検索結果 232 件中 1 件 〜 50 件 "広島県坂町"
  1. 2020010600104

    仮住まい3県2900世帯  西日本豪雨被災者の仮設住宅=6日午前、広島県坂町

  2. 2020010600099

    仮住まい3県2900世帯  西日本豪雨被災者の仮設住宅=6日午前、広島県坂町

  3. 2019092900439

    「混沌の核時代」 広島に新たな被爆者団体  「坂町原爆被害者友の会」の結成総会であいさつをする発起人の池田節男さん=29日、広島県坂町

  4. 2019083100187

    佐賀にボランティア続々  大雨による冠水被害を受けた佐賀県武雄市に運び込まれた、広島県坂町小屋浦地区からのメッセージが添えられたタオル=31日午前

  5. 2019080606694

    豪雨被災地でも原爆慰霊式  「原爆慰霊碑」に手を合わせる人たち=6日午前、広島県坂町の小屋浦地区

  6. 2019071202254

    連載企画「重なり合う試練―被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(中) 「大切にしてもろうたね」  「原爆慰霊碑」の移設を前に営まれた法要で、手を合わせる西谷敏樹(右)=広島県坂町小屋浦地区(敬称略)

  7. 2019071202251

    連載企画「重なり合う試練―被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(中) 「大切にしてもろうたね」  4月、広島県坂町小屋浦地区の「原爆慰霊碑」前に立つ西谷敏樹。背後の山肌には西日本豪雨の傷跡が残る(敬称略)

  8. 2019071202222

    連載企画「重なり合う試練―被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(中) 「大切にしてもろうたね」  「原爆慰霊碑」の移設前に営まれた法要に訪れた阿部愛子。右は西谷敏樹=広島県坂町小屋浦地区(敬称略)

  9. 2019071202192

    連載企画「重なり合う試練―被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(下) 「最期は古里がええのう」  仮設住宅で愛犬と過ごす西谷一成(右)、絹江夫妻=広島県坂町(敬称略)

  10. 2019071202092

    連載企画「重なり合う試練―被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(上) 故郷支える、おかん手本に  西日本豪雨で被災した親族宅で、廃材やがれきを片付ける水尻忠道=広島県坂町(敬称略)

  11. 2019071202087

    連載企画「重なり合う試練―被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(上) 故郷支える、おかん手本に  西日本豪雨で犠牲になった母キク子の墓参りをする水尻忠道=広島県坂町(敬称略)

  12. 2019071201919

    「12段用」連載企画「重なり合う試練ー被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(上) 故郷支える、おかん手本に  広島県坂町小屋浦地区

  13. 2019071201918

    「12段用」連載企画「重なり合う試練ー被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(上) 故郷支える、おかん手本に  広島県坂町小屋浦地区

  14. 2019071201913

    連載企画「重なり合う試練ー被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(上) 故郷支える、おかん手本に  広島県坂町小屋浦地区

  15. 2019071201912

    連載企画「重なり合う試練ー被爆者たちの西日本豪雨」3回続きの(上) 故郷支える、おかん手本に  広島県坂町小屋浦地区

  16. 2019070601079

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  家屋がなくなり更地が広がる広島県坂町小屋浦地区。西日本豪雨から1年のこの日、水があふれた川沿いに紙灯籠が並べられた=6日夜

  17. 2019070601000

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨から1年となり、広島県坂町小屋浦地区の天地川沿いで、阪神大震災と東日本大震災の被災地から届いた火が紙灯籠にともされた=6日夕

  18. 2019070600996

    「西日本豪雨1年」 被災地に鎮魂の明かり  広島県坂町小屋浦地区の天地川沿いで、阪神大震災と東日本大震災の被災地から届いた火がともされた紙灯籠=6日夜

  19. 2019070600905

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨の被害を受け更地となった実家の跡地に、妻と娘を連れて訪れた出下徹さん(左・45)。この場所で両親を亡くした。「悲しい思いはずっとある。ただ、今日は追悼式に出席して、一区切りついたような、心の整理がついたような、そんな気持ちになった」=6日午後、広島県坂町小屋浦地区

  20. 2019070600175

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨から1年となり、広島県坂町の小屋浦小で開かれた追悼式で献花する参列者=6日午前

  21. 2019070600136

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨から1年となり、広島県坂町の小屋浦小で開かれた追悼式で黙とうする人たち=6日午前

  22. 2019070600131

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨から1年となり、広島県坂町の小屋浦小で開かれた追悼式=6日午前

  23. 2019070600130

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨から1年となり、広島県坂町の小屋浦小で開かれた追悼式で黙とうする人たち=6日午前

  24. 2019070600123

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨から1年となり、広島県坂町の小屋浦小で開かれた追悼式で黙とうする人たち=6日午前

  25. 2019070600119

    「西日本豪雨1年」 西日本豪雨から1年・広島  西日本豪雨から1年となり、広島県坂町の小屋浦小で開かれた追悼式=6日午前

  26. 2019070501256

    「西日本豪雨1年」 広島・坂町へ神戸の灯り  広島県坂町の西日本豪雨追悼行事に届けるため、「1・17希望の灯り」の火を「分灯」する藤本真一さん(左)=5日午後、神戸市

  27. 2019070402341

    「西日本豪雨1年」 豪雨の被災地から  「会うたびの声かけで、沈む心に元気が出ました」「地域のことを一手に引き受けてくださり、ありがとうございました」。住民の感謝の言葉がつづられた色紙。今春、広島県坂町小屋浦地区内の町内会長を務める木村重信さん(68)に住民から贈られた。木村さんは泥水が流れ込んだ自宅を妻と娘に任せ、地域の復旧活動に奔走した。「みんな苦しい中、自分を見てくれていたことがうれしかった。涙が出そうになった」=6月

  28. 2019062802184

    連載企画「被災地首長に聞く」3回続きの(上) 明治の水害、教訓生きず  インタビューに答える広島県坂町の吉田隆行町長

  29. 2019062802019

    「12段用」連載企画「被災地首長に聞く 西日本豪雨1年」3回続きの(上) 明治の水害、教訓生きず  広島県坂町

  30. 2019062802018

    「12段用」連載企画「被災地首長に聞く 西日本豪雨1年」3回続きの(上) 明治の水害、教訓生きず  広島県坂町

  31. 2019062802017

    連載企画「被災地首長に聞く 西日本豪雨1年」3回続きの(上) 明治の水害、教訓生きず  広島県坂町

  32. 2019062802016

    連載企画「被災地首長に聞く 西日本豪雨1年」3回続きの(上) 明治の水害、教訓生きず  広島県坂町

  33. 2019062513127

    「12段用」編集局連載企画「減災へ―西日本豪雨1年」3回続きの(上) 伝わらなかった危機感  広島県坂町、愛媛県西予市

  34. 2019062513117

    「12段用」編集局連載企画「減災へ―西日本豪雨1年」3回続きの(上) 伝わらなかった危機感  広島県坂町、愛媛県西予市

  35. 2019062513103

    編集局連載企画「減災へ―西日本豪雨1年」3回続きの(上) 伝わらなかった危機感  広島県坂町、愛媛県西予市

  36. 2019062513100

    編集局連載企画「減災へ―西日本豪雨1年」3回続きの(上) 伝わらなかった危機感  広島県坂町、愛媛県西予市

  37. 2019062511721

    編集局連載企画「減災へ―西日本豪雨1年」3回続きの(上) 伝わらなかった危機感  西日本豪雨で土砂にのみ込まれた広島県坂町の住宅=2018年7月7日

  38. 2019062511715

    編集局連載企画「減災へ―西日本豪雨1年」3回続きの(上) 伝わらなかった危機感  西日本豪雨で土砂に埋まった線路や車=2018年7月7日、広島県坂町

  39. 2019062103166

    「西日本豪雨1年」「定点撮影写真特集」20枚組みの(17) 復興道半ば、残る不安  2018年7月30日(上)と今年4月7日の広島県坂町小屋浦地区。住宅地に積み上がっていた災害ごみは撤去され、満開の桜の下で住民が花見を楽しんでいた。地区内で町内会長を務める木村重信さんは「散り散りになった住民が集まって絆を強めた。『みんなで復興していこう』。今日という日がその起点になればいい」。元気よく走り回る子どもたちの姿に目を細めていた

  40. 2019062102417

    「西日本豪雨1年」「定点撮影写真特集」20枚組みの(12) 復興道半ば、残る不安  2018年7月10日、広島呉道路(右側)が崩落し、土砂で覆われたJR呉線の線路と国道(左)。今年6月11日、いずれも復旧していた=広島県坂町(共同通信社ヘリから)

  41. 2019061904096

    「西日本豪雨1年」写真連載企画「雨音の記憶 それぞれの今」6回続きの(6) 癒えぬ悲しみ、家族が支え  仮設住宅の軒先に立つ80代の女性。「ここの生活にも少しずつ慣れてきた」=5月24日、広島県坂町

  42. 2019061903281

    「12段用」写真連載企画「雨音の記憶 それぞれの今」6回続きの(6) 癒えぬ悲しみ、家族が支え  広島県坂町小屋浦地区

  43. 2019061903278

    「12段用」写真連載企画「雨音の記憶 それぞれの今」6回続きの(6) 癒えぬ悲しみ、家族が支え  広島県坂町小屋浦地区

  44. 2019061903276

    写真連載企画「雨音の記憶 それぞれの今」6回続きの(6) 癒えぬ悲しみ、家族が支え  広島県坂町小屋浦地区

  45. 2019061903274

    写真連載企画「雨音の記憶 それぞれの今」6回続きの(6) 癒えぬ悲しみ、家族が支え  広島県坂町小屋浦地区

  46. 2019040501592

    「2019 統一地方選」 豪雨被災地、選挙戦に苦慮  岡山県倉敷市真備町地区、広島県坂町

  47. 2019040501591

    「12段用」「2019 統一地方選」 豪雨被災地、選挙戦に苦慮  岡山県倉敷市真備町地区、広島県坂町

  48. 2019040501590

    「12段用」「2019 統一地方選」 豪雨被災地、選挙戦に苦慮  岡山県倉敷市真備町地区、広島県坂町

  49. 2019040501589

    「2019 統一地方選」 豪雨被災地、選挙戦に苦慮  岡山県倉敷市真備町地区、広島県坂町

  50. 2019031501787

    災害伝える碑、ここに  広島県坂町小屋浦地区に立つ「水害碑」=2018年7月

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像