検索結果 11 件中 1 件 〜 11 件 "希少価値"
  1. 2018071200448

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2018071200489

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を作る従業員。(小型無人機から)中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2018071200490

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶用の茶葉の加工準備をする従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2018071200475

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2015030500288

    旧20円金貨が100万円 金相場高騰で急上昇  1968(昭和43)年3月15日、金相場高騰でコイン価格も急上昇、「時価100万円」と報道されたのは明治3年銘の入った旧20円金貨。明治政府が初めて発行した純度90%の金貨は希少価値からマニア垂ぜんの的。金相場がさらに上昇した現在、未使用で「670万円」もの値がついている。 「レトロ写真―あのころ」

  6. 2012030800206

    旧20円金貨が100万円  金相場高騰で急上昇   1968(昭和43)年3月15日、金相場の高騰でコインの価格も急上昇、「時価100万円」と報道されたのは明治3年銘の入った旧20円金貨。明治政府が初めて発行した純度90パーセントの金貨は希少価値からコインマニア垂ぜんの的。金相場もさらに上昇した現在、日本貨幣カタログには極美品で「500万円」とある。 「レトロ写真―あのころ」

  7. 2020042803339

    企画/干瓢王国は今 県内生産地からリポート/生産者/未明から始まる重労働/夏の風物詩希少価値に  午前3時からふくべむき作業を行う農家。夜まで作業は続く[下野新聞掲載日:2009(平成21)年8月6日]=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  8. 2007081200045

    色とりどり 世界各国の3000枚以上の切手で飾られた旧東ドイツの国民車「トラバント」。ベルリンの切手商がマイカーに張り付けた。黒煙をまき散らす旧型車として相次いで廃車になったが、最近は希少価値が見直され始めている。(ロイター=共同) 「海外フォト」【】 

  9. 1996050700096

    希少価値切手が“復活” 「見返り美人」「月に雁」  「郵便切手の歩みシリーズ第6集」として発行される「見返り美人」(左2枚)と「月に雁(かり)」(右2枚)  

  10. 1996050700093

    希少価値切手が“復活” 「見返り美人」「月に雁」  「郵便切手の歩みシリーズ第6集」として発行される「見返り美人」(左2枚)と「月に雁(かり)」(右2枚)

  11. 2018111304036

    ハウスでスイカ栽培   スイカといえば夏の果物と決まっているが、岡山県内でただ一人、季節はずれのスイカをつくっていたのが総社市長良の田上輝夫さん。ビニールハウスの中でメロンやトマトのように立体栽培している。物珍しさと希少価値のため高級料亭やお見舞い用が中心で庶民には高根の花といったところ。=1962(昭和37)年11月13日、岡山県総社市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像