検索結果 2,107 件中 1 件 〜 50 件 "帰省"
  1. 2020033001037

    印封鎖、労働者歩いて帰郷  30日、インド・ニューデリーで、故郷に戻るため道路を歩く労働者ら(ロイター=共同)

  2. 2020032900280

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校でオンライン授業を受けるチベットクラスの生徒。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020032900283

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校で家族とビデオ通話を楽しむチベットクラスの生徒。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020032900288

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校で教室に消毒剤を散布する用務員。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020032900270

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校で縄跳びを楽しむチベットクラスの生徒。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020032900272

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校の学生寮で生徒の体温を測る生活指導の教員。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020032900345

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校で昼休みに卓球を楽しむチベットクラスの生徒。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020032900331

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校でオンライン授業を受けるチベットクラスの生徒。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020032900286

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校で安全検査を行う守衛。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020032900269

    「新華社」 安徽省の高校、チベット族の「居残り組」生徒を感染から守る  23日、中国安徽省合肥市第35中学校の食堂で食事する生徒。中国安徽省合肥市第35中学校(高校)は同省のチベット族教育支援校で、毎年冬休みになると、実家が遠く帰省できないチベット族の一部生徒が、学校に残る「居残り組」となる。今年の冬休みには453人が学校に残った。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、同校では教職員139人から成る「見守り隊」が結成された。クラス担任や校医、用務員、守衛などの教職員が寝食を共にし、453人の健康と安全を守った。これまでに「居残り組」の生徒から感染者は一人も出ていない。学校の授業もオンライン授業を取り入れたことで、秩序を取り戻しつつある。(合肥=新華社配信/黄博涵)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020032100191

    じゃがいも、福島へ帰省  福島県飯舘村に帰省し、記念撮影に納まる災害救助犬「じゃがいも」と飼い主の山口常夫さん(中央)。左は訓練を担当した上村智恵子さん=21日

  12. 2020032100189

    じゃがいも、福島へ帰省  福島県飯舘村に帰省した災害救助犬「じゃがいも」=21日

  13. 2020032609095

    「新華社」 地域コミュニティーの核酸検査、隔離期間短縮に貢献  20日、検査室でサンプルに対する核酸検査を行う検査員。中国山西省太原市杏花嶺区の壩陵橋社区(コミュニティー)衛生服務センターでは、住民へ核酸検査を提供しており、1日に500~800人の検査ができる。結果は遅くとも翌日に分かるので、帰省先などから戻った企業従業員の隔離期間を退縮することができ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて春節(旧正月)明けから操業を停止している企業の活動再開を後押ししている。(太原=新華社記者/解園)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020032609016

    「新華社」 地域コミュニティーの核酸検査、隔離期間短縮に貢献  20日、壩陵橋社区の衛生服務センターの前で検査を待つ人。中国山西省太原市杏花嶺区の壩陵橋社区(コミュニティー)衛生服務センターでは、住民へ核酸検査を提供しており、1日に500~800人の検査ができる。結果は遅くとも翌日に分かるので、帰省先などから戻った企業従業員の隔離期間を退縮することができ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて春節(旧正月)明けから操業を停止している企業の活動再開を後押ししている。(太原=新華社記者/解園)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020032609063

    「新華社」 地域コミュニティーの核酸検査、隔離期間短縮に貢献  20日、被検者の喉から検体を採取する社区の医療スタッフ。中国山西省太原市杏花嶺区の壩陵橋社区(コミュニティー)衛生服務センターでは、住民へ核酸検査を提供しており、1日に500~800人の検査ができる。結果は遅くとも翌日に分かるので、帰省先などから戻った企業従業員の隔離期間を退縮することができ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて春節(旧正月)明けから操業を停止している企業の活動再開を後押ししている。(太原=新華社記者/解園)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020032608996

    「新華社」 地域コミュニティーの核酸検査、隔離期間短縮に貢献  20日、検体の核酸検査を行う医療スタッフ。中国山西省太原市杏花嶺区の壩陵橋社区(コミュニティー)衛生服務センターでは、住民へ核酸検査を提供しており、1日に500~800人の検査ができる。結果は遅くとも翌日に分かるので、帰省先などから戻った企業従業員の隔離期間を退縮することができ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて春節(旧正月)明けから操業を停止している企業の活動再開を後押ししている。(太原=新華社記者/解園)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020031803338

    資料A 2951 東京方面へ車の列  帰省Uターンの車で渋滞する東名高速道路。後方は富士山=1981(昭和56)年1月4日午後3時30分、静岡、神奈川県境付近で共同通信社ヘリから(56年内地095)

  18. 2020030600519

    「新華社」 村に残り新型肺炎と闘う外国人教師河北省沙河市  微信(ウィーチャット)の朋友圈(モーメンツ)で中国の新型肺炎予防・抑制活動にエールを送るパキスタン人教師のアンドラル(Andral)さん。(資料写真)中国河北省沙河市に属する葛村では、休暇で村に帰省した大学生で構成された新型コロナウイルスによる肺炎感染予防・抑制ボランティアチームに混じって活動する外国人の姿をしばしば目にする。英国人のAJさんとフレッドさん、パキスタン人のアンドラルさんは市内の学校で教える外国人教師で、普段は同村の賃貸住宅に住んでいる。彼らは新型肺炎の発生後も村を離れることなく、地元の人々と共に新型肺炎との闘いに参加している。(沙河=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020022704887

    「新華社」 貧困農家の新居住区建設、すべての工事が再開雲南省  23日、雲南省魯甸(ろでん)県卯家湾(ぼうかわん)で新居住区建設に従事する労働者。中国雲南省発展・改革委員会は21日、同省が進める貧困農家の居住地移転政策で新たな移転先となる新居住区のすべての建設プロジェクトが再開したと明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の発生で春節(旧正月)休暇明けの工事再開が遅れていた。帰省先から職場に復帰した労働者は6千人を超え、工事の最終段階は正常な軌道に戻った。同省で移転対象になる住民は99万6千人。省内2981カ所の新居住区に移転する。(昆明=新華社配信/鮑禹)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020022704904

    「新華社」 貧困農家の新居住区建設、すべての工事が再開雲南省  23日、雲南省魯甸(ろでん)県卯家湾(ぼうかわん)の新居住区建設現場で体温検査を受ける労働者。中国雲南省発展・改革委員会は21日、同省が進める貧困農家の居住地移転政策で新たな移転先となる新居住区のすべての建設プロジェクトが再開したと明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の発生で春節(旧正月)休暇明けの工事再開が遅れていた。帰省先から職場に復帰した労働者は6千人を超え、工事の最終段階は正常な軌道に戻った。同省で移転対象になる住民は99万6千人。省内2981カ所の新居住区に移転する。(昆明=新華社配信/鮑禹)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020022704939

    「新華社」 貧困農家の新居住区建設、すべての工事が再開雲南省  23日、雲南省魯甸(ろでん)県卯家湾(ぼうかわん)の新居住区建設現場で体温検査を受ける労働者。問題がなければヘルメットに「検温済み」のシールが張られる。中国雲南省発展・改革委員会は21日、同省が進める貧困農家の居住地移転政策で新たな移転先となる新居住区のすべての建設プロジェクトが再開したと明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の発生で春節(旧正月)休暇明けの工事再開が遅れていた。帰省先から職場に復帰した労働者は6千人を超え、工事の最終段階は正常な軌道に戻った。同省で移転対象になる住民は99万6千人。省内2981カ所の新居住区に移転する。(昆明=新華社配信/鮑禹)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020022704941

    「新華社」 貧困農家の新居住区建設、すべての工事が再開雲南省  23日、雲南省魯甸(ろでん)県卯家湾(ぼうかわん)で新居住区建設に従事する労働者。中国雲南省発展・改革委員会は21日、同省が進める貧困農家の居住地移転政策で新たな移転先となる新居住区のすべての建設プロジェクトが再開したと明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の発生で春節(旧正月)休暇明けの工事再開が遅れていた。帰省先から職場に復帰した労働者は6千人を超え、工事の最終段階は正常な軌道に戻った。同省で移転対象になる住民は99万6千人。省内2981カ所の新居住区に移転する。(昆明=新華社配信/鮑禹)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020022704876

    「新華社」 貧困農家の新居住区建設、すべての工事が再開雲南省  23日、雲南省魯甸(ろでん)県卯家湾(ぼうかわん)で新居住区建設に従事する労働者。中国雲南省発展・改革委員会は21日、同省が進める貧困農家の居住地移転政策で新たな移転先となる新居住区のすべての建設プロジェクトが再開したと明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の発生で春節(旧正月)休暇明けの工事再開が遅れていた。帰省先から職場に復帰した労働者は6千人を超え、工事の最終段階は正常な軌道に戻った。同省で移転対象になる住民は99万6千人。省内2981カ所の新居住区に移転する。(昆明=新華社配信/鮑禹)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020022704882

    「新華社」 貧困農家の新居住区建設、すべての工事が再開雲南省  23日、雲南省魯甸(ろでん)県卯家湾(ぼうかわん)で新居住区建設に従事する労働者。中国雲南省発展・改革委員会は21日、同省が進める貧困農家の居住地移転政策で新たな移転先となる新居住区のすべての建設プロジェクトが再開したと明らかにした。新型コロナウイルスによる肺炎の発生で春節(旧正月)休暇明けの工事再開が遅れていた。帰省先から職場に復帰した労働者は6千人を超え、工事の最終段階は正常な軌道に戻った。同省で移転対象になる住民は99万6千人。省内2981カ所の新居住区に移転する。(昆明=新華社配信/鮑禹)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020022200463

    「列島・北から南から」(関東) 幕末の鉄砲が帰郷  長野県上田市立博物館で展示されている、上田藩士の鉄砲や弾薬箱、測量や航海に用いる八分儀

  26. 2020030600514

    「新華社」 村に残り新型肺炎と闘う外国人教師河北省沙河市  中国人大学生ボランティアと互いの体温を測定し合う英国人のAJさん。(2月20日撮影)中国河北省沙河市に属する葛村では、休暇で村に帰省した大学生で構成された新型コロナウイルスによる肺炎感染予防・抑制ボランティアチームに混じって活動する外国人の姿をしばしば目にする。英国人のAJさんとフレッドさん、パキスタン人のアンドラルさんは市内の学校で教える外国人教師で、普段は同村の賃貸住宅に住んでいる。彼らは新型肺炎の発生後も村を離れることなく、地元の人々と共に新型肺炎との闘いに参加している。(沙河=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020030600497

    「新華社」 村に残り新型肺炎と闘う外国人教師河北省沙河市  ボランティアと一緒に自宅隔離の村民のために果物を購入する英国人のAJさん。(2月20日撮影)中国河北省沙河市に属する葛村では、休暇で村に帰省した大学生で構成された新型コロナウイルスによる肺炎感染予防・抑制ボランティアチームに混じって活動する外国人の姿をしばしば目にする。英国人のAJさんとフレッドさん、パキスタン人のアンドラルさんは市内の学校で教える外国人教師で、普段は同村の賃貸住宅に住んでいる。彼らは新型肺炎の発生後も村を離れることなく、地元の人々と共に新型肺炎との闘いに参加している。(沙河=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  28. 2020021800910

    「新華社」 アリババの健康コードシステム全国版、来週にもサービス開始  浙江省杭州市で導入された「杭州健康バーコード」。経過観察や隔離措置の必要のない人にはスマートフォンのアプリで緑色のバーコードが表示される。(資料写真)中国電子商取引(EC)大手アリババグループの金融会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)は16日、同社が運営するモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」による全国統一の感染防止「健康バーコード」システムの開発を加速させていると明らかにした。開発は、浙江省などが実施する健康バーコードを用いた企業活動再開時の人員管理の実践と、国務院弁公庁電子政務弁公室の指導の下で、全国統合政務サービスプラットフォームに基づき進められており、来週にもサービスを開始する。同省杭州市は11日、健康バーコードを先行導入し、市民や他地域から同市に入った人々を緑、赤、黄色3色のバーコードに分けて動態管理を実施。アリババ傘下の企業向けコミュニケーションプラットフォーム「釘釘(ディントーク)」の職場復帰申請機能とも連動させた。同市では、居住区や飲食店、地下鉄、路線バス、公共の場所などにバーコード読み取り機が設置されており、緑のバーコードを持つ人はそのまま通過できるが、黄色(7日間の隔離)や赤(同14日間)の場合は通過できない。バーコードの色は規定に従い隔離中の健康チェックを受けることで、赤から黄色、さらに緑へと変わる。春節(旧正月)休暇を帰省先などで過ごした労働者は、支付宝で健康バーコードを申請した人が多く、サービス開始初日の登録サイトの訪問者数は1千万人に達した。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020021800918

    「新華社」 アリババの健康コードシステム全国版、来週にもサービス開始  15日、浙江省杭州市で「杭州健康バーコード」を見せ居住区に入る住民。中国電子商取引(EC)大手アリババグループの金融会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)は16日、同社が運営するモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」による全国統一の感染防止「健康バーコード」システムの開発を加速させていると明らかにした。開発は、浙江省などが実施する健康バーコードを用いた企業活動再開時の人員管理の実践と、国務院弁公庁電子政務弁公室の指導の下で、全国統合政務サービスプラットフォームに基づき進められており、来週にもサービスを開始する。同省杭州市は11日、健康バーコードを先行導入し、市民や他地域から同市に入った人々を緑、赤、黄色3色のバーコードに分けて動態管理を実施。アリババ傘下の企業向けコミュニケーションプラットフォーム「釘釘(ディントーク)」の職場復帰申請機能とも連動させた。同市では、居住区や飲食店、地下鉄、路線バス、公共の場所などにバーコード読み取り機が設置されており、緑のバーコードを持つ人はそのまま通過できるが、黄色(7日間の隔離)や赤(同14日間)の場合は通過できない。バーコードの色は規定に従い隔離中の健康チェックを受けることで、赤から黄色、さらに緑へと変わる。春節(旧正月)休暇を帰省先などで過ごした労働者は、支付宝で健康バーコードを申請した人が多く、サービス開始初日の登録サイトの訪問者数は1千万人に達した。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020021302890

    「新華社」 感染予防・抑制を強化し旅客の安全を確保江西省上饒市  11日、上饒駅の構内で乗り換え客の体温検査をする職員。帰省先からのUターン客の増加に合わせ、中国江西省上饒市の上饒駅では新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制を一層強化した。列車の運行情報に基づき旅客の待合場所を最適化して人々が集中する状況を減らすと同時に、構内に出入りする旅客に対する体温検査と健康情報の登録、感染予防知識の周知などの作業を着実に実施することで、旅客の安全と整然とした移動を確保している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020021302909

    「新華社」 感染予防・抑制を強化し旅客の安全を確保江西省上饒市  11日、上饒駅の出口で旅客の体温検査をする職員。帰省先からのUターン客の増加に合わせ、中国江西省上饒市の上饒駅では新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制を一層強化した。列車の運行情報に基づき旅客の待合場所を最適化して人々が集中する状況を減らすと同時に、構内に出入りする旅客に対する体温検査と健康情報の登録、感染予防知識の周知などの作業を着実に実施することで、旅客の安全と整然とした移動を確保している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020021302906

    「新華社」 感染予防・抑制を強化し旅客の安全を確保江西省上饒市  11日、他の都市から訪れた旅客の情報を登録する上饒駅の職員。帰省先からのUターン客の増加に合わせ、中国江西省上饒市の上饒駅では新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制を一層強化した。列車の運行情報に基づき旅客の待合場所を最適化して人々が集中する状況を減らすと同時に、構内に出入りする旅客に対する体温検査と健康情報の登録、感染予防知識の周知などの作業を着実に実施することで、旅客の安全と整然とした移動を確保している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020021302940

    「新華社」 感染予防・抑制を強化し旅客の安全を確保江西省上饒市  11日、上饒駅の入り口で旅客の体温検査をする職員。帰省先からのUターン客の増加に合わせ、中国江西省上饒市の上饒駅では新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制を一層強化した。列車の運行情報に基づき旅客の待合場所を最適化して人々が集中する状況を減らすと同時に、構内に出入りする旅客に対する体温検査と健康情報の登録、感染予防知識の周知などの作業を着実に実施することで、旅客の安全と整然とした移動を確保している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020021302949

    「新華社」 感染予防・抑制を強化し旅客の安全を確保江西省上饒市  11日、上饒駅で旅客に感染予防に関するパンフレットを配り注意喚起する職員。帰省先からのUターン客の増加に合わせ、中国江西省上饒市の上饒駅では新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制を一層強化した。列車の運行情報に基づき旅客の待合場所を最適化して人々が集中する状況を減らすと同時に、構内に出入りする旅客に対する体温検査と健康情報の登録、感染予防知識の周知などの作業を着実に実施することで、旅客の安全と整然とした移動を確保している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020020604906

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、トイレットペーパーにデッサンする翁丹さん。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020020604914

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020020604877

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020020604883

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020020604873

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020020604868

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、トイレットペーパーにデッサンする翁丹さん。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020020604876

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020020604856

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020020604913

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020020604871

    「新華社」 医療現場の最前線で奮闘する人々をトイレットペーパーにデッサン湖南省長沙市  2日、湖南省の美術教師、翁丹さんがトイレットペーパーに描いたデッサン。ごくありふれたトイレットペーパーがインターネット交流サイト(SNS)のモーメンツで拡散された。トイレットペーパーには、医療現場の最前線で奮闘する人たちの姿が描かれている。これらのデッサンは中国湖南省長沙市の麓山外国語学校の美術教師、翁丹(おう・たん)さんが故郷で新年を迎えた時に描いたもので「逆行者(危険な状況に飛び込んで行く人たち)を称える」と名付けられている。翁さんは里帰りの際に絵画の道具を持って帰らなかったため、トイレットペーパーに描くしかなく、ペンでさえ家中探し回ってようやくインク切れ寸前のものを見つけた。翁さんは「実家でずっと新型コロナウイルスによる肺炎に関する情報に注目していて、危険な状況に立ち向かう人たちの数多くの感動的な物語を知り、彼らを描きたいと強く思った」と語った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020020401234

    「新華社」 武漢滞在者が宿泊する指定サービス施設を訪ねて湖南省長沙市  1日、華天精選ホテルのロビーに置かれた「武漢からの帰省者または武漢からの訪問者の当ホテルでの経過観察図」。中国湖南省長沙市はこのほど、新型コロナウイルスの発生地、湖北省武漢市に滞在歴のある人たちが宿泊する指定サービス施設のリストを公開した。全11カ所ある施設のベット数は700余りで、ここでは食事や宿泊、出張健康診断などのサービスを無料で提供している。新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制措置を実施し、武漢市に滞在歴のある人たちの症例管理などの追跡や隔離を確実に行うため、同市では発熱や咳などの疑わしい症状がみられた滞在者をホテルに宿泊させ、経過観察と隔離を行っている。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020020604956

    「新華社」 地域社会の目線で予防対策を強化、抑制とサービスを同時推進  1日、江西省南昌市紅谷灘新区のある小区(居住区や団地を指す)の共用スペースで、コミュニティーのスタッフが生活ゴミの清掃状況をスマホで確認している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に伴い、中国江西省南昌市紅谷灘新区はコミュニティー単位で感染予防と抑制の強化に取り組んでいる。各コミュニティーでは予防・抑制の拠点を設置し、帰省者や都市戸籍を持たない地方都市出身者に対する住民登録情報のチェックや健康状態のモニタリングを行うことで、ウイルスの感染拡大を早期発見、抑制できるよう努めている。一部の閉鎖管理エリアに対しては、コミュニティーの担当者が24時間体制で監視にあたり、住民から買い出しの要望があった場合には、直ちに対応する。また、居住区の内外を毎日消毒し、ゴミを消毒して処理することで、地域レベルの予防・抑制活動の強化を徹底させている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020020604896

    「新華社」 地域社会の目線で予防対策を強化、抑制とサービスを同時推進  1日、江西省南昌市紅谷灘新区のある小区(居住区や団地を指す)で、ゴミ箱を運ぶスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に伴い、中国江西省南昌市紅谷灘新区はコミュニティー単位で感染予防と抑制の強化に取り組んでいる。各コミュニティーでは予防・抑制の拠点を設置し、帰省者や都市戸籍を持たない地方都市出身者に対する住民登録情報のチェックや健康状態のモニタリングを行うことで、ウイルスの感染拡大を早期発見、抑制できるよう努めている。一部の閉鎖管理エリアに対しては、コミュニティーの担当者が24時間体制で監視にあたり、住民から買い出しの要望があった場合には、直ちに対応する。また、居住区の内外を毎日消毒し、ゴミを消毒して処理することで、地域レベルの予防・抑制活動の強化を徹底させている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020020604901

    「新華社」 地域社会の目線で予防対策を強化、抑制とサービスを同時推進  1日、小区(居住区や団地を指す)の入口に置かれた感染予防を呼びかけるポスター。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に伴い、中国江西省南昌市紅谷灘新区はコミュニティー単位で感染予防と抑制の強化に取り組んでいる。各コミュニティーでは予防・抑制の拠点を設置し、帰省者や都市戸籍を持たない地方都市出身者に対する住民登録情報のチェックや健康状態のモニタリングを行うことで、ウイルスの感染拡大を早期発見、抑制できるよう努めている。一部の閉鎖管理エリアに対しては、コミュニティーの担当者が24時間体制で監視にあたり、住民から買い出しの要望があった場合には、直ちに対応する。また、居住区の内外を毎日消毒し、ゴミを消毒して処理することで、地域レベルの予防・抑制活動の強化を徹底させている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020020604904

    「新華社」 地域社会の目線で予防対策を強化、抑制とサービスを同時推進  1日、住民から依頼された買い物のリストの記載内容を確認するコミュニティーのスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に伴い、中国江西省南昌市紅谷灘新区はコミュニティー単位で感染予防と抑制の強化に取り組んでいる。各コミュニティーでは予防・抑制の拠点を設置し、帰省者や都市戸籍を持たない地方都市出身者に対する住民登録情報のチェックや健康状態のモニタリングを行うことで、ウイルスの感染拡大を早期発見、抑制できるよう努めている。一部の閉鎖管理エリアに対しては、コミュニティーの担当者が24時間体制で監視にあたり、住民から買い出しの要望があった場合には、直ちに対応する。また、居住区の内外を毎日消毒し、ゴミを消毒して処理することで、地域レベルの予防・抑制活動の強化を徹底させている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020020604897

    「新華社」 地域社会の目線で予防対策を強化、抑制とサービスを同時推進  1日、江西省南昌市紅谷灘新区のある小区(居住区や団地を指す)の入口で、運転手の体温を測る警備員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に伴い、中国江西省南昌市紅谷灘新区はコミュニティー単位で感染予防と抑制の強化に取り組んでいる。各コミュニティーでは予防・抑制の拠点を設置し、帰省者や都市戸籍を持たない地方都市出身者に対する住民登録情報のチェックや健康状態のモニタリングを行うことで、ウイルスの感染拡大を早期発見、抑制できるよう努めている。一部の閉鎖管理エリアに対しては、コミュニティーの担当者が24時間体制で監視にあたり、住民から買い出しの要望があった場合には、直ちに対応する。また、居住区の内外を毎日消毒し、ゴミを消毒して処理することで、地域レベルの予防・抑制活動の強化を徹底させている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像