検索結果 476 件中 1 件 〜 50 件 "広東省深圳市"
  1. 2020080100620

    次世代の南中国海巡航救助船、建造始まる広東省深圳市  中国交通運輸部南海救助局の次世代大型巡航救助船の完成予想図。(資料写真)中国交通運輸部南海救助局は28日、広東省深圳市で、最大船種の次世代巡航救助船の建造を開始した。同船は200人を救助・乗船させることが可能で、完成後は深遠海における同局の捜索・救助能力が強化される。(深圳=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080100496

    次世代の南中国海巡航救助船、建造始まる広東省深圳市  中国交通運輸部南海救助局の次世代大型巡航救助船の完成予想図。(資料写真)中国交通運輸部南海救助局は28日、広東省深圳市で、最大船種の次世代巡航救助船の建造を開始した。同船は200人を救助・乗船させることが可能で、完成後は深遠海における同局の捜索・救助能力が強化される。(深圳=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080100526

    次世代の南中国海巡航救助船、建造始まる広東省深圳市  28日、深圳市で行われた中国交通運輸部南海救助局の次世代大型巡航救助船起工式の様子。中国交通運輸部南海救助局は28日、広東省深圳市で、最大船種の次世代巡航救助船の建造を開始した。同船は200人を救助・乗船させることが可能で、完成後は深遠海における同局の捜索・救助能力が強化される。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072301114

    水面下で渦巻く怒り 張海さん  亡くなった父の写真を持つ張海さん=6月、中国広東省深圳市(共同) 「大型サイド」中国・武漢封鎖半年

  5. 2020070600242

    皇岡口岸施設の建て替え工事始まる広東省深圳市  皇岡口岸の建て替え後完成予想図。中国広東省深圳市にある中国内地と香港をつなぐ皇岡口岸(通関地)でこのほど、施設建て替え工事の着工式が行われた。同口岸は現在、内地と香港間で唯一の24時間通行可能な陸路口岸。同市人民政府口岸弁公室によると、新たな施設は出入境検査ロビーとバス・乗用車検査場が別の階にある立体的な配置となっている。地上4階、地下3階建てで、敷地面積は40万平方メートル余り。通常時は1日に20万人と車両2万台、ピーク時には30万人と車両3万台の通行が可能。2022年末の完成を見込んでいる。(深圳=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070600245

    皇岡口岸施設の建て替え工事始まる広東省深圳市  皇岡口岸の建て替え後完成予想図。中国広東省深圳市にある中国内地と香港をつなぐ皇岡口岸(通関地)でこのほど、施設建て替え工事の着工式が行われた。同口岸は現在、内地と香港間で唯一の24時間通行可能な陸路口岸。同市人民政府口岸弁公室によると、新たな施設は出入境検査ロビーとバス・乗用車検査場が別の階にある立体的な配置となっている。地上4階、地下3階建てで、敷地面積は40万平方メートル余り。通常時は1日に20万人と車両2万台、ピーク時には30万人と車両3万台の通行が可能。2022年末の完成を見込んでいる。(深圳=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070611433

    「埋め込み式」ごみステーションが運用開始広東省深圳市  6月30日、深圳市羅湖区で運用を開始した「埋め込み式」ごみステーション。中国広東省深圳市羅湖区で6月30日、「埋め込み式」ごみ回収ステーションの運用が始まった。収集したごみを地下に設置した「消毒コンテナ」に集めて処理することで、これまで社区(コミュニティー)のごみ集積所で懸案だった臭気と汚水漏れの問題を解決する。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070611522

    「埋め込み式」ごみステーションが運用開始広東省深圳市  6月30日、深圳市羅湖区で運用を開始した「埋め込み式」ごみステーション。中国広東省深圳市羅湖区で6月30日、「埋め込み式」ごみ回収ステーションの運用が始まった。収集したごみを地下に設置した「消毒コンテナ」に集めて処理することで、これまで社区(コミュニティー)のごみ集積所で懸案だった臭気と汚水漏れの問題を解決する。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020062508061

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、北京で初めて運用を開始したエアーテント型「火眼」核酸検査実験室。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020062508232

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、北京で初めて運用を開始したエアーテント型「火眼」核酸検査実験室。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062508236

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント外部から、受け渡し用の小窓越しに材料や消耗品を補充するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062508252

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントに入るスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062508298

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントの内部。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062508308

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体のコードを読み取るスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062508296

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、トランシーバーを使い、エアーテントの内部と外部で話し合うスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062508246

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062508099

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062508247

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で自動核酸抽出装置を操作するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062508248

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062508062

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で同僚と話し合う実験室検体センターの責任者(右)。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062508064

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントに入る前に、ゴーグルに曇り止めを塗布するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062508249

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で検体を処理するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062508301

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部で自動核酸抽出装置を操作するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062508309

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテント内部に置かれた検体。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062508241

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントの外部。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062508255

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  23日、エアーテントの内部で体を消毒するスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062508251

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテントの外に向かって「OK」のジェスチャーをするスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062508253

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント型「火眼」核酸検査実験室の外観。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062508306

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント型「火眼」核酸検査実験室の外観。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062508307

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント内部で設備の調整作業をするスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062508303

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、エアーテント内部で準備作業をするスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062508294

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  22日、北京初となるエアーテント型「火眼」核酸検査実験室。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062508250

    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始  21日、エアーテント内の自動核酸抽出装置。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020061112054

    広核集団、電子線による工業廃水処理事業を開始1日3万トンを処理  4日、制御室で設備を管理する技術者。中国国有原子力発電最大手の中国広核集団(広東省深圳市)は5日、同省江門市新会区の冠華針織廠に建設した中国最大規模の電子線を用いた工業廃水処理プロジェクトが操業を開始したと発表した。同プロジェクトは電子加速器7台のオンライン運転を実現。1日当たりの廃水処理量は3万トンに達する。中国独自のイノベーションによる電子線を用いた汚染処理技術は、大規模商業化の応用段階に入った。(江門=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061112097

    広核集団、電子線による工業廃水処理事業を開始1日3万トンを処理  4日、普通の工業廃水(左)と電子線による汚染処理技術で処理した水(右)。中国国有原子力発電最大手の中国広核集団(広東省深圳市)は5日、同省江門市新会区の冠華針織廠に建設した中国最大規模の電子線を用いた工業廃水処理プロジェクトが操業を開始したと発表した。同プロジェクトは電子加速器7台のオンライン運転を実現。1日当たりの廃水処理量は3万トンに達する。中国独自のイノベーションによる電子線を用いた汚染処理技術は、大規模商業化の応用段階に入った。(江門=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052104436

    ファーウェイ、米商務省の直接製品規則改定に反対声明  18日、ファーウェイが広東省深圳市で開催したアナリスト向けの経営戦略説明会「グローバルアナリストサミット」でスピーチする郭平(かく・へい)輪番董事長(会長)。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は18日、米商務省が同社への輸出規制を強化すると発表したことについて声明を出し、商務省が同社の「直接製品」(米国の技術やソフトウエアを使用して米国外で作られた製品)だけを対象とする規則の改定に強く反対すると表明した。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052104647

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナの封印錠を照合する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052104682

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナを検査する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052104689

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナを検査する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052104715

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナの封印錠を確認する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020042301881

    深圳市初の野生動物保護「生態的回廊」が完成  16日、深圳市初の野生動物保護「生態的回廊」。中国広東省深圳市大鵬新区の建築工務署は17日、同市初の野生動物保護「生態的回廊」(緑の回廊)、大鵬新区排牙山-七娘山エリア生態回復プロジェクトがこのほど竣工したと明らかにした。同回廊は分断された大鵬半島の南北の森をつなぐ重要な生き物の通り道になる。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020042301993

    深圳市初の野生動物保護「生態的回廊」が完成  16日、深圳市初の野生動物保護「生態的回廊」。中国広東省深圳市大鵬新区の建築工務署は17日、同市初の野生動物保護「生態的回廊」(緑の回廊)、大鵬新区排牙山-七娘山エリア生態回復プロジェクトがこのほど竣工したと明らかにした。同回廊は分断された大鵬半島の南北の森をつなぐ重要な生き物の通り道になる。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020041403545

    中国企業、セルビアのウイルス検査実験室建設を支援  8日、セルビアの首都ベオグラードで行われた調印式に出席した同国のブルナビッチ首相(中央)、ネディモビッチ農林水利相(右)、中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使。セルビア政府は8日、首都ベオグラードで、中国広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループとオンライン調印式を行い、新型コロナウイルスの検査能力向上を図るため、BGIに同ウイルス専門の検査施設「火眼」実験室2カ所の建設支援を依頼した。(ベオグラード=新華社記者/石中玉)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020041403533

    中国企業、セルビアのウイルス検査実験室建設を支援  8日、セルビアの首都ベオグラードで行われた調印式で発言するブルナビッチ首相。セルビア政府は8日、首都ベオグラードで、中国広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループとオンライン調印式を行い、新型コロナウイルスの検査能力向上を図るため、BGIに同ウイルス専門の検査施設「火眼」実験室2カ所の建設支援を依頼した。(ベオグラード=新華社記者/石中玉)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020041403470

    中国企業、セルビアのウイルス検査実験室建設を支援  8日、セルビアの首都ベオグラードで行われた調印式。セルビア政府は8日、首都ベオグラードで、中国広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループとオンライン調印式を行い、新型コロナウイルスの検査能力向上を図るため、BGIに同ウイルス専門の検査施設「火眼」実験室2カ所の建設支援を依頼した。(ベオグラード=新華社記者/石中玉)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020041001915

    深圳市の新疆ペアリング支援、今年の38プロジェクトが始動  2日、「2020年深圳市新疆ウイグル自治区支援ペアリング事業」始動式の様子。中国広東省深圳市ペアリング支援新疆事業前方指揮部は5日、総額6億8千万元(1元=約15円)の「2020年深圳市新疆ウイグル自治区支援ペアリング事業」の38のプロジェクトがこのほど、同自治区カシュガル市で始動したことを明らかにした。(深圳=新華社配信/張国防)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020041001952

    深圳市の新疆ペアリング支援、今年の38プロジェクトが始動  2日、「2020年深圳市新疆ウイグル自治区支援ペアリング事業」始動式の様子。中国広東省深圳市ペアリング支援新疆事業前方指揮部は5日、総額6億8千万元(1元=約15円)の「2020年深圳市新疆ウイグル自治区支援ペアリング事業」の38のプロジェクトがこのほど、同自治区カシュガル市で始動したことを明らかにした。(深圳=新華社配信/張国防)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020040104624

    5G建設加速、波及効果も 5Gのオブジェ  中国広東省深圳市の華為技術(ファーウェイ)本社にある5Gのオブジェ(共同) 「大型サイド」中国でインフラ投資期待

  49. 2020040302671

    全長385メートル、世界最大のサーモン養殖工船が竣工  3月31日、山東省煙台市で行われたサーモン養殖工船の竣工命名式。中国広東省深圳市に本部を置く中国コンテナ大手の中国国際海運集装箱(CIMC)は、同社傘下で山東省煙台市の造船会社、中集来福士海洋工程が3月31日、ノルウェーのサーモン養殖企業NordlaksOppdrettASからの受注で建造した世界最大の深水養殖工船の命名式と出航式を行ったと明らかにした。「JOSTEINALBERT」と名付けられた同船は、重量物運搬船「BOKAVANGUARD」が半潜水式でノルウェーのハッセル地域まで曳航し、同地域でサーモンの深水式遠洋養殖を行う。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020040302559

    全長385メートル、世界最大のサーモン養殖工船が竣工  3月31日、中集来福士海洋工程の煙台基地深水ふ頭に停泊する竣工後のサーモン養殖工船。中国広東省深圳市に本部を置く中国コンテナ大手の中国国際海運集装箱(CIMC)は、同社傘下で山東省煙台市の造船会社、中集来福士海洋工程が3月31日、ノルウェーのサーモン養殖企業NordlaksOppdrettASからの受注で建造した世界最大の深水養殖工船の命名式と出航式を行ったと明らかにした。「JOSTEINALBERT」と名付けられた同船は、重量物運搬船「BOKAVANGUARD」が半潜水式でノルウェーのハッセル地域まで曳航し、同地域でサーモンの深水式遠洋養殖を行う。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像