検索結果 67 件中 1 件 〜 50 件 "希少鳥類"
  1. 2020072804951

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区で戯れるセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072805025

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、大黄堡湿地自然保護区の風景。かつて存在した別荘地は取り壊された。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072805004

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区にたたずむセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072804947

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区にたたずむコサギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072804954

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、大黄堡湿地自然保護区の上空を飛ぶセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072804964

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072804967

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区の上空を飛ぶ3羽のゴイサギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072804970

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区に生息するコサギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072804995

    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市  23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020071304152

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、巣の中のブロンズトキの幼鳥。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020071304061

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、剣湖湿地で餌をついばむブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020071303943

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、雲南省の剣湖湿地省級自然保護区を飛ぶブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020071304189

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、巣の中のブロンズトキの幼鳥。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020071304080

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、剣湖湿地のブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020071304148

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、水面を飛び交うブロンズトキなどの鳥たち。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020071303910

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、雲南省の剣湖湿地省級自然保護区を飛ぶブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020071303975

    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省  1日、剣湖湿地で餌をついばむブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020050104487

    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市  25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020050104498

    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市  25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020050104499

    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市  25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020050104489

    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市  25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020050104555

    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市  25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020050104585

    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市  25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020042709363

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020042709526

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042709244

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020042709279

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019110500975

    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省  29日、保護されたコウノトリの足環。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  29. 2019110500977

    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省  29日、保護されたコウノトリ。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  30. 2019062625864

    希少鳥類のジュケイ、浙江省烏岩嶺保護区で自然繁殖に成功  自然繁殖で育ったジュケイのひな。3羽とも順調に育っており、独り立ちして生存できる能力をほぼ備えた。(6月12日撮影)中国浙江省烏岩嶺国家級自然保護区のスタッフがこのほど、自然繁殖で育ったジュケイのひな3羽が、高さ4メートル余りの梁(はり)まで飛べるようになったことに気付いた。これは2011年以降、鳥岩嶺保護区がジュケイのひな60羽余りの人工繁殖に相次いで成功したのに続き、自然繁殖にも成功したことを意味する。(杭州=新華社配信/烏岩嶺国家級自然保護区提供)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:烏岩嶺国家級自然保護区/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042709250

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/匡琳)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019051503715

    Book museum in Dresden shows literary treasures 10 May 2019, Saxony, Dresden: View of the book “Collection of various foreign and rare birds“ by George Edwards and Mark Catesby from 1770 in the exhibition “Grenzenlos sammeln. Rarities from distant countries“ in the book museum of the Saxon State Library (SLUB). The museum now displays travelogues, tableaux, treatises and other written documents from all over the world that are up to 4000 years old. Photo: Oliver Killig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2019052903106

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞う3羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019052903167

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  5月4日、漢江湿地公園の水辺で戯れるブロンズトキ。中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019052903012

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れる2羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019052903146

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月30日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019052903033

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れるブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019052903144

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019052903114

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019052903166

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園の水辺を飛ぶブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019052903067

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞うブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019062004087

    希少鳥類のジュケイ、浙江省烏岩嶺保護区で自然繁殖に成功  寄り添うジュケイの親子。(4月26日撮影)中国浙江省烏岩嶺国家級自然保護区のスタッフがこのほど、自然繁殖で育ったジュケイのひな3羽が、高さ4メートル余りの梁(はり)まで飛べるようになったことに気付いた。これは2011年以降、鳥岩嶺保護区がジュケイのひな60羽余りの人工繁殖に相次いで成功したのに続き、自然繁殖にも成功したことを意味する。(杭州=新華社配信/鄭方東)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020040701946

    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市  北京市房山区の鳥類観測ステーションで、石の上に止まるカベバシリ。(2018年12月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018081400387

    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に  四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターでカラニジキジに餌を与える飼育員。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018081400412

    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に  四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018081400377

    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に  四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターの飼育舎で餌を食べるカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018081400383

    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に  四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で餌を食べる雄のカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018081400432

    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に  四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで餌を食べる今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018081400381

    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に  四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018081400384

    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に  四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で餌を食べる雄のカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像