検索結果 106 件中 1 件 〜 50 件 "工芸技術"
  1. 2020062204820

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、古琴を制作する張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204778

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、古琴の半製品の検査を行う張濤さん。古琴1面を制作するには少なくとも1年を要するという。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062204750

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、使用する木材を選ぶ張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062204883

    伝統技術を駆使した古琴制作甘粛省天水市  17日、甘粛省天水市秦州区にある古琴制作工房で、琴の胴の部分に当たる板を削る張濤さん。中国甘粛省天水市で制作される天水古琴の制作技術は、原材料の選定、槽腹(そうふく、琴の胴の部分に当たる板を削ること)、布着せ(木材のひび割れなどを防ぐため表面に麻の布を張ること)、地付け(漆を塗る前に下地を塗ること)、漆塗りなど一連の工程を含む全てにおいて、伝統的な手工芸技術を必要とする。古琴制作職人は斫琴(しゃくきん)と呼ばれる伝統的な制作技術を堅持するとともに、同市に古くから伝わる彫漆(ちょうしつ、表面に何層にも漆を塗り模様を彫り込むこと)の技法も活用し、古琴に独特の風格を与えている。天水古琴制作技術は2017年10月、第4次甘粛省無形文化遺産保護リストに登録された。近年、中国が無形文化遺産の保護に一段と力を入れるにつれ、大勢の若者が無形文化遺産を継承するようになった。同技術の省級伝承者・熊尚徳(ゆう・しょうとく)さんから技術を継承した張濤(ちょう・とう)さんもその一人となっている。(天水=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060402150

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060402165

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060402092

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060402122

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060402152

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402164

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402172

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402160

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402179

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060402170

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402134

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402081

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020022123057

    Erzgebirge folk art from the show workshop 12 February 2020, Saxony, Seiffen: The smoking manikin “Christmas tree salesman“ stands in one of the workshop rooms of Richard Glässer GmbH with the show workshop for Erzgebirge folk art. During a visit to the show workshop of the traditional company, you can see selected craft techniques and products and experience “Christmas“ live all year round. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2020022123353

    Erzgebirge folk art from the show workshop 12 February 2020, Saxony, Seiffen: Historical incense smoking men and wooden figurines stand on a shelf in one of the workshop rooms of Richard Glässer GmbH with the show workshop for Erzgebirge folk art. During a visit to the show workshop of the traditional company, you can see selected craft techniques and products and experience “Christmas“ live all year round. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2020022123619

    Erzgebirge folk art from the show workshop 12 February 2020, Saxony, Seiffen: Smoking men and nutcrackers stand on a shelf in one of the workshop rooms of Richard Glässer GmbH with the show workshop for Erzgebirge folk art. During a visit to the show workshop of the traditional company, you can see selected craft techniques and products and experience “Christmas“ live all year round. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  20. 2020022123056

    Erzgebirge folk art from the show workshop 12 February 2020, Saxony, Seiffen: Annett Weber assembles the smoking manikin “Porzellanhänder“ in one of the workshop rooms of Richard Glässer GmbH with the show workshop for Erzgebirge folk art. During a visit to the show workshop of the traditional company, you can see selected craft techniques and products and experience “Christmas“ live all year round. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  21. 2020022123358

    Erzgebirge folk art from the show workshop 12 February 2020, Saxony, Seiffen: Annett Weber assembles the smoking manikin “Porzellanhänder“ in one of the workshop rooms of Richard Glässer GmbH with the show workshop for Erzgebirge folk art. During a visit to the show workshop of the traditional company, you can see selected craft techniques and products and experience “Christmas“ live all year round. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2019110500269

    貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で印刷物を確認する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019110500279

    貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で経文を印刷する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019110500350

    貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で経文を印刷する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019110500386

    貴重な印刷技術伝える、雪山の麓の印経院四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、徳格印経院で梁に描かれた絵画を補修する手工芸技術者。中国四川省カンゼ・チベット族自治州徳格県にある徳格印経院(デルゲ・パルカン)は中国に現存する「印版」(版木)が最も多く、規模が最も大きいチベット語印経院(経典や文献を刻版で印刷する工房)。豊富なチベット仏教の経典、医学、歴史、伝記などの文献印刷物および絵画印刷物、壁画などの文化財が保管されており、「チベット文化の大百科事典」「チベット族居住地域のきらめく文化の真珠」「雪山の麓にある宝庫」と呼ばれている。同印経院には現在、印版32万点、47万ページ、約3億字の文献が保管されているほか、手刷り木版印刷の伝統も受け継がれている。(カンゼ=新華社配信/唐文豪)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019110501455

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、破損した古書の修復を見学する来場者。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019110501423

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、会場で伝統的な香料作りを実演する技師。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019110501287

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、会場で彫刻に取り組む技師。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019110501373

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、破損したバイオリンを会場で修復する中央音楽学院バイオリン製作研究センターの講師。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019110501319

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、会場で修復された徳化窯の「持巻観音像」を鑑賞する男性。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019110501326

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、会場に展示された伝統の金継ぎ技法で修復した宋代の定窑磁器。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019110501456

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、会場でバイオリンを製作する中央音楽学院バイオリン製作研究センターの講師。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019110501342

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、会場で伝統の手作り泥塑を見学する来場者。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019110501365

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、破損した古書の修復を実演する技師。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019110501454

    中国(青島)芸術博覧会に見る手工芸技術の伝承  27日、会場で磁器の修復をする技師。中国山東省の青島国際会展中心(青島インターナショナルコンベンションセンター)でこのほど、「2019中国(青島)芸術博覧会」が開催された。来場者に伝統手工芸技術の奥深さや文化の伝承を身近に感じてもらうため、中国国内の複数の芸術大学や研究機関が会場内にブースを設置し、文化財修復や古代の篆刻、伝統手工芸品制作などの実演を行った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019070100534

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、工房で木彫作品を制作する馬成文さん。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019070100639

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、木材に彫刻の下書きをする馬成文さんの手元。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019070100559

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、馬成文さん工房に並ぶ木彫制作用具。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019070100683

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、工房で木彫作品を制作する馬成文さん。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019070100615

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、工房で木彫作品を制作する馬成文さん。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019070100706

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、馬成文さんの代表作「和諧自然」。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019070100689

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、馬成文さんの工房に並ぶ彫刻刀。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019070100652

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、工房で木彫作品を制作する馬成文さん。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019070100616

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、工房で木彫作品を制作する馬成文さん。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019070100575

    匠の心を伝える「北派木彫」遼寧省瀋陽市  25日、馬成文さんの作品「木彫落花生」。今年64歳になる馬成文(ば・せいぶん)さんは、中国遼寧省瀋陽市の無形文化遺産「北派木彫」の伝承者。長い歴史を持つ北派木彫は、伝統的な手工芸技術、独特の表現手法と制作方法を持ち、中国を代表する伝統文化の象徴の一つとされる。馬さんはより優れた作品を作り出すことに力を注ぐとともに、自らの技術を後世に伝える責任も担っている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019012500670

    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県  14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で蝋画(ろうが)を描くミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019012500671

    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県  14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で完成した製品を見せる責任者の楊勝艶さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019012500593

    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県  14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で刺しゅうをするミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019012500580

    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県  14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で蝋画(ろうが)を描くミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019012500688

    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県  14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で刺しゅうをするミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像