、5月18日に再開。職人たちは麦わらなどで編んだひもを渦巻き状に縫ったり、リボンなどの装飾を施したりしている=2020(令和2)年5月27日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  9. 2020033105112

    「セミの寿命1週間は俗説」の植松蒼さん 岡山県笠岡市  セミの調査などに取り組んだ場所で思い出を振り返る植松さん=岡山県笠岡市笠岡、古城山公園。「セミの寿命1週間は俗説!」。そんな話題が昨年、山陽新聞の紙面やインターネットのニュースサイトをにぎわせた。笠岡高の植松蒼さん(18)の研究を紹介した記事だ。ほかにも昆虫に関する調査活動で注目されてきた植松さんは今春、高校を卒業し、高知大に進学する。笠岡市を離れる前に、探求心と〝昆虫愛〞にあふれた少年時代からのエピソードを聞いた。=2020(令和2)年3月18日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  10. 2020011401940

    カブトガニ博物館 開館30周年 岡山県笠岡市  開館から30周年を迎える笠岡市立カブトガニ博物館の展示室。個体の成長過程などを学べる。笠岡市立カブトガニ博物館(同市横島)が今春、開館30周年を迎える。周辺の繁殖地で激減していたカブトガニを守ろうと幼生の放流などを続け、生息数の回復に一定の成果を上げてきた。とはいえ目的の達成は道半ばで、保護を訴える啓発活動と合わせ、息の長い取り組みが求められている。=2020(令和2)年1月4日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  11. 2019111803312

    ガザミ(ワタリガニ)漁が本格化 岡山県笠岡市沖  漁が本格化し笠岡市沖で捕れたガザミ。〝冬の味覚〞として知られるガザミ(ワタリガニ)の底引き網漁が今月に入り、岡山県の笠岡市や浅口市沖で本格化している。=2019(令和元)年11月16日、岡山県笠岡市沖、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  12. 2019111200682

    石川怜奈がプロテスト合格 女子ゴルフ JFE瀬戸内海GC=岡山県笠岡市  8位で合格を果たし、ホールアウト後に笑顔を見せる石川怜奈=JFE瀬戸内海GC。日本女子プロゴルフ協会の最終プロテストは8日、笠岡市のJFE瀬戸内海GC(6398ヤード、パー72)で最終ラウンドがあり、2位で出た岡山・作陽高出の石川怜奈が通算3アンダー、285の8位で合格した。=2019(令和元)年11月8日、JFE瀬戸内海GC=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  13. 2019111200686

    石川怜奈(岡山・作陽高出)女子ゴルフ JFE瀬戸内海GC=岡山県笠岡市  第3ラウンドで2位につけた石川怜奈=JFE瀬戸内海GC。日本女子プロゴルフ協会の最終プロテストは7日、笠岡市のJFE瀬戸内海GC(6398ヤード、パー72)で第3ラウンドがあり、首位で出た岡山・作陽高出の石川怜奈は2位に後退したものの、一つスコアを伸ばし、通算7アンダーの209とした。=2019(令和元)年11月7日、JFE瀬戸内海GC=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  14. 2020070111307

    笠岡市に譲渡される農道離着陸場 岡山県笠岡市  岡山県から笠岡市に譲渡されることが決まった農道離着陸場=同市カブト西町。笠岡市は23日、笠岡湾干拓地にある農道離着陸場(同市カブト西町、愛称・笠岡ふれあい空港)について、所有する県から無償譲渡されることが決まったと明らかにした。=2019(令和元)年10月17日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  15. 2019091704954

    超小型電気自動車で実証調査 北木島=岡山県笠岡市  住民を乗せ、海沿いの道を走るグリーンスローモビリティ=北木島。笠岡市は13日、笠岡諸島で超小型電気自動車「グリーンスローモビリティ」の実証調査を始めた。公共交通が乏しい島での高齢者や観光客の移動手段としての有効性を探るため、北木島と高島で26日まで運行し、利用状況を調べる。国土交通省が2018年度に各地でスタートさせた同調査事業が島しょ部のみで行われるのは全国初。=2019(令和元)年9月13日、北木島=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2019(令和元)年9月13日、北木島=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  16. 2019082901666

    県境またぎ共同事業  広島県福山市、三原市、尾道市、府中市、世羅町、神石高原町、岡山県笠岡市、井原市 1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第11回「圏域構想」

  17. 2019082901664

    県境またぎ共同事業  広島県福山市、三原市、尾道市、府中市、世羅町、神石高原町、岡山県笠岡市、井原市 1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第11回「圏域構想」

  18. 2019080903380

    大宮工業の半導体・電子部品製造装置のデモルーム  大宮工業(広島県福山市)は、岡山事業所(岡山県笠岡市)内にある半導体・電子部品製造装置のデモルームを新装した。面積を従来比約4・8倍に拡大。顧客に実機の操作性や生産性、保守性を確認・評価してもらい、装置導入につなげる。機密保持のため、顧客がサンプルを持ち込みテストするケースも増加しており、集中してテストできる体制を整えた。大宮工業はシリコンウエハーなどの保護テープ貼り付け装置・剥離装置、フィルムを硬化させる紫外線(UV)照射機、ウエハー拡張機、洗浄したウエハーの乾燥機などを開発製造する。開発、試作から少量生産、量産までに対応する。デモルームの広さは約430平方メートル。今回はマニュアル機、フルオート機など合計27台の装置を配置した。ウエハーサイズは最大12インチ。装置を設置した床面と装置周辺の囲いは帯電防止材を使い静電気を防ぐ。従来のデモスペースは生産現場の出入り口に近く、社員の出入りも多かったため配置を変更した。=2019(令和元)年7月11日、岡山県笠岡市の大宮工業岡山事業所、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  19. 2019070800805

    日本庭園「コタバル平和記念公園」が開園 マレーシア・ケランタン州コタバル市  マレーシア・ケランタン州コタバル市にオープンした日本庭園「コタバル平和記念公園」。笠岡、コタバル市の関係者らが集い、完成を盛大に祝った。岡山県笠岡市と友好握手都市縁組しているマレーシア・ケランタン州コタバル市で4日、笠岡国際交流協会長の吉岡洋介さん(86)らが整備を進めていた日本庭園のオープニングセレモニーが行われた。今年は縁組締結20周年の節目に当たり、両市の関係者ら約500人が開園を祝うとともに、末永い友好を誓い合った。=2019(令和元)年7月4日、マレーシア・ケランタン州コタバル市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  20. 2019061905023

    セミ成虫の寿命 1週間は俗説! 笠岡高校=岡山県笠岡市  広島大で開かれた「生物系三学会合同大会」で最優秀賞を受賞した植松さん。「セミは地上に出てから1週間程度しか生きられない」というのは俗説で、実は1カ月くらい生きていることを、笠岡高校サイエンス部の3年植松蒼さんが独自の野外調査で〝証明〞した。調査の手法と結果を、5月に広島大(東広島市)で開かれた「中四国地区生物系三学会合同大会」で報告。高校生の部(動物分野)で最優秀賞を受賞した。=2019(令和元)年6月11日、笠岡高校=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2019(令和元)年6月11日、笠岡高校=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  21. 2019061700689

    大山遼 バレーボール 岡山県高校総体 笠岡総合体育館=岡山県笠岡市  バレーボール女子決勝第1セットで就実のセンター大山遼(右)がスパイクを決め、7―2とリードを広げる。第58回岡山県高校総体(県高体連、山陽新聞社など主催)は9、10日、笠岡市などであり、バレーボールの女子は就実が6連覇した。=2019(令和元)年6月9日、笠岡総合体育館=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  22. 2019061700693

    市川翔太 バレーボール 岡山県高校総体 笠岡総合体育館=岡山県笠岡市  バレーボール男子決勝第2セットで金光学園のレフト市川翔太(左)がスパイクを決め、11―10とリードする=笠岡総合体育館。第58回岡山県高校総体(県高体連、山陽新聞社など主催)は9、10日、笠岡市などであり、バレーボールは男子の金光学園が5年ぶりの優勝を飾った。=2019(令和元)年6月9日、笠岡総合体育館=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  23. 2019060500191

    「令和」の文字 火祭り「ひったか」 岡山県笠岡市  山肌に浮かび上がった「令和」の文字と梅の花。ちょうちんの明かりで、その年の話題や世相を表現する笠岡市金浦地区伝統の火祭り「ひったか」(市重要無形民俗文化財)が1日夜に行われ、今年は新元号「令和」の文字などが闇夜に浮かび上がった。=2019(令和元)年6月1日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  24. 2019052902808

    寺坂美優 卓球 岡山県高校総体 笠岡市民体育センター=岡山県笠岡市  卓球女子シングルスで初優勝した寺坂美優=笠岡市民体育センター。第58回岡山県高校総体(県高体連、山陽新聞社など主催)は25日行われ、卓球個人シングルスの女子は寺坂美優(就実)が初優勝した=2019(令和元)年5月25日、笠岡市民体育センター=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  25. 2019052902813

    北木石の丁場 文化庁の日本遺産 北木島=岡山県笠岡市  北木石の丁場を見学するツアー参加者。「石の島」として文化庁の日本遺産に認定された笠岡諸島を巡る記念ツアーが25日に開かれ、家族連れらが断崖絶壁の北木島の丁場(石切り場)などに歓声を上げた。=2019(令和元)年5月25日、北木島=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  26. 2019032503750

    一面を黄色に染める菜の花 笠岡湾干拓地 岡山県笠岡市  春の日差しを浴び、一面を黄色に染める菜の花=19日午後3時19分、笠岡湾干拓地(小型無人機から)。一面に広がる〝黄色いじゅうたん〞が陽光に輝く。19日、小型無人機ドローンで空撮した笠岡市の笠岡湾干拓地。四季折々の花が楽しめる観光スポットは、咲き誇る約1千万本の菜の花で彩られていた。=2019(平成31)年3月19日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  27. 2019012200613

    スイセンが見頃 笠岡諸島の六島  見頃を迎えた六島のスイセン。笠岡諸島(笠岡市)最南端の六島で、島のシンボル・スイセンが見頃を迎えている。白と黄色のかわいらしい花々が甘い香りを漂わせ、島を彩っている。=2019(平成31)年1月14日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  28. 2019012200621

    ご当地グルメ「たまげた丼」できた   笠岡市大島地区の新たなご当地グルメとして開発された「たまげた丼」。笠岡市大島地区のNPO法人大島まちづくり協議会などが、新たなご当地グルメとして「たまげた丼」を開発した。養鶏の盛んな笠岡市で産み落とされた卵と、瀬戸内海で取れるアカシタビラメ(ゲタ)の煮付けなどを組み合わせた〝進化系〞の卵かけご飯で、20日に地区内でお試し販売を行う=2018(平成30)年12月17日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  29. 2018103029028

    初の県外避難、体調に不安 笠岡市の避難所  中国電力島根原発の複合災害を想定した県外避難訓練で、岡山県笠岡市の避難所に到着した松江市の住民ら=30日午後

  30. 2018103000071

    島根原発初の県外避難訓練  島根原発、松江市、岡山県笠岡市、広島県神石高原町 「12段用」「震災原発」

  31. 2018103000072

    島根原発初の県外避難訓練  島根原発、松江市、岡山県笠岡市、広島県神石高原町 「12段用」「震災原発」

  32. 2018103000070

    島根原発初の県外避難訓練  島根原発、松江市、岡山県笠岡市、広島県神石高原町 「震災原発」

  33. 2018103000069

    島根原発初の県外避難訓練  島根原発、松江市、岡山県笠岡市、広島県神石高原町 「震災原発」

  34. 2018100921098

    木山捷平の生家寄贈 笠岡市へ  笠岡市に寄贈されることになった木山捷平の生家。笠岡市山口出身の詩人・小説家木山捷平(1904~68年)の生家が遺族から市に寄贈されることになった。今年は捷平没後50周年の節目。市教委は生家の修復・保存を図り、捷平を顕彰する拠点としての活用を検討する。=2018(平成30)年9月13日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  35. 2018082122219

    伝統の盆踊り「大島の傘踊り」   大島の傘踊りを披露する地元の小中学生ら。笠岡市大島地区の盆踊り「大島の傘踊り」(県重要無形民俗文化財)が14日夜、同市大島中の大島中学校で行われ、地元の小中学生らが和傘を用いた伝統の踊りを披露した。大島の傘踊りは1686年、地元の領主・細川通董(みちただ)の百回忌墓前祭で夕立があり、刀の代わりに雨傘を使って舞を奉納したのが起源とされている。=2018(平成30)年8月14日、岡山県笠岡市大島地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  36. 2018080100024

    思い出きれいに、10万枚 水洗いされた写真  スタッフやボランティアの手で水洗いされ、ぶら下げられた写真=岡山県笠岡市

  37. 2018073100479

    〝純今井産〞ビール作ろう  休耕地で栽培しているホップの収穫に汗を流す今井地区住民。紅ソバの実を使ったオリジナルのクラフトビールで地域おこしを図っている笠岡市の今井地区まちづくり協議会(三村進会長)が、地区内の休耕地で育てていたホップを初収穫した。今秋にも地元で採れた紅ソバの実とホップで、〝純今井産〞のビールを醸造する予定。=2018(平成30)年7月18日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  38. 2018061900654

    「おしぐらんご」 源平レース勇壮に  和船で勇壮なこぎ比べを繰り広げる男衆。源平合戦が由来とされる笠岡市金浦地区の伝統行事「おしぐらんご」(市重要無形民俗文化財)が17日、金浦湾であり、地元住民が赤(平家)と白(源氏)の旗ざおを掲げた和船に乗り、勇壮なこぎ比べを繰り広げた。=2018(平成30)年6月17日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  39. 2018061900647

    火祭り「ひったか」は「駒の金」  夜の山肌に浮かび上がった「駒の金」。ちょうちんの明かりで世相や時の話題を表す笠岡市金浦地区の火祭り「ひったか」(市重要無形民俗文化財)が16日夜行われた。今年は将棋の最年少プロ・藤井聡太七段、岡山市出身の菅井竜也王位らにちなんだ「駒の金」と、投打の二刀流で活躍する米大リーグ・エンゼルスの「大谷翔平選手」が夜空を彩った。=2018(平成30)年6月16日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  40. 2018061900650

    作陽4年ぶり優勝 岡山県高校総体  サッカー男子決勝で作陽のMF西山拓実がシュートを決め、2―0とする。第57回岡山県高校総体(県高体連、山陽新聞社など主催)は10、11日、笠岡市などであった。サッカー男子の作陽は4年ぶりの優勝を飾った。作陽は0―0で折り返した後半、一気にギアを上げる。タクトを振ったのは途中出場のMF西山。「周りを生かし、自分も生きる。連係を意識した」とトップ下で細かいパスを繰り出し、攻撃を活性化。14分にMF岸の先制点をお膳立てすると、圧巻は28分だ。CKのこぼれから25メートルの強烈なシュートを突き刺し、初優勝を狙った古城池の望みを打ち砕いた。=2018(平成30)年6月10日、岡山県笠岡市・笠岡陸上競技場、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  41. 2018061300674

    ニンニク栽培進む 笠岡諸島の真鍋島  ニンニクを収穫する岡山商科大の学生ら。島の新たな特産品として、ニンニクの栽培が進められている笠岡諸島の真鍋島で2日、収穫作業が行われ、島の農家と、草抜きなどを手伝ってきた岡山商科大(岡山市)の学生らが瀬戸内の潮風を浴びて育ったニンニクを掘り出した。真鍋島では、農業関東治樹さん(68)が中心となって「ニンニク栽培研究会」(約10戸)を結成。2010年から大島赤丸ニンニクの栽培に取り組んでいる。=2018(平成30)年6月2日、笠岡諸島の真鍋島=岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  42. 2018052900564

    ドローン使い測量実習  ドローンの操作を体験する生徒ら。笠岡工高(岡山県笠岡市横島)は25日、小型無人機ドローンを使った測量実習を行い、生徒が操縦技術などを学んだ。建設現場などでの導入が本格化していくのをにらんだ取り組み。同高によると、ドローンを活用した授業は県内の公立高では初めてで、全国的にも珍しいという。=2018(平成30)年5月25日、笠岡工業高校=岡山県笠岡市横島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  43. 2018052200681

    ポピーが見頃 笠岡湾干拓地  笠岡湾干拓地で見頃を迎えたポピー。笠岡市の笠岡湾干拓地でポピーが見頃を迎えた。1千万本ともされる赤やピンクの花が一帯を埋め尽くすように咲き競い、観光客らを楽しませている。=2018(平成30)年5月15日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  44. 2018050900585

    笠岡市沖の真鍋島で「走り神輿」  観光客らが見守る中、勇壮に駆け抜ける「走り神輿」。笠岡市沖の真鍋島で4日、伝統行事「走り神輿(みこし)」(市重要無形民俗文化財)が繰り広げられ、法被に締め込み姿の若者らが重さ約100キロの神輿を担ぎ、島内を勇壮に駆け抜けた。=2018(平成30)年5月4日、岡山県笠岡市沖の真鍋島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  45. 2018042500223

    北木島で「うつろ舟」流す  岡山県笠岡市・笠岡諸島の北木島で15日、江戸時代中期から続くとされる「流し雛(びな)」(市重要無形民俗文化財)があり、島の人々や観光客ら約150人が、紙雛をのせた小舟「うつろ舟」を海に流して無病息災や家内安全を祈願した。流し雛は身に降りかかる災厄を雛人形に移し、人形供養で知られる淡島神社(和歌山市加太)に向けて流す伝統行事。=2018(平成30)年4月15日、岡山県笠岡市沖の北木島、クレジット:山陽新聞社/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  46. 2018041600808

    「タイの浜焼き」作り始まる  瀬戸内の春の風物詩。鮮やかな桜色の天然マダイを稲わらに包んで蒸し上げ、全国に発送する。5月中旬までに約200匹を限定販売する。=2018(平成30)年4月5日、岡山県笠岡市笠岡・笠岡魚市場、クレジット:山陽新聞社/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  47. 2018081400282

    ロータリーパーラー 多数の牛の乳同時に  多数の牛の乳を同時に搾れるロータリーパーラー。多数の牛の乳を一度に搾れるのは、巨大な回転台のような「ロータリーパーラー」。笠岡市の希望園は昨冬、国内最大級となる直径約16メートルの設備を整備した。72頭の牛を載せ、10分ほどで1周するうちに搾乳が終わる。=2017(平成29)年12月27日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  48. 2018042500231

    捕獲されたイノシシ   イノシシなど有害鳥獣による農作物の被害軽減を図るため、岡山県笠岡市は「市鳥獣被害対策実施隊」の結成を計画している。メンバーは井笠地区猟友会笠岡分会と市職員の計約30人。2018年度早期の活動開始を目指している。=2017(平成29)年11月、岡山県笠岡市・笠岡諸島の北木島、クレジット:山陽新聞社/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  49. 2017111400072

    山陽新幹線で救護訓練 線路に避難する乗客  山陽新幹線の救護訓練で車両から線路に避難する乗客=14日未明、岡山県笠岡市

  50. 2017111400071

    山陽新幹線で救護訓練 負傷者運ぶ消防隊員  山陽新幹線の救護訓練で車内の負傷者を担架で運ぶ消防隊員=14日未明、岡山県笠岡市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像