検索結果 1,236 件中 1 件 〜 50 件 "広西チワン族自治区"
  1. 2020021916594

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、マスクの材料になる不織布を数える従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020021916625

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、マスク自動切断機を操作する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020021916584

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、溶接機を操作する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020021916486

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、切断機で切った不織布を箱に並べる従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020021916428

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、マスクに標章を付ける従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020021916445

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、包装機を操作する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020021916540

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、溶接機を操作する従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020021916474

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、マスク生産設備をチェックする技術スタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020021916529

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、マスクをチェックする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020021916417

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、マスクの包装作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020021916565

    「新華社」 上汽通用五菱汽車、マスク生産へシフト感染症対策に尽力  16日、柳州市にある上汽通用五菱汽車のクリーンルームで、マスクを消毒する作業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車はサプライヤーと連携して生産ラインを改造することで、防護マスクの生産へのシフトを実現させた。マスクの第1弾の生産は13日に完了しており、今月末には1日当たりの生産能力が200万枚に達する見通し。(柳州=新華社記者/楊馳)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020021409883

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、欽州市の市民に野菜や果物を届ける久隆鎮青草村紫京農業生態園のスタッフ。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020021409842

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、久隆鎮大嶺村の農家の野菜畑で、野菜の検査をする欽州市欽南区の農産物品質安全検査担当者。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020021409844

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、久隆鎮大嶺村で、市場に供給するため冬野菜を急いで収穫する農民。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020021409843

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、久隆鎮大嶺村で、畑を耕して春の栽培に備える農民。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020021409852

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、欽南区久隆鎮で、市場向けのパクチーを収穫する欽州鑫糧食品供応鏈有限公司のスタッフ。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020021409881

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、菜園の手入れをする久隆鎮大嶺村の農民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020020401303

    「新華社」 NZで春節イベント開催  1日、ウェリントンのアンディ・フォスター市長(右から4人目)に切り絵作品を贈る中国広西チワン族自治区桂林市無形文化遺産の民間美術、剪紙(切り絵)の伝承者、唐美蘭(とう・びらん)さん。ニュージーランドの首都ウェリントンで1日、中国の春節(旧正月)を祝うイベントが開催された。(ウェリントン=新華社配信/張健勇)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020012703089

    「新華社」 「西部陸海新ルート」柳州始発着便が定期運行開始広西  15日、柳州南物流センターに運ばれた、自動車部品を積み込んだコンテナ。中国広西チワン族自治区の港湾運営会社、広西北部湾国際港集団はこのほど、重慶市を起点に貴州省などを経て同自治区の北部湾港経由で海外につながる鉄道・海運連絡輸送「西部陸海新ルート」の同自治区柳州市始発着列車の定期運行が開始したと明らかにした。2020年に入ってすでに9便運行しており、自治区とインドネシアなど東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との貨物の往来の利便性向上に一役買っている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  20. 2020012703229

    「新華社」 「西部陸海新ルート」柳州始発着便が定期運行開始広西  15日、荷積みと安全検査を終え、柳州南物流センターを出発する「西部陸海新ルート」列車。中国広西チワン族自治区の港湾運営会社、広西北部湾国際港集団はこのほど、重慶市を起点に貴州省などを経て同自治区の北部湾港経由で海外につながる鉄道・海運連絡輸送「西部陸海新ルート」の同自治区柳州市始発着列車の定期運行が開始したと明らかにした。2020年に入ってすでに9便運行しており、自治区とインドネシアなど東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との貨物の往来の利便性向上に一役買っている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020012703191

    「新華社」 「西部陸海新ルート」柳州始発着便が定期運行開始広西  15日、コンテナの荷積み作業を監督するガントリークレーンの担当者。中国広西チワン族自治区の港湾運営会社、広西北部湾国際港集団はこのほど、重慶市を起点に貴州省などを経て同自治区の北部湾港経由で海外につながる鉄道・海運連絡輸送「西部陸海新ルート」の同自治区柳州市始発着列車の定期運行が開始したと明らかにした。2020年に入ってすでに9便運行しており、自治区とインドネシアなど東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との貨物の往来の利便性向上に一役買っている。(柳州=新華社配信)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019122001006

    「新華社」 南流江の美しい奇石広西・合浦県  17日、合浦県の南流江玉文化博物館が所蔵する奇石。中国広西チワン族自治区北海市合浦県の南流江玉文化博物館には地元を流れる南流江周辺で採掘された貴重な鉱石200点以上が所蔵されている。鉱石の種類はメノウ、水晶、玉髄、珪化木などさまざま。遠い昔に形成され、形が独特で多種多彩なこれらの奇石は、極めて高い鑑賞性と収蔵価値を備えている。(合浦=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019122001009

    「新華社」 南流江の美しい奇石広西・合浦県  17日、合浦県の南流江玉文化博物館が所蔵する奇石。中国広西チワン族自治区北海市合浦県の南流江玉文化博物館には地元を流れる南流江周辺で採掘された貴重な鉱石200点以上が所蔵されている。鉱石の種類はメノウ、水晶、玉髄、珪化木などさまざま。遠い昔に形成され、形が独特で多種多彩なこれらの奇石は、極めて高い鑑賞性と収蔵価値を備えている。(合浦=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019122000928

    「新華社」 南流江の美しい奇石広西・合浦県  17日、合浦県の南流江玉文化博物館が所蔵する奇石。中国広西チワン族自治区北海市合浦県の南流江玉文化博物館には地元を流れる南流江周辺で採掘された貴重な鉱石200点以上が所蔵されている。鉱石の種類はメノウ、水晶、玉髄、珪化木などさまざま。遠い昔に形成され、形が独特で多種多彩なこれらの奇石は、極めて高い鑑賞性と収蔵価値を備えている。(合浦=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019122000930

    「新華社」 南流江の美しい奇石広西・合浦県  17日、合浦県の南流江玉文化博物館が所蔵する奇石。中国広西チワン族自治区北海市合浦県の南流江玉文化博物館には地元を流れる南流江周辺で採掘された貴重な鉱石200点以上が所蔵されている。鉱石の種類はメノウ、水晶、玉髄、珪化木などさまざま。遠い昔に形成され、形が独特で多種多彩なこれらの奇石は、極めて高い鑑賞性と収蔵価値を備えている。(合浦=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019122000914

    「新華社」 南流江の美しい奇石広西・合浦県  17日、合浦県の南流江玉文化博物館が所蔵する奇石。中国広西チワン族自治区北海市合浦県の南流江玉文化博物館には地元を流れる南流江周辺で採掘された貴重な鉱石200点以上が所蔵されている。鉱石の種類はメノウ、水晶、玉髄、珪化木などさまざま。遠い昔に形成され、形が独特で多種多彩なこれらの奇石は、極めて高い鑑賞性と収蔵価値を備えている。(合浦=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019122001002

    「新華社」 南流江の美しい奇石広西・合浦県  17日、合浦県の南流江玉文化博物館が所蔵する奇石。中国広西チワン族自治区北海市合浦県の南流江玉文化博物館には地元を流れる南流江周辺で採掘された貴重な鉱石200点以上が所蔵されている。鉱石の種類はメノウ、水晶、玉髄、珪化木などさまざま。遠い昔に形成され、形が独特で多種多彩なこれらの奇石は、極めて高い鑑賞性と収蔵価値を備えている。(合浦=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019122001005

    「新華社」 南流江の美しい奇石広西・合浦県  17日、合浦県の南流江玉文化博物館が所蔵する奇石。中国広西チワン族自治区北海市合浦県の南流江玉文化博物館には地元を流れる南流江周辺で採掘された貴重な鉱石200点以上が所蔵されている。鉱石の種類はメノウ、水晶、玉髄、珪化木などさまざま。遠い昔に形成され、形が独特で多種多彩なこれらの奇石は、極めて高い鑑賞性と収蔵価値を備えている。(合浦=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120900507

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、自身の電子商取引(EC)拠点で棚の商品を整理する甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019120900492

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、ライブ配信中の甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019120900511

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、電子商取引(EC)カスタマーサービスと連携して、消費者からの質問に対応する甘有琴さん(左)。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019120900517

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、倉庫で出荷用の果物を梱包する甘有琴さん。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019120900559

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、自宅で料理をしながらショート動画を撮影する甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019120900496

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、出荷倉庫で果物の検査と選別をする甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019120900530

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  上:ライブ配信で仲間と一緒に黒米ちまきを紹介する甘有琴さん(左)。下:甘有琴さんのライブ配信の様子。(12月3日撮影、組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019120604585

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  栄昌陶作品。(11月30日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社配信/王位)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019120604586

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  栄昌陶作品。(11月30日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社配信/王位)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019120200828

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市大安村で韋従剛さん(左)とランの栽培技術について交流する竜連任(りゅう・れんにん)さん。竜さんはラン栽培で2017年に貧困から脱却した。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019120200838

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市双江鎮永坪村のラン栽培モデル拠点でランをポットに植える花き農家。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019120604526

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  国家級無形文化遺産伝承者、梁先才(りょう・せんさい)氏の工房に展示された栄昌陶。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019120604569

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120200734

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市双江鎮永坪村のラン栽培モデル拠点でランの生育状況を確認する花き農家。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120200843

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市大安村でランの栽培技術について交流する花き農家。全員がラン栽培で貧困から脱却した。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019120200856

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市双江鎮永坪村のラン栽培モデル拠点でランの生育状況を確認する花き農家。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120604551

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120604561

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の工房に並べられた作品と陶土。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120604598

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120604535

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019120604579

    「新華社」 中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美  国家級無形文化遺産伝承者、梁先才(りょう・せんさい)氏の工房に展示された栄昌陶。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019120200735

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市双江鎮永坪村のラン栽培モデル拠点でランの生育状況を観察する韋従剛さん。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像